曽根です。



TNK様 セパハンのSR400で颯爽とご来店です。

次はMINIに乗りたいんだけどやっぱりマニュアルが面白いよねぇ。。

SONE1292

クラッチ踏みたいならマニュアルしかないですけど、

面白いか、面白くないかは ご自身で乗って感じてください。。


SONE1293

安心オートマのおと~と君。。。

エンジンは全くのノーマルですけど、磁力フィルターPECSとキャメルの魔法はひと通り掛かってます♪

SONE1294

キャメルの周辺道路の試乗コースにどうぞ~


SONE1297

十分面白いからオートマにするよ。。。

で、お選びいただいた1台は・・・

4年前に安心オートマに換装して、ニューラバコンで足回りもリニューアル済みの97年式クーパー。

内外装は基本的にノーマルに近い状態でコンディションはGOODです。

来月中旬までには納車できると思います。。。

SONE1299

じゃ、頼むねー!

ありがとうございました。

登録書類揃ったらお送りください。。。



11/22アズマ追記です

納車の準備始めます

AZM_2483

まずはエンジンルームの点検から

AZM_2491

ブレーキオイルはバッチリ入っています、色は少々飴色になっていますが、ブレーキ整備時に新しいオイルに入れ替えます

AZM_2490

エンジンオイルはしっかり入っているようです、こちらも後で新しいオイルに交換します

AZM_2487

クーラントは、、、
ラジエターコアが見えるほど減っていますこれから水路洗浄するので様子を見てみます

AZM_2492

とりあえず、ラジエター内に水道水をいれエンジンを動作できるようにします

AZM_2560

一緒に水路の洗浄剤ラジエーターフラッシュを投入です

AZM_2561

投入してエンジン始動!

洗浄しながら水路のチェックしていきます

AZM_2563

エンジン側のセンサー温度が73℃ラジエターの水温計が39℃
サーモスタットの閉じ具合は問題無さそうでです

AZM_2567
AZM_2569

88℃でサーモスタットが開きラジエター内にエンジンからのクーラントが勢いよく流れ込んできました

AZM_2575

サーモスタッドがひらいたのでエンジンとラジエータの温度が一緒になったので水温センサー制度を見ています、センサー側の温度が若干高くなるのが正解なので、センサーは問題無さそうです

AZM_2570

と、90℃でラジエータ電動ファンが動作を開始しました

AZM_2573
AZM_2572

電動ファンがラジエターを冷やし、87℃で動作を停止しました

電動ファンの動作もOKです


ECUのチェックもしておきます

AZM_2577

エンジン回転数

AZM_2579

マップ値、インテークマニホールド内の負圧を表示しています

AZM_2580
AZM_2581

水温、吸気温

AZM_2582

スロットル電圧、スロットルの開度を認識しています

AZM_2583

バッテリー電圧

AZM_2584

O2センサー、排気ガスの濃さを見ています

AZM_2585

お使いの機器は正常です
ボヤケて見えないですが
SHORT FT
96%      CL

と表示されています
こちらは燃料二次補正値です
4%燃料を薄くしています

AZM_2586

ステッパー値、アイドル時のスロットル開度を調整しています


AZM_2592
AZM_2591

水路に洗浄剤が循環したのでクーラントを抜いて、水道水で汚れを抜き出します

AZM_2593

右が吸い出した冷却水、
左が循環させて吸い出した水道水です
とくに汚れている感じはありません、この吸い出した冷却水が茶色かったりすると水路がサビていたりします

AZM_2595
AZM_2594

さらにホースを入れ替えてラジエターとヒーターから逆流させて汚れを吸い出しました

AZM_2596

水路洗浄で抜き出した分のクーラントを補充して、、、

AZM_2598

水路洗浄完了です


つづく

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002