急に寒くなってきましたね。ももひき出しちゃいました(笑)石川です(*´▽`*)ノ


ISK_1143


お天気の良い本日。
ASM様が初キャメルですヾ(*´∀`*)ノ


ISK_1147
ISK_1155


綺麗なアーモンドグリーンですね~
ドアトリムもポケットレスでスッキリしています^^


ISK_1150


今回は車検でご来店です。
どんなに綺麗ですっきりしていても怒りん棒先輩は厳格なのです。


ISK_1153


最低地上高はチョイアウト。
車高は上げて検査後は戻しておきます。


ISK_1156


コラムが回転方向に少しガタがあります。


ISK_1157


シフトノブは変更しても全然大丈夫なのですが、シフトパターンが無いと怒られます。


ISK_1158


走行チェック。


ISK_1159


2速とリバースがギア抜けします。
これは結構ストレスですね・・・


ISK_1161


ステアリングが若干左向き。
こちらはまっすぐにしておきますね。


ISK_1163
ISK_1164
ISK_1165


灯火チェックはリアフォグが点きません。
球交換で点けば良いんですが・・・


ISK_1168
ISK_1169


ホーンとワイパー&ウォッシャーの作動okです。


ISK_1170


ブレードも切れていませんでした。


ISK_1171


エンジンルーム点検します。


ISK_1172


ミニモニチェックはノゥフォルト。
故障コードは入っていませんでしたヾ(*´∀`*)ノ


ISK_1173


マルチ画面。
左上から
・エンジン回転数 エンジンの回転数を rpm 単位で表示【865rpm】(理想は850rpm)
・アイドルスイッチ 現在アイドリングかどうかの認識。【I=アイドル】
・o2フィードバック 燃調の2次補正状態。【C=補正している。】
左下から
・スロットル電圧 スロットル開度を電圧表示。【0.48V】
・ステッパー値 ステッパーモーターの現在地。【0】

ステッパーモーターはアイドリングが低すぎる時は高く、高すぎる時は低く調整するパーツ。

ステッパー値が0だと例えばエンジン回転数が高くなった時に下げられなくなります。
現在はエンジン回転数は通常値なので問題はありませんが、アイドリング高止まりの原因になり得る状況です。


ISK_1174


MAP SENS - マニホールド絶対圧力(MAP)センサーの値をkpaで表示。エンジンがかかっていない場合は大気圧(90~100kpa)を表示します。

アイドリング時【30kpa】は正常範囲内です。


ISK_1175
ISK_1177


水温・吸気温度も表示されています。
水温センサーに関しては水路洗浄時に精査してもらいましょう。


ISK_1178


バッテリー電圧も良いですね。


ISK_1179


O2 SENSOR - O2センサーの電圧およびその状態を表示。アイドリング時は0.4V以下(リーン)~0.6V以上(リッチ)を常に上下しています。

今日も元気に稼働していました。


ISK_1180


SHORT FT - Short Term Fuel Trimの略でECUの学習項目の短期的なフィードバック制御の状態を表示。
O2センサーや水温センサーなどの情報を元に燃料の調整。100%はデフォルトの燃調。
右下の 【CL】はClosed(フィードバックをしている状態)

ステップ値以外は問題なさそうです。


ISK_1183



こうしている間にもASM様が一番気になっているオイル漏れ。


ISK_1184


どうやらオイルプレッシャースイッチ付近の様ですね。


ISK_1185


オイルフィルターにたっぷり磁石。
残念ですがこれではオイルに含まれた鉄粉を全て取り除く事は残念ながら出来ません。


ISK_1186


タイミングカバー側にも少しオイル滲みあります。
こっちはクランクシールっぽいですね。


ISK_1187


「一度入れたのに抜けてしまった」(´;ω;`)ウゥゥ
脱落してしまっているロアステディーのボルト。

取付しておきます(`・ω・´)ゞ


ISK_1189


排気漏れはなさそうです。


ISK_1192
ISK_1193


マフラー吊りゴムも大丈夫そうですね^^


ISK_1195


オイル量okです。
ご自身で交換したばかりで色もまだまだ綺麗です。


ISK_1196


デリバリーパイプは交換してあるようなので今回はプレッシャースイッチ交換して周辺をお掃除しておきましょう。


ISK_1199
ISK_1200


ロッカーカバーにも少し滲みあり。
増し締め清掃しておきます。


ISK_1201
ISK_1202


ブレーキ・クラッチフルード量ok
クラッチは今年交換したばかりな様なので今回は整備しません。
ホイルシリンダー触るのでブレーキの方はフルード入れ替わります。


ISK_1204


ステップ値は2次エアーを疑ってスロットルボディー裏に刺さっているパイプ点検。
目視では亀裂等ありませんが、出来れば裏は狭いので左右2本はアングルコネクターの付いている純正タイプがお勧めです。


ISK_1206


エアクリーナーが潰れています。
このフィルターはMAHLEかしら?
物は良いんですけど少し小さいんですよね・・・


ISK_1209


リザーブタンクのLLC量は規定量入っていました。
だいぶタンク古くなっているので交換おすすめです。


ISK_1210


インナーフェンダーにクラック少々。
マーキングしておきましたので伸びるようでしたら溶接補強お勧めです。


ISK_1211


ブレーキパッドの残量はまだまだ大丈夫そうでした。


ISK_1216


ロアアームのブッシュにクラック入っています。


ISK_1217


テンションロッドブッシュは前後で違う物が入っています。
出来ればロアアームと一緒に交換したいですね。


ISK_1219


右タイロッドエンドにガタあります。
酷くなる前に交換おすすめです。


ISK_1220


右アウターブーツ小端部からグリスが少々顔を出しています。
ブーツ切れではないようです。


ISK_1222


左はまだ気にするほどではありませんが、タイロッドに少しガタがありました。


ISK_1225


オイル漏れがミッションケースの下を通ってダウンパイプまで飛んでいました。


ISK_1226


ゲイターブーツが破けています。
こちらはホイルシリンダー触る時に一緒に交換します。


ISK_1229
ISK_1231


「ふむふむ~」
ASM様はご自身でも整備しますが、普段なかなか下回りをゆっくり見るのは難しい。
今日は穴が開くまで見て行ってください。そして空いた穴は塞いでおいてください(笑)


ISK_1233


今回の作戦会議終了。
「この作戦でよろしくー♪」


ISK_1234


ではお預かりします。
作業完了までキャメル代車を可愛がってあげてくださいね^^


ISK_1267


誰かに取られる前にPECSとフューエルワン積み置きしておきます(`・ω・´)ゞ


ヽ(*´ω`*)  10/ 31 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


ISK_1673


リアフォグ点検。
電気は来ていました♪


ISK_1675


球交換で無事復活ヾ(*´∀`*)ノ


ISK_1676
ISK_1677


車高も少し上げておきます。


ISK_1680
ISK_1681


欠落していたロアステディーのボルトも取付。
反対側も増し締め。


ISK_1683


本日はここまで。



11月1日、かじかわの追記です。



KAJI6814
今日は水路洗浄から始めます。



KAJI6815
ヒーターユニットに冷却水漏れはありません。



KAJI6816
ヒーターコアにも冷却水が循環するよう、バルブを開けておきます。



KAJI6818
洗浄剤を入れてエンジン始動。



KAJI6819
・・・。



KAJI6823
サーモスタットの閉じは悪くありません。



KAJI6824
KAJI6825
開弁は88度、開き具合は良好です。



KAJI6826
水温センサーの精度は良好です。



KAJI6827
KAJI6828
KAJI6829
電動ファンは96度で作動・停止します。



KAJI6830
長期間に渡り冷却水の管理を怠るとこうなります。
鉄エンジンを保護するためにも、定期的な水路洗浄は必須です。



KAJI6831
ラジエターコア内部は詰まり・汚れはありません。



KAJI6832
LLCの入りは良好です。



KAJI6833
クーラントブースターと、



KAJI6834
LIQTEK(リキテック)を入れて、水路洗浄完了です。

11/1アズマ追記です。

AZM_9064

リアホイールカップを交換していきます。

AZM_9065

ホイールシリンダーは交換されているようですが、カップはそのまま。
このホイールシリンダーに入っているカップは漏れやすいのですが大丈夫でしょうか?

AZM_9067

大丈夫でした、ブレーキオイルは漏れていなそうです。

AZM_9069

しかし、次の2年間のうちにもれない保証はありませんので国産カップキットに交換していきます。

AZM_9071

ホイールシリンダー内に傷は無さそうです。

AZM_9073

組戻して、カップキット交換完了です。


AZM_9079

オイルプレッシャースイッチの辺りからオイル漏れをしているようなので、スイッチ交換します。

AZM_9080

新しいスイッチは国産車流用品を使います。

AZM_9081

装着完了

AZM_9082

漏れてしまった油汚れを洗い流します。

AZM_9085

きれいに洗い流したらお化粧直し。

AZM_9092

やっぱりきれいなのは気持ちいいですね、これで検査官の心象も良くなるはずです。


AZM_9088

ブレーキキャリパーをエアブローしてブレーキダストを飛ばします。

AZM_9090

足回りに気になる緩みはありませんでした。

AZM_9093

グリスアップは前後左右8箇所におこないました

ヽ(*´ω`*)  11/ 5 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


ISK_2562


継続検査無事クリアですヾ(*´∀`*)ノ


ISK_2563
ISK_2564


ササっと車高戻します^^


ISK_2565


ステアリング調整。


ISK_2567


ヘッドライトボールがそろそろ交換した方がよいかも。
左はネジの相手がいなくなっているので付けておきます。


ISK_2572


ステアリング位置もokですね♪


ISK_2574
ISK_2575
ISK_2576


灯火も大丈夫♪


ISK_2577


ミニモニチェックはノゥフォルト。


ISK_2578


マルチ画面も問題ありません。


ISK_2579


map値も基準値です。


ISK_2580
ISK_2581


水温・吸気温度も表示されています。


ISK_2582


バッテリー電圧も良いですね。


ISK_2583


o2センサーも元気に作動中。


ISK_2584


燃調二次補正も順調にこなしています。


ISK_2587


バッテリーチェック。
ヘルス75% 若干低め。


ISK_2588


チャージは98%で良い数字ですが・・・


ISK_2589


交換してくださいとチェッカー君が言っております。
今は大きいバッテリーが付いていますが、これだとスペアタイヤがきっつきつでかわいそう。。。

本来ミニのバッテリーはS55B24LSが標準です。


ISK_2590


スペアタイヤは300kpaにしておきます。
このタイヤもそろそろ交換した方が良さそうです。


残り作業はRECSのみです。
ご来店の日程が分かりましたらご連絡くださいね♪


ヽ(*´ω`*)  11/13  石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


KAJI7554


朝からRECS施工♪


ISK_3212


ASM様ご来店。
交換した部品とはここで今生の別れ。

「君たちと過ごしたあの日々を僕は忘れない。。。多分。」


ISK_3213


もうこれで油汚れに悩まされる事はない。と信じたいですね。


ISK_3214


ありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002