こんばんはスタッフアズマです。

前回、オイル交換とブレーキの修理を行ったMCZ様。

AZM_6305

エンジンをかけてしばらくすると、大きな異音がするとのことで自走せずにレッカーで入庫しました。

AZM_6317

レッカー車からピットにエンジンをかけ自走で移動したところ、バッテリー警告灯が点きっぱなし、

オルタネーターに異常がないか電圧を測るためエンジンルームを確認すると、、、

AZM_6318

何故かファンベルトが動いていません、、、

AZM_6319

エンジンを急いで止めベルト周りに異常がないか確認したところ、ウォーターポンププーリーが割れてしまっています。

異音の原因はこれだったのかもしれません。

もしこのまま乗っていたら、ベルトが回りませんので、ウオーターポンプが動作せずオーバーヒートしていたはずです。
無理せずレッカーで入庫したおかげで、そのような事態になる前に見つかりました。

AZM_6320

異音とは別にクーラーの効きが悪いのが気になるもよう。

AZM_6323

こちらはウオーターポンププーリーを交換した後クーラーガスが入っているか確認します

AZM_6324

本日お預かりし修理を行います。
作業完了まで代車でご辛抱ください。


AZM_6325
AZM_6326

早速作業していきます。

AZM_6330

ウオーターポンププーリーを外すためラジエターを取り外します。

AZM_6332

ラジエターを外したことにより、クーリングファン、ウォーターポンププーリーにアクセスできるようになりました。

AZM_6335

クーリングファンに反りは無さそうです、こちらは再利用します。

AZM_6338
AZM_6339

ウオーターポンププーリーは、見事に真ん中だけ無くなっていました。

AZM_6342

ウォーターポンプは一見問題無さそうですが、、、

AZM_6344

画像では分かりづらいですが、プーリに接する面が若干傾いてしまっていました。

プーリが割れたときに衝撃で傾いてしまったのかもしれません。

AZM_6347
AZM_6349

今後これが原因でなにか別のトラブルが起きる前に新しいウォーターポンプに交換しておきます。

AZM_6350

ウォーターポンプの取り付けはトルクレンチを使い規定のトルクできっちりと取り付けます。

AZM_6351

割れてしまったウォーターポンププーリーももちろん新しくします。

AZM_6352

新しいプーリーは今までの物とは径が違うためベルトも新しくしました。

AZM_6355
AZM_6354

ストーンガードは裂けて分離しており再利用は厳しそうですので交換しておきます。

AZM_6357
AZM_6358

新しいストーンガードを取り付けたラジエターを装着します。

AZM_6362

ホース類を組戻しクーラントを注入。

AZM_6365

水路を加圧して漏れチェック。

問題無さそうです。

AZM_6363

エンジンスタート!新しいウォーターポンプとプーリーの動作は問題無さそうです。
今の所、異音もありません。

AZM_6367
AZM_6368

他に異音がないか調べてみましたが大丈夫そうです。


AZM_6372

効きの悪いとおっしゃっていたクーラーのリキッドタンクの点検窓をみてみると、泡が小さいです。
クーラーガスが少ないようです。

AZM_6396

クーラーガスを補充しておきました。

AZM_6375

コンデンサーをエアブローして溜まっていたホコリを吹き飛ばしておきました。
これで少しはクーラーの効きが良くなると思われます。


AZM_6395

スペアタイヤがバーストしているようです、これは交換しておいたほうがいいですね、、、

AZM_6381
AZM_6380

灯火は前後ともOKでした。



8 月 22 日、かじかわの追記です。



P1060166
本日納車となりました。



この度もありがとうございました。
またのご来店をお待ちいたしております。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002