こんばんはスタッフアズマです。

ICK様前回は1年半ほど前に車検を行ないました。

SONE9915

最近、またよく乗るようになってオイル交換の距離になったから、交換よろしくね!

IMG_9337

それと、なんだかエンジンの調子があまり良くないのと、左ブレーキランプが切れているみたいだからいっしょに点検もおねがいね。




早速ミニモニで確認してみます。

AZM_4778

フォルトは、水温センサーのフォルトが出ていました。前回車検時も同じフォルトが出ていたので、要観察ですね。

AZM_4788

今回もフォルトはリセットしておきました。

AZM_4779

マルチ画面は、エンジン回転数などの数値は問題ありませんが、右上のOは問題ありです。

このOはオープンループの略で、燃料二次補正がなんかしらの影響でできないため、デフォルトで定められた数値でガソリンをエンジンに送っていますよというサインです。
つまりは、燃調補正できていません。

AZM_4777

MAP値は42kpaで高め、どこからか二次エアを吸っています。

MAP値が高いと、エンジンは加速しているとECUが判断し、ガソリンが濃くなるため燃費が悪くなります。

ここまで数値が高いと、バキュームホースがから二次エアを吸っている気がします、後ほど確認してみます。

AZM_4781

フォルトのあった水温センサーは問題なく動作しています。

AZM_4782

吸気温センサーも問題なさそうです。

AZM_4783

スロットルポジションセンサーもしっかりと動作していますね。

AZM_4784

バッテリー電圧は良好です、

AZM_4785

O2センサーは"!"が表示されてしまっています。どうやらMAP値が高い影響でガソリンが濃すぎるためセンサーの動作範囲を超えてしまっているようで仕事をしていません。

AZM_4786

燃料2次補正値はO2センサーが仕事をしていないので、燃調を修正することができません。



AZM_4796

オイルの量は、ゲージの半分くらいまで減っていました。

AZM_4798

ガソリン臭は少なめで、燃料希釈は少なそうです。

AZM_4807

冷却水の量はしっかり満タンでした

AZM_4801

テスト走行を行ないましたが、大きな問題はなさそうです。

AZM_4804

左のブレーキランプは確かに点きませんね、、、

後ほど交換いたします。

AZM_4802
AZM_4803

その他の灯火は問題ありませんでした。

AZM_4808

クーラの風量3段目で風が止まってしまいます。

定番のファンレジスターの故障ですね、こちらも今回交換が決まりました。

AZM_4816
AZM_4818

リフトアップして下回りの点検。

コンバーターシールのあたりと、左デフサイドシールから漏れがありました。

AZM_4828
AZM_4830

オイルを抜いていきます。色は薄茶色でした。

AZM_4831

ドレンボルトの鉄粉は少なめです。

AZM_4832

茶こしフィルターに異物はありませんでした。

AZM_4834

フロントブレーキをエアブローして、ブレーキの摩耗カスを吹き飛ばします

AZM_4835

足回りの緩みはありませんでした。

AZM_4839

ミッションケースを掃除してキレイキレイします。

AZM_4841

もちろん忘れずにグリスアップもしておきます。

AZM_4842

オイルを入れていきます。

今回入れたオイルはプロステージSのキャメルスペシャルブレンドと添加剤のSOD-1です

ATミニは、エンジンのオイルを抜いても、トルクコンバーター内に3リッターほどオイルが残ってしまいます。その残っているオイルは粘度が低下していることが多いです。ですので少し硬めのオイルを入れて粘度を保とうというのがこのスペシャルブレンドです。

新しいビットマップ イメージ

今回もオイルカルテを更新しました。



SONE9917

そうだ、ドライブレコーダーの取付もお願いね!

IMG_9403

電装屋さんにドラレコをつけてもらいました。

コレで何があってもしっかり記録されるので、安心して乗れますね。まあその何かが無いのが一番ですが・・・

AZM_4844

MAP値高めの原因と思われるバキュームパイプ周りの点検と交換を行います。

AZM_4845

フューエルトラップを取り外しました、、、

AZM_4846

洗浄しましたが少し汚れていました。

AZM_4848

バキュームパイプは経年劣化でくたびれてしまっているようです、、、

AZM_4847

新しいパイプに交換します。

AZM_4849

パイプを交換し、フューエルトラップを装着。

AZM_4870

再びミニモニチェックしてみると、MAP値が規定値に戻りました。

AZM_4875

MAP値が規定値になったことによりO2センサーも仕事するようになりました。

AZM_4876

燃料二次補正値も動作するようになりましたが、数値が結構ずれています、、、

しばらく経てばECUが学習し正しい数値に戻ると思われます。


AZM_4855

切れてしまった左ブレーキランプの電球を交換します

AZM_4858

右の古い方の電球はフィラメント切れでした。左の新しいものに交換します。

AZM_4862
AZM_4863

ついでに、テールレンズガスケットもボロボロなので交換しました。

AZM_4866

ランプの動作確認OKです。

AZM_4878

タイヤの空気圧は160kpaとかなり低め、たまに確認してあげてください。

エアゲージはガソリンスタンドなどにあります、スタンドのスタッフにお願いして診てもらうのが◎です。

SONE9930
AZM_4879

今回タイヤの空気は窒素セラミックエアーを装填しました。空気圧は前後220kpa入っています。

AZM_4880

ファンレジスターを交換します。

AZM_4883

ファンレジスターは助手席の足元のパネル裏に隠れています。

AZM_4885
AZM_4886

取り外したファンレジスターは3段目が壊れてしまっています。

AZM_4887

新しいものに交換です。

AZM_4889

動作はバッチリOK !これで今年の夏もミニで乗り越えられるはずです。

お待たせいたしましたすべての作業が完了しました。

AZM_4892

ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002