曽根です。


前回は 『前回の続きでセンダユニット交換・・・』 のKBY様

R0019349

ロングドライブ途中で長野県内・高速道路のサービスエリアでオイルランプが消えなくなってオートマも滑ってる。。という症状で緊急レッカー搬送です。。。

BlogPaint

KBY様が加入している任意保険では無料レッカーの距離が足りずに、不足分は実費になってしまいました・・

行動範囲の広いKBY様には、距離無制限ロードサービス付きの任意保険をお奨めします。。。

BlogPaint

オートマが滑ってしまう前に右タイヤ周辺にオイル漏れを発見‥とのことでした。

オイルが減ってオートマが駆動できなくなることもあります・・・・

R0019398

しかし・・・ロアレベルより200㏄程減ってますが、まだこのくらいオイルがあれば駆動が掛からなくなるほどではありません。

R0019379

エンジン掛けて状況をみてみます

R0019416

ドライブに入れてもなかなか繋がりません。。

3月に初キャメルでご来店時の点検でも油圧ランプが消えるのが遅く、オートマのタイムラグが長いことを指摘されてました・・・・・・



タイムラグはオートマトラブルの前兆です。。

内部に油圧逃げが発生している状態です。

長いタイムラグの後、繋がってしまえば走行することは可能でした。

R0019400

走行テスト中、信号待ちでニュートラルにして停止、発進しようとDレンジに入れても10秒くらいギヤが入らず後ろからホーンを鳴らされる場面もありました。。


エンジン始動時や、ニュートラルからギヤを入れた時の油圧の立ち上がりにかなり問題があることがわかります

R0019439

オートマに掛かる油圧チェックする前にオイル漏れの状況を確認します。

R0019440


R0019442

ミッション番号と

R0019443

デフケース番号が違いますね。。 過去にオートマ修理されているようです。

全ての合わせ面がやや多めの黒い液体ガスケットで組みつけられてます。。

液体ガスケットが内側にはみ出すと油路詰まりの原因になることもあるのでその使用量には注意が必要です。

R0019446

左右のデフサイドシールやデフケースの周辺はオイルが減るほどの漏れはありませんでした。

R0019447

進行方向左側も漏れは少な目。。

R0019450

KBY様が右タイヤ周辺にオイル漏れがあった・・・というのはコレですね。。

おそらくコンバーターシールからだと思われます。

ココからは漏れ始めると割と大量のオイルが漏れてマフラーやフロアまで濡らしてしまうほどになります・・。

2年前まで流通していたコンバーターシールは漏れやすく、おそらくその時期にオートマ修理されているのだと思います。


R0019458

フィルターヘッドに油圧計を取り付けてオートマに掛かる油圧チェックします


R0019459

オートマMINIはマニュアル車と違いオイルポンプから汲み上げた全量のオイルがフィルターを通ります


R0019460

運転席から見えるようにフロントガラスに油圧計を貼り付けました




油圧チェックのビデオです。。。


エンジン掛けてもしばらく油圧ランプ消えず

暖気運転後しばらくエンジンを停止してからエンジン再始動しましたが

油圧ランプがしばらく消えません・・・


エンジン掛けても油圧上がらず

その間、フィルターヘッドも油圧ゼロが続きます。。。

オイルポンプからオイルが送られてきてない状況です。

オイルポンプのガスケット抜けは考えられます。

アイドリング油圧

しばらくしてオイルが到達したようで油圧が掛かりました

しかし、通常よりはかなり低いです。

ニュートラルで約4.2㎏しかありません。

通常ですと、6~7㎏あります。

前進油圧

Dレンジにシフトして1速に入れました。

4.5㎏  やはり低いです。

リバース油圧

そして、リバース油圧

ニュートラル時の油圧より低い3.9㎏前後です・・・・

通常リバースは11~13㎏くらいなので明らかに油圧不足です。

低油圧でもギヤが入ってしまえば走行は可能ですが、クラッチ板、ブレーキバンドの圧着が弱いので滑りを誘発して異常摩耗を起こし、最後には走行不能になってしまいます。


前々回ご来店時のオイル交換ではドレンボルトの鉄粉は少なく、その時はまだギヤドラムを削るところまで摩耗してなかったと思いますが、後ほどドレンボルトの再チェックしてみます。  

28日のKBY様ご来店をお待ちいたします。。。





6月28日追記

KBY様 ご来店です。。

IMG_4293

今回はレッカー入庫だったので、このブログでは初登場。

で、店内では PECSと漏れないフィルターケースの講習会中でした。。。

IMG_4294

KBY君、ここ試験に出るからねー。。 

足回り修理のMYG様  クーラーガスチャージのIGR様も一緒です。。。 



R0019645

さて・・心配なのは自分のMINI。。。

R0019647

2種類のミッション番号を確認して・・  

過去にオートマ修理されていたんですね。。

R0019648

そして、いよいよドレンボルトに付く鉄粉チェックです。。

前回のオイル交換の時は鉄粉は少なかったですが・・・・・

数百キロ走行して、オートマ滑りの症状悪化で 果たして鉄粉が増えてしまったのか・・・

R0019652

いやぁ~  ドレンボルトはこんなにきれいでした。。

R0019653

じゃ、ギヤドラムはそのまま使えそうなんですね。。。

あー良かった。。

R0019665

さて、安心オートマにするにはエンジン脱着して分解します。。。。

ハートピストンや超軽量コンロッド入れるチャンスなんですよねー。。。

確かにこのコンロッド軽いですねー。。。

うーん・・・ 悩ましいな。。

R0019671

今回はおとーと君と同じ安心オートマにします。。。

わかりました。。最高の安心オート―マにして納車させていただきますね。。。

お盆休み前に納車できるように頑張ります。。。。

では、しばらくお待ちください。。。











つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002