曽根です。


スミスブルーのポールスミス・・・・TD様 車検でご来店です。

前回は去年の6月・・オイル交換でしたね。。。

BlogPaint

キャンバストップの上に大きなルーフキャリアが乗ってますね。。。

BlogPaint

コロナの在宅勤務用に、大型の機材を積まなきゃならなかったんです・・・・



さて、車検とくれば 

R0020590

『車高はだいじょうぶかぁ~』 の怒りん棒の登場。。。

R0020591

おぉ 全然大丈夫でした。。 

R0020585

ココからの景色がポールスミスらしくて好きです。。。

R0020586

前回のオイル交換から1680㎞走行ですね。。。

R0020602

オイル量はちょうどロアレベルでした。。。

1680㎞で500㏄消費です。。

R0020603

ガソリン臭は中くらい。。。。

前回から1年経ってるし 今回オイル交換しましょう。。

R0020587

試運転に行ってきます。。。

サスペンション硬いですね。。。 

ショックが抜けて突き上げる感覚じゃなくとにかく硬い‥って感じ。

R0020589

フロントの足回りからはステアリングに伝わってくるガタがやや大き目。。。

前回も、指摘されてましたね。。

後ほど点検します。



戻ってきてミニモニでECUチェックします。。

BlogPaint


R0020594

ノーフォルトでした。。

R0020595

マルチ画面の数値もすべて基準値内。。。。

R0020596

インマニのバキューム MAPもOK
R0020597

水温センサーは、水路洗浄のスリーチェックで精度検査します。。

R0020598

吸気温OK

R0020599

さすがブラックオルタネーター。。。 電圧バッチリ。。。

R0020601

燃調補正も基準値内でOKです。



BlogPaint

下廻りチェックします

R0020605

右前足回り。。。 ハブベアリング、ボールジョイントのガタは無く ブーツ切れも無いですね。

R0020614

ブレーキパッドは残り4~5mm。。 

時々ブレーキ鳴きがあるそうなので面取りだけはしておきましょうか

R0020607

右のタイロッドにガタがあります。。

走行中に感じたのはコレですね。。。

R0020608

左前も同様にハブ、ボールジョイント、ブーツはOK

R0020623

サスペンションが硬いのは・・・ショックアブソーバー(GAZ)のダイヤルが10段目だったからかな。。。

ゼロまで戻してみますね。。。


R0020609

左のタイロッドを揺すると、右よりさらに大きいガタ。。。

ナイロンベアリングとタイロッドの両方交換の必要ありますね。。。


R0020610

オイル漏れは少ない方です。。

R0020616

リヤからの景色。。。 マフラーの吊ゴムもOK


R0020619

以前から指摘のある左リヤのナックルジョイントのブーツ切れ・・・

R0020620

近いうちにラバコン交換で足回り総リフレッシュするときまで保留。。。ね。。

BlogPaint

じゃ、頼むねーー。。。

承知しました。 

では、お預かりさせていただきます。



7月7日追記

まずは・・・車検の定番メニューの水路洗浄から始めます

R0020723


R0020724

洗浄の前に・・・室内のヒーターコアの漏れチェック


R0020725

漏れは無いですね。。。


R0020726

ヒーターバルブは開けておきます。。。


R0020727

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始



R0020728

水温上昇を早めるためにクーラーON・・・   ON・・  ON・・

コンプレッサーがカチって言わないな。。


R0020729

やっぱり コンプレッサーのマグネットクラッチが入ってませんでした。

冷える時もあるのでおそらくサーモアンプの不良かと思われます。。


R0020736

エンジン側の水温はグングン上昇して81℃まで上がりましたが

ラジエターは35℃キープ。。

サーモスタットの密閉は良好です


R0020740


R0020744

水温センサーが86℃を超えたあたりでラジエター側の温度が一気に上昇。。

サーモスタットが開いたようです


R0020748

水温センサー側の温度がやや高いのは正常です。。

水温センサーの温度精度は良好です。。

R0020749

ラジエターに勢いよく流れこんできてます。

サーモの開弁量も良好。。


R0020756

R0020757

92℃で電動ファン回り始めました


R0020758


R0020759

87℃でストップ


サーモ、 水温センサー、電動ファン  のスリーチェックはすべて合格。。


BlogPaint

排水。。 やや臭いが出始めてました。。

これでスッキリ。。

R0020772

次にラジエター口から逆流で吸い上げます

R0020773

更に、ヒーターコアからも逆流で汚れを吸い出します

BlogPaint

左のヒーターコアからは 錆色の水が出てきました。

ヒーターコアは汚れが滞留しやすいので、こうして逆流で吸い出してあげる必要があります


R0020776

クーラント入れます

R0020778

そして・・・・ このタイミングで入れるのがベストね。。

水に魔法のリキテック。。。

R0020779

燃焼室やシリンダーの静電気を減らす働きで・・

燃焼が良くなり、ピストンもスムーズに動いて静かになるのです・・・

まさに魔法です。。

R0020780

鉄エンジンの水路にはクーラントブースターで仕上げです。。。

強力防錆  防蝕   さらに消泡機能強化で冷却力もアップ・・

R0020781

リキテックが水路全体に回るように走ります。。。

R0020783

サーモスタットが開いて、冷却水が全体に回り始めると同時にリキテックの効果体感・・


ヽ(*´ω`*)  7/ 16 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


DSCF5626


タイロッド新旧交代の儀。
古くなると元気がなくなってきます(汗)


DSCF5627


グリスたっぷりで組み付け。


DSCF5629
DSCF5630


ナイロンベアリングも交換。
新旧交代の儀。


DSCF5632


こちらもタイロッド交換組み込み。


DSCF5634


カチッと締めて車検工場へ。


IMG_5940
IMG_5942


一瞬で戻ってきました(笑)


IMG_5958


オイル量ok。
ガソリン臭は中くらい。


IMG_5961


ドレーンも茶こしも綺麗ですね^^


IMG_5963


SOD-1準備します。


IMG_5965


前回書き忘れた日付をフューエルフィルターに書き込み。
これで大丈夫♪


IMG_5974


アンダーガードもきれいに拭いて戻します。
それにしても・・・アンダーガードだいぶ歪んできましたね・・・


IMG_5978


オイル注入。
いつもの安心SOD-1+WAKO'S PRO-S プロステージS 10w40ですヽ( ´ー`)ノ


IMG_5979


次回のオイル交換は来年1月か109,638kmです。


オイルカルテ


カルテに追記しておきます。


IMG_5981


これは飲んじゃダメ。
給油時ガソリンタンクへ全量入れてください。


R0021634


これで残りはRECSだk・・・


IMG_5985
IMG_5987


ACサーモアンプ交換が残っていました(汗)
早速新旧交代の儀


IMG_5988


ACスタート。


IMG_5990


コンプレッサーもクルクルまわる。


IMG_5992



ルーバー出口で10℃。
これはキンキンに効くといっちゃってOKレベルですね♪


これで残りはRECSだけです。
ご来店の日程に合わせて施工します(`・ω・´)ゞ



7月17日追記


本日納車になったので・・・

R0021668

燃焼室洗浄のRECSやります。

この点滴が、カチカチになったカーボンを燃えやすいように柔らかくしてくれます。。。

そして、今から2週間または300㎞走行の間 効果持続です。。。


R0021689

なので・・できるだけ走り回ってください。(笑)


BlogPaint

ありがとうございました









にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002