こんばんは、かじかわです。



再び走るようになった弐号機、慣らし運転がてらもっぱら通勤で乗っています。
ヘッドを降ろしたので、しばらくはゆっくり走りますよ。



KAJI4151
慣らしが終われば、これらのテストをするつもりです。
MPI 用のエアークリーナーファンネルです。

真ん中に置いてあるのは、HKS 用とは別で殿村金型様にこれまた特注で製作していただいたものです。



KAJI4152
取り付けはスロットルボディにポン乗せするだけです。



KAJI4154
フィルターには、SU キャブレター用のトランペットソックスが被さるようにできています。

慣らしが終わって回せるようになったら、ハブダイでパワー計測とかしたいですね。



KAJI4143
先の予定も立てつつ、今の問題を直します。
スピードメーターケーブルです。



KAJI4144
なぜこうなったのでしょうか・・・。



KAJI4145
ケーブルハウジングはドライブシャフトの奥にありますが、腕が細くて助かりました。



KAJI4146
室内側にも引き込んで。



KAJI4147
パネルを外したついでに、シガーソケットを取り付け。
今の時代、電気は命です。



P1060255
メーターケーブルを付け終わってもエンジンルームにまだ用事が。



KAJI4148
V-UP 16 の製作元であるツイントップ様から、マルチスパークアンプ MSA のサンプルをいただきましたので、取り付けます。

マルチスパークという名の通り 3800rpm より下では 5 回、それ以上では 2~3 回の火花を飛ばします。



KAJI4150
走行テスト。
スピードメーターも復活しました。
MSA の効果はクラッチを繋ぐ瞬間にも体感できるほど。
もちろん、走行時でもトルクアップがしっかり分かります。

が、こんなものを付けているといくらでも踏みそうなので、今は純正回路に戻します。
慣らしが終わってからの楽しみに。
V-UP 16 と合わせた時にどのくらい変わるのかも、試してみたいです。



KAJI4155
話は変わりますが、MPI のラジエター電動ファン、本来は ECU 制御です。
弐号機はなぜか、その配線が宙に浮いていますが。(汗)



KAJI4156
オーバーヒート対策のためか、サーモスイッチ方式になっていますが、壱号機と同様にデジタルファンコントローラーを付けたいところです・・・。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002