朝寒くて布団からなかなか抜け出せないスタッフアズマです


YZW様今回初来店です
「ブレーキランプが動作せず、走行中後ろの車からぶつけられちゃう可能性があり危険なので、壊れたブレーキスイッチを新しいものに交換して!」とのことでブレーキスイッチ交換します
また、ミニは最近知人から譲っていただいたそうですので、一緒に各部チェックします

BlogPaint


よろしくおねがいします!


AZM_3023


ブレーキスイッチ確認したところ、見事にポッキリ折れていました


AZM_3022


今の車や国産車だとありえないようなところがミニでは壊れちゃいます
ポッキリ折れたブレーキスイッチはもう使用できないので新品に交換しておきます


AZM_3027


ブレーキスイッチ調整&取り付け完了です


BlogPaint


灯火チェックしていますと、バックフォグがついていません


AZM_3030


確認したところ中の電球は切れていませんでした
ちょこっといじったら点灯しましたのでどうやら接触不良です、端子が電球に触れるように直して接点復活剤を吹き付けておきます

AZM_3032


エンジン内チェックです、

ブレーキオイルはMAXとMINの中間くらいまで減っていました、こちらは後で補充しておきます

次にレベルゲージを抜き取りエンジンオイルを確認しましたがMAXから700ccほど量が少なくなっています。また、色やガソリン臭を診てみましたが、色は茶色くなっておりガソリン臭は中くらいに感じました。
オイルは前の交換歴が不明でしたので今回交換します

AZM_3051


クーラント量、色ともに問題ありませんでした


AZM_3033


リフト上げて下回り確認してます、エンジンの下オイル漏れがありますね
トルクコンバーターあたりから漏れています。
もし漏れを止める場合エンジンを下ろしてガスケットを交換します、大掛かりな作業になりますので、今回は一旦様子を見て診ましょう


AZM_3034
AZM_3038


アンダーガードもオイルで汚れていますね、こちらは洗浄しておきます


AZM_3047


左側のアウターブーツが外れてしまっています
こちらはブーツバンドで元どおり取り付けました


AZM_3041


目視確認が終わったのでオイル抜き取っていきます


AZM_3050


茶こしフィルター異物はないです、きれいですね


AZM_3040


ドレンボルトの鉄粉はそこまで多くありません、これなら大丈夫です


AZM_3039


ドレンボルトの銅ワッシャーはオイル交換ごとに新しいものに交換しますが、今までついていたワッシャーはかなりくたびれています、何度か使用されたか強い力で締められたようです。


AZM_3049


オイルが抜けきるまで時間がかかるので工具をかけて緩みがないかチェックしておきます


AZM_3043

本日オイル交換でご来店のCHM様と、はいポーズ!
リフトアップしているので一緒にグリスアップもしておきます


AZM_3045


グリスアップはオイル交換ごとがおすすめですよ!


と、ここでカメラの電池がなくなってしまいました(T_T)

オイルの抜き取りが完了したのでドレンボルトを元通りの場所に入れて締めたところ、しっかりと締まりません、どうやらドレン穴のネジ山が潰れてしまったようです。
銅ワッシャーを交換した時点で嫌な予感がしましたが、以前にオイル交換をしたときにオーバートルクで締め込まれてしまったようです。
一度ネジ山をさらって新しいネジ山を作る作業をするため本日はお預かりとなりました。

作業完了までお待ちください。

次回ご来店時に駅までお迎えいたします。

ご連絡お待ちしております。



11/29アズマ追記です

新しいネジ山を作ります、


AZM_3131


まずはじめに、ドリルでいままでのネジ山を削り取ります


AZM_3132
AZM_3134


そしたら、タップを使い新しくいままでのものより大きめのネジを作ります


AZM_3135

綺麗にできました

AZM_3133
AZM_3139


そしたらネジのサイズをいままでのものと同じ大きさにする部品を使って、ネジ山づくり作業完了です


AZM_3149


削りカスはオイルを上から入れて洗い流します


AZM_3143


ドレンボルトはネジ山が削れないよう丁寧にしっかり締めました
これでようやくオイルを入れることができます

AZM_3144


今回入れるオイルは、ATミニにおすすめなプロステージS 10w-40と10w-50のブレンドです


AZM_3146

新しいオイルはこのようにきれいな飴色をしています

交換サイクルは3000kmまたは6ヶ月おきの交換を推奨しています


11/30アズマ追記です

おまたせしており大変申し訳ございません


AZM_3154


今朝確認したところ昨日作業したドレンボルトからオイルが滲み出ていました
銅ワッシャーのあたる面に対して垂直に穴を開けたつもりでしたが目に見えない歪みがあったようですので修正していきます


AZM_3182
AZM_3183

ベルトサンダーとオイルストーンを使い、削りすぎないよう最新の注意をはらいながら
何度も確認しながら修正していきます

AZM_3184

十何回か繰り返してだいぶ穴に対してたいらになってきました

AZM_3185

もう何回かやっていい感じになったので、削りカスを流しておきました


SONE2097


少し時間をおいて再確認いたしました、ドレンからの漏れは止まったみたいです


SONE2095
AZM_3203

ゴムブーツ破れのため交換とタペットカバーのガスケットの交換などの作業も行います

作業進めてまいりますもう少々お待ち下さい



12月3日追記

SONE2088

追加作業の前に 状態を復習しておきます。。

SONE2090

ヒーターバルブは純正のままですね。。少々漏れ跡もあるので国産代替品と交換お奨めです


SONE2093

タペットカバーからのオイル漏れはかなり多いので、エンジンの下まで伝って垂れてます。。

オイル漏れは一番上から直しておくのがセオリーなのでタペットカバーパッキンは交換しましょう


SONE2096

SONE2100

ラックブーツは左右とも切れてしまってます。。



SONE2097

ご来店中にも確認いただきましたが、進行方向右側のオイル漏れはコンバーターシールからのようです。

ココからの漏れは走り終わって止まった時に、大量に漏れてくるようになります。

今、オートマMINIのオイル漏れ根絶を目指して 日本製のコンバーターシール作成のための準備中です。

交換にはエンジン脱着が必要になるので、高品質で漏れないシールが特に欲しい部分なのです。。。

SONE2102

タペットカバーからなのか、ヘッドガスケットからなのか特定できませんが、

エンジン背面は大量のオイルが付着してます。。。

SONE2355

ステディロッドブッシュの緩みも気になります。。




SONE2353

交換中の写真が無くてすみません。。。

SONE2358

タペットカバーパッキンは交換されてます。

SONE2361

右ラックブーツ交換時に、タイロッドとタイロッドエンドのガタも気になったので交換させていただきました


BlogPaint

左ラックブーツも交換しましたが、赤丸の部分で、燃料パイプと干渉する部分があります。

ステアリングラックの位置がやや後方にズレているようですが・・・・・過去に何かがあったのでしょうか。


SONE2363

左ドライブシャフトブーツも交換しました

SONE2364

オイル漏れで汚れてたので、洗浄してペイント仕上げしておきました



12月4日追記


お待たせしました。。

IMG_5442

YZW様 引き取りでご来店いただきました

まだやり残した宿題がありますので、名義変更が終わって落ち着いたら

徐々に片づけていってください。。。


IMG_5443

下のアングルからのショットは・・・・

AZM_3571

こんな感じで撮ってます♪

ありがとうございました



AZM_3572


またのご来店お待ちしています






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002