もうすっかり秋ですね。秋と言えば・・・?石川です。ヾ(*´∀`*)ノ


前回は約1年半前のオイル交換だったKMJ様。


ISK_3631


「何だがエンジンの調子が悪いのよ」
保険レッカーでミニだけご入庫です(´;ω;`)ウゥゥ


ISK_3634
ISK_3635


ルーフモールがだいぶ縮んでしまっていますね。。


ISK_3641


丁度オイル交換の時期でしたね。
ってよく見たら車検もですね^^

って事はPECSも点検ですね。


ISK_3645


ACは何だか送風です。


ISK_3646


助手席の足元にぽつんとボルトが1本・・
ドアのロックアッシーやドラムの所のボルトっぽくみえます。


ISK_3653


最低地上高は余裕のクリア♪
さすがKMJ様ですね~


ISK_3654


シートベルト警告灯が点きません。
これは車検NGです。
球切れなら良いんですけど。。。


ISK_3655


走行チェック。


ISK_3657


強めにブレーキを踏むと少し右へ流れます。


ISK_3660


ワイパー&ウォッシャーの作動は大丈夫です。


ISK_3661


ホーンも元気よく鳴りました。


ISK_3662
ISK_3664


灯火チェックも大丈夫です。


ISK_3666


ワイパーもまだ使えそうですね。


ISK_3668


ミニモニチェックはノゥフォルト。


ISK_3670


マルチ画面も問題ありません。


ISK_3671


map値も基準値です。


ISK_3672
ISK_3673


水温・吸気温度も表示されています。


ISK_3674


バッテリー電圧も良いですね。


ISK_3675


o2センサーも元気に作動中。


ISK_3676


絶賛燃調補正中です。


ISK_3677


ACは何で効かないの?


ISK_3678


コンプレッサーは作動しています。


ISK_3679


コンデンサーファンも回っていますね。


ISK_3680


ガスが少なそうですね。。


ISK_3681


ルーバー出口で35.5℃
外気温より高いです(;´・ω・)

ほぼガス入っていないので真空引きして入れなおした方が良さそうです。


ISK_3682


オイル量ok


ISK_3683


ガソリン臭は中くらいです。


ISK_3684


ブレーキフルードが減っています。


ISK_3686


サーボ内には漏れていなさそうです。


ISK_3687


エアクリーナーは交換しましょう^^


ISK_3688


ベルトは気になるクラックなどありませんでした。


ISK_3689


プラグコードも腐食ありませんでした。


ISK_3693


バッテリーチェックはぐっどばってりー♪


ISK_3695


スペアタイヤは300kpaにしておきます。


ISK_3697


リザーブタンクはほぼ空でした。
水路洗浄の時に一緒に入れてもらいましょう。


ISK_3698


ブレーキパッドは残5mmくらい。
次の車検辺りで交換ですかね^^


ISK_3699


リバウンドバッファが割れています。
ここも交換しましょう。


ISK_3700


ラジエーターとインナーフェンダーの間のストーンガードが切れています。
ここは前回も指摘ありましたね。


ISK_3703


PECSにオイル漏れはありませんでした。


ISK_3704


下からPDWAバルブを覗いてみますがブレーキフルードの漏れたような形跡はありませんでした。


ISK_3705


右下のボールジョイントに小さなガタあります。
前回異音がしてグリスアップしたところですね。


ISK_3708


排気系は特に強くぶつけたような形跡はありませんでした。


ISK_3710


が。。。
少し派手めに排気漏れ。。。

排気漏れは車検NGです。


ISK_3711


こちらからも少し排気漏れあります。
今回リアマフラーも交換しましょう。

純正タイプのステンレス製マフラーありますよ。


ISK_3715


点かないシートベルト警告灯。
点いてもらわないと困ります。

電気は来ています。
検電ペンでアース落とすと電気点きます。


ISK_3717


キャッチャーをカシャカシャしていたら一瞬ピカチュウ。
どうやらキャッチャーが壊れているようです。。

今はもうこのノーマルシートベルトは流通していません。
汎用シートベルトで何とかするしかなさそうです。


ISK_3729


「助手席から雨漏りがしてしまうのよ」とKMJ様。
点検の為に不肖石川天候を雨に変えます。


ISK_3720


そっち見ちゃダメ。


ISK_3725


なるほど・・・前側から水が入ってきています。


ISK_3727


後ろは大丈夫そうですね。


ISK_3728


けっこう上の方からですね。
これはドア内部ではなくドアとボディーの間のゴムのシールを交換してみるようですね。



9 月 12 日、かじかわの追記です。



KAJI5077
本日は水路洗浄から始めます。



KAJI5078
ヒーターコアはジョイントレスの国産品に交換済みです。



KAJI5079
バルブを開けてヒーターコアも洗浄できるようにしておきます。



KAJI5080
ラジエターフラッシュを入れて、エンジンを掛けます。



KAJI5081
サーモスタットはしっかり閉じています。



KAJI5082
KAJI5083
88 度でサーモスタットが開きました。
勢い良く流れ込んで来るので、開き具合も良好です。



KAJI5085
高温域での水温センサーの精度も良好です。



KAJI5086
電動ファンも回り始めました。



KAJI5088
KAJI5087
停止は 88 度でした。



KAJI5089
車検毎に洗浄していますので、汚れはほとんどありません。



KAJI5090
ラジエターとヒーターコアから吸い出した水も綺麗でした。
今後も洗浄を続けていきましょう。



KAJI5091
ラジエターコア内部も綺麗です。



KAJI5092
LLC の入り具合も良好です。



KAJI5093
クーラントブースターと、



KAJI5094
LIQTEK(リキテック)を入れて水路洗浄は完了です。



P1070016
クーラーが効かない原因を探るため、ガス圧を点検。



P1070018
ガスが抜けて、圧が低くなっていますね。
充填すれば効くとは思いますが、その前にガス抜けの原因を発見する必要がありますね。


ヽ(*´ω`*)  9/ 13 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


ISK_4245


オイル交換から始めます。


ISK_4278


勿論SOD-1は準備完了♪


ISK_4256


PECS点検。
今回はどうでしょうか?


ISK_4257


網には特に何もありませんでした。


ISK_4258


本体の鉄粉量も前回に比べるとかなり少なくなっているようです。
次回の車検でももう一度点検したいですね。

それとその時はぜひ漏れないオートマ用オイルフィルターケースお勧めです♪


ISK_4260
ISK_4263


油汚れはきれいにお掃除。


ISK_4264


パッキンも当然交換。


ISK_4270


しっかり締めてPECS点検完了。


ISK_4276


グリスアップ施工。


ISK_4277


キャリパーのエアブローもしておきます。


ISK_4281


リバウンドバッファ新旧交代の儀。


ISK_4282


上のポッチがもう効かなくなっています。


ISK_4283


交換完了♪


ISK_4285


車検なので綺麗にメイクアップ^^


ISK_4286


綺麗なのは気持ちは良いですね♪


ISK_4288


リフト降ろしてエアクリ交換。


ISK_4294


オイル注入。
いつものSOD-1+WAKO'S PRO-S プロステージSブレンドですヾ(*´∀`*)ノ


オイルカルテ


今回も写真付きでカルテに追記しておきます。


ISK_4295


エンジンスタート。


ISK_4297
ISK_4300


オイル漏れなし(*'ω'*)


ISK_4302



9 月 17 日、かじかわの追記です。



KUBO5613
排気漏れがあったマフラーを



KUBO5614
交換します。
今回はステンレス製純正タイプを選択。



KUBO5615
特に問題無く作業完了です。



9 月 18 日、かじかわの追記です。



KAJI5339
クーラーガスを再充填します。



KAJI5344
真空引きをして、



KAJI5345
大きなリークは無さそうなので、充填します。



KAJI5346
スローリークしている箇所があった場合、発見できるように蛍光剤入りオイルを入れます。



KAJI5349
圧力は正常。



KAJI5347
吹き出し口の気温も 8 度、よく効いています。



KAJI5350
ルーフモールは社外品に交換しました。



KAJI5351
KAJI5352
左ドアの雨漏りですが、ドアインナーライナーからもありましたので、



KAJI5355
貼り換えて、ブチルテープで養生しました。



KAJI5342
ドアシールも交換して、水攻め。



KAJI5356
KAJI5357
ドア下、



KAJI5358
上からの漏れは止まりました。



本日の作業はここまでです。

9/20アズマ追記です

AZM_8228

リアカップ交換していきます。

AZM_8230

ホイールシリンダーからのブレーキオイル漏れは無さそうです。

AZM_8232

ピストンを取り外してカップキットを交換します。

AZM_8231

シリンダーはホーニングして内部をお掃除。

AZM_8235

カップキットを交換したピストンを装着。

AZM_8241
AZM_8242

ブレーキオイルのエア抜きと交換を行いカップ交換完了です。

AZM_8340

点灯しなかったシートベルト警告灯は、

AZM_8341
AZM_8342

シートベルトキャッチャーに接点復活剤を吹き込んでみると、警告灯点灯。

接点不良のようでした。




9月23日追記

ISK_5196

最後の仕上げ・・・燃焼室の洗浄の点滴RECSです。。

カチカチになった燃焼室のカーボンを柔らかく燃えやすくしてくれるので走るだけで燃焼室が綺麗になっちゃうスーパー楽ちんチューニング。。。

P1070749b

今から長丁場の帰り道・・・RECSの効果が期待できます。

気を付けてお帰り下さい。。。


P1070750


ありがとうございました


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002