|´ー`)ノ皆様見ていますか?オリンピック開催しましたね!運動音痴の石川です。


去年フロントサブフレームのフロントマウント右を交換したNKY様。


ISK_8747


穴開きグリルにフォグ搭載!


ISK_8752


かっこよいですね~♪
これは目立ちます。


ISK_8754


内装もかなりこだわり派♪


ISK_8756


今回は色々ついでに車検なので当然怒りん棒登場。
「先輩お手柔らかにね♪」


ISK_8758
ISK_8759


う~ん。。。微妙にアウッ


ISK_8760


フロントだけ少し上げましょう^^


ISK_8761


走行チェック。
足回りやエンジン・ミッションは特に気になるガタや異音はありませんが・・・

電動ファンのまわりはじめの時だけ音がするのが気になります。


ISK_8769
ISK_8771


灯火チェックokです。


ISK_8774


ホーンok


ISK_8775


ワイパー&ウォッシャー作動ok
このウォッシャーノズルすごいですね!


ISK_8777


扇状に噴射するスグレモノ。
こういうの探してくるの上手ですよね~(*´ー`*)


ISK_8781


ミニモニチェックはノゥフォルト。


ISK_8782


マルチ画面は右上のオープンループ(燃調の二次補正無し)の表示が気になります。


ISK_8788



map値正常範囲内です。


ISK_8790
ISK_8792


水温・吸気温も表示されています。
水温の方は水路洗浄の時に精査してもらいましょう。


ISK_8793


バッテリー電圧も良いですね。


ISK_8794


o2センサーは完全におかしな数値です。


ISK_8795


o2センサーが頼りにならないので二次補正も諦め。
元のデフォルトの状態で燃料噴射。

車検的にはこれでも排ガステスターでok出れば問題はありませんが・・・


ISK_8796


オイル量okです。


ISK_8797
ISK_8798


ブレーキ・クラッチフルード量もokです。
今回は車検なので綺麗に入れ替わります。


ISK_8799


ベルトは傷など特に見当たりませんでした。


ISK_8800


お?おしゃれアイテム?
「CCVS付けたらキャップからガンガン吸うようになっちゃったからお手製ストレーナー付けたのよ。」

総額150円(税別)の力作♪


ISK_8801


点火プラグ・コードも特に腐食ありませんでした。


ISK_8802


リザーブタンクのLLC量okです。


ISK_8803


電動ファンのモーター辺りを指でコンコンすると先程の気になっていた音が聞こえます。
この辺りは車検終わった後のお楽しみですね^^


ISK_8805
ISK_8806


排気系は特に強くぶつけた形跡ありませんでした。


ISK_8807
ISK_8808


マフラー吊りゴムは大丈夫そうです。


ISK_8809
ISK_8810


リア周りも特にガタはありませんでした。


ISK_8811


左リアのナックルジョイントのブーツだけ残念です(´;ω;`)


ISK_8812
ISK_8813


フロント周りはガタ・ブーツ切れなどありません。


ISK_8818


「これを車検のついでにお願いしたいんだけど~」


ISK_8819


キャリパーのオーバーホールキットですね!


ISK_8821


「タワーボルトのマウントもよろしくね」


ISK_8826


それではピンクのリムジンで駅までお送りします。


ISK_8830


戻ってきて軽く点検。
スペアタイヤは300kpaにしておきました。


ISK_8831


ぐっとばってりーヽ( ´ー`)ノ


ISK_8832


気になる排ガスは・・・


ISK_8834


E-の排ガス基準はCO4.5% HC1200ppm以下です。
全然余裕でクリアですヽ( ´ー`)ノ



ヽ(*´ω`*)  8/ 5 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


KUBO4660


ドーンとキャリパー入浴。


KUBO4661


お持込パーツ並べてオーバーホール。


KUBO4662


きれいなピストン♪
それだけでブレーキの効きが30%増しです(*´ー`*)b


KUBO4664


次はパッド交換したいですね~


KUBO4666


タワーマウント新旧交代の儀♪


KUBO4669


アンダーガードも綺麗にしておきます。


KUBO4670
KUBO4671


クラッチフルードも交換完了です。

8/6アズマ追記です

AZM_5708

水路洗浄を行っていきます。

AZM_5704

ヒーターコアからの漏れはなさそうです。

AZM_5706

ヒーターコックを開いてヒーターコアも洗浄できるようにします

AZM_5711

ラジエターフラッシュを投入してエンジンスタート、暖気しながら水路の洗浄をします。

AZM_5712

ラジエターに水温計をセット、

AZM_5714

エンジン側のミニモニとラジエター側の温度計に差があります、サーモスタットの閉じ具合は良さそうです。

AZM_5715

サーモスタッドが開きました、ミニモニが若干温度計より高いですがこれが正解。

サーモスタッドと水温センサーは問題なさそうです。

AZM_5717

と、水路の確認作業をしているといきなりブシューっと吹き出してきました。

これは、クーラーの高圧パイプです、、、

どうやら早く暖気をするためにクーラーをONにしていたら、圧力に耐えきれず漏れてきてしまったようです。

AZM_5722

ひとまず、クーラーのオイルがこれ以上飛び散らないようタオルで保護します。
こちらは後ほど確認します。

AZM_5718
AZM_5719

電動ファンの動作開始温度は93℃

AZM_5721
AZM_5720

停止は92度でした。

AZM_5725

洗浄が完了したので、エンジンの中の冷却水を吸い出します。

汚れは少なくきれいでした。定期的な水路洗浄でこの状態を維持していきたいですね。

AZM_5727

ラジエター、ヒーターコアの逆流吸い出しもキレイでした。

AZM_5730

ラジエター内もキレイですね。

AZM_5729
AZM_5731

LLCとクーラントブースターを入れていきます。飲み込み具合は良さそうです。

AZM_5768

水に魔法のリキテックも投入しました。

AZM_5735

先程のクーラーガス漏れを確認します。

AZM_5736

ちょうどジョイントになっており、ここから漏れていたようです。

触ってみると、ジョイント部分がゆるゆるで手でも回ってしまいます。

AZM_5738

ここはしっかりと締めておきます。

AZM_5751

そしたらクーラーの真空引き。しばらく置き漏れがないかチェックしましたがゲージの針はそのまま、漏れは止まったみたいです。

AZM_5752

ガスをチャージしていきます。

AZM_5761

クーラーの動作チェック。吹出口あたりの温度はこれくらいです。

AZM_5771

最後にRECSを施工しエンジンの中のカーボンを柔らかくして吹き飛ばしやすくします。

作業が完了しました。ご来店お待ちしております。




8月7日追記

引取でご来店いただきました

P1050732

アイス買ってきたからみんなで食べて♪

ごちそうさまです。



P1050735

体感温度が2℃下がる って評判のパワーエアコン入れてー。

承知しました。。。 

早わざ過ぎて写真が無くてすみません。_(._.)_

凍えないようにご注意を。。。

P1050737

じゃぁねー。。

ありがとうございました。

P1050738

丸山モリブデンとPECSの相性について・・調べといてね~

研究しておきます。。。












にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002