曽根です。


PECSといえば、オイルの中の鉄粉を除去するための磁力型オイルフィルターのことなんですが・・・

磁力線の中をガソリンが通ると分子レベルで結合力が弱まりバラバラになることで燃えやすくなると言われているので、

初代曽根号、2代目曽根号、 3代目曽根号、ワークスAT では筒形のアルミケースの中にペンシル型PECS入れて その中にガソリンを通して燃えやすい燃料にする・・という実験は密かに続いていました。 

薪のままでは燃えにくいけど小さく薄く刻んだおがくずになると燃えやすいっていう理屈ですね
CIMG6418
2年前ですが、3代目曽根号に取り付けたときに測定した排ガスではCO、HCが激減しました。。



CIMG7177

ワークスATではその効果がタイムに繋がってる・・・・・と思いたいのですが、

燃料PECSだけじゃなく、他にもいろんなパーツ交換しちゃうので、燃料PECSだけの効果がわかってないのが実情です。。 いいものは全部試したくなっちゃう性格に問題アリだな‥(笑)

BlogPaint


もともと、この筒形のアルミケースは、オートマオイルを濾過するためのプロトタイプで

放熱性も考慮した形状ということもあり、燃料PECSとして製品化するにはちょっと大きいな・・・と思ってました




7月始めの頃。。。。

R0020139

最近話題のハイフローインジェクターボディや超軽量コンロッドの加工してくれてるTNMさんに相談して

燃料PECS用のコンパクトなケースの作成してもらいました。

上の写真は、試作品を持ってきてもらった時に、ストミニ編集部のゴーリー田代さんとPECS談義で盛り上がってるところです。。


R0020141

磁力の中を通ってバラバラになった分子も、時間が経つと再結合してしまうとのこと。。。

なので、磁力を通した直後にインジェクターで噴射したいのです。


7月17日

IMG_6137

R0021702

ペンシルPECS本体の取付用金具をカットして短くして・・・・

IMG_6138

前回より更に短くしたケースを作ってもらいました。





R0021701

1/8PTのオスオスアタッチメントで・・

R0021700

ハイフローインジェクターボディには直接取り付けられます。

これなら 『燃えやすいおがくず』 のままインジェクターで噴射されます♪

ハイフローインジェクターボディ装着車はコレでOKですね。




R0022876
(オートマね~ちゃんMINIのエンジンルームです)



ノーマルのインジェクターボディへは金属製の燃料パイプです。。

BlogPaint

インジェクターボディに入る直前に入れたいんだけど・・・・

BlogPaint

カットできるゴムホースは40㎝以上の金属パイプを通ってからです。。。

R0021696

直接つけりゃぁイイんだよねぇ。。。

R0021697

ネジ山が特殊だからさぁ、  作ってきたよ。

R0021703

こういうことですね。。。

金属パイプを外して(捨てないように) ゴムホースで直接つなげば燃料PECSを直前に取り付け可能ですね。。


R0022204

進化していよいよ製品化です。。

まもなく発売します。。。


R0021718

じゃ、製作お願いします。。








にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002