かじかわです。

前回、オイル交換のためご来店された KSK 様。



R0011550
本日はキャメル初車検のため、ご来店です。



R0011551
しばし、代車にてご辛抱お願いいたします・・・。



BlogPaint
お車を確認します。



R0011553
最低地上高は OK です。



R0011554
R0011556
タイヤとシフトノブは車検対策品に、一時的に交換します。



R0011558
ここから、ECU チェックです。
クランク角センサーにフォルト有りです。



R0011560
マルチ画面、左上から
エンジン回転数    アイドリング認識    O2 フィードバック
スロットル電圧    ステッパー値
です。
問題ありません。



R0011562
MAP、かなり高いです。
このままだと、排気ガステストで落ちそうです・・・。
原因究明のため、バキュームホース等を確認する必要あります。



R0011563
R0011564
水温センサー、吸気温センサー、動作しています。



R0011566
バッテリー電圧も良好です。



R0011568
MAP 値のせいで O2 センサーの値も 0.99V からほぼ動きません。



R0011569
燃調補正も OP(オープンループ)になっています。



BlogPaint
BlogPaint
R0011576
R0011577
灯火類、OK です。



R0011604
車幅を確認します。



R0011603
146 cm、車検証では 144cm となっているので、ギリギリ OK です。



続いて、下回りを確認します。



R0011586
左デフサイトシールや・・・、


R0011590
ドレンにオイル漏れがあります・・・。



R0011612
車検なので、ブレーキフルードは交換します。



R0011617
エアフィルター、次回車検時には交換した方が良さそうです。



9 月 15 日、かじかわが追記です。



MAP 値が高い原因を究明します。



R0027012
エアクリーナーを外してエンジンルームを確認してみると・・・、



BlogPaint
フューエルトラップから ECU に続くバキュームホースに、亀裂が生じていました。
ここから 2 次エアー吸い込んでしまっているようです。



R0011743
シリコンホースに交換しました。



R0011767
正常な MAP 値に戻りました。
これで、車検の排気ガス検査でも問題無いでしょう。



R0011697
水路洗浄も行います。



R0011758
車内ヒーターコアに、LLC 漏れはありませんでした。



R0011703
ラジエーターフラッシュを注入して、エンジンを始動します。



R0011712
サーモスタットの閉じ具合は良くありません。
水温センサーと温度計の数値が一緒に上がっていきます・・・。



R0011715
水温センサーは、まだ 70 度を示していますが・・・、



R0011720
サーモスタットは開いてしまっているようで、ラジエーター内に勢い良く水が流れ込んで来てしまいます。
水路洗浄後に交換します。



R0011730
R0011729
電動ファンは 93 度で回り始め・・・、



R0011731
R0011732
90 度で停止しました。



R0011733
排水すると、溜まっていた汚れが出て来ました。



R0011734
ラジエーター(右)とヒーターコア(左)から逆流で吸い上げた水です。

サーモスタットを交換するため、ここではクーラントは入れないでおきます。



R0011737
ラジエーターコア内、詰まりはありませんでした。



DSCF2115
サーモスタット交換のため、サーモハウジングを取り外します。



DSCF2122

サーモスタットが、微かに開いたままになっています。

今までお疲れ様でした。



BlogPaint
新しいものを取り付けて、サーモハウジングを戻します。
合わせて、ステンボルト 3 本も交換しました。



R0011782
サーモスタット交換が完了したところで、LLC を注入します。



R0011783
クーラントブースターと・・・、



R0011784
LIQTEK も注入します。



水回りが完了したら、次はオイル交換です。



R0011790
オイルを抜きます。



R0011794
R0011795
ドレンボルト、茶こし、どちらも綺麗でした。



R0011791
アンダーガートは洗っておきます。



R0011796
今回、オイルフィルターも交換します。



R0011797
取り付けるのは、もちろん、PECS です。



オイルが抜けるのを待っている間、マスターチェックです。



R0011803
ナイロンベアリングに小さいガタ有りです。
今すぐ問題というわけではありませんが、今後、異音が発生するようになれば交換が必要です。



R0011806
ボルトの緩みもありませんでした。



R0011799
オイルも抜けきったので、ドレンボルトを締めます。



R0011798
WAKO'S PRO STAGE-S 10W-40 と・・・、



R0011792
SOD-1 を用意します。



R0011808
注入・・・。



Capture
オイルカルテに追記しておきます。



9 月 19 日、かじかわが追記です。



BlogPaint
LED バルブは光軸検査で NG となるため、一時的に純正バルブに交換します。



R0011953
LED バルブ、一旦お休みしてもらいます・・・。



BlogPaint
これで、いざテスターに・・・。


ヽ(*´ω`*)  9/ 24 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


待ちに待った持込継続検査。


BlogPaint
IMG_4607


いきなり音量測られるも84dbで余裕のクリア♪
これみんなが測られる訳ではなくある意味選ばれし者な感じ(笑)


IMG_4614
IMG_4615
IMG_4616


難なく無事にライン通過。


IMG_4618


継続検査めでたく合格ヽ( ´ー`)ノ


BlogPaint


戻って対策戻しとチョコっと点検。
クラッチマスターのフィラーキャップが割れています。
交換したいですね。


IMG_4622


シフトノブもカッコ良いのに戻します。


IMG_4625


ヘッドランプも元のLEDへ


IMG_4626


ヘッドランプを固定するプラスチックボール。
アウターリムを留めるビスの相手が割れています。

そのうち交換したいですね。


IMG_4628
IMG_4634


ホイールも元に戻します。


IMG_4631


左のデフサイドシールからのオイル漏れは量多いです。
車検関係なく交換したいですね。


これにてほぼ作業完了です。
残りはRECS+ECUに魔法+セラミックエアーです。

ご来店の日程に合わせて施工します(`・ω・´)ゞ



9 月 26 日、かじかわが追記です。



R0012303
本日納車のため、まずは RECS を使い燃焼室を洗浄します。



R0012311
RECS 点滴が終わるまでの間にセラミックエアー入れ替えです。



R0012312
4 輪共、220 kPa で揃えました。



R0012313
ECU に魔法を掛けます。



BlogPaint
無事、点火時期 2.5 度進角成功です。



R0012317
忘れずに、御札も貼っておきます。



R0012346
長らくお待たせいたしました。

デフサイドシールのオイル漏れ等、早めに修理されますことをおすすめいたします。

今回はありがとうございました。
またのご来店をお待ちいたしております。
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002