こんばんは、かじかわです。






P1100435
いらっしゃいませ。
車検は8月に切れているため、ご自身で積載車を借りて運ばれて来ました。



P1100428
エンジンは時々掛けていたようですが、今日はどうしても掛からずウインチで引っ張って積載したらしく・・・。



KAJI6453
スパークテスターも光って、電磁ポンプの作動音も聞こえます。
カブらせてしまったのか・・・。



KAJI6454
KAJI6455
プラグは黒く、やや湿っているようです。



P1100432
プラグを交換してみましたが、それでも掛からず・・・。



P1100433
P1100434
エアーフィルターを外してガソリンを流し込んでみると、入れた分だけは回ります。
ポンプの音はしていても燃料が届いていないみたい・・・?



KAJI6459
KAJI6460
ガソリンは・・・、入っています。



P1100444
ポンプからフロートに繋がっているホースを外して容器で受けると、ガソリンは出て来るのでポンプの作動は問題無さそうです。
どこかが詰まっているのか、キャブレターを点検する必要がありそうです。



P1100436
P1100437
他、気になる箇所にペダルゴムが。
これは交換しましょう。



P1100427
車検整備の他にもお楽しみ、オークションで購入されたクロモドラホイールに交換します。



作業完了までしばらくお待ちください。



10月28日、かじかわの追記です。



KUBO6611
KUBO6613
KUBO6614
KUBO6615
まずはエンジンが掛かるように・・・。
キャブレターをオーバーホールしました。



KUBO6617
エアーフィルターも交換しました。



KUBO6618
ひとまず、車検用にガスを調整しました。



KUBO6619
KUBO6620
KUBO6621
引き続き車検整備です。



KUBO6622
KUBO6623
リアのホイールシリンダーはホーニングしてみましたが状態が良くないため、



KUBO6625
KUBO6626
交換します。
もちろんポン付けではなく、日本製カップキットで組み直します。



KUBO6627
KUBO6628
シューとドラムにはペーパーを当てておきます。



KUBO6629
KUBO6630
ブレーキラインのエアー抜きをしてフルードを入れ換えます。



KUBO6632
KUBO6633
各部グリスアップ。



KUBO6635
右ドライブシャフトアウターブーツの切れを発見・・・。



KUBO6639
グリスも入れ換えてブーツを留めました。



KUBO6640
バッテリーの状態は良好。



KUBO6641
パッシングはできますが、ハイビームに切り換えができませんでした。
ディマースイッチ不良でしたので、こちらは保証対応で交換。



KUBO6642
劣化したペダルゴムも付け換えました。



KAJI6566
続いて水路洗浄をします。
ヒーターユニットからの冷却水漏れはありません。



KAJI6567
ヒーターコアにも冷却水が循環するように、バルブを開けます。



KAJI6568
サブタンクから洗浄剤を入れてエンジン始動。



KAJI6571
シリンダーヘッド上部、



KAJI6572
サーモスタットハウジング、温度差は十分にあるのでサーモスタットはしっかり閉じていると思われます。



KAJI6574
KAJI6575
82度を超えてからサーモスタットが開き始めたようです。



KAJI6577
水温センサーの精度も良好です。



KAJI6578
電動ファンの作動も確認しました。



KAJI6579
走行距離が少ないこともあってか、ほとんど汚れていませんでした。



KAJI6581
ラジエターにも汚れは溜まっていませんでした。



KAJI6583
KAJI6584
LLC、クーラントブースターと、



KAJI6585
LIQTEK(リキテック)を入れて、水路洗浄は完了です。

10/29アズマ追記です

AZM_8850

本日車検に行ってきました。

AZM_8851

結果は、無事合格。これで次の車検までの2年間公道を走ることができます。

10/31アズマ追記です。

AZM_8991

車検が終わったので、お持ちいただいたホイールに交換します。

AZM_8990

ホイールが変わり、ナットの座面が別の形状のものになったのでこちらも交換。

AZM_8993

ということで取り付け。

AZM_9001

こんな感じになりました。これはなかなかかっこいいです。


次はオイル交換を行なっていきます。

11/1アズマ追記です。

AZM_8998
AZM_9005

オイル量はしっかりと入っていますが、粘度低下の目安となるガソリン臭は強め、燃調が濃かったのが原因かと思われます。

AZM_9008

抜いたオイルの色は黒いです、、、

AZM_9010

茶こしフィルターに異物はなし。

AZM_9011

ドレンボルトの鉄粉は少なめでした。

AZM_9013

ブレーキキャリパーエアブロー

AZM_9014

足回りにはグリスアップ。

AZM_9015
AZM_9016

足回りに気になる緩みはありませんでした。

AZM_9017

オイルを投入していきます。今回入れたオイルは、プロステージS10w40と万能添加剤のSOD-1です。

AZM_9019

また暫く先の交換になりそうですけど、一応次のオイル交換時期は半年後の来年5月か3000km走行後です。

AZM_9026

車検直前にサイドスリップテスト対策としてタイロッドを調整したので、試乗してハンドルのセンター確認。
ちょっと右にずれていますが、それ以外にステアリング周りに違和感を感じます。

そういえば、入庫してから初の試乗でした、、、

AZM_9036

最初はステアリングラックが遊んでいるのかと思いましたが、、、

AZM_9040

タイヤを揺すってみるとどうやらタイロッドにガタがあるようです。

AZM_9034

左だけではなく右にもガタが、、、

どちらも大きめのガタでこれが違和感の原因だったようです。


と、言うことでタイロッドを左右とも交換していきます。

AZM_9029
AZM_9030

と、その前にロックtoロックの確認。

AZM_9031

ずれているようなので修正します。

AZM_9032
AZM_9033

ロックtoロックはこれでOK

AZM_9042
AZM_9045

タイロッドを交換していきます。

AZM_9046

新しいタイロッドに交換、もちろんガタはありません。

AZM_9048
AZM_9051

取り付けて、グリスを詰め詰め。

AZM_9052
AZM_9054

ラックブーツはまだまだ余裕なのでそのまま利用します。

AZM_9056
AZM_9058

ちょっとハンドルが右を向いているのでタイロッドで修正

AZM_9059

これでバッチリOKです。



11月20日追記

引き取りでご来店いただきました

P1110955

八王子からモークで都内までお帰りです。。。

もしかして・・一番遠乗りドライブ??

P1110958

快調を維持するためにもドライブしてあげてください。。。

ありがとうございました。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002