前回、クラッチ切れないでご入庫のFKW様


DSC00320



本日は再度オイル交換でご来店です



早速、実走行で車両の状態をチェック。



DSC00323

と、その前にオイルを





DSC00324

他のフルード類、エンジンルーム内もチェック



DSC00326

前回修理のクラッチ油圧系統



DSC00327


DSC00395




DSC00329


走行中にシートが気になりましたのでチェック


DSC00335

やはりシートクッションが切れていました。
交換をすれば、元の通りに戻ります。




BlogPaint


フロント灯火チェック


BlogPaint

リア灯火もチェック



DSC00338


ECU ライブチェックです

DSC00354


フォルトが。

DSC00356

リセットをかけて
おきます




DSC00357






DSC00339

ステップ0
この後で配線を点検してみましょう




DSC00340


DSC00342


DSC00344





DSC00345




DSC00347



DSC00350


DSC00349



DSC00389


エンジンオイルを抜きます


DSC00391



ドレンボルトの磁石に鉄粉が出ていました



BlogPaint



茶こしには、何も出てきませんでした



DSC00388


オイルは前回と同じ
WAKOSプロステージ



DSC00387

SOD-1も添加します

キャプチャ




オイルを抜いている間に

下回りのチェックです




DSC00360

前回からの継続でブーツに細かいヒビ


DSC00361

DSC00359





DSC00362

ロアアームブッシュが、ちぎれ始めています。
今後の推奨部品ですね


DSC00363

テンションロッドブッシュも同様です

DSC00366

リバウンドバッハも交換を推奨いたします



DSC00370


フロントハブ関連も前回の症状が継続しています。


DSC00377

ナイロンベアリング
左右アッパーボールジョイント
リアハブベアリング
など他、

DSC00376


DSC00371


全てのタイヤにひび割れが発生しています。

DSC00376




DSC00405


ステッパーモーターのコネクターをさわると復活しました


DSC00406


DSC00404

しばらく様子を見ましょう


DSC00408


DSC00409


DSC00410



しかし、少々アイドリングは、高めです
DSC00420



DSC00424


エアコンの信号は、出ていますが、


DSC00421

DSC00423





R0011500

お待たせしました

今後の課題は、必須の項目が、殆どです。




R0011502

順番を決めて取り組みましょう





BlogPaint

ありがとうございました






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002