こんばんは、かじかわです。



本日は、セルが回らず、とのことでレッカー入庫です。



KAJI7576
ひとまず、エンジンが掛かるようにしてレッカー車から下ろしました。



KAJI7586
オイル量は OK です。



KAJI7587
本来の目的である、オイル交換を行っていきます。
まずは走行点検、昨年 7 月に安心 AT に換装されたばかりですので、快調そのものです。



KAJI7588
KAJI7589
KAJI7591KAJI7592
ピットに戻り、灯火類点検から。
全て点灯していますね。



KAJI7593
続いて、ECU 診断です。



KAJI7594
マルチ画面、右上の「O」(オー)はオープンループ、燃調補正が働いていないことを示しています。



KAJI7596
MAP センサー値は、低いですね。
後程、バルブクリアランスを確認してみます。



KAJI7597
KAJI7598
水温、吸気温センサーも動作しています。



KAJI7599
バッテリー電圧も良好です。



KAJI7600
O2 センサー、0.57V から値がほぼ動かず、「!」が表示されています。
排気ガス中の酸素濃度を正しく検知できていません。



KAJI7601
燃調補正は O2 センサーからのフィードバックを受けて働くため、センサーが正常動作していない現状、補正を諦めています。



KAJI7607
リフトアップして、下回り点検を行います。



KAJI7610
真っ先に目に入ったのは左ドライブシャフトアウターブーツです。



KAJI7611
ぱっくり割れてグリスが飛び出しています・・・。
今回、こちらは交換させていただきます。



KAJI7654
KAJI7655
右デフサイドオイルシールからオイル漏れが有ります。
今回、こちらも修理させていただきます。



KAJI7613
マフラーには若干の擦り跡が有ります。



KAJI7614
発泡スチロールを轢いてしまったとのことですが、おそらくこれでしょう・・・。
マフラーにべっとり付着しています・・・。
近いうちに交換したいですね。



KAJI7650
マフラーが下がってしまうことが有るとのことで、マウントゴムが外れないようにタイラップで抜け止めしました。



KAJI7605
KAJI7606
問題箇所を 1 つづつ確認していきます。
まずはバッテリー上がりの原因です。
スターターモーター端子部の電圧は 14.1 V 、オルタネーターは正常の様です。



KAJI7623
バッテリーの健康度は 100%。



KAJI7624
充電率 66%、残量はやや少ないですね。



KAJI7625
単に残量が減っているだけのようですので、充電しておきます。



KAJI7619
今は問題無くエンジンが掛かりますが、念の為インヒビタースイッチも点検しておきます。



KAJI7620
KAJI7622
リバースと 1 速で OFF、



KAJI7621
ニュートラルに入れると ON、スイッチは正常です。



SONE8605
続いて、O2 センサー不調の原因を探ります。



KAJI7603
エアークリーナーを外してみると、SFR のバキュームラインが外れてしまっていました・・・。
本来アイドリング時の燃圧は 1.1kPa ですが、外れていたことにより 1.3kPa まで上昇していました。



KAJI7604
バキュームラインを再度取り付けると、



SONE8609
本来の燃圧まで戻りましたが、O2 センサーの状況は変わりません・・・。



KAJI7634
コネクターを洗浄してみます。



KAJI7635
更にマスターのマジック。



KAJI7636
高すぎる燃圧のせいで、給排気系にカーボンが堆積している可能性が有ります。
O2 センサーに軽く衝撃を与え、センサーに付着したカーボンを落とします。

この後、少し高回転まで回しながら走行して、カーボンを焼いてみたりしました。



KAJI7640
今度は 0.00V からほぼ動かず・・・。



KAJI7645
ECU は燃料が薄いと認識して限界まで増量を試み続けます・・・。
この時、燃圧は正常値です。



SONE8612
試しに、もう一度 SFR のバキュームラインを外してみます。



SONE8613
僅かながら電圧値に変化は有りますが、あまり意味は無さそうです・・・。



KAJI7647
マスターと相談の結果、現状不調になるといった様子は無いようなので、応急処置的ではありますが O2 センサーのコネクターは外して、経過観察することにしました。



KAJI7653
バルブクリアランスですが、今のところ 0.40mm まで広がっていましたので今回調整いたします。



KAJI7651
オイルを抜いていきます。
ドレンボルトの鉄粉量は少ないですね。



KAJI7652
異物の排出も有りませんでした。
AT は健康そのものですね。



引き続き作業を行っていきます。
完了までしばらくお待ちの程お願いいたします。



4 月 8 日、かじかわの追記です。



KUBO1934
ブレーキディスクローターと、



KUBO1935
スイベルハブを取り外して、



KUBO1936
KUBO1937
ドライブシャフトを抜きます。



KUBO1938
飛び散ってしまったグリスは綺麗に洗います。



KUBO1940
日本製高品質ブーツに交換いたします。



KUBO1941
一度分解洗浄してから、



KUBO1942
組み付けました。



KUBO1948
オイル漏れが有った右デフサイドシールも合わせて交換いたしました。



KUBO1949
MAP センサー値がやや低めでしたので、タペットを調整させていただきました。



KUBO1951
SOD-1 と、PRO-S 10W-40 と 15W-50 をブレンドして注入します。



キャプチャ
オイルカルテ、更新いたしました。



KAJI7674
充電しておいたバッテリーを取り付けて、再度点検します。



KAJI7675
健康度 100%、充電容量 98%、問題有りません。



KAJI7707
暗電流値も正常範囲内でした。



KAJI7720
納車前、再度 ECU 診断を行います。
フォルトコードは記録されていませんでした。



KAJI7722
マルチ画面、O2 センサーを取り外しているため、右上にオープンループの「O」(オー)が表示されていますが、他は問題有りません。



KAJI7723
MAP センサー値は入庫時よりも上がり 31kPa、理想値の 33kPa に近づきました。



KAJI7724
KAJI7726
水温、吸気温センサーも動作しています。



KAJI7727
バッテリー電圧も良好です。



KAJI7728
O2 センサーは取り外してあるため、0.43V 固定値です。



KAJI7729
燃調補正も O2 センサーからのフィードバックが無いため、規定量の燃料を噴射しています。



IMG_5708
NSM 様、引き取りのためご来店です。



IMG_5710
お待たせいたしました。

この度もありがとうございました。
またのご来店をお待ちいたしております。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002