曽根です。



兵庫県のFJM様より安心オートマのご依頼です。。

いらっしゃったのはご本人ではなく、『安心オートマらくらく便』 で運んできてくれた陸送ゼロの方です。。

IMG_3121

症状は、●前進に入れてから繋がるまでの時間が長い

● バックが滑る  とのことです。。。


BlogPaint

97年式メイフェア

BlogPaint

きれいですね。。

R0026959

ハンドルの擦れもシート右側の擦れも少なく室内もきれいです。

大事にされてるのが伝わってきますね。。。

R0026960

室内の状態から走行距離は実メーターかなぁ・・・・  

5桁メーターなので謎ですが内装の状態からの印象です。。


R0026961

ヒーターコアの漏れは無さそうです。


R0026963

エンジンルームチェック

R0026969

オイルはロアレベルでした。 

オイル消費があるのかもしれません。。。

R0026967

ラジエターキャップを開けたら プーンと臭いを感じます。。。

冷却水は交換時期を少々過ぎてる感じですね。

ラジエターは純正のままのようです。

R0026966

黄色のファンの羽根がエンジン側に反ってます。

ファンを交換してないのは、その間ラジエターの脱着もされてないということでしょうね

エンジン脱着の際に、ラジエターを外すのでこの機会に水廻りも一新されることをお奨めします。


R0026965

ヒータージョイントパイプも純正の樹脂製のままでした。

20年以上経過して脆くなっているので、ステンレスパイプへの交換しましょう。




ミニモニでECUチェックします。

R0026971

バキュームセンサーにフォルト入ってました

R0026972

点火信号を出すクランク角センサーにもフォルト入ってましたが

エンジンは回ってるので過去のパーツ交換でリセットされてないだけかもしれません。

後ほどリセットします



R0026973

マルチ画面の数値。。 

左上から アイドル回転   アイドル認識   燃調補正

左下から  スロポジ電圧   ステップ値


アイドリングが少し高いのは、水温が規定の88℃まで上がってないからでしょう。


R0026974

フォルトが入ってたバキュームのMAP値は正常でした。



R0026975

水温73℃   センサーは高温側からボケ始めます。

エンジン脱着時での交換は工賃が要らないのでこの機会に交換しておくことをお奨めします


R0026976

吸気温 


R0026977

電圧OK


R0026979

燃調補正 ▲9%薄く補正してます。

基準値内ではあります・・。


R0026981


R0026984

先ほどのフォルトは一旦消しておきます。

再発したら精査が必要です


R0026996

その時、ブォーンとファンが回り始める音。。。

R0026998

左フェンダーの中にある電動ファンが回り始めました。。

やはり先ほどの水温センサーの温度73℃は低めを指してる可能性あります。

▲9%の燃調補正も水温センサーの狂いが原因かな・・・




では走行テストしてみます。。。

展示場から道路に出るために方向転換を試みましたが、

現在はリバースは完全に滑っていて平らなところでも全くバック不能でした。。。。


R0027002

前進だけのテストですが、、アイドリングでギヤを入れても繋がりません・・・

R0027001

ちょっと回転を上げて上げるとガツンと入りました。

ポンプからの油圧が低いか、どこかで油圧が漏れてしまってるのか・・・

一度繋がってしまえば、なんとなく普通に変速して走行できてしまいますね。。。








走行中にクーラー使ってみましたが


R0027008

3段階目の風が出ませんね。。。  これはクーラーファンレジスター交換で治ります。。


本日は症状の確認だけです。

明後日以降になりますが、オートマに掛かる油圧チェックと、ドレンボルトの鉄粉をチェックして

原因の推測を行います。




9月19日追記

R0027331

オートマに掛かってる油圧チェックします


R0027332

暖気してフィルターケースで油温を簡易測定。。。

61℃まで上がったので温間油圧として測定します

R0027333

フィルターヘッドからと取り出した油圧をフロントガラスに貼り付けた油圧計で見ます。。

R0027334

アイドリング850回転


R0027335

ニュートラルで6.5㎏  OKです。


R0027336

前進側Dレンジに入れます

R0027337

3.5㎏まで下がったままギヤが繋がらずにいます・・・・

いつまでたっても繋がりません。。。

R0027338

アクセルを軽く煽って回転を上げたらガツンと1速に入り油圧は6.4㎏まで上がりました。

内部のどこかで大量に油圧漏れしていてフォワードクラッチを動かすだけの油圧が掛からないようです。

1速に入れば正常油圧です。

R0027339

平らなところでも動かないリバースに入れます。。

R0027340

6.3㎏しかありません。

安心オートマでは11~12㎏くらいの油圧がでます。。

リバースのサーボピストンからの油圧漏れはほぼ確定。。






次は、ギヤドラムが削られているか・・・・ドレンボルトチェックします

BlogPaint

もう一つのドレンボルトを用意してサッと入れ替えます。。。

今回の作業は かじかわ君です。。


R0011979

残念。。 ギヤドラムはかなり深く削られている可能性大です。。

ドラムは新品パーツの供給が無いので中古良品を使用しますが、1台のオートマから1個しか取れないので・・貴重なパーツです。








つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002