スタッフアズマです

OKMさま前回はアイドリング高止まりでご来店でした。

AZM_8155

「今日は、アクセルのオンオフでエンジンががたがた揺れるからステディロッドの交換お願いね、それと、信号待ちのときにウインカーを付けたままにすると途中から点滅しなくなるから、それのかくにんもよろしく!」

AZM_8160

かしこまりました。さっそくエンジンのガタの確認、、、

AZM_8161

ステディロッドブッシュが壊れたのか、エンジンを軽く揺すっただけで、結構がたがたします。

こちらは今回交換しますがOKM様のミニは、走ってきたばかり、まだエンジンがアツアツなので冷えるまで先に他の作業や確認を行います

AZM_8163

ラジエターには漏れたクーラントがびっしり。

キャップからの漏れではななくラジエタ本体からの漏れのようですので、ラジエターの交換が必要そうです。

AZM_8170
AZM_8169

灯火の確認は前後ともにバッチリOK!

AZM_8165
AZM_8166

ブレーキフルード、クーラントは大丈夫そうです。

AZM_8185

オイルもきちっとMAXまで入っていますね。

AZM_8171

信号待ち中に動作が止まってしまうウインカーの原因確認。

どうやら、接点不良が原因で止まっていたようです。

AZM_8172

接点復活剤を吹いておきました。



AZM_8177

エンジンが冷えてきたので、ステディロッドブッシュの交換行います

AZM_8178

ステディロッドを取り外しました。

AZM_8179
AZM_8182

入っていたブッシュはボロボロに朽ちていました、これではエンジンの振動を吸収することができませんね。

AZM_8189

「こんなふうになっちゃっていたのか、成仏しておくれ、、、」

AZM_8181

もちろんブッシュは新しいものに交換です

AZM_8183

ステディロッドを取り付けました、これでエンジンルームからのガタガタ音はなくなるでしょう。

AZM_8162

エンジンを掛けるため、INGをONにしたところ油圧警告灯が点きません。

AZM_8173

電球を確認してみましたが、球切れしている様子はなさそうです、、、

AZM_8175

オイルプレッシャースイッチまでは電気が来ていますね、、、

AZM_8191
AZM_8190

配線を短絡させてみると、油圧警告灯が点きました。

どうやら、オイルプレッシャースイッチが故障しているため、油圧警告灯が点灯しなかったようです。

AZM_8192

スイッチを交換します。

AZM_8193

交換して油圧警告灯が点く様になりました。

AZM_8196

お待たせいたしました、気になるガタガタを退治しました!

これで心置きなくアクセルガンガン踏めちゃいますね!


ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002