こんばんはスタッフアズマです。

ISK_9661

前回TBCC走行前オイル交換と点検を行なったMCZ様

AZM_6023

今回はTBCC時に発覚した電動ファンスイッチの交換します。

P1050778

いつもお土産ありがとうございます。

AZM_6054

電動ファンスイッチの交換のため、ラジエター下のドレンボルトからクーラントを抜きます。

AZM_6066

クーラントが抜き終わりました、ラジエターコアはキレイですね。

AZM_6069

電動ファンスイッチを外します。

AZM_6070
AZM_6071
AZM_6073

新しいスイッチにこうかんします。クーラントがもれないよう液体ガスケットを塗っておきます。

AZM_6041
AZM_6049

足周りはガタなくきれいです。パッドの残量はまだまだありますね。

AZM_6075
AZM_6074
AZM_6076
AZM_6077

足周りに緩んでいるところはありませんでした。

AZM_6078
AZM_6079

電動ファンの配線を、短絡させる配線から電動ファンスイッチに付け替えました。

AZM_6083

レースで高回転まで回すのでロッカーアームの確認。

異常なガタツキはなさそうです。

AZM_6086

バルブも問題なさそうでした。

AZM_6087

クーラントを補充していきます。

AZM_6090


補充したところ、ラジエターのドレンボルトからクーラントがポタポタと、、、

ドレンボルトは液体ガスケットでシーリングしておきました。

AZM_6094

エンジンを始動し電動ファンスイッチの動作確認をします。

暖気していると、ミニモニとラジエターの温度計が同じくらいのペースで水温が高くなっていきます。

サーモスタッドの閉じ具合が甘いようです。

AZM_6097

88℃で開きました。開弁具合は良さそうです。

AZM_6106

水温センサーの精度は問題なさそうです。

AZM_6107
AZM_6108

電動ファンの動作温度は95度以上で動作しました。

AZM_6029

オイル量OK

AZM_6034

クーラントもOK

AZM_6030
AZM_6031

ブレーキオイル、クラッチオイルどちらもしっかり入っています。

AZM_6038
AZM_6036

灯火は前後ともしっかりと点灯しました。

AZM_6116

作業が完了し、MCZ様をお見送りしようとしたところ、スタータモーターから異音が、、、

AZM_6118

エンジンは始動しているのにずーっとスタータモーターを回しているような音がします。

AZM_6122

スタータモーターに何が起きているのか開けて確認してみると、、、

AZM_6123
AZM_6124

スタータの歯車が飛び出したままになっており引っ込んでいません。

このスタータモーターはもう使えそうにありません、、、

AZM_6125

新しいスターターモーターに交換します。

AZM_6127

設置完了、

そのままエンジンをかけようとしたところ、、、

スターターは回りますが初爆がなくエンジンが掛かりません。

AZM_6131

ミニモニをつなげてスタータモーターを回してみますが、回転数が0のまま。

普通なら回すと2~400回転くらいになるのですが回転信号が全くECUに来ていないのか数値が変わりません。

クランク角センサー辺りかその配線に異常がありそうです。

AZM_6133
AZM_6134

ECUのカプラーを取り外してお掃除、奥まっていたり折れている端子は無さそうです。

AZM_6136

クランク角センサーのカプラーもお掃除しました。

スタータモーターを回すと、少し弱々しいですがエンジンが始動するようになりました。

今回は一旦これで様子見します。

AZM_6137

次のTBCCは表彰台の真ん中に立つから応援よろしく~!

ありがとうございました!

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002