アズマです

KTO様前回はフロントスタビライザーの装着でした

BlogPaint

今回は、メーターパネルに付いている時計を油温計に交換します
反射しちゃってます見えづらくてごめんなさい、、、

AZM_2403
BlogPaint


交換前にチェック、オイル量が、下側の穴の辺りまでしかありません、こちらは後で足しておきます

AZM_2379


灯火はOKでした

BlogPaint
BlogPaint



それでは取り付け作業開始します
油温センサーを取り付ける位置は、オイルフィルターケースのベース部分です

BlogPaint



入れてみようと努力していますが、入りません。
どうやら、センサー側のねじ山がケース側の穴より大きいようです

AZM_2391



ダイスを使ってセンサー側の山のサイズを穴に合わせていきます

AZM_2392



センサー入りました、しかし今度はフィルターケースとボディーの空間がセンサーだけでギリギリの為、センサーからメーターまで伸びる配線を装着することができません

AZM_2393



フィルターケースを取り外してセンサーを取り付けました
今度は配線も入れることができ、これでセンサーの取り付けは完了です

AZM_2399


オイルフィルターを外した時に出てきたオイルと、少なかった分のオイルを補充しておきます

AZM_2430

どちらも同じ径のメーターなのでそのまま装着できそうです

AZM_2404

時計があった場所に油温計を装着しました

AZM_2406

エンジン側から配線を引き込みます

AZM_2410

エアクリーナー裏から室内へ、、、

AZM_2411

そこから、メーターまで持ってきて繋げました。

AZM_2412

油温計の動作は、、、
バッチリ作動しているようです

AZM_2427

KTO様に試乗してもらい不具合が無いか確認していただきます。

AZM_2434

KTO様「計器類の動作はOKだけど走行中タコメーター裏からビリリ音がするようになったから直してもらえる?」
承知しました、対策してみます。。。


ピットでアクセルを吹かしてみたところ、一定の回転数でビリリ音がするのを確認出来ました、
新しく作った配線やメーターの取り付けベース部分が悪さをしているようなので、マジックテープのメスなどを使いビリリ音対策をしてみました。。。

AZM_2437

対策後アクセルを吹かしてみましたが、ビリリ音は無くなったようです。


AZM_2439

お待たせいたしました、ありがとうございました。



追記

大変申し訳ございません。
お帰りの途中にご連絡いただきました、
ビリリ音が消えておらず、またメーターパネルのネジが緩んでしまったようです。
再度ご来店いただき、修理対応をさせてください。
お手数をおかけいたします。
ご来店お待ちしております。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002