|´ω`)ノ桜の次はツツジ?わんこの散歩道探しに余念がない石川です。


ITM様が島より帰還。


IMG_5105


「気になるところ色々あるから点検よろしく~」


IMG_5107
IMG_5109
IMG_5111


なかなか手の行き届いた整備が出来る環境に無かったそうです。
早速灯火からチェック。

右のリバースランプが点きません。


IMG_5112
IMG_5113


「ボディーも気になるのよー」
潮風は気持ち良いですけどミニにはよく有りませんもんね。


IMG_5115


「ガラスも何とかしたいです。」


IMG_5116


と熊さんもおっしゃっております。


IMG_5118


SRS警告灯が消えません。
大体はロータリーカプラーが原因だったりします。


IMG_5117


ワイパーアームも錆びていますね。
この辺はボチボチ交換していけばよいかと思います^^

交換するならG-クライムさんのセットが良いですよ♪


IMG_5119


走行チェック出動。


IMG_5120


ステアリングは若干右に向いています。
左右前方からコトコトカタカタ音がします。


IMG_5121


エンジンルームからも仰る通りなんだか凄い音がします。
スピードやサスペンションの動きには関係ない感じです。


IMG_5124
IMG_5127
IMG_5125


怖いのでショートカットで戻ってきてそのままミニモニチェック。
これでミニの頭の中を少し覗けます♪

上の表示はミニが覚えているフォルト(故障コード)を見ている画面。

●AIR TEMP - 吸気温度センサー回路故障エアフィルターカバー内部に取り付けらている温度センサーです。
●MAP SENS - マニホールド絶対圧力(MAP)センサーのフォルトコード。センサー部品が壊れているというよりも、バキュームパイプのコネクタの破損や接続不良により負圧が異常な値となっている時に記録されるようです。
●CRANK NG - クランクセンサー同調不調。

3つのセンサーにフォルトが入っていました。
フォルトが入っていても即故障というわけでもありません。


IMG_5147


ひとまずリセットしておきます。


IMG_5129


マルチ画面。
左上から
・エンジン回転数 エンジンの回転数を rpm 単位で表示【1388rpm】(理想は850rpm)
・アイドルスイッチ 現在アイドリングかどうかの認識。【N】ミニがアイドリングだと思っていない状態。
・o2フィードバック 燃調の2次補正状態。【C=補正している。】
左下から
・スロットル電圧 スロットル開度を電圧表示。【0.52V】
・ステッパー値 ステッパーモーターの現在地。【26】

アイドリングが高すぎてミニがアイドリングだと思っていない状態です。
あまり良くありませんね・・・


IMG_5130


MAP SENS - マニホールド絶対圧力(MAP)センサーの値をkpaで表示。エンジンがかかっていない場合は大気圧(90~100kpa)を表示します。

アイドリング時【28kpa】は少し低めです。
手始めにバルブクリアランスの調整しておきたいですね。


IMG_5131


COOLANT - インマニの裏側についている水温センサーの値を表示しています。


IMG_5132


AIR TEMP - 吸気温度センサーの値を表示しています。


IMG_5133


BATTERY - バッテリーの電圧を表示。
【13.7V】は正常です。


IMG_5135


O2 SENSOR - O2センサーの電圧およびその状態を表示。アイドリング時は0.4V以下(リーン)~0.6V以上(リッチ)を常に上下しています。

見ている間も元気に上下していました。


IMG_5136


SHORT FT - Short Term Fuel Trimの略でECUの学習項目の短期的なフィードバック制御の状態を表示しています。
O2センサーや水温センサーなどの情報を元に燃料の調整。100%はデフォルトの燃調。
右下の 【CL】はClosed(フィードバックをしている状態)

正常作動していました。


IMG_5138


オイル量ok。
ガソリン臭は少なめです。


IMG_5139


ブレーキフルード量okです。
色はだいぶ飴色になっています。


IMG_5141


エンジンの振れを抑えるステディーロッド。
前後に付いているステディーロッドブッシュがゆるくなっています。

交換オススメです。


IMG_5142


エンジンルームと車内のヒーターコアをつなぐヒータージョイントパイプ。
純正のままの樹脂製が付いていますが、突然折れて噴水の様に吹き出してきますので今のうちに金属製に交換オススメです。


IMG_5144
IMG_5145


アクセルワイヤーが少し張り気味でしたので軽く調整しました。


IMG_5148


アイドリングも下がってミニもアイドル認識するようになりました♪


さて、気になる大きな異音の件ですが・・・





どうやらウォーターポンププーリーが変形又は割れている様です。
これは危ないので交換しましょう。


IMG_5152


水路のメンテ状態もあまり良く無さそうですので水路洗浄から施工おすすめ。


IMG_5153


点火プラグ・プラグコードもあまり良いコンディションではありません。


IMG_5154


ベルトも一緒に交換しましょう^^;


IMG_5156


オイルの滲みも左右ともまぁまぁの量あります。
あまりこの角度で見ることもないですよね^^


IMG_5158


ヘッドガスケットからも滲んでいるように見えますが、まずはロッカーカバーからオイル滲み直していきましょう。


IMG_5160
IMG_5161


左右のタイロッド・タイロッドエンドのガタもここで直しておきたいところです。


IMG_5162


色々やりたことはあります。
作戦会議終了。


IMG_5163


「うちの子よろしくね♪」

お預かりいたします(`・ω・´)ゞ
作業完了までしばらくお待ち下さい。


4/5アズマ追記です

AZM_2880

まずは、この完全に降りない窓ガラスの交換から行います。

AZM_2883
AZM_2888

ドアの内張りを剥がしていきます。

AZM_2889
AZM_2890

サビや腐食は内側までは来ていなそうですね。。。

AZM_2897

窓ガラスの下にレールが2本付いているのですが、一本はサビがすごいです、、、

AZM_2898

もう一本はレールが行方不明、どこかに行ってしまったようです。

AZM_2902

探してみると、いました。脱落してしまったようです。

AZM_2906
AZM_2908

窓ガラス取り外しのため水切りモールを外しましたが、錆がかなり深いです。

AZM_2910

ガラスを取り外します。

AZM_2913
AZM_2911
AZM_2912

取り外した窓ガラスはレールがサビサビでした。

AZM_2917

新しいレールに交換します。。。



AZM_2915

水切りモールの裏のサビはサビチェンジャーで黒錆化しサビの進行を抑えます。

AZM_2921

そして、ドアの裏にはノックスドールを吹き付けこちらもサビの発生を抑えます。

AZM_2926

窓ガラスを取り付け、動作確認。

問題なく水平のまま下まで降りるようになりました。

AZM_2932
AZM_2933

内張りなどを戻していき、窓ガラスの修理完了です。

AZM_2936

続いて水路洗浄を行います。

AZM_2937

の、その前にまずはヒータコアの漏れの確認。今のところ大丈夫そうです。

AZM_2941

ラジエターに水路の洗浄剤ラジエターフラッシングを投入し、暖気しながら水路の洗浄を行います。

AZM_2943

いつもは水温を早く上げるためにクーラーを起動するのですが、クーラーコンプレッサーが動作しません。クーラーガスが抜けているのかもしれません。

AZM_2942

このくらいの温度の場合は通常、エンジン内の水温(ミニモニ)とラジエター(水温計)の温度に差が出るのですが同じ温度のまま水温が上がっていきます。

サーモスタッドが開いたままのようです、こちらは今回交換いたします。

更に暖気し電動ファンの動作を確認します。

AZM_2947

結構高い水温までいったのですがまだまわりません

104℃まで水温を上げていきましたが結局まわりませんでした。

AZM_2954

電動ファン自体の動作は問題ありませんでした。

どうやら電動ファンスイッチがだめになっていたようです。

電動ファンスイッチは今回ラジエターを交換するので、そのときに一緒に交換します。

AZM_2958
AZM_2959

エンジン内の汚れた冷却水を排出していきます。

AZM_2961
AZM_2963

ホースを入れ替えてラジエターとヒーターコアの汚れも徹底的に流しだします。

この後水路取り外しの作業があるので、冷却水の補充は後ほど行います。


AZM_2971

サイドブレーキの動きが渋いですね、、、

AZM_2965

サイドブレーキワイヤが注油されていないのが原因のようです。

IMG_5374

注油しておきました


4/6アズマ追記です。

AZM_2991

水路まわりの交換行います。

AZM_2996
AZM_2998

クーリングファンやベルト、プーリを外していきます。

AZM_3008

水路周りの部品の最深部ウォーターポンプも外します。

AZM_3010

ウオーターポンプの内側、エンジン内の水路はサビも多くなくとても綺麗です。

IMG_5512

取り外したポンプを確認してみると水を送る羽根車がガタガタと横に振れます。

試乗したときのあの大きな異音はこれが原因のようです。

AZM_3019

新品のウォーターポンプに交換してあの大きな音とはオサラバです。

AZM_3011

サーモスタッドの交換も行います

AZM_3017

中から取り出したサーモスタッドは弁が開ききっていました

弁が開いたままだとエンジンがあたたまるまでに時間がかかります。更にインジェクション車の場合、あたたまるまではコンピュータが暖気中と判断しガソリンを普段より多めに噴射してしまうため、経済的ではありません。

AZM_3020

新しいサーモスタッドに交換です。

AZM_3058
AZM_3067

ラジエターやホースも交換しました。

AZM_3069
AZM_3070
AZM_3071

水路まわりが組み終わったので、冷却水と水に魔法のリキテックを投入

AZM_3074

加圧チェックして漏れがないか確認します。

漏れはありませんでした。


4/8アズマ追記です

AZM_3088

タペットカバーのパッキンからオイルが漏れている可能性がありそうなので交換します。

AZM_3090
AZM_3091

もともとついていたパッキンはゴム製でできており、油を吸ってかちかちになっていました。

コルクのガスケットに交換です。

AZM_3095

AZM_3097


タペットカバーを開けたので、一緒にタペットクリアランスの調整もします。

クリアランスは、適正値の0.27~0.33mmよりも広くなっており、0.45mmまで広がっていました。



AZM_3039
AZM_3051

ステアリングからホイールにつながっている棒のタイロッドを新しくして足回りのガタガタコトコトを解消します。

AZM_3042
AZM_3043
AZM_3048

左側はステアリングラック内にあるナイロンベアリングも交換です。

AZM_3033

タイロッド交換のためホイールを外していたので、一緒にブレーキダストをエアブローして吹き飛ばします。

AZM_3102

ステアリングに関係する部品を交換したので、テスト走行してハンドルのセンターの確認、、、

いい感じです、足回りの異音もなくなりました。




AZM_3061

オイル交換のためリフトアップしましたが、長らく溜まった油汚れでミッションケースがドロドロです、、、 これはお掃除のしがいがありそうです。

AZM_3113

オイルを抜いていきます。

AZM_3114

今まで、点検されてきたかわからないのでドレンボルトの鉄粉の量でエンジンの健康状態を判断できませんが、鉄粉自体はこんもりとついていますね、、、

茶こしフィルターの異物はありませんでした。

AZM_3117
AZM_3134

リフトが上がっているうちに緩みの確認とグリスアップをしておきます。




AZM_3056
AZM_3055

下回りの点検中タイヤにヒビがあるのを確認しました、経年劣化でのヒビのようです。

溝はまだありますが、バーストやパンクする前に交換することをおすすめいたします。



AZM_3124
AZM_3127

オイルエレメントは、紙のフィルターケースから、PECSもれないAT用フィルターに交換です。

AZM_3119

ドロドロになってしまったエンジンを洗浄していきます。

AZM_3064

アンダーガードも綺麗にします。

AZM_3131

少々お化粧直しをして、新品のごとくきれいになりました。

AZM_3135

オイルを装填していきます。

今回入れたオイルはプロステージSをAT向けの粘度にブレンドした、キャメルATブレンドオイルとSOD-1です

新しいビットマップ イメージ

今回から、廃油やドレンボルトの状態からエンジンの健康度を観察するオイルカルテを記入していきます。

AZM_3136

右のリバースランプが点灯しないので開けて確かめてみます

AZM_3137
AZM_3140

白く濁っており、切れてしまっているようです。新しい電球に交換します。

AZM_3161

バッチリ、点灯するようになりました。


ヽ(*´ω`*)  4/ 10 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


完成報告を受けてもう一度走行チェックします(`・ω・´)ゞ


IMG_6111


「よろしくたのむわよ」
最初は異音が気になって走行チェックどころではありませんでしたからね(汗)


IMG_6114


あの騒々しい音は消えて足回りのトコトコも静かになりましたヽ( ´ー`)ノ
ただ加速時、2速あたりオートマが若干滑っています。気になるところです。


SONE8726


この写真も多分「ピース」じゃなくて「2速が~」だと思います。



ヽ(*´ω`*)  4/ 12 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


SONE8811


IMG_6416
IMG_6417


タイヤ交換4本とも完了いたしました(`・ω・´)ゞ


週末のご来店お待ちしております♪



ヽ(*´ω`*)  4/ 18 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


ITM様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


IMG_7138


たまたま居合わせた真っ赤なキャブクーパーのTB様とコラボ(笑)


IMG_7137


せっかく島から海を渡って本土へやってきましたがここでお別れ。
「あなたと過ごした日々は忘れない・・・・多分。」

女子は強い(笑)


IMG_7139


せっかく良いお天気ですがまっすぐ戻ってお仕事?
今日ぐらいはっちゃけても良いんじゃないですかー?(笑)

お気をつけてお帰りください。
ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002