|;ω;)ノ緊急事態宣言は今月末で終わる?明けない夜はない?石川です。


IMG_2448


「黒煙と何とかしたーい」
爽やかカップルのNMT様初のご来店ですヽ( ´ー`)ノ


IMG_2450


40thと聞いていましたが随分思っていたのと雰囲気が違いますね^^

パールのボディーにゴールドのルーフでどこに行っても目立ちます♪


IMG_2449


他にも「オイル漏れを何とかしたーい」「排気音を静かにしたーい」「遠くからピッとエンジンかけれる様にしたーい」などなど。

まずは走行チェックしますのでキャメルバックスコーヒーでも飲みながら少々お待ち下さい^^


IMG_2454


車内はバッチリ40thですね♪


IMG_2455


エンジンルームは何かが違います。


IMG_2456


オイル量ok


IMG_2457


ガソリン臭は少なめでした。


IMG_2458


お?水温計のセンサー?


IMG_2461


車内足元にはA/F計がついています。


IMG_2462


パワステ完備。


IMG_2463


そしてエアコン。
超快適仕様^^


IMG_2464


走行チェックします。
オートマ・エンジンは調子良さそうですね^^

排気漏れの音が聞こえてきます。
足回りはショックが抜けてそうです。


IMG_2466


お?
ふと水温計に目をやると・・・針がありえない程低めを指しています。。。

先程見たセンサーを使っているのかは不明ですが気になります。


IMG_2469
IMG_2472


灯火チェックok
全て点灯しました。


IMG_2474


おや?水温復活しています。
ますます謎です。


IMG_2475


ここにあるはずのECUがいません。
先程のA/F計と言いただECUを移設しているだけなら良いのですが。


IMG_2476


ミニモニは通信できません。
断線しているのかもう使わなくなっているのかどちらでしょう?


IMG_2477


ロッカーカバーからのオイル滲みが少し多めです。
ガスケット交換して少しでも漏れをとめたいですね。


IMG_2478


エアフィルターは少々汚れています。


IMG_2479


国産ブレーキサーボ&マスターがついています。
ブレーキフルードはやや変色しています。


IMG_2482


ベルトは傷など特に見当たりませんでした。


IMG_2483


お。
オイルフィルターは漏れないオートマ用オイルフィルターケースノーマルフィルターヴァージョンが付いていますね^^


IMG_2484


リザーブタンクのLLC量はほぼ空でした。


IMG_2486
IMG_2487


フェンダーにタイヤが当たっている跡があります。
もう少し車高を上げるかフェンダーカットオススメです。


IMG_2488


ミニの下回り覗き放題♪
穴が開かない程度にじっくりみましょう^^


IMG_2489


足回り目視点検。


IMG_2490


ブレーキパッドの残量はまだまだ大丈夫です。


IMG_2492
IMG_2493


テンションロッドとロアアームブッシュにクラックが入っています。
ショックもフロントは古そうですし・・・

いっその事コイルサスをやめてラバコン祭りで本来の姿に戻しませんか?


IMG_2495


ニュートラルとパーキングの位置をECUに教えているインヒビタースイッチ。
ここからオイル滲みがありますが最近の新品パーツは残念ながら交換してもまた滲んできます。

良いのが出てくるまでしばし我慢です(´;ω;`)


IMG_2496


おや?
このミニはリビルトオートマに積み替えていますね。
まるで囲った刻印が揃っていません。

いつぞや流行った壊れちゃうオートマじゃないと良いのですが・・・


IMG_2494


スピードメーターケーブルハウジングからもオイル漏れがあります。


IMG_2497


「ク・・・首が痛い」
下から覗く動作が多い下回りチェック。

見えないところは彼女のインプレを聞くか心眼でお願いします^^


IMG_2498


ダウンパイプの蛇腹部はわかりやすく排気漏れしています。
今年の車検はこのままでは無理そうです。


IMG_2499
IMG_2500


マフラーの吊りゴムは問題ありませんでした。


IMG_2502


「行方不明になったECUを探そう!」


IMG_2505


どれどれ・・・バキュームパイプはフューエルトラップからバルクヘッドの穴へ向かっています。


IMG_2506


っと言うことはECUは移設しただけ?
淡い期待をしつつ車内捜索。


IMG_2510


エバポカバーはずしたら・・・


IMG_2514


「こんな所に居たのかー!・・・ところで君は誰だい?」
MEMSでは無くフルコン化されていました。。。


IMG_2519


こうなるとミニモニでは中身も見えないのでまったーマンネットワークを使って解析&調整します(`・ω・´)ゞ

それとは別に何か金属を持つNMT様。


IMG_2520


「軽いよ!コレ軽いよ~」
その軽量コンロッドにハートピストン組むとかなりのヴァージョンアップになりますよ(*´ー`*)b


IMG_2521


まずはコンピューターの方を何とかして黒煙対策ですね!
しばらくお預かりします(`・ω・´)ゞ


ヽ(*´ω`*)  5/ 24 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ

コンピューターを何とかする前にオートマが気になるのでドレーンのチェックを先にしておきます。


IMG_2559
IMG_2561


変わり身の術。
鉄粉量は気にしていたよりは少なめでした。


AZM_0006


ではコンピューターセッティングの旅へ♪



5月29日追記

192903469_1031506554045430_6495706370939339534_n

フロントの車軸に直接取り付けてパワーチェックできるハブダイノで負荷を掛けてセッティングします

187540727_519776125730044_5141925661985989457_n

低負荷時にやや濃いめのセッティングだったのと、

アクセルOFF時に燃料カットされてなかったですね・・

エンジン保護の為もあり、全開フルスロットル時にはやや濃いめのセッティングですがそのままにしてあります。




P1010279

S.V.からECUのセッティング終えて届けてもらいました。。


P1010280

水温が88℃で安定しなかったは82度のサーモスタットが入ってたからでした。

純正の水温計の針は不安定ですが、ECUに送られてる水温データは大丈夫でした・・とのこと。

セッティングのために自走で届けてもらいましたが油温が上がるとオートマのタイムラグが出てくるとのこと。。。これについては明日以降にキャメルでも再チェックいたします。。



5 月 30 日、かじかわの追記です。



車検整備は、水路洗浄から始めます。



KAJI0192
エアーコンディショナーに換装されており、ヒーターバルブは付いていません。



KAJI0194
ユニットを確認します、冷却水汚れは無さそうです。



KAJI0195
ラジエターフラッシュを注入して、エンジンを始動します。



KAJI0196
暖気後のため、水温はやや上がっています。



KAJI0197
90 度近くまで数値がグンと上がりました。
交換後のサーモスタットは問題無さそうです。



KAJI0198
エンジン側から勢い良く冷却水が流れ込んで来ます。



KAJI0199
KAJI0201
電動ファンは 93 度で回り始めました。



KAJI0200
水温計の針は、ほぼ中心です。



KAJI0202
KAJI0204
ファンは 88 度で停止しました。



KAJI0205
スリーチェックが終わりましたので、排水します。
汚れは少ないですね。



KAJI0206
ラジエター、ヒーターコアからも目立った汚れは出て来ませんでした。

これからも定期的な洗浄で水周りの健康を維持していきたいですね。



KAJI0207
ラジエターコア内部、詰まりは有りません。



KAJI0208
LLC の入り具合も良好です。



KAJI0209
クーラントブースターと、



KAJI0210
LIQTEK を注入して、水路洗浄は完了です。


6月3日追記

フルコンの燃調セッティングとテスト走行でもアクセルを踏み込んだ時に小さな『チリチリ音』を感じたので・・もしかしてノッキング音かも・・とのことから圧縮を測ってみることにしました




KAJI0366

1番 15㎏

KAJI0367

2番 15㎏

KAJI0368

3番 14.9㎏

KAJI0369

4番 15㎏

圧縮は高いですね・・・低回転のトルクが大きいことから・もしかして排気量アップしてる可能性あります。燃焼室容積がそのままだ圧縮は高くなりますが・・そういうことなのかも。。

オーバーラップの少ないメイフェアカムのままだとノッキングの可能性アリですね。。。


KAJI0370

プラグコードキャップの中が錆びてます。 コード交換もお奨めします。




オートマのタイムラグと油圧を測定してみます。

P1010474

フィルターケースで75℃ 簡易的ですが油温とみなします

P1010492

ニュートラルから→

P1010493

Dレンジに入れて・・・・・・・・・繋がるまでに約3秒かかりました。

タイムラグは長いです。。 

タイムラグはオートマ内部で油圧漏れや摩擦材の消耗などオートマトラブルの前兆ですので要注意です。



P1010475

フィルターヘッドでオートマに掛かる油圧を見ます


KAJI0373

KAJI0375

ニュートラルで6㎏  若干低いですが規定値はクリアしてます

KAJI0376

KAJI0377

Dレンジで1速に入った時・・・同じく6㎏で規定値はクリア。。





KAJI0378

KAJI0379

リバースの5.5㎏は低すぎますね。

やや回転落ちたことも原因ですが、規定値1000回転で8㎏なのでだいぶ低いです。

リバースバンドのサーボピストンシールから油圧が逃げ始めてる可能性ありますね。。

リバースバンドの締めつけが甘くなってスリップ時間が長くなることで摩擦材が剥がれていくと更にタイムラグは長くなり、ギヤドラムを傷つけてしまいます。

ドレンボルトに付着した鉄粉は健康体のオートマよりは若干多めだったことからギヤドラムを削り始めている可能性もありそう・・・。



6/4アズマ追記です。

AZM_0736

暖気を車までいかなくてもできるリモコンスタータを取付けます。

AZM_0737

ダッシュパネル裏に受信機を装着していきます。

AZM_0748

イグニッションキーの配線にリモコンスタータの配線を割り込ませ設置完了。;

AZM_0750

リモコンのスイッチONでエンジンスタート。

動作もバッチリOKです。



AZM_0757

オイルフィルターは、もれないフィルターケースですが、まだ紙フィルターのままでしたね。

AZM_0735

せっかくなので、この機会に磁力フィルターのPECSに交換します。

PECSにすることによって、今まで紙フィルターだと取りきれなかった微細な鉄粉などを取り除くことが出来鉄粉による二次摩耗を防ぐことが出来ます。さらにオイルの通過抵抗が少ないため、エンジンが軽く回ります。

AZM_0758

交換していきます。

AZM_0760
AZM_0761

もれないフィルターケースからもれないPECSにランクアップしました。

AZM_0762

フィルター交換時に出てきた分のオイルを補充しPECS化完了です。


6/5アズマ追記です。

AZM_0772
AZM_0771

規定の温度になる前に開弁するためサーモスタッドを交換しましたが、サーモハウジングのボルトからクーラントが滲み出してしまいましのでやり直します。

AZM_0778
AZM_0779

分解してもれないように組付けを行ないます。

AZM_0774

サーモハウジングのボルトは、サビやねじ切れにつよいステンレスボルトに交換しました。

AZM_0780

エンジン始動して加圧しましたが、今度は大丈夫そうです。



6月6日追記


AZM_0887

本日納車予定なので、燃焼室洗浄のRECSを施工します。

AZM_0888

燃焼室でカチカチになったカーボンを燃えやすいように柔らかくします。

走行しながら徐々にカーボンを燃やして排出することで燃焼室をきれいにしてくれます。。

2週間または300㎞走行の間、燃やし続けてくれますのでRECS施工後はちょっと余計に走ってくださいね




P1010583

ご来店いただきました。

タイムラグのない安心オートマを体感してみてください。。。

P1010584

行ってきまーす。

P1010588

オートマはイイね。。。

ただ、ご自分のMINIは1360㏄なんで、自分のMINIが速いのを再確認できたようです。。。

それよりも・・左足ブレーキいいねー。。 

これ付けてよ。。

P1010590

はい、では早速取付け開始。。。

左右の足のかかとを付けたまま運転できるから楽ちんだし、とっさのブレーキ早いですよね

KAJI0512

ゴーカートを運転してる気になります。。。

商品名も『カートでゴー』です(笑)

P1010596

MINIもご家族の一員になってみんなで楽しんでます。。。。


P1010597

次は1ヶ月後の車検ですね。。。


P1010598

ありがとうございました


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002