曽根です。



NSM様  1年前から乗ってるポールスミス・・

初めての車検で初キャメルありがとうございます。

R0018887

ご自分で設計して、現在建築中のご自宅には MINIと一緒に過ごせるリビングがあるそうです。。。

おそらく日本中のミニ乗りが夢みてるガレージになりそう。。。


BlogPaint

BlogPaint

98年式ポールスミス。。 外装ピカピカ・・・

R0018882

シートやハンドルの擦れもほとんどなく 66000㎞は実走行だと思います。

R0018889

後期のMINIは天張りが黒ずんでしまうのが弱点なんですが、

NSM様が乗り始めてから張り替えたそうです。。

もう、言うことなし・・・

IMG_2806

試乗させていただく前にエンジンルームを軽くチェックします

R0018884

ラジエターやプラグコード等 当時の部品がそのまま使われてます。

R0018885

オイル量はOK 

前回のオイル交換から2500㎞程走行してるようですので今回の車検で交換ですね。。


R0018899

ブレーキフルードの量は大丈夫です。 

漏れは無さそうですが2年ごとにリヤブレーキのシリンダーカップは必ず交換させていただきます。


R0018902

2本あるヒータージョイントパイプのうち 1本はノーマルの樹脂製でした。。

20年以上経って脆くなってるので、ステンレスパイプに交換しましょう


R0018897

クーラーは風量調整4段階のうち『3』が出ません。

ファンレジスター交換が必要です。 

R0018898

ガスも泡立ってます。。 真空引きしてクーラーガスをCOLD12にして全量入れ替えすればもう少し冷えそうです。




では、走行テストに行ってきます。。

R0018892

助手席にNSM様に乗ってもらって一緒に走ります。。。

R0018893

ギヤをDに入れたら ちょっとタイムラグの後、ガツンというショックとともに1速に入りました。

オートマ内部で油圧逃げが発生してます。。。

ギヤを入れた時に衝撃を和らげるために、3速と、リバースのブレーキバンドでドラムを締めるのですが、そのあたりに油圧漏れがあるかもしれません。。。

R0018895

足回りからは、ガタゴト・・・・と振動と異音。。 ちょいと気になります。。。

フワフワとした乗り心地・・・ショックは抜けてそうです。

後ほどリフトアップして点検します

R0018894

このあと、広い道路で4速までいれて、シフトアップやキックダウンのテストしましたが、

リバースのストールテストはOKでしたが3速が滑り始めてるのが確認できました。。。

アクセル開度を多めに加速すると、2速から3速で、行ったり来たりの症状があります。

4速からのキックダウンでは3速に一瞬はいってそのまま2速までシフトダウンします。

オートマの一部でも油圧逃げがあると、全体の油圧も低下してすべてのクラッチ板、ブレーキバンドの密着力が弱まり摩擦材の消耗が進行します。 

摩擦材が無くなると金属どうしが擦れ合って鉄粉が出てきます。

後で、オイルのドレンボルトに鉄粉が付いてるかを点検してみますね。。
 

R0018896

降りようとしたら・・・シートベルトのロックが外れず焦りました。。。。

コツを熟知したNSM様に外してもらいました。。。

緊急時の脱出にはちょっとヤバいかも・・・

IMG_2807

点検する前に、安心オートマとニューラバコンの乗り味をおとーと君で体験してもらうことにします。

R0018903


R0018904

じゃ、ちょっとお借りします。。。。

IMG_2808

戻ってきて・・・  『オートマも乗り心地も全然違いました』   とNSM様。

おそらく新車当時のMINIよりもイイかもね。。

このポールスミスも同じように・・イヤこれ以上に仕上げていきたいですね。




リフトが空いたので点検します。。

R0018920

エンジンが前後に揺ら揺らと動いてしまします。。。

ステディロッドブッシュがほとんど効いてませんでした。

配管、配線も一緒に動いてしまうのでいろんなトラブルの元になります。

R0018905

ミニモニでECUチェック。。

フォルトはありません

BlogPaint

マルチ画面。。。
 
アイドリング回転、 アイドル認識  スロットル電圧 ステップ値 の4項目は良好ですが、

右上の 『O』 は燃調補正できずにオープンループになってしまってます。

R0018907

インマニの負圧 MAP値はやや低めの数値ですが、燃調への影響はない範囲です。


R0018908

水温センサーの温度精度は、水路洗浄のスリーチェックで確認します


R0018909

吸気温は合ってそう。。

R0018910

電圧はOKです


R0018914

排気ガスを監視してるO2センサーは稼働してます。。。

R0018915

O2センサーの情報をもとにECUから燃料を薄くするように指示が出てますね。。。

本来プログラムされた燃料より19%薄くしなさい!  という指令です。

これは薄くできる限界値なので これ以上は薄く調整することはできません。。。


R0018917

その後・・・・   O2センサーの数値の後ろに 『!』 マーク。。

もう ダメだぁ~  参った。。 という状態。

R0018912

それを受けて、燃調補正も 『もう無理、やーめた。。』 と、

薄くするのを諦めて、本来のプログラム通りの燃料を噴射し始めました。。。

おそらく、排気ガスは濃くなって車検NG。。。

これは、原因調査が必要です。

R0018919

NSM様にも 今の状況を確認していただきました。


R0018921

MAP値が正常なので、普通だと噴射してる燃料はアイドリングの標準的な量のはず・・。

とすると、点火不良による不完全燃焼も考えられます。

ポールスミスオリジナルでグリーンのプラグコードは素敵ですが、すでに22年経過してるので

そろそろ交換しても良い時期です・・   交換してみたい部品です。。


R0018922

リフトアップして下廻りの点検始めます。


R0018924

バンパー下のスカートにも錆がなくボデイコンディションが良いことがわかります

前オーナーの車庫も屋根付きだったのでしょう。。


R0018927

R0018928

オートマのミッション番号とデフケース番号は同一でした。

おそらくオートマの修理歴は無いと思われます。

現在オートマに滑りやショックがありますが、その原因が他店の不良オートマでなかったのでひと安心。。


BlogPaint

右前タイヤが左右にガタがあります。。。

走行テストで感じた振動の原因のひとつです。

R0018934

このタイロッドが原因ですね。。。


R0018935

アッパーアームが下がりすぎないように支えてるリバウンドバッファーが切れてます


R0018936

前後方向に支えるテンションブッシュもヒビが多く交換したいですね。


R0018937

左前の足回り。。

R0018939

足回りからの一番大きなガタは ↑ナイロンベアリングの消耗が原因でした。

左側のタイロッドも併せて交換したいです。


R0018941

左のドライブシャフトブーツのヒビは深いです。

おそらく次の車検までは持ちそうもありません。

R0018942

デフサイドシールからの漏れは無くキレイだったですが、

左のインナージョイントの陰に隠れてみえないキックダウンレバーSWからオイル漏れがあります。

左のドライブシャフトを抜く機会がある時に交換しましょう。


R0018944

リヤ側です。

R0018945

フワフワした乗り心地だったのはやはりショックアブソーバーが完全に抜けてました。

新車時のままのようですので、よく頑張ってくれましたね

R0018949

マフラーも新車時のままのようです。。。

あ~、ここ擦ったのは自分だな・・・。 

R0018948

コインパーキングで着いた塗料のようですね。。

コインパーキングで停める時はちょっとお行儀悪いけど、ゲートの無い方にずらして、あんまり後ろまで下がらない停め方がMINIにとっては優しいです。。。

車高は少々上げておきますね


R0018950

最後に、オイルに混じってる鉄粉のチェックしておきます

R0018951

ドレンボルトを抜いてる間、別に用意したドレンボルトと入れ替えます。。

R0018952

2500㎞走行したオートマMINIとしては標準的~ちょっと少なめな摩耗粉です。。 

ギヤドラムが削れた時に出てくる尖って見える鉄粉は無く、まだ金属どうしが削れるところまでいってないようです。 今ならギヤドラム交換せずに済みそうです。。

R0018918

良かった~。。。 


R0018953

ここで時間切れ・・ 見積もりは明日以降にメールでご連絡します。

安心オートマを、車検と同時にやるか、ややずらしてやるか・・

足回りリニューアルも含めての今後の整備計画を相談しましょう。。。

R0018954

リムジンなんで、ちょっとリムジン座り(笑)

R0018955

では、お預かりさせていただきます。

見積りお送りしますので少々お待ちください。。。



6月21日追記


BlogPaint

とりあえずビール・・・ではありません。

まずは車検の定番メニューの水路洗浄から


R0019147

その前に室内のヒーターコアの漏れチェック

R0019149

漏れはは無さそうです。

R0019150

ヒーターコアの洗浄できるようにコックは開けておきます


R0019152

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始。。。


R0019158

ミニモニminiで水温センサーを見ながら

ラジエターに挿した温度計と比較していきます

エンジン側の水温は上昇してますがラジエターはそこまで上がってません

サーモスタットの密閉は良さそうですね。


R0019161

ラジエターの実温が80℃のところで

R0019166

ラジエターに勢いよく流れこんできました。  サーモスタットが全開です。

おそらく82℃のサーモスタットが入っていると思われます。

インジェクションMINIは88℃のサーモスタットが標準です。

それ以下の物を使用すると寒い時期には88℃まで水温が上がらず最適な燃調を得られません。

交換しておきたいすね。

R0019176

もう少し水温上げて電動ファンの作動チェックします

R0019177

95℃で・・

R0019178

電動ファン回り始めました。


BlogPaint

スリーチェックしながら十分洗浄できたので排水します。。


R0019191

臭いとともに汚れもスッキリ出てきました。。。

R0019192

次にラジエター口から逆流で吸い出します。

R0019193

次にホースクリップで流れを止めてヒーターコアだけから逆流で汚れを吸い出します。

R0019194

左はヒーターコア  右がラジエターからの逆流水。

汚れが滞留しやすいヒーターコアからは錆色の水が出てきました。。。

夏でも時々ヒーターバルブは開けて流してあげてください。

R0019196

新車時からのラジエターですね。。

R0019197

22年目のラジエターにしてはしっかりしてますが、パイプに固着した汚れは取れません。。

10~20%は冷却能力は低下してそうです。。 

ラジエター脱着する時には3コアの日本製ラジエターに交換お奨めです。。。。



9月22日追記

NSM様から連絡いただきました。。。

これからずーっと乗っていきたいので、全部直していきたいです・・・

P1180435

P1180446


安心オートマ + ハートピストン + 超軽量コンロッド + ニューラバコンで足回り総リフレッシュ + 漏れないオイルフィルターケースwith PECS


フルコースで日本一のポールスミスを目指します。。。




6月24日追記


R0019341

エンジン降ろす前に燃調異常の原因を探ってみます。

他のECUに交換してテスト。。。

R0019340

O2センサーが0.43vで動きません。。。

R0019339

そして、!マークで補正中断。。。

0.43VはO2センサー異常の場合の固定値です。。 

O2センサーのコネクターを外しても固定値になります。

O2センサー不良の可能性もあります。。

エンジン降りてる時の方が交換しやすいのでエンジン積込時に交換させてください。。





では早速 エンジン降ろし開始です。。。


DSCF5500

いきなりポールスミス純正色 グリーンのファンブレード。。

できれば流用したかったのですが・・・・・ ヒビ割れ発見で残念ですが交換になります。

DSCF5501

ファンベルトもひび割れ多し。。。

DSCF5503

エンジンが前後に大きく揺れてたのはこのステディロッドブッシュが原因。。。

DSCF5502

エンジン降ろす前にもう一度ドレンボルトチェック。。。鉄粉は少ないですね。

DSCF5504

降りました。。。



エンジンが降りて身軽になったところで ニューラバコンで足回り総リフレッシュ作戦開始です。。。


DSCF5505

今回の足回りメニュー。。。 

DSCF5506

調整式テンションロッド と 公認申請が不要になった調整式ロアーム  に交換します。

これでキャスター、キャンバーが調整できるようになってお好みのハンドリングが実現します


DSCF5507

テンションブッシュはエイボンバー・・ 固さと耐久性のバランスが良いのでイチオシです。

DSCF5508

サブフレームマウント 新旧交代の儀

DSCF5509

フロントサブフレームとフロアを繋ぐ重要なマウントです。。。

DSCF5510

タワーマウント 新旧交代の儀。。


DSCF5511

サブフレームとボディの間に入りタワーボルトで締め付けられます。。。

ステアリングの反応や伝わる振動に大きな影響があります。

固すぎず・・・柔らかすぎず・・・ このさじ加減が重要。。。

レースなどでクイックなステアリングに特化するなら金属製のリジッドマウントもあります‥(笑)

DSCF5512

ココもエイボンバー製をチョイス。。。  いいさじ加減です。


DSCF5513

フロントのサブフレームマウント  新旧交代の儀

DSCF5514

剥がれちゃってました。。。   替え時だったですね。


DSCF5520

フロントのラバコン摘出。。。

ペッチャンコです。。20年間お疲れさまでした。


DSCF5522

バンプストッパーも強化品に交換

DSCF5523

アッパーアームを分解して洗浄中


DSCF5524

アッパーアームの上に 車高調整のロードアジャスター + ラバコンが付きます

DSCF5525

真ん中が新品のラバコン

20年間お疲れ様。。

フロントは8年に1度、、  

リヤは12~15年ごとに交換して上げれば良い状態を維持できます

DSCF5526

ニューラバコンを入れます。。

ラバコンはいろいろ出回ってますので注意が必要です。。

アレックスモールトンAVON製ラバコンをチョイスします。。。

DSCF5527


DSCF5528

ショックアブソーバーは日本製。  カヤバのガスショックをチョイス。。

試乗していただいたおと~と君と同じです。。。

ショックも7~8年ごとに交換すれば良い状態を維持できます

DSCF5529

エンジンが降りてスッキリしたエンジンルームで被膜が剥がれてたハーネスを発見。。。


DSCF5530

クーラーパイプに凹み発見。。。  漏れてはいませんが要注意。。


DSCF5531

左後ろのリヤショックの上部取り付け部分。。

ガソリンタンクの陰で普段は見えないところです。。

おそらく、ガソリンタンクのネックシールからの水漏れがあったのでしょう。。。

ワッシャーやナット、ブッシュはカヤバのニューショックの付属部品に交換するので大丈夫です。。。

ネックシールは交換しておきます

DSCF5532

完成した左前足回り。。。

DSCF5533

こちらは右前の足回り。。。

アライメント調整するのが楽しみですね。。。

高速ツアラー仕様 や クイック峠仕様。。 さてNSM様はどっち派?


DSCF5515

走行中に感じたガタの原因。。

ナイロンベアリングとタイロッドの交換です


DSCF5516

左のタイロッドを外して・・・

DSCF5517

出てきたのがバラバラになったナイロンベアリング・・・・

DSCF5518

新旧交代の儀・・・  うーん ここまでバラバラになると原型がわかりませんね。。

足回りリニューアル完成です。。。。




6月25日追記


R0019401

箱詰めされたエンジン と 漏れないATフィルターケースを入れて・・


R0019403

ハートピストンと超軽量コンロッド組込んで日本一の安心オートマになるために

九州まで旅立ちます。。。。




9月26日追記

R0019501

車検のつもりが安心オートマフルコースでやや長期戦になったので代車を借りることにしました

R0019504

空っぽのエンジンルーム・・・

この光景はなかなか見れないですよねー。。

次に会う時はハートピストン&超軽量コンロッドで強くてバランスのいい最高の安心オートマが積まれてるはず。。。


R0019507

『じゃ、引き続きよろしくお願いします。』

はい、7月末までに納車できるように頑張ります。。。。





7月13日追記


九州岩崎自動車からの作業レポート  速報版。。。

DSCF0266

エンジンとオートマを分離。。

エンジンブロックはハートピストン入れるためにボーリング屋で正確にオーバーサイズでボーリングしてきます

DSCF0270

ギヤドラム  予想してはいましたが 2、3速ドラムは削られてしまってました。。。

DSCF0271

ブレーキバンドも2,3速は摩擦材が剥がれてました。。。

DSCF9663

今回はヘッドもフルオーバーホールされます

DSCF9680

そして、キチっとボーリングされてきたエンジンブロックの上に並んでるのが・・

ハートピストン と 超軽量コンロッド 🎵

低速からビッグトルクを発生して、軽量バランスされたコンロッドで高回転までスムーズ。。

DSCF9791

そして、オイル漏れの原因ナンバーワンだったフィルターケースは・・

その汚名返上の為に産まれた 絶対漏れないフィルターケース に PECSを組み合わせた最強版。。


DSCF9860

そして完成した、エンジンと安心オートマは出荷前に実車で走行テストします



DSCF9832

約30kmに及ぶ実走行テストでエンジン、オートマの作動を確認します。

もちろん、この時点で気になることがあればもう一度分解する覚悟です。

しかし、今回もテスト快調。。

DSCF9846

そして、戻ってから温間時のオートマ油圧チェック

DSCF9850

前進もリバースもOKです。。

DSCF9865

乾杯1

ハートピストン、超軽量コンロッド で最高の安心オートマに仕上がりました。

暖機運転と定期的なオイルメンテナンスで末永くお付き合いください。



7月17日追記


九州からエンジン戻ってきました


DSCF5699

新しいパーツに交換しながらのエンジン積込み作業です

左側のエンジンマウントとマウントブラケット。。


DSCF5700

右側のエンジンマウント


DSCF5701


DSCF5702

ドライブシャフトも組付け前にOH。。

これはインナージョイント。。


DSCF5703

インナージョイント完成。。

DSCF5704

エンジンの振れ止めのステディロッド

ヘタってしまったブッシュを交換して組付けです



DSCF5707

残念ですが、グリーンのファンはひび割れが見つかり 交換です。。。

DSCF5708

ラジエターホースは、デルタさんの3層シリコンを採用です。

ちょっと高いけど これが今のところ品質ナンバーワンかな。。

DSCF5709

日本製の3コアラジエター ワークスATもレースで使用してます。


DSCF5710

入庫チェックでO2センサーフォルトだったので交換します。

現在の新品供給パーツより信頼できる、現車外しパーツを採用しました


DSCF5711

水温センサーも交換

DSCF5713

バキュームホースも全部交換

DSCF5714

ダウンパイプのバンド。。

DSCF5715

タペットカバーパッキン取付け準備中

DSCF5716

漏れにくい、高密度のコルクパッキンを採用です

DSCF5717

ECUのガードラバーも交換


DSCF5719

DSCF5718

冷却水はクーラントの後、定番のクーラントブースターで仕上げです



DSCF5720

エンジンオイルは プロステージ10W40

DSCF5721

クーラーは真空引きの後、COLD12 for R134 でガスチャージします

DSCF5722

クーラーファンの3段階目が回らなかったんでファンレジスター交換

DSCF5723

温度によってコンプレッサーの断続をコントロールするサーモアンプも交換します

DSCF5725


ポールスミスのグリーンのプラグコードも魅力ですが、ここは点火性能を重視して交換します

DSCF5726

組みあがりました


ハートピストンによる充填効率アップの為に燃圧を上げて燃調が薄くなりすぎないようにする『SFR』を後ほど取付けします




7月20日追記

BlogPaint

これから車検ラインです。。


BlogPaint

整備バッチリなので車検一発合格ね。。。

R0021977

試運転させていただきます。

やっぱりイイですね。。。ハートピストン。。 トルクアップしてるので走るのが楽です。。

ラバコン交換で足回りもリフレッシュされてるので乗り心地も抜群。。。


R0021979

最高です。。。

ピストンまで交換のフルオーバーホールなので1000kmは4000rpmリミットで馴らし運転ですが

3000rpmちょっとで十分快適🎵



積込後のミニモニチェック

R0021982

ノーフォルト

R0021981

マルチ画面の数値・・・・ひとつを除いてOK

右上の『O』はオープンループで燃調補正してないですね・・


R0021984

インマニのバキューム MAP値はOK

R0021985

水温OK

R0021986

吸気温OK

R0021987

電圧OK

R0021988

O2センサー   排気ガス中の酸素に反応して数値は上下して稼働しているのですが

『!』 マークがでたまま。。

R0021989

最初のマルチ画面でのオープンループのことです。

排気ガスの濃さに応じての燃調補正ができてない状態です。

今回O2センサーは交換してセンサーは稼働してるので燃調補正の指令を出すECUに問題アリでしょうか。。。

R0021991

他のECUに付け替えてテストする必要アリです。


ヽ(*´ω`*)  7/ 21 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


IMG_6738
IMG_6739


シートクッションの交換から開始♪


IMG_6742


新旧交代の儀


IMG_6743


またこの先20年位大丈夫・・・かな?


IMG_6744
IMG_6748


ヘッドランプのアウターリムも戻しておきます。
ボールの取付部が割れています。

ビスが効かなくなる前に交換した方が良いですね。


IMG_6749


取り付け完了。


IMG_6758


o2センサーがびっくりしている件。


IMG_6761


97y以降はメインリレー内にo2リレーも入っています。
たまにコネクターが焼けてたりすることもあったりなかったり。


IMG_6765


テスト用に付け替えてチェック。


IMG_6763


びっくりしなくなって平常心。
メインリレー交換するようかしら?


IMG_6766


戻してみたら・・・おや?復活しました。
メインリレーのコネクター部が原因だったのかもしれませんね^^


IMG_6777


残り作業はSFR取付と他少々です♪


2020/07/24


IMG_6712

各部の締め付けを確認してから



IMG_6702

アライメントのチャック、確認です


IMG_6701





IMG_6706


アーム類の寸法を標準にしているので
アライメントは、ほぼ、標準値です。





IMG_6690


ラジエターの量をチェックしてリキテックを投入いたします



IMG_6693








SFR(燃料圧力の調整、プレッシャーレギュレーター)が
入荷しますのでこれから取り付け準備に掛かります。


2020/07/28





IMG_7270


SFR入荷しました。




BlogPaint




IMG_7273

中身と蓋を入れ替えて頭のスクリューで調整できるように
する優れもの




IMG_7272


バキューム負圧の変化で状況にあった圧力に変えてくれます。





IMG_7274


(参考画像です)

チューニング車両にも
使える優れものです



BlogPaint

これから適切なガソリンの圧力に調整していきます。



エンジン負荷が大きい時に最大1.3㎏の燃圧が掛かるようにセットしました。

アイドリングでもノーマルより高燃圧の1.1㎏になるように、バキュームホースのオリフィスをチョイス。。


IMG_1328

アイドリングからのアクセルのツキが更によくなりました。




7月31日追記

IMG_8111

お待たせしました。  

本日納車でご来店いただきました

R0023054

燃圧計も付いてるし・・・エンジンルームも見るからに変わったなぁ。。。


R0023033

ちょっと、乗ってきます。。

R0023055

全く別物のMINIですねー。。。

そりゃぁ日本一のMINIですからねぇ♪

オートマもエンジンも。

R0023056

走るのが楽しくなります。。。

スムーズなオートマと快速でバランスのいいエンジンを堪能してください。

BlogPaint

最初は1000㎞でオイル交換にいらしてください。

馴らし運転中は4000rpmリミットでお願いします。。。

それでも十分速いと思いますけど。。。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002