曽根です



OE様からオートマトラブルの連絡が入りました。。。

『バックしなくなってしまった・・・そして

更に前進も1速しか入らないようです‥‥』とのこと。


P1050533

加入している任意保険のロードサービスを利用して入庫していただけるようお伝えし・・

数時間後にレッカーで入庫です。

P1050537

私が丁寧に運んでまいりました。。。♪


P1050574

1速しか入らないとお聞きしてるので試運転は無理かな・・・・

そのままピットまで直行です。

97年式 ユーコングレーのヘリテイジ。。綺麗ですね。

P1050575

内装もしっかりしています

P1050577

スピードメーターのオドは67310㎞

P1050576

シートもしっかりしてます。

P1050578

エンジンルームもきれいですね。

P1050587

オイルはあっぱレベルまで入ってました。

色と質感からみて鉱物油でしょうか・・・

P1050579

ラジエターはノーマルのままですが、サーモスタットやホースは交換されているようです

P1050580

ファンブレードも交換されてますね。。。

P1050586


ブレーキフルードは前回の車検で交換されているようですね。

とすると、おそらくリヤブレーキのホイルシリンダーカップも交換されてるのでしょう・・

P1050548

リフトアップしてオイルドレンと下廻りの点検します。

KAJI3771

オートマの状態点検では一番気になるドレンボルトの鉄粉。。。

もうひとつドレンボルトを用意して、サクッと入れ変えます。

KAJI3772

おぉ~。。予想に反してドレンボルトにはほとんど鉄粉が付いてませんでした。

イイことですよ。。もちろん。

これならオートマ内部のギヤドラムは再使用できそうです。。  


P1050558

ミッションケースの番号と

P1050559

デフケースの番号は同一です。

過去にオートマの修理はされてない可能性が高いです。


オイル漏れの処置で液体パッキンを大量に使ってます・・

P1050550

オートマ前面とサブフレームの隙間から覗いてフィルターケースからの漏れを発見。

絶対漏れないオイルフィルターケース・・・を是非お使いください。。


P1050551

タイミングカバー側はオイル漏れが多いですね・・

P1050552

背面からの漏れは少ない方ですね。


P1050553

左のインナージョイントの陰に隠れて普段は見えませんが、

キックダウンレバーは白いプラスチック製なのでおそらく純正のまま。。

これは オイル漏れ対策品のアルミ製に交換いたします。

P1050555

右のインナーブーツは針金で縛ってます。


P1050560


右前足回り・・

破れもなく、ガタも少なく良好です。


P1050563


左前足回り・・ブーツの破れや切れは無く良くメンテされていますが・・

P1050565

左のハブベアリングに少しガタがあります。



P1050566

リヤからの景色です。。

P1050567

P1050569

リヤのラバコンは車重が軽いので潰れにくいですが・・・

ペッチャンコですねぇ。 メーターの距離よりも走ってる可能性もあります・・。





リフトを下げてミニモニでECUチェックします

KAJI3780

フォルトは入ってませんでした。

KAJI3782

マルチ画面

上の段、アイドリング918rpmはやや高いですが、アイドル認識はしています。燃調補正もOK

下の段は、スロポジ電圧はやや低いですが許容範囲内  右下、ステップ値がゼロです。もうこれ以上回転を下げることができません・・という位置です。

僅かな2次エアーを吸ってる可能性があります。 組付けの際、バキュームホースは全部交換した方が良いでしょう。

KAJI3784

インマニのバキューム値 30Kpaは基準値内。

KAJI3785

水温93℃  水温センサーの温度精度は古くなると低めを指すようになります。

安心オートマでエンジン降ろした時に新品に交換しておくのが工賃かからずお得です。。。

KAJI3786

吸気温57℃

KAJI3788

電圧14.0V OKですね

KAJI3789

O2センサーは稼働しています。


KAJI3790

O2センサーからの信号をもとに燃料補正してます。 OK




オートマ内部のバルブボディに掛かってる油圧を測定します

フィルターヘッドに油圧計を取付けて運転席から見えるようにセットしました

P1050592

しっかり暖気運転したのでフィルターケースで72℃まで上がってます

P1050594

ニュートラルでの油圧は6.5㎏  これは正常値


P1050595

1速にシフトしました。

P1050596

2.5㎏しかありません。。

ここで少しアクセルを煽って回転をちょっと上げたらカツンと油圧がかかった感触。。

P1050597

そして、6.5J㎏まで一気にあがりました。。

それと同時にギヤが入り駆動がかかり始めたのを感じます。


P1050598

1速のままシフトアップしない・・・とのことでしたが、

2速に入れてみると・・

P1050599

油圧は6.5㎏かかってます。。 前輪へ駆動がかかっているのも感じます。

もしかすると今の状態なら前進は走れるかも。。

P1050600

3速に入れると・・

P1050601

やはり6.5㎏かかってます。

後ほど、前進での走行テストしてみようと思います



P1050602

リバースは・・・

P1050603

正常なら11~12㎏位出るところですが8.5㎏しか出てません。

この油圧がリバースのサーボピストンにしっかり掛かってればブレーキバンドは締まって普通のバック走行ならできるくらいですが・・サーボピストンのシールが切れてたりして油圧が逃げてる可能性はありますね。



オートマに掛かる油圧をチェックしてるところです。。







オートマ内部で油圧が漏れているのでしょう、1速に入れても反応せず、回転を上げてオイルポンプからの油圧を上げるとカツンと入ります。。。

P1050615

先ほどのテストで2,3速にも油圧がかかってて走行できそうだったので試運転に行ってみます

P1050616

今回は1速から4速までシフトアップして走行できましたが、

1速からシフトアップしない時は油圧が足りない状況だったかもしれませんね。

分解点検で、オイルポンプのクリアランスやリリーフバルブもチェックしてみます。





8月6日追記

P1050707b

OE様 ご来店いただきました。

点検させていただいた結果をもとに作戦会議。。

水廻りも交換したばかりの部品もあるので流用できるもの流用する作戦でいくことにしますが、

漏れないフィルターケースwith PECS    対策済みキックダウンスイッチ、

安心オートマ専用リプロダクトオイルポンプ・・・など重要なパーツはしっかり使います。


P1050705

おと~と君で安心オートマとニューラバコンの乗り味を体感していただきます。。。

P1050704

力強くていい感じだね。。♪

OEさんのMINIもこうなりますからお楽しみに。。。

P1050709

まずは安心オートマで頼むよ。。



P1050710

少々込み合っているのと、夏休みを挟んでしまうので完成は9月中旬ごろの予定です。。

P1050711

それまで、代車でご辛抱ください。。。



8 月 17 日、かじかわの追記です。



KUBO4805
エンジン・トランスミッションを降ろしました。
発送に向けて梱包していきます。

8/19アズマ追記です

AZM_6280

本日、九州の岩本自動車へエンジンを発送しました。
新しくなるエンジン・ミッションを楽しみにお待ち下さい。




~ * ~ * ~ * ~ * ~

九州から分解点検レポートが届きました。

サーボピストンシール切れによる油圧抜け』がバックしなかった原因でした。。


IMG_2556

診察台の上で分解されるのを待ちます。。。。


IMG_2572

残ってるオイルを抜きます・・


IMG_2576

燃焼は悪くないですね・・


IMG_2583

コンバーターシールは純正品でした。

また1度もOHされてないようです。


IMG_2584

アイドラーのシャフトに線キズが入っています

IMG_2586


IMG_2588

ベアリングはあらかじめ外しておきます





オートマのフロントパネルを開けてブレーキバンドの消耗の点検。。。

IMG_2594

リヤバンドの消耗は進んでますね。

IMG_2595

3速は普通です。。

IMG_2596

2速バンドも通常摩耗のようです。


IMG_2607

オイルポンプのクリアランスは0.15がユルユル・・・

ポンプは油圧の源泉で重要パーツですが既に新品部品の供給がなくなってしまってるので安心オートマ専用のリプロダクト品と交換します


IMG_2610

クランクスラストも拡大してます。 

ワンオフ品で調整いたします。


IMG_2614

テンショナーパッドの消耗からみると・・・・

メーターは1周回ってると思われます。

IMG_2618

エンジンとオートマ分離。。



リバースの油圧漏れの犯人がいました。。。

IMG_2622

リヤのブレーキバンドを締めるためのサーボピストンのシールが完全に切れてました


IMG_2624

手前がリヤのブレーキバンド。。。

摩擦材が半分くらい残ってますが、半分は鉄の部分が剥き出しになってました。。

IMG_2625

サーボピストンシール抜けで弱い油圧のためドラムを止めるほどの制動力を発揮できずに滑りながら摩擦材が剥がれてしまったと思われます。。

IMG_2623

もう少し早く分解していればギヤドラムは再使用で来てたと思います。。。残念。


IMG_2626

フォワードクラッチはご覧のとおり・・・摩擦材が剥がれてしまってます

IMG_2627

T&Rクラッチも限界を超えてました。


IMG_2631

メインシャフトの消耗測定。。

IMG_2632

消耗してるのでブッシュ交換になります。


IMG_2634

デフケース内のオイルポンプ吸い口の近くに剥がれた摩擦材が集まってました。。。


IMG_2641


IMG_2647

メタルの状態は一見良いようですが・・・

IMG_2649

コンロッドメタルは異物を噛んだ跡があります。

IMG_2656

クランクシャフトにも爪が引っかかる部分があるので・・

IMG_2662

ラッピングを施します



IMG_2667

親子メタルは現在入手できる最良品のACLをチョイス。。

大事なところなので良いものを使います

IMG_2672


IMG_2673

組付けていきます

IMG_2682

安心オートマも完成しました

安心オートマ組付けは過去ブログをご覧ください。

● ギヤトレイン編
 
● ハウジング編

IMG_2696

テンショナーパットを交換。

IMG_2701


IMG_2703


IMG_2712

ボールベアリングを外すとボールがバラけてしまいました。。

IMG_2713


IMG_2715

新品に交換。


IMG_2729




IMG_2736

キックダウンSWからのオイル漏れ対策のひとつ・・ ボルトのシーリング。

IMG_2742

インヒビタースイッチの作動確認はOK

IMG_2743

セルモーター回してオイルを汲み上げます。


工場内でエンジン始動させ、オートマの冷間油圧を確認してから実走行テストに出かけます。

IMG_2769

エンジンの状態、オートマの状態を確認しながら約30klmのテストです。

このテストで何か気になることがあれば再度分解する覚悟で行っています。

実走テストは上々。。

IMG_2778

工場に戻ってオートマに掛かる油圧チェック

前進 7㎏。。OKです。

IMG_2780

リバース油圧 13㎏  十分ですね。。OK


IMG_2787

インマニの負圧でエンジン負荷をチェックします

ニュートラルでのMAP値 34Kpa  適正です。

IMG_2794

Dレンジに入れてコンバーターに負荷をかけてチェック

当社規定では60Kpa未満ならOKです。

IMG_3254

走行テストしたMINIからエンジンを降ろして出荷の準備します。

IMG_3255

燃焼の状態は良好。。

IMG_3256

今回取り付けた 漏れないフィルターケース付きPECS が見えてますね。。

30km走行した後のドレンボルトの鉄粉量もOK

IMG_3257

出荷の為にオイルを抜きます。

IMG_3258

今回も良い安心オートマができました。。。


乾杯1


適正な暖気運転と定期的なオイルメンテで末永くお使いください。



~  ~  ~  ~  ~  ~





9 月 3 日、かじかわの追記です。



積み込み作業を開始します。



KUBO5182
KUBO5183
タイミングチェーンカバーや、



KUBO5184
KUBO5185
トルクコンバーターケース等を防錆塗装します。



KUBO5187
エンジンマウント、この機会にブラケットと合わせて強化品に交換します。



KUBO5188
KUBO5189
ステディロッドブッシュも打ち換えます。



KUBO5190


ラジエターホースは過去に交換されてましたがホースバンドの締め付け部分など変形があるので耐久性の高い三層シリコンに交換させていただきました



KUBO5191
よくあることですが、インテークマニホールドのウォーターパイプは錆びて腐っていました。



KUBO5192
パイプ打ち換え済みのマニホールドと交換します。



KUBO5194

ノーマルのままだったラジエターは3コア国産ラジエターに交換、

サラウンドゴムも巻き直してから取り付けます。



KUBO5196
バキュームラインも全て交換、フューエルトラップと ECU 間はシリコンホースを使用します。



KUBO5197
ロッカーカバーガスケットも高密度コルクに貼り換えます。



KUBO5199
KUBO5198
LLC とクーラントブースター、



KUBO5200

オイルはプロステージ10W40です



KUBO5201

クーラーガスを充填します。



KAJI4710
バッテリー点検、健康度は良好です。



KAJI4711
充電率も充分です。



KAJI4723
KAJI4724
KAJI4725
灯火類、全て点灯します。



KAJI4747
ECU 診断、フォルトコードは記録されていません。



KAJI4749
マルチ画面も概ね良好です。



KAJI4750
MAP センサー値も正常範囲内です。



KAJI4751
KAJI4752
水温、吸気温センサーも作動しています。



KAJI4754
バッテリー電圧も良好です。



KAJI4755
O2 センサーも作動しています。



KAJI4756
燃調補正も働いています。


9月7日追記

P1060791


P1060793

P1060794

エンジン快調。。 安心オートマはもちろんスムーズ♪

P1060795

バッチリOKです



9月9日追記


引き取りでご来店いただきました。
P1060853b

『美味しいあんぱん買ってきたヨ。。』

ありがとうございます♪  あとで皆でいただきます。。


P1060854
 
快調になったMINIであちこちドライブお楽しみください。。。

最初は1000㎞以内でオイル交換させてください・・。_(._.)_

P1060855

ありがとうございました。。。




そして・・・

P1060860

あんぱん・・美味しい。  ごちそうさまです。。。

独り占め みんなで分けていただきます。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002