( ´ー‘)ゞ そろそろ紅葉ドライブのシーズン♪オススメの場所はどこですか?石川です。


最近ミニを個人売買で購入されたARK様。
天気の良い本日名義変更に向かう途中で突然エンジンストール。


IMG_0908


陸運局まで辿り着けず保険レッカーで初キャメルです(´;ω;`)


IMG_0910


メーターパネルが独創的ですね^^


IMG_0912


これはこれで・・・ありかも♪


IMG_0914
IMG_0922


まずは何はともあれ灯火チェック。


IMG_0940


配線のつながっていない吊り下げリバースランプ以外はokです♪


IMG_0925


オイル量はかなり少ないです。


IMG_0926


ラジエーターのLLC量もかなり少ない+汚れが酷いです(汗)

オイル交換水路洗浄オススメです。


IMG_0927


メインリレーが可愛そうなことに・・・


IMG_0928


スポンジ貼ってありますが・・・
ブラケットを使ってきちんと固定しておいた方が良いですね。


IMG_0930


突然のストールで再始動しなかったとの事。
クランクセンサーが犯人なら分かりやすいのですが・・・


IMG_0931


セルを回るとエンジン回転数もきちんと出ます。
暖まると悪さするコイル系のセンサーなので完全に白とは言いづらいですがまずはokの予感。


IMG_0932


何て思っていたら普通にエンジンかかってしまいました(汗)


IMG_0933


せっかくなのでこのまま水温上げてミニモニチェックしたいですね。
ラジエーターにはLLC補充。

水温上がるまで他も点検しておきます。


IMG_0942


リザーブタンクのLLC量はほぼ空です。


IMG_0944
IMG_0946
IMG_0947
IMG_0948


オイル滲みはミッションケース左右と後ろのチェンジシール。


IMG_0956


それと燃料ポンプのブランキングプレートからも多いです。


IMG_0952


リアマフラーは排気漏れあります。
内部剥離もあるので早めに交換した方がよいですね。


IMG_0954


右のラックブーツは切れています。


IMG_0957


左はナイロンベアリングに大きめのガタあります。


IMG_0958


ゲイターブーツも交換した方が良いですね。
ホイルシリンダーもうっすら滲んでいるように見えなくもないです。


IMG_0961


ご自身で交換したステディーロッドブッシュも緩そうです。


そろそろエンジンも暖まったのでミニモニチェック。


IMG_0929


フォルト(故障コード)はAIR TEMPに入っていました。

AIR TEMP- 吸気温度センサーの事。
回路故障の疑い。エアフィルターカバー内部に取り付けらている温度センサーです。

フォルトが入っていると言ってもイコール故障ではありません。


IMG_0970


リセットしておきますので今後観察していきましょう。


IMG_0969


マルチ画面。
・エンジン回転数 エンジンの回転数を rpm 単位で表示。【778rpm】(理想は850rpm)
・アイドルスイッチ 現在アイドリングかどうかの認識。【N=ノット アイドル】(ECUがアイドリングだと思っていない状態)
・o2フィードバック 燃調の2次補正状態。【C=補正している。】
左下から
・スロットル電圧 スロットル開度を電圧表示。【0.48V】
・ステッパー値 ステッパーモーターの現在地。【82】

ここで問題なのはアイドリングが低い事と、その低いエンジン回転数をステッパーモーターが上げてこない事。

そしてECUがアイドリングと認識できていない事ですね・・・


IMG_0971


MAP SENS - マニホールド絶対圧力(MAP)センサーの値をkpaで表示。エンジンがかかっていない場合は大気圧(90~100kpa)を表示します。

【28kpa】は正常範囲内ですが理想は32kpa付近。

数値が低い時はバルブクリアランスが大きくなっていることが多いです。
タペット調整オススメです。


IMG_0972
IMG_0973


COOLANT - インマニの裏側についている水温センサーの値を表示。
AIR TEMP - 吸気温度センサーの値を表示。

どちらも作動しています。


IMG_0974


BATTERY - バッテリーの電圧を表示。


IMG_0977


O2 SENSOR - O2センサーの電圧およびその状態を表示。アイドリング時は0.4V以下(リーン)~0.6V以上(リッチ)を常に上下しています。

今回は元気に稼働していました。


IMG_0978


SHORT FT - Short Term Fuel Trimの略でECUの学習項目の短期的なフィードバック制御の状態を表示。
O2センサーや水温センサーなどの情報を元に燃料の調整。100%はデフォルトの燃調。
右下の 【CL】はClosed(フィードバックをしている状態)

正常に作動しています。


IMG_0980


突然動かなくなったのでどこか接触不良があるかも?
メインリレー周りは特に変化ありませんでした。


IMG_0982


う~ん。。。深みにハマりそうな予感(汗)


BlogPaint


ARK様バイクでご来店ですヽ( ´ー`)ノ


IMG_0996


コレまでのお話をしながら今回の作業内容を作戦会議。
エンジンストールも困りますが気になることは他にもあります。

・ステディーロッドのブラケット溶接補修
・ナイロンベアリング交換

まずはこの2つ。
作業中にストールが再現出来れば究明していきます(`・ω・´)ゞ


IMG_0998


このミニは戦闘的だね~」
ARK様とは方向性がほぼ真逆?

まずは「気持ちよくドライブ出来る」を目標に頑張っていきましょうヽ( ´ー`)ノ



11月12日追記

S__56664067

ステディロッドのブラケット溶接完了。。。

BlogPaint

クラッチマスターロッドの穴が・・・長穴になってるのでガタツキでます・・

クラッチオイルは入替えておきました

BlogPaint

抜け止めが針金だったクレビスピンは交換。。。

あと、写真無いですが、ナイロンベアリングも交換完了しました。。。。



11月13日

IMG_2333

そして翌日、置き場から移動させようとして・・・

エンジン始動しません・・・ 再現しました。。

原因究明のチャンス!!!!!

AZM_1712

イグニッションをONにしても、ミニモニがECUとの接続不能。。。

ECUの電源が切れてる可能性あり。。。

AZM_1713

この年式はエアクリーナーの後ろにあるガラス管ヒューズの中にECU電源と燃料ポンプ電源があります。。


SONE0920

触ってみると・・・変化あり。。

AZM_1714


エンジン始動しました。。。。

ここのガラス管ヒューズはすべて老朽化で接触不良寸前です。

ブレードヒューズへの交換が必要です。。。


11/14アズマ追記です
AZM_1762

エンジンストールの原因と思われるECUと燃料ポンプのヒューズケースをガラス管ヒューズからブレードヒューズの物へ交換します

AZM_1766
AZM_1767

交換いたしましたこれで接触不良によるエンジンストールは防げるはずです

AZM_1791

試乗に行きましたが、走行中にストールするとかはありませんでした、アイドルも大丈夫でした。


全ての作業が終わった為、灯火類の確認をしていましたが、

AZM_1829

ウインカー、ハザードが点灯しません、、、

IMG_2599

原因を探ったところ、、、

AZM_1828

エアクリーナー裏のラインヒューズが切れていました、

AZM_1832

交換したら無事点きました

切れたヒューズは、5Aが入っていました
新しいヒューズも最初は5A入れましたがまた、切れそうな気配があったので10Aに変えてあります。


ヽ(*´ω`*)  11/ 16 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


IMG_2776


お天気の良い本日ARK様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


IMG_2777


今日はこれからあの日の続き。
この子が正式にARK家の子になる日♪


IMG_2778


気をつけていってらっしゃ~い♪
ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002