曽根です。


大阪から転勤で東京にきたFJT様・・

大阪でメンテナンスしてくれてたショップからキャメルオートを紹介していただきご来店いただきました

P1060021

はじめまして、、

まずは愛車の前で写真撮らせていただきます。。

『ブログはずっと見てたんで、写真撮るのは知ってます』(笑)

P1060020B

自分でできることは自分で弄るというFJT様。。

オバフェン、ボンネットは自分でペイントしたそうです。。。

P1060027

驚くことに・・サンルーフも自分で取り付けちゃった・・とのこと。


P1060026

ローバックシートは広々してて気持ちいいですね。


P1060028

ボンネットを開けると・・

良くメンテされてそうな感じのエンジンルーム

KAJI4044

3000㎞程走行したとのことですがオイルの汚れは少なく量もOK

ガソリン臭はほとんどしなかったので燃料希釈は少なく良好です

KAJI4047

ブレーキフルードは減りも無く、変色も少なく良好な状態です。。

P1060034

国産オルタネーターに交換されていてベルトの張りも良好。

ゴールドのイグニッションコイルは1次抵抗が3Ωタイプですね・・・

インジェクション車は0.8Ωが標準です。。交換すると点火パワーアップします♪

P1060035

ラジエターとフェンダーの隙間を埋めるゴム製のストーンガードが無いので

電動ファンがこの隙間から空気を吸ってしまってラジエターの冷却効率が落ちます。。

P1060033

アースにはかなり気を使ってらっしゃいました。。

P1060032

4連ヒューズはガラス管からブレードに交換されてました。。イイですね。

P1060030

じゃ、恒例のテスト走行。。助手席のFJTさんと一緒に行きます。。

P1060029

足回りからのガタは感じません。。 しっかり整備されてる感じです。

しかし・・オートマからはジャダーが出てました。

発進時に少しアクセルを踏み込むとギィ~と振動とともに異音がでます。

乗り始めた初期の段階から出てたとのことで、そぉーっと踏み込んでギィ音を出さないように乗ってるとのこと。。

2速以降は、Dレンジでの変速域ならまだジャダーは感じませんがマニュアルシフトで少し回転を上げてのシフトアップでは2速以降でも出そうですね


あと、エンジンの回転部分からでしょうか・・ときどきカラカラ♪ って音が気になります。

FJTさんも気になってるようです。







そんな感じでテスト走行を終えてピットに戻って点検開始。。

P1060058

まずはミニモニでECUチェック。。

吸気温センサーにフォルトが入ってました。。。 その他はOK


P1060059

マルチ画面は・・・少々問題ありました。

●左上からアイドリングが1063回転は高いですね。。 Nはノットアイドル。。回転が高すぎるためかアイドル認識できてません。。  Cは燃調補正はOKです

●左下から スロットルポジション電圧0.56V正常  ステップ値52も数値的には正常。。


暑い時は回転が高く、寒い時は低いとのこと。。ステッパーモーターの動きも精査が必要かと思われます。

P1060060

アイドル回転が高いこともあり MAP値は低めですが正常値です

P1060061

水温センサーは86~87℃あたりを行ったり来たり。。

この季節のテスト走行直後としては低めかと・・

P1060062

その時、電動ファンが回り始めました。

ラジエターの下側のサーモスイッチが作動するということはサーモスタットも開いている可能性あります。 サーモスタットが88℃以下で開いてしまってる可能性あります。

P1060063

参考までにラジエターアッパータンクの表面温度は水温センサーとほぼ同じの87℃。

水路洗浄のスリーチェック 『①サーモスタットの作動 ②水温センサーの温度精度 ③電動ファンの作動』  で精査する必要ありますね。。


P1060064

フォルトだった吸気温センサー。。 

35℃はフェールセーフ値なので配線が外れてる可能性あります

P1060065

電圧は良好

P1060067

O2センサーは稼働してます

P1060068

燃調補正はプログラム通りの100%  OKです



テスト走行中に気になったエンジンからの異音ですが・・・・



プーリーやベルトの外側の回転部分からではなくエンジン内部から響いて聞こえます

メタルからの異音かと思われます。

FJT様が MINIが辛くないように優しく乗ってるのでオートマやエンジンがそれに応えてくれてるのでしょうね。。  MINIってそんなところも可愛く感じてしまいます。

・・・オートマとエンジンはもっと快調になるので安心オートマをお奨めします。


P1060036

下廻り点検です。

P1060038

右前タイヤに少しですがガタがありました。。。

うん、ちょっとガタつくね。。

P1060039

ボールジョイントからのガタですが、まだグリスアップで対処できそうです。

P1060041

右前足回り。。 他にはブーツの破れも、ガタも無く良く整備されていました

P1060046


左前足回りも・・

P1060047

キチンと整備されていて問題なし。。

P1060048

オイル漏れは少ないですね。

P1060049

オイル漏れしやすいキックダウンスイッチは安心オートマでも使っているアルミ製の対策品に交換されていました。

デフサイドからは左右ともオイル漏れはありませんね。

P1060050

デフケース番号と、

P1060052

ミッションケースの番号は同一。

オートマのオーバーホール歴は無いと思われます

P1060076

P1060077

オートマ前面にあるインヒビタースイッチから少しオイル漏れありました。。

P1060054

フロントはラバコンでしたが、リヤだけはコイルサスに交換されてました・・・

P1060056

燃料フィルターは2017年に交換されてるようですね。

こうして記入されてると整備計画立てやすいですね。




オイル交換やってる間におと~と君に試乗してみてください。。

P1060073

安心オートマとラバコンの乗り味を比較してみてください。

P1060079

うん、全然スムーズで普通の国産車みたいだね。。

でしょ。。安心オートマはエンジン側の親子メタルも点検交換するのでメタル音も直ります。。是非お奨めします。

P1060075

ココからはかじかわ君にお願いします


KAJI4057

汚れは少ないですね。。。

今までも定期的にオイル交換されているようです。

KAJI4058

ドレンの鉄粉は・・・残念ながらドレンボルトが交換されていて磁石じゃありませんでした。


ISK_0732

今後のメンテナンスのためにマグネット式のボルトに交換お奨めです

KAJI4059

茶こしフィルターには異物は無く・・ひと安心。


KAJI4065

汚れは少なかったですがアンダーガードも清掃しておきました

KAJI4064

オイル漏れのあったインヒビター周辺をクリーニング。。

KAJI4063

グリスアップ

KAJI4066

フロントブレーキをエアブロウで埃を飛ばしておきます

KAJI4068

増し締め。。。 緩みはありませんでした


KAJI4069

エステル添加剤のSOD-1 エンジン、オートマ内部の清浄分散・・

電着するエステルが汚れを掴んで離しません。。

ピストンリングのカーボンもゆっくり除去。。

KAJI4071

オートマ車のオイルは全量で8リットルなので最初に添加する時だけ800㏄必要です。

次回からは排出する5リットルに対して500㏄を添加します。

KAJI4072

メタル音が気になるので硬めの15W50をブレンドせずにそのまま入れます


KAJI4075

タイヤのエアーは2.2㎏に合わせました。

P1060081

今日は初キャメルありがとうございました。

これからずっと乗り続けるためにメンテナンスさせていただきたいと思います

P1060082

またのご来店お待ちしています。。

緊急な故障は任意保険のロードサービスでご入庫ください。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002