( ´ー‘)ゞ そろそろ暖かくなる?その前に今度はホントにダイエットするのだ!の石川です♪


先月はじめにオイル交換したKTM様。


DSC00588


素敵な奥様と車検整備でご来店ですヽ( ´ー`)ノ


DSC00590


お見積りが出来るまでコレをクルクル回していれば時が経つのも忘れます♪


BlogPaint


っとそんな訳は無いのでキャメルの可愛い代車でお帰りです^^
車検整備完了までしばしお待ち下さい。


DSC00598


まずは走行チェック。
ワイパー&ウォッシャー&ホーンの作動okです。

ギャップで前の方からコトコト聞こえます。


DSC00600


見た目はかなり低そうですが・・・車高はどうでしょう?


DSC00601
DSC00604


やっぱりかなり低いですね(汗)
4cmは上げるようです。


DSC00609
DSC00610
DSC00612


灯火チェック。
全て点灯しています。


DSC00607


点灯しちゃダメなタイミングでも点いてしまっているのでこれは対策します。


DSC00613


ワイパーブレードが切れているので交換しますね^^


DSC00614


ミニモニチェックはノゥフォルト。


DSC00616


マルチ画面も問題なさそうですね。


DSC00617


map値も正常範囲内です。


DSC00618
DSC00619


水温・吸気温も作動しています。


DSC00620


バッテリー電圧も人に分け与えられるくらい良いですね。


DSC00621
DSC00622


o2センサーも元気に稼働中。
それを受けて2次補正も順調にこなしているようです。


DSC00625


オイル量は0.5Lほどすくなめ。
ガソリン臭は中くらい。

前回交換から丁度3000km
0.5Lの消費はそこまで多くはありませんね。


DSC00626
DSC00627


ブレーキ・クラッチフルード量は問題ありませんが変色がだいぶ進んでいます。
今回は両方とも綺麗に交換ですね。


DSC00628


ベルトはまだまだ大丈夫そうです。


DSC00629


今回はPECSも20,000km以上開けていませんしオイル交換兼ねて点検します。


DSC00630


走行チェック時のコトコトは右のタイロッドのガタですね。
大きめのガタなので今回交換します。


DSC00632


燃料フィルターも交換しましょう。


DSC00633


ブレーキパッドの残は3~4mm


DSC00636
DSC00637


車高は前後とも2周あげちゃいました(`・ω・´)ゞ


DSC00638
DSC00639


スモールからフロントマーカーへ向かう配線を切ってギボシで脱着出来るようにしました。
これで次回から車検対策が楽です^^


ヽ(*´ω`*)  3/ 15 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


DSC00813


フロントナンバーにクラック入っています。
切れちゃう前に何とかしたいですねー


DSC00816


オイル抜きます。
ドレーンも茶こしも綺麗ですね。


DSC00819


SOD-1も準備。


DSC00822


PECSも点検しましょう。


DSC00824


約20,000kmでこの量。
まだ少しキャパ大丈夫そうですが良いタイミングでの点検でした。


DSC00830


綺麗にお掃除して戻します。


DSC00833


またよろしくね~♪


DSC00835
DSC00837


油汚れは綺麗にお掃除しておきます。


DSC00838


やっぱり綺麗なのは気持ちが良いですね~♪


DSC00841


オイル注入。
いつものSOD-1+WAKO'S PRO-S プロステージS 10w40ですヽ( ´ー`)ノ


DSC00842


次回のオイル交換は9月頃か24,000kmです。
PECSは40,000kmか次回の車検あたりでまた点検したいですね。


オイルカルテ


カルテに追記しておきます(`・ω・´)ゞ


DSC00853


手探りでゴニョゴニョ。


DSC00850


発掘。ACサーモアンプの新旧交代の儀。


DSC00851


せっかくなのでコネクターに接点復活剤かけて戻しておきます(`・ω・´)ゞ

次は水路洗浄編です。


曽根です。

R0010399

今日は水路洗浄とスリーチェックを行います

R0010400

その前に室内のヒーターコアの漏れチェック

R0010401

ん?  漏れ跡?

R0010403

今は完全に乾いてますが過去の漏れ跡のようです。。。 

今後の状況観察必要でしょうか。。

R0010406

ヒーターコックは開けておきます

R0010407

ラジエターフラッシュ入れてエンジンスタート。。。で、洗浄開始

R0010408

R0010412

エンジン側の水温センサーは84度まで上昇してますが

ラジエターは34℃をキープ。。。

サーモスタットの密閉は良好です。

R0010428

サーモスタットが開いたようです

水温センサーの温度精度も良好ですね。

R0010429

サーモスタットの開弁量も良好。


R0010421

R0010424

91℃で電動ファン回り始め



R0010431


R0010430

88℃まで下がったところでストップ

サーモスタット、水温センサー  電動ファンの作動はすべてOKでした




R0010445

排水。。。  定期的に洗浄してるので水路の状態は良いですね。

R0010461

そしてラジエター口から逆流で吸い上げます。。

R0010462

ヒーターコアからも逆流で吸い出しますがその時の給水はラジエターから。。。

R0010464

左がヒーターコア逆流水  右がラジエター逆流水です。。

状態は良いです。。。

今後も定期的な洗浄で水路の健康を守っていってください。

R0010465

クーラント入れた後・・

R0010468

今回も水に魔法のリキテック入れます。。。

R0010467

エンジン内で発生するプラスイオンをウォータージャケットから除去するように働きかけます。。

パワーアップしてエンジンが静かになるという まさに魔法の液体です。。。


R0010469

最後は、鉄エンジンには必須の水路サプリメント クーラントブースターです。。。


ヽ(*´ω`*)  3/ 20 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


DSC01477


車検工場から戻ってきましたヽ( ´ー`)ノ


DSC01479


早速リクルートスタイルから戻します。


DSC01480


明るいランプも配線むき出しでは車検ダメですもんね(汗)


DSC01522


車検工場からコメントあり。
再確認で右の内側パッドが2~3mmとかなり減っています。

4枚とも減りがバラバラなので交換する時はキャリパーのオーバーホールも一緒にした方が良さそうです。


DSC01523
DSC01525


ハイローキットもグルグルグルグル。


DSC01527


セラミックエアー再充填します。
4輪とも220kpaで揃えておきました。


DSC01531


ワイパーブレードも交換。
アームもだいぶ古かったので次は一緒に交換した方が良いですね。


DSC01536


KTY様と並んでRECS施工で作業完了です。



3月21日追記

R0011079

引取でご来店いただきました。。。

R0011080

ありがとうございました。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002