|;ω;)ノ緊急事態宣言が今月末まで延期。明けない夜はない?石川です。


ブログはありませんが約8年前に業者さん経由で雨漏り対策でウェザーストリップ交換したKYN様。


KAJI9392


今回もご本人ではありませんが「水温計が上まで上がっちゃう」とご来店です。
他にもグリルやアンダーガードなど気になる所があるそうです。


IMG_1013
IMG_1016


まずは灯火チェックから。
フォグランプが点きません。
他は大丈夫です。


IMG_1018


オイル量ok。
オイル交換したばかりっぽいですね。


IMG_1019
IMG_1020


ロッカーカバー周辺はかなりオイリーです。


IMG_1022


ガラス管ヒューズは古くなるとトラブル起きやすいのでブレードヒューズに交換をお奨めです。

クラッチフルード量はOKです。

IMG_1021


ブレーキフルード量もOKですね


IMG_1023


メインリレーの爪が折れてしまっています。
しっかり固定するためにもブラケット取付オススメです。


IMG_1024


エアフィルターは凄い汚れです。
空気が通っていかなそうですよ?

交換しましょう。


IMG_1048

ヒーターバルブに水漏れ跡・・

国産車用でちょうどよい代用品があるのでバルブごと交換お奨めします。


IMG_1049


インマニのホースジョイント部付近にLLCの滲みあります。

水廻り一式交換するのが安心ですがしばらく状況観察していきましょうか。。


IMG_1050


サーモスタットは交換歴があるようですがケース周辺にもLLC滲み跡あります。


IMG_1051


ラジエーターキャップもかなり古いですね。 真ん中のカシメ部から滲み跡です。


IMG_1052


ラジエーターのLLC量は若干少なめ。
それよりかなり汚れています。

水路洗浄強くおすすめです。


IMG_1053


ベルトの張り具合はちょうどよいですね。


IMG_1054


プラグ・コードの腐食ありませんでした。


IMG_1055


ACパイプのブラケットが折れてしまっています。
特に付いていないミニもありますのでこのブラケットは外してしまったほうが良いと思います。


IMG_1056


リザーブタンクのLLC量はほぼ空でした。


IMG_1057


電動ファンの影から見える謎の黄色い配線が気になります。
ファンが回ったら絡みそうで怖いですね。


IMG_1058


ロアホースにLLC滲みがあります。


IMG_1061
IMG_1062


インナーフェンダーにクラックが入っています。
マークしておきましたので今後要観察です。


IMG_1063


上から覗くと電動ファンスイッチ付近の配線が少し変。


IMG_1065


気になることその2のインシュロック。
どうしてここに付いているのでしょうか?


IMG_1069
IMG_1070


電動ファンの端子がささっていませんでした。
これでは電動ファンが回らず水温が上がりっぱなしになってしまいますね(汗)


KAJI9440
KAJI9441


ここから選手交代。
かじかわ君にお願いして続き作業。

配線直結で電動ファン作動ok


KAJI9443


謎の黄色い配線を引っ張り上げてお水を少し補充。
エンジンスタートでサーモの状態も確認します。


KAJI9447


水温上がってサーモオープン。
冷却水が流れているのが見えます。

このまま蓋をして更に水温あげます。


KAJI9448
KAJI9449


電動ファンも無事作動しましたヽ( ´ー`)ノ


KAJI9451

この時水温計の位置はこの位です。




ミニモニで水温以外のECUチェックも行います。。。

KAJI9453

フォルトは入ってません。

KAJI9455

マルチ画面も良好

左上から アイドリング  アイドル認識良好  燃調補正行われてます

左下から スロットル電圧適正  ステップ値OK


KAJI9462

エンジンに掛かってる負荷をECUに伝える重要なバキュームセンサー

規定値内で良好


KAJI9463

吸気温 OK

KAJI9464

電圧OK

KAJI9465

O2センサー稼働してます

KAJI9466

燃調補正はほぼプログラム通りで良好



5月20日追記

Image1 曽根です。

今日は下廻り点検と試運転します。


SONE1037

右前足回り。  ガタや破れは無く概ね良好。



SONE1042

インナーフェンダーとサブフレームマウントの隙間からエンジンルームを覗いてみると・・

SONE1041b

クラッチレリーズのダストカバーが濡れてます。。。

クラッチフルードが漏れ始めてるようです。。。

クラッチマスターと併せてセットで交換しておくことをお奨めします


SONE1046

左前足回り・・・

ハブベアリングとボールジョイントはOK

SONE1049

左のタイロッドを上下に揺らすと・・コトコト音です。

ナイロンベアリングにガタがあります。

SONE1050

ハイローキットの車高調整用のロッドはだいぶ伸びてます・・

ラバコンはペッチャンコ・・・・です。

今ラバコン祭り開催中ですのでこの機会に、足回りの総リニューアルしてみてはいかがでしょう。



SONE1051

ミッションを後ろから見たところ。。。

左右のデフサイドシールからは漏れはありませんが、

SONE1052

チェンジシールから漏れがありました

SONE1057

ダウンパイプの蛇腹は補修してありました。。。漏れはありません。


SONE1059

新車のままと思われる キョーザ型のリヤマフラー。。よく頑張ってますね。。

SONE1060

燃料フィルターはしばらく交換した形跡がありません。。

交換したいですね。

SONE1063

ショックアブソーバーは抜けてそう。。

SONE1070

キャメルの回りを試運転に行ってきます。。。

カチカチ決まるシフトは気持ちいいです。。エンジンも問題なさそう。。

ただ、アクセルON⇔OFFでエンジンの揺れを感じます。。。エンジンの振れ止めにガタが来てそう。。

そしてアクセルOFFだとかなり強めに左に流れます。。ナイロンベアリングのガタが原因のケースが多いのでまずはナイロンベアリング交換してみましょう。



SONE1072

こうしてエンジンを前後に振ると大きく動いてしまいますね。

ステディロッドブッシュにガタがありますので交換したいです。



5 月 21 日、かじかわの追記です。



本日は水路洗浄から行います。



KAJI9802
ヒーターコア、LLC 漏れは有りません。



KAJI9803
ヒーターコアも洗浄できるように、バルブを開けます。



KAJI9804
スリーチェックは完了しているため、ラジエターフラッシュを循環させて排水のみ行います。

汚れた冷却水が出て来ました。
MINI の鉄エンジンを錆から保護するためにも、定期的な洗浄をおすすめします。



KAJI9805
ラジエターとヒーターコアに溜まっていた汚れも吸い出しました。



KAJI9806
ラジエターコア内部、詰まりは有りません。



KAJI9807
LLC の入り具合も良好です。



KAJI9808
クーラントブースターも注入します。



KAJI9809
ラジエターキャップと、



KAJI9852
ヒーターバルブは交換させていただきました。


5/22アズマ追記です

_AZM1183

フォグランプが点灯するように修理していきます。

まずは、どこで電気が来てないか確認します。

_AZM1193

フォグランプの独立スイッチの手前までは電気が来ています。

_AZM1194

スイッチからでてくるはずの電気が来ていないですね。スイッチの不良っぽいです。

_AZM1195

スイッチをバイパスして点灯するか確認します。

_AZM1184

うーんまだ点きません他にも原因がありそうです。

_AZM1185

リレー周りの配線も確認してみます。

_AZM1199

スイッチ側からの電気はバイパスしているのでしっかりとくるようになりました。

_AZM1201

電源用の配線からは、、、

来てはいますが弱々しいです、電源を取るところを見直したほうがいいかもしれません。

_AZM1188
_AZM1196

スイッチ側からの配線とランプの配線をバイパスさせると点灯しました。リレーから先の配線とフォグランプ自体は問題なさそうです。

問題箇所がわかったので、配線を手直ししつつ、しっかりと点灯するように直していきます。

_AZM1205

ごめんなさいスイッチは、タッチ式がないのでトルグスイッチで作らさせていただきます。

_AZM1204

フォグランプ動作用の電源はセルモーターのプラスから取ります。

バッテリーからの電気が直接流れて来ているのでここから取るとパワフルです。

_AZM1209

リレーはフロント側に移設しました。

_AZM1214
_AZM1216

室内側も配線を作りスイッチオン!

_AZM1218

無事点灯しました。電源がパワフルなのでさっきよりも明るいです。


AZM_6779

エンジンのガタを抑えるためステディロッドブッシュを交換していきます。

_AZM1172

作業するのに手が入らないので、ブレーキマスターを取り外します。

_AZM1174

マスターを外したので一緒に点検、、、

ブレーキサーボ内に、水たまりができています、、、

ブレーキマスターの内側からブレーキオイルが漏れてきているようです。

ブレーキオイルがなくなるといきなりスコン!とブレーキペダルが抜け止まれなくなってしまいますので早めの交換またはオーバーホールをおすすめします。

_AZM1176

ブレーキマスターが外れたことによりステディロッドが外せるようになりました。

_AZM1181

ステディロッドを外します。

外したステディロッドのブッシュはまだまだ交換しなくても大丈夫そうでした。。。

_AZM1178

かわりに、ステディロッドを止めているエンジン側のマスタープレートの穴がサビて広がってしまっています。

どうやらステディロッドブッシュの劣化が原因ではなくこちらが原因でエンジンのガタが出てしまったようです。

_AZM1225
_AZM1231

マスタープレート交換のためブレーキサーボとクラッチマスターを取り外します。

_AZM1228

ブレーキサーボ内に溜まっていたブレーキオイルは洗い流しておきました。

_AZM1236

新旧交換の儀。

新しいプレートと見比べると、サビで穴がかなり大きくなっているのがわかります

_AZM1238

新しいプレートを設置。

_AZM1239

作業しやすい今のうちにステディロッドを装着しちゃいます。

_AZM1241

これでエンジンの揺れは抑えられるはずです。


ヽ(*´ω`*)  5/ 24 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


ワンタッチグリルボタン付けます(`・ω・´)ゞ


IMG_2713
IMG_2714


左は既存の穴を利用して右は合わせて穴あけ。


IMG_2718


グリルとサラウンドはリベットで固定しておきます♪


IMG_2719
IMG_2720


完了♪


IMG_2728


アンダーガードのボルトの件。
1本足せば・・・とはいかず。


IMG_2729


相手のネジをタップ立てておきます(`・ω・´)ゞ


IMG_2730


他のボルトもかなりくたびれています。


IMG_2731


ネジが潰れて外すにもリフトでの作業でなければ一苦労しますね。


IMG_2732


外したアンダーガードはかなりオイル汚れがこびりついていました。


IMG_2734


チェンジシールからのオイル漏れも直したいですね。


IMG_2736


前はエレメント交換時にこぼしたものなのかサブフレームにもオイルがかなり付いていました。


IMG_2737
IMG_2738


ついでなので油汚れは綺麗にお掃除しておきます。


IMG_2739


ボルトは全部交換します。


IMG_2740


きれいなのは気持ちが良いですね。


IMG_2741
IMG_2742
IMG_2743


ボルト交換完了です。


IMG_2751
IMG_2753
IMG_2756


最後に灯火チェック。
ばっちりokです。

ご来店お待ちしております。



5 月 29 日追記



AZM_0224
本日、納車となりました。



この度もありがとうございました。
またのご来店をお待ちいたしております。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002