曽根です。



HRN様 前回は・・2年前の車検でしたね。。

そしてあれから2年経ち・・車検です。

P1070840

いやぁ  この2年で走ったのはやっぱり500㎞でしたぁ。。

いいんです。MINIは磨くためにあるのです♪。。


P1070844

ミニマルヤマさんのフルエアロ・・カッコいいですね。

真ん中から2本出てるセンターマフラー。

P1070845

ご近所対策のインナーサイレンサーはボルト留めで車検NGなので外します。。

前回外しても車検はOKしたね。。

P1070846

室内もきれいですね。。。


P1070865


三輪車も2年前から動いてません(笑)


P1070847


走らないけどエンジンは定期的にかけてるとのこと。。。


試乗テストの前にオイルの点検。。

P1070848

オイル量OK。。  500㎞しか走ってないんでまだ透き通ってます。。

P1070849

しかし・・エンジンは時々かけてるので始動時の濃い燃料の影響でガソリン臭はやや強め。。

燃料希釈での粘度低下での劣化です。 走行少なくてもオイル交換は必要です。

P1070851

ブレーキフルードの量はOK

リヤブレーキカップは2年ごとに交換しますのでフルードも入替です


P1070853

ブレーキマスターとブースターの取付部から漏れたことがあるのでしょう。。塗装が錆びてます。。

これから頻繁に乗るようになったら要注意。。

P1070854

前回、クラッチフルードが少なくてどこかからの漏れを疑いましたが今回は減ってませんね。。。

ISK_5741

じゃ、HRNさんが助手席で試乗に行ってきます。。。

助手席にのるのも2年前の車検の時以来のHRN様。。。

P1070860

アイドリングでクラッチミートした時のトルクがちょっと弱いかな・・程度で他はエンジンもミッションも快調。。。

足回りからのガタも感じませんね。。。

P1070861

直進時にややステアリングが左を向いてます

ステアリングのセンター調整はタイロッドで行うようですね。

P1070862

クーラーの風が途中の3段階目で止まりますね・・・

P1070864

わしもそう思ってたでござる・・

でしょー。。。

これはファンレジスタ―交換で直ります。




ミニモニでECUチェックします

P1070868

2年前はクランク角センサーのフォルトがありましたが再発してませんね


P1070869

マルチ画面は捨てべ基準値内。。。

アイドル回転  アイドル認識  燃調補正OK

スロットルポジション電圧  ステップ値



P1070870

インマニの負圧も基準値内ですが やや低め。。。

タペット音もやや大き目なのでバルブクリアランスが広がってると思われます。

このMAP値から推定すると、バルブクリアランスは0.4~0.45㎜位のところがあるんじゃないかな。

P1070872

水温センサーの温度精度は水路洗浄で行うスリーチェックで確認します。


P1070873

吸気温

P1070874

電圧OK


P1070875

O2センサー稼働中。。



P1070876

燃調補正は▲1%で正常。。





P1070877

リフトアップして下廻り点検。。


P1070878

こうして下からみるのも2年ぶりだな・・


P1070879

右足回り。。。 

少しだけハブガタがありますが、まだ交換の必要はない程度です。


P1070881

ドライブシャフトブーツのヒビは中くらい。。

2年は持ちそうですね。。

P1070896

前回、クラッチフルードの漏れが疑われたクラッチレリーズを覗いてみます。。

P1070895

漏れは無いようですね。。


P1070882

左足回り  ガタも切れも無く良好。。

P1070884

こちらもドライブシャフトブーツに少しヒビがありました。

でもまだ大丈夫そう。。


P1070885

上から伝ってくるオイル漏れも無いですね。。。

左右のデフサイドからの漏れも無く大変綺麗なミッションケースですねー


P1070898

オイル漏れ無くて良かったー。。


P1070887

ダウンパイプの下部の蛇腹は擦れて無くなってしまってますがまだ排気漏れは無さそう。。

交換するときはトルクアップする社外品も楽しみですね。。。


P1070890

燃料フィルターは前回交換したからOK


P1070891

右リヤのハブに少しガタが出始めてました。。。

今後の状況観察が必要です。


P1070899

あと、ECUに魔法と、セラミックエアーもお願いしまーす。。。


じゃ、お預かりいたします。。。

9/27アズマ追記です

AZM_8928
AZM_8930

サイレンサーを外しました。少し大きな音になりましたが、前回も大丈夫だったのできっと基準値内のはずです。

AZM_8926
AZM_8927

クーラーファンレジスターを交換。これで風量3も動作するようになりました。

9/30アズマ追記です。

カップキットを交換していきます。

AZM_8936

ホイルシリンダーからのブレーキオイル漏れは無さそうです。

AZM_8937

ホイールシリンダーからピストンを抜き取り、カップキットを新しくします。

AZM_8938

シリンダーは内部をホーニングでキレイにお掃除します。

AZM_8941

ホイールシリンダーにピストン組み付けました。

AZM_8962

最後にブレーキオイル交換とエア抜きを行いカップキット交換完了です。


AZM_8949

オルタネーターとボディーアースの間に簡易アースを取り付けて電気の通りを良くします。

AZM_8951

リアはバッテリーとボディーアースに取り付けます。

AZM_8952
AZM_8953

取り付けついでにバッテリーターミナルをお掃除して接点グリスを塗っておきました。

AZM_8954

バッテリーの状態は良さそうです。


バルブクリアランスの調整を行っていきます。

AZM_8960

バルブクリアランスは予測通り0.45mm以上に開いていました。

AZM_8961

開きすぎなので、0.35mmほどに詰めました。

AZM_8966

MAP値は基準値内になりました。タペット音も静かになりました。




AZM_8974

オイル交換のためオイルを抜いていきます。色は薄茶色でした。

AZM_8977
AZM_8976

ドレンボルト、茶こしフィルターともにとてもキレイです。

AZM_8996

足回りに気になる緩みはありませんでした。

AZM_8998

エアブローして、溜まったブレーキダストを吹き飛ばします。

AZM_8999

グリスアップは前後左右8箇所におこないました。

AZM_8979

下回りの汚れをパーツクリーナーで洗い流して、少々お化粧直し。

AZM_8993

キレイになりました。検査官の心象もこれで良くなりハナマルをくれるはずです。

AZM_8981

オイルを入れていきます。今回入れたオイルはプロステージSと万能添加剤SOD-1です。

オイルカルテ

オイルカルテは前回作っていなかったようでしたので、今回までの分を写真付きで作っておきました。
今後オイル交換毎に追記していきます。

AZM_8989
AZM_8994

直進で少し左を向いていたハンドルをタイロッド調整で真っ直ぐにします。

AZM_8995

バッチリ真っ直ぐになりました。

AZM_8990

走っている途中で気が付きましたが、水温計が動作していません。
水温センサー自体は動作していたので計器回りで断線しているのかもしれません。

AZM_8992

ミラー、ドラレコ、車検シールなどのもの以外はフロントガラスにくっついていると視界を塞いでいる事になり継続検査で赤点をもらっちゃうのでこのホルダーは一時的に外させていただきます。

AZM_9000
AZM_9001

灯火チェックは前後ともOKでした。


車検の準備ができました。これから継続検査に行きます。


ヽ(*´ω`*)  10/ 7 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


ISK_7730
ISK_7731
ISK_7733


継続検査無事クリアです♪


ISK_7736


インナーサイレンサーも戻しておきます。


ISK_7756


ミニモニチェックはノゥフォルト。


ISK_7757


マルチ画面も問題ありません。


ISK_7758


map値も基準値です。


ISK_7759
ISK_7760


水温・吸気温度も表示されています。


ISK_7762


バッテリー電圧も良いですね。


ISK_7763


o2センサーも元気に作動中。


ISK_7765


絶賛燃調補正中です。

10/10アズマ追記です

AZM_9775
AZM_9776

リザーブタンクが詰まっているとのことなので、外してみて点検。

AZM_9777

ホースは問題無し、、、

AZM_9778

タンクをエアブローしたところ吹き返してきました、入口付近で詰まっていたようです。

AZM_9779

エアブローしたときの勢いで詰まりは取れたみたいですが、念の為先の尖ったものでつついて詰まりをとっておきます。

AZM_9780

スムーズにクーラントが入るようになりました。

AZM_9782

リザーブタンクは問題なく使えるようでしたので元通り戻しておきました。

AZM_9789

水温計が動かない原因を確認します。

AZM_9790

パネルを外して裏の配線を確認。

AZM_9792

カプラーのECUから水温計に信号を送る端子はつながっており問題無さそうです。

AZM_9794
AZM_9795

念の為接点復活剤を塗っておきました。

AZM_9798

テスト用のメーターをつないでみます。

AZM_9799

水温計が動作しました。どうやら水温計のメーターが故障しているようです。

10/11アズマ追記です。

AZM_9828
AZM_9829

水温計を交換するためメーターを外します。

AZM_9831
AZM_9833

メーター分解、水温計を取り出します。

AZM_9812

水温計は動作する中古のものに交換。

AZM_9835

燃料計は動くので水温計だけ外して付け替えます。

AZM_9836

付け替えました。

AZM_9838

動作チェックは問題なさそうです。

AZM_9843

メーターを分解したので、組戻して再度チェック。こちらも動作はバッチリOKです。

AZM_9845
AZM_9844

灯火は前後ともOKです。



KAJI5628
水路洗浄作業分追記です。



KAJI5629
ヒーターコアからの冷却水漏れはありません。



KAJI5630
ヒーターバルブを開けて、



KAJI5631
洗浄剤を入れてエンジンを掛け、循環させます。



KAJI5633
水温センサーとラジエターに挿した温度計の差がしっかりあります。
サーモスタットの閉じ具合は良好ですね。



KAJI5634
KAJI5635
88 度を超えてからサーモスタットが開きました。



KAJI5636
高温域での水温センサーの精度も問題ありません。



KAJI5637
KAJI5638
電動ファンは96度で回り始めて、



KAJI5639
KAJI5640
90度で停止しました。



KAJI5641
定期的に洗浄しているので汚れはほとんど溜まっていません。



KAJI5642
ラジエターとヒーターコアから吸い出した水も綺麗でした。



KAJI5643
ラジエターコアは汚れはありますが、詰まりは少ないです。



KAJI5644
LLCの入り具合は良好です。



KAJI5645
クーラントブースターと、



KAJI5646
LIQTEK(リキテック)を入れて水路洗浄完了です。



残りの作業はセラミックエアーとRECSです。こちらは納車前に行います。
ご来店お待ちしております。



10月16日



KAJI6236
本日納車になりました。

次の2年はもっとたくさん走ってくださいね !

この度もありがとうございました。
またのご来店をお待ちしております。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002