もうすっかり秋ですね。秋と言えば・・・?石川です。ヾ(*´∀`*)ノ


昨日に比べれば少し過ごしやすい本日。


ISK_3862


横須賀からKTY様ご夫婦が初のご来店ですヾ(*´∀`*)ノ


ISK_3867


6月に縁あってミニ乗りに♪
おや?少し見慣れぬ風景です。


ISK_3868


パワーウインドウですか!
「でも左の調子が悪いんだよねー」

元々手で回しても少し重いのでモーターには負担かかりそうですよね^^;


ISK_3869


レカロは乗り心地良いですね^^


ISK_3872


おっ!レトロな四角い時計が渋いですね~
しかし元有ったACスイッチは・・・?


ISK_3873


コラム右にお引越ししていました。
スイッチ自体社外品っぽいですね。


ISK_3874


「買った時にはこうなってたのさー」
ミニの様に寿命の長い車は1台1台歴史ありますもんね^^


ISK_3875
ISK_3877


灯火チェックは全て点灯okです。


ISK_3879


電動ファンも元気よく回っています。


ISK_3881


ワイパーブレードは交換したいですね。
どうせ交換するなら今話題のG-クライム製メッキワイパーセットがお勧めです♪


ISK_3883


エンジンルーム点検していきます。
「来るとき何回もストールしたんだよねー」

それは困りものですね・・・(´;ω;`)ウゥゥ


ISK_3885


ミニモニチェック。
フォルト(故障コード)は1つありました。

CRANK NG - クランクセンサー同調不調。
クランクシャフトの位置をECUに教えている大事なセンサーです。


ISK_3887


フォルトが入っていても即故障という訳でもありません。
一旦リセットして先へ進みます。


ISK_3888


マルチ画面。
左上から
・エンジン回転数 エンジンの回転数を rpm 単位で表示【851rpm】(理想は850rpm)
・アイドルスイッチ 現在アイドリングかどうかの認識。【I=アイドル】
・o2フィードバック 燃調の2次補正状態。【C=補正している。】
左下から
・スロットル電圧 スロットル開度を電圧表示。【0.50V】
・ステッパー値 ステッパーモーターの現在地。【36】

全て正常範囲です。


ISK_3889


MAP SENS - マニホールド絶対圧力(MAP)センサーの値をkpaで表示。エンジンがかかっていない場合は大気圧(90~100kpa)を表示します。

アイドリング時【30kpa】は正常範囲内です。


ISK_3890
ISK_3891


水温・吸気温度も表示されています。
水温の数値が正しいかどうか精査するには水路洗浄の3チェックが有効です。


ISK_3892


BATTERY - バッテリーの電圧を表示。
【13.8V】は正常です。


ISK_3893


O2 SENSOR - O2センサーの電圧およびその状態を表示。アイドリング時は0.4V以下(リーン)~0.6V以上(リッチ)を常に上下しています。

今回も元気に動き回っていました^^


ISK_3894


SHORT FT - Short Term Fuel Trimの略でECUの学習項目の短期的なフィードバック制御の状態を表示。
O2センサーや水温センサーなどの情報を元に燃料の調整。100%はデフォルトの燃調。

右下の 【CL】はClosed(フィードバックをしている状態)

ライブデータは全く問題ありませんね。


ISK_3896


では、道中のストールは何だったんでしょう?
ACスイッチ入れてコンプレッサーが作動するカチッ音が鳴ると・・・


ISK_3897


ストール発生。
何度繰り返しても同じ結果でした。

この様子だとACがonになった時に働くはずのアイドルアップの機能がストライキを起こしているようですね。。。


ISK_3905


オイル量ok


ISK_3906


ガソリン臭は少なめです。


ISK_3907


ロッカーカバーからの滲みが多めです。


ISK_3908


ブレーキフルード量もokです。


ISK_3909
ISK_3910


インマニのプラグの部分がかなり怖い状態です。
LLCが滲んで腐食しています。


ISK_3937


下から覗くとパイプの方も腐食あります。
これは早いうち交換したいです。


ISK_3911


LLC関係で言うと派手なトラブルになりがちなヒータージョイントパイプ。
こちらも純正の樹脂タイプのままでした。

ここも金属製の物に交換おすすめです。


ISK_3912


ベルトは特にクラックなどありませんでした。


ISK_3913


本来インマニからエアクリーナーへ向かうバキュームパイプ。
社外のエアクリーナーが付いているので用はありませんが、どうせなら根元でプラグを付ければスッキリして見た目も良いですね。


ISK_3948


冷却水はかなり汚れています。


ISK_3915


インナーフェンダーにクラックがありました。
要観察でもしこのクラックが伸びるようでしたら早急に溶接補強が必要になります。


ISK_3918


ボールジョイントは左上に少しガタがありました。
ここはグリスアップ出来る所なのでメンテナンス次第ではまだまだ長持ちします。

ご自身でやらない場合はオイル交換毎でも良いので「やってちょうーだい!」と言ってくださいね^^


ISK_3919


ブレーキパッドはまだ残5mmくらいありました。


ISK_3920


ブレーキホースには細かいクラックが入っています。
フルードが染みてくる前には交換したいですね。


ISK_3921


ロアアームブッシュにクラックが入っています。
テンションロッドのブッシュと共に交換おすすめです。


ISK_3924


コイルサスにアジャスタライドが使われています。
このハイローは基本ラバコン用なのでコイルサスには不向きです。
最悪はお皿部分が割れてしまうこともあります。


ISK_3928


元々ラバコンが付いているのがミニです。
コイルサスにすると色々と弊害が出てきます。

その一つが写真のようにサブフレームを傷つけてしまう例。

本来ラバコンであれば上からタワーボルトで抑えられているので動きませんが、コイルサスですと何も固定されていない為に荷重が抜けた時に動いてしまいます。

その時ずれた状態で再び荷重がかかるとアチコチ傷をつけることになります。

ただいま絶賛ラバコン祭り中ですので一式交換してしまうのもお得ですね。


ISK_3925


オイル滲みはタイミングカバー側に少々。


ISK_3926


オイルフィルターからの漏れはありませんでした。
ミニのオイルフィルターはその構造上他の物に比べてオイル漏れを起こしやすいです。

そんなミニに新しく出来た漏れないオートマ用オイルフィルターケース+PECSお勧めです。


ISK_3933
ISK_3935


エンジンマウントがだいぶ潰れています。


ISK_3936


左のデフサイドシールからは綺麗なオイルが漏れています。
ここのオイル漏れはミニあるあるの中に入りますね^^;

とは言え漏れていて良い事ありませんのでシール交換しましょう。


ISK_3938


左のタイロッドとナイロンベアリングが揺するとコトコト音がします。


ISK_3940


きっと組む時に気づかなかったのでしょう。
この状態だとセレクターの中に水が染みていく恐れがあります。


ISK_3942
ISK_3943


マフラーの吊りゴムはまだまだ大丈夫そうでした^^


ISK_3947


ドラムブレーキバックプレート裏の四角いゲイターブーツ。
クラックが入ってしまっています。


ISK_3949


色々やりたい事はありますが2年後に控えた安心オートマの為に公認のへそくりを貯める必要もあります(笑)

「今回はこれでよろしく!」

作業完了までしばらくお待ちください♪



9 月 12 日、かじかわの追記です。



KAJI5095
本日は水路洗浄をします。



KAJI5096
まずはヒーターコアを点検。
冷却水漏れはありません。



KAJI5097
ヒーターコアも洗浄できるように、バルブを開けておきます。



KAJI5098
洗浄剤を入れてエンジン始動、水路に循環させます。



KAJI5100
水温センサーとラジエターに挿した温度計の値が、



KAJI5101
合わせて上昇していきます。
サーモスタットがしっかり閉じていないようです。



KAJI5102
KAJI5103
80 度ですがラジエターに勢い良く流れ込んで来ます・・・。
必要以上に水温が下がり過ぎると正しい燃調で走行できず燃費やエンジンに良くありません、今回サーモスタットも交換しましょう。



KAJI5104
KAJI5105
電動ファン作動時の水温センサーの精度は良好です。



KAJI5106
KAJI5107
ファン停止は 91 度でした。



KAJI5109
洗浄剤が十分に循環したところで、排水します。
錆混じりの冷却水が出て来ました。



KAJI5110
ラジエターから吸い出した水は綺麗でしたが、ヒーターコアには汚れが溜まっていたようです。



KAJI5111
ラジエターコア内部詰まりは少ないですが汚れています。
MINI の鉄エンジンを保護するためにも、定期的な洗浄は必要です。



KAJI5112
先の作業のために、ひとまず水道水のみを補充しておきます。



9 月 13 日、かじかわの追記です。



KAJI5178
ストールの原因を探るのに、ECU を交換してみます。



KAJI5179
コネクターは清掃しておきます。



KAJI5180
路上を試走して、信号待ちの度にクーラーを ON/OFF してみますが特に問題は無く・・・、



P1070147
と思っていましたが、ピットに戻ってから症状発生・・・。
エンジンが温まると起きるようです。



P1070151
クーラー OFF から、



P1070155
ON にするとステッパーモーター値が上がり、アイドルアップは作動しているようです。
ですが回転が下がるのに追従できずストールする感じです。






ECUが原因なのかをチェックしてるところです・・・・








KAJI5181
コイルを変えてみますが、変わらず・・・。



P1070172
プラグはチャンピオンでした。
良いか悪いかは一旦置いておきます・・・。



P1070173
ギャップや焼け具合も特に異常ではありませが、



KAJI5182
NGK の BPR6ES に換えてみましたが、これでも変わらず。



P1070183
ガス圧を点検してみますが、やや高めです。



P1070184
サイトグラスを見ると気泡がかなり湧いています。
空気が混ざっていそうな感じです。



KAJI5185
KAJI5186
少しガスを抜いてから、ひとまず効きを確認してみます。
吹き出し口で 12 度、効いていないわけではありませんが、やや弱めです。

今日は夜になって気温も下がってきたので、後日昼間の暑い時間に再度点検してみます。



9 月 16 日、かじかわの追記です。



KAJI5213
真空引きからやり直してクーラーガスを再充填します。



KAJI5214
KAJI5215
15 分程置いても真空が保てているようなのでガスを充填します。



KAJI5216
一応、これだけ用意しましたが、実際はガス 2 本とオイル 1 本のみを入れました。



KAJI5217
充填後の圧力は良好です。
作業前と比較すると、やはり低圧側が高かったようです。



KAJI5218
KAJI5219
吹き出し口の気温は約 6 度。
効きもかなり改善しました。



KAJI5220
KAJI5221
ECU ガードラバーを巻き換えました。
コネクター部分を水や埃から保護して、余計なトラブルを防ぎます。



KUBO5575
ピットに入れてその他作業に取り掛かります。



KUBO5578
フロント足周りを分解して、



KUBO5582
オイル漏れ患部を確認。



KUBO5586
ロッカーカバーガスケットとブッシュも交換します。



KUBO5584
KUBO5585
インテークマニホールドのウォーターパイプとブランキングプラグも交換します。



KUBO5588
ひとまずパイプは抜いて、



KUBO5589
プラグを打ち換えました。



9 月 17 日、かじかわの追記です。



KUBO5590
キックダウンコントローラーは樹脂製純正品から金属製社外品に交換します。



KUBO5591
オイル漏れ防止のため、ボルトにシールテープを巻いてから、



KUBO5592
トランスミッションケースに付けます。



KUBO5593
左デフサイドシールも交換しました。



KUBO5594
KUBO5595
インテークマニホールドのウォーターパイプは打ち換え終わりました。



KUBO5596
ヒーターホースジョイントもステンレス製に交換します。



KUBO5603
サーモスタットとハウジングボルトを交換します。



KUBO5604
痩せていたのでベルトも交換しました。



KUBO5607
KUBO5606
LLC とクーラントブースターを入れて、エンジンを掛けます。



KUBO5609
電動ファンの作動を確認。




9月20日追記

KAJI5323

水漏れが無いことを確認して最後に・・・水にオマジナイのリキテック。。。

ウォータージャケットからエンジン内部へ・・静電気除去のパワーを発揮して

エンジンの動きと燃焼を良くしてくれます。。♪


KAJI5324

そして、ECUに魔法。。  

まずは2.5°バージョン。。でお試しください。

KAJI5325

お札を貼っておきますね。。


P1070560

引き取りでご来店いただきました。

お土産ありがとうございます。。_(._.)_

P1070561

今日は天気もいいし・・遠回りしてドライブお楽しみください。。。

P1070562

八王子の道の駅によって行きます。。。。

またのご来店をお待ちしております。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002