急に寒くなってきましたね。ももひき出しちゃいました(笑)石川です(*´▽`*)ノ


前回梅雨前にオイル交換したKSG様。


ISK_1456


「車検よろしくっっ!」


ISK_1461


いつもピカピカで羨ましいとうちのいしかわ号が申しております(笑)


ISK_1464


ずっと気になっている純正ラグナット。


ISK_1465


今回スパッと交換します。
選んだのは純正のフォルムを忠実に再現したDoさんの純正スタイル ホイールナットですヾ(*´∀`*)ノ


ISK_1468


走行チェック。
エンジン・オートマは調子良いですね^^


ISK_1469


ドアミラーの鏡がビビっているのが窓を開けて走ると少々気になります。


ISK_1470


少し雨が降ってきたのでついでにワイパー&ウォッシャーのチェック。
作動はokですがウォッシャーが明後日の方向へ(^_^;)


ISK_1472
ISK_1474


最低地上高はダウンパイプの蛇腹部のみアウト。
社外のパイプに交換すればクリアできそうですね。


ISK_1477


今回はその予定が無いので車高少し上げます。


ISK_1479


ウォッシャーの向き調整しました(`・ω・´)ゞ


ISK_1482
ISK_1484


灯火チェックokです。


ISK_1486


電動ファンも作動ok


ISK_1487


「夏にLLC漏れを起こして知り合いに整備してもらったのよね。」


ISK_1488
ISK_1489


その時ウォーターポンプとサーモ周りは交換しましたが・・・


ISK_1490


「ラジエーターとホースなど周辺交換した方が良いよ~って言われました」


ISK_1491


それではバルブも一緒に交換しましょう^^


ISK_1492


「勢い余ってコイルも交換しておいてね♪」
承知しました(笑)


ISK_1493


ミニモニチェックはノゥフォルト。
優秀です^^


ISK_1497


マルチ画面も問題ありません。


ISK_1498


map値も基準値です。


ISK_1499
ISK_1500


水温・吸気温度も表示されています。
水温センサーは水路洗浄の時に精査してもらいましょう^^


ISK_1501


バッテリー電圧も良いですね。


ISK_1502


o2センサーも元気に作動中。


ISK_1503


燃調二次補正も順調にこなしています。


ISK_1504


ダウンパイプは排気漏れなし。


ISK_1506


リアマフラーはだいぶ錆びて内部剥離が進んでいますが排気漏れはありませんでした。


ISK_1510


オイル量ok


ISK_1511


ガソリン臭は少なめです。


ISK_1512


ブレーキフルード量もok
車検なのでここも綺麗に入れ替わります。


ISK_1514


ラインヒューズもヒューズボックスも新しくなっていますが、今は中々ガラス管ヒューズが手に入れにくくなっています。
出来ればブレードヒューズに変えた方が外出先でのトラブル時も入手しやすいと思います。


ISK_1515


プラグコードに腐食等ありませんでした。


ISK_1516


リザーブタンクのLLC量はバッチリok


ISK_1517


インナーフェンダーのクラックは成長していませんでした。


ISK_1519


ブレーキパッドはまだまだ大丈夫。


ISK_1522


「ブレーキホースはメッシュにしたいんだよねー」
ではついでなのでキャリパーのオーバーホールはしておきましょう^^


ISK_1520


それとずっと気になっていたハブベアリングも交換は交換ですね。


ISK_1527


オイル滲みはコンバーターシールかな?
量はそれほど多くはありませんが回りがきれいなので少し目立ちますね。


ISK_1529


ボールジョイントには小さなガタがありますが、まだ慌てて何かするほどではありません。


ISK_1531


右インナーブーツには嫌な染みがついています。
こちらはオーバーホールしましょう。


ISK_1534


KSG様じっくり観察。
そして作戦をたてます。


ISK_1535


気持ちいいラバコン祭りだー♪」ヾ(*´∀`*)ノワッショイワッショイ


ISK_1537


「よし!みんなでハッピ来たからラバコン1つ無料券ゲット♪」
お祭りはお得ですね~^^


ISK_1538


大人気キャメルカレンダーも無事ゲット♪


ISK_1539


今回は盛り沢山の車検になります。
少々お時間かかりますが作業完了までしばらくお待ちください。



11月1日、かじかわの追記です。



KAJI6872
今日は水路洗浄をします。



KAJI6873
ヒーターユニットに冷却水漏れ跡はありません。



KAJI6874
交換予定のヒーターバルブ。
確かに、動きがかなり固いです。



KAJI6875
洗浄剤を入れてエンジン始動。



KAJI6884
サーモスタットの開閉は良好です。



KAJI6883
高温域での水温センサーの精度も良好です。



KAJI6885
電動ファンも回り始めました。



KAJI6886
KAJI6887
停止は92度でした。



KAJI6889
吸い出した冷却水の汚れは少なめ。
定期的な洗浄で綺麗な状態を維持していきましょう。

水周り交換予定ですので、水道水のみを補充しておきます。

11/12アズマ追記です

本日から足回りや水周りの交換作業を行なっていきますがその前にまずチェック。

AZM_9746
AZM_9747

ロックtoロックがずれてしまっていますね、足回り作業時に直しておきます。

AZM_9751
AZM_9757

現状の車高やトー等もチェックしました。

AZM_9870

今回交換するパーツ達、カゴいっぱいに入っています。

AZM_9761

それでは作業開始します。まずはラジエータ取り外しから。

AZM_9762
AZM_9764

ラジエータを外すためにホースを外していきます。

AZM_9763
AZM_9766

ヒーターバルブ、ジョイントパイプはともに純正のまま、製造から最低でも20年以上、プラスチック製でいきなりぽっくり逝くので要交換の部品です。今回交換します。

AZM_9768

ラジエータを取り外しました。

AZM_9776
AZM_9777

ベルトも交換しておきます。

AZM_9781
AZM_9779

新しいベルトをいい感じの張り具合に調整しました。

AZM_9772

普段ならこのまま新しいラジエータを取り付けるのですが、今回はラバコン交換も行うため、作業しやすいよう最後にラジエータを取り付けていきます。

AZM_9783

フロントサブフレームマウントを外していきます。

AZM_9786

新旧交換の儀

AZM_9787

新しいマウントを取り付けていきます。


引き続き作業を行っていきます。

11/13アズマ追記です。

AZM_9872
AZM_9874

今日は足回りの作業を行っていきます。

AZM_9877

ブレーキキャリパー取り外します。こちらは後ほどキャリパーオーバーホールします。

AZM_9881

ブーツからの嫌な漏れを止めるため
右側のドライブシャフトを抜いてオーバーホールとブーツの交換を行います。

AZM_9879

ということでドライブシャフト取り外していきます。

この後、ドライブシャフトのオーバーホールとブーツの交換を行なったのですが、カメラが不調で画像がなくなってしまいました、ごめんなさい。

AZM_9883

とりあえず交換完了です。

AZM_9815
AZM_9816

左側はハブベアリングの交換を行っていきます。

AZM_9819
AZM_9820

外したスイベルからベアリング取り外し、お掃除します。

AZM_9823

新しいベアリングキットに交換。

AZM_9826

ベアリングにしっかりとグリスを詰め込んでいきます。

AZM_9827

しっかりグリスアップしたベアリングをスイベルに装着し、交換完了です。

AZM_9828

先程外したブレーキキャリパーをオーバーホールします。

AZM_9830
AZM_9834

ブレーキパッドは角を落として鳴き止めの加工をしておきました。

AZM_9836

キャリパーからピストンを外し古くなったゴムシールを外していきます。

AZM_9837

こちらもお掃除していきます。

AZM_9838

ブレーキダストで真っ黒だったようです。キレイになりました。

AZM_9839
AZM_9842

ピストンとゴムシールなどを新しくしてキャリパーオーバーホール完了です。

AZM_9843

今回のお楽しみラバコン交換を行っていきます。

AZM_9847
AZM_9849

ショックアブソーバーとりはずします。

AZM_9850
AZM_9851

リバウンドバッファーはゴムが切れてしまっています。こちらは新しいものに交換します。

AZM_9854
AZM_9855

アッパーアームを取り外して、

AZM_9856

ラバコンが出てきました、随分潰れています。

AZM_9866

外したアッパーアームはお掃除して溜まったグリスや汚れなどを落としていきます。

11/14追記です。

AZM_9887
AZM_9888

タワーマウントボルト取り外し、

AZM_9889

ボルトを外してできた隙間からタワーマウントブッシュを取り出します。

AZM_9894
AZM_9895

もちろん新品に交換。

AZM_9891
AZM_9892
AZM_9893

サブフレームリアマウントも交換します。。

AZM_9901
AZM_9902

ブレーキホースはメッシュの赤いものにしました。

AZM_9906

今回のメインディッシュ?ラバコンも交換していきます。

AZM_9904

並べて横から見ると一目瞭然、こんなにもぺちゃんこになっていました。

AZM_9908

ラバコンを入れて、

AZM_9909

ハイローキットを装着、

AZM_9907

ナックルジョイントは新品にしました。

AZM_9910
AZM_9911

アッパーアームを組み込んでラバコン装着できました。

AZM_9885
AZM_9915

ロアアーム、テンションロッドは今回調整式のものに交換、これでフロント側のアライメントが自由自在です。

AZM_9916

ブッシュ類はもちろん新品に。

AZM_9918

ロアアーム、テンションロッドを装着していきます。

AZM_9922

キャスター角の調整ができる気持ちいいハイキャスロアアームのコマは純正が3°に対して、今回は5°になるものを装着しました。

AZM_9920

ショックアブソーバーはKYBのガスショックを選択。

AZM_9924

オーバーホールしたドライブシャフト組戻て、

AZM_9921

ハブベアリングを交換したスイベルを取り付けます。

AZM_9925

フロント側の足回り組戻完了。

AZM_9930
AZM_9929
AZM_9931

緩みがないかもう一回チェック。してフロント側の足回りは完了です。

AZM_9934
AZM_9935

ラジエターは3コアの効率が良いものを取り付けます。

AZM_9937
AZM_9938

ホース、ヒーターバルブも新しくします。

AZM_9940

クーラント投入。

AZM_9941

圧力をかけて漏れチェック。問題無さそうです。

AZM_9946

リアブレーキのカップキットを交換していきます。

AZM_9948
AZM_9950

左右ともホイールシリンダーからブレーキオイルが漏れていました。

AZM_9957

サビもひどいようなので新しいホイールシリンダーに交換します。

AZM_9958

新しいホイールシリンダーに入っているカップキットはそのまま使うとまた漏れることが多いので、国産メーカーのカップキットに交換していきます。

AZM_9966

ホイールシリンダー交換と一緒にブレーキホースもフロントと同じ赤のメッシュホースに換装。

AZM_9967

新しいホイールシリンダーに交換しました。

AZM_9978

リア側ラバコン交換のためショックアブソーバー取り外し。

AZM_9979

ラバコンも取り外します。

AZM_9980
AZM_9982

ナックルジョイント、ラバコンを新品に交換。

AZM_9984

ショックはフロント同じKYBのガスショックにしました。

AZM_9986
AZM_9988

ブレーキのエア抜きをおこないました。

AZM_9992
AZM_9994

ハンドルセンター調整、真ん中にしておきました。

次はアライメントを行っていきます。

11/16アズマ追記です

AZM_9997

かなりトーイン方向にタイヤが曲がっています。

AZM_9999

タイロッドで直進方向へ修正します。

AZM_0005
AZM_0007

車高はラバコンを交換したばかりで未調整のためかなり高め。

AZM_0017
AZM_0018

最低地上高にはまだ余裕がありそうです。

AZM_0016

傾きは無さそうなので左右同時に下げていきます。

AZM_0003

ハイローキットで車高調整。

AZM_0046

キャンパー角は立たせてネガキャン0.1°に調整しました。

AZM_0019

試乗してみたところ、まっすぐ走りますが中立あたりがだるい感じ、それとハンドル自体を揺するとゴトゴトとします。コラムブッシュが潰れてしまったのかもしれません。

AZM_0025
AZM_0027

どうやらトーアウトになっていたようです、トーゼロになるように調整しました。

AZM_0045

今度はいい感じ。

AZM_0049

車高のバランスも悪く無さそうです。

AZM_0030
AZM_0032

オイル交換を行なっていきます。
オイル量はOK、燃料希釈によるオイル粘度の低下の目安となるガソリン臭は少なめでした。

AZM_0034

オイルを抜いていきます。色は茶褐色です。

AZM_0035
AZM_0036

ドレンボルトの鉄粉、茶こしセンサーともにキレイでした。

AZM_0038

足回りにグリスアップをしていきます。

AZM_0040
AZM_0042

下回りは油汚れなどを洗い流しお化粧直し。

やっぱりきれいなのは気持ちいいですね。

AZM_0043

オイルを入れていきます。今回入れたオイルはプロステージと万能添加剤のSOD-1です

オイルカルテ

今回も写真付きでオイルカルテを更新しました。

AZM_0053
AZM_0054

ハンドルがゴトゴトするのでコラムブッシュの確認をしてみると見事に割れていました

AZM_0058

こちらは新しいものに交換しておきました。

AZM_0055

そして、ディマースイッチは固定する部品が割れていました。

AZM_0056

こっちも交換します。

AZM_0060
AZM_0061

元通り組戻していきます。

AZM_0064
AZM_0063

まだ入れていなかったので、冷却水に防錆などのためのクーラントブースターと水に魔法のリキテックを投入しておきました。

AZM_0065

AZM_0066
AZM_0068

新しいパワフルなコイルに交換しました。


AZM_9954
AZM_9953

電動ファン動作確認のためECUの水温を確認していたところ、最初は問題なかったですが、

AZM_99551_Moment
AZM_9955_Moment

しばらくすると水温が荒ぶっています、、、

ECUか水温センサーに異常があるのかもしれません、点検してみます。。。

11/18アズマ追記です。

AZM_0072

確認のためECUを交換してみてミニモニの水温に変化があるか見てみます。

AZM_0073
AZM_0074

ECUが外せないので一旦ブレーキサーボにはどいてもらいます。

AZM_0076

ECUを外しました。

AZM_0078
AZM_0079

テスト用ECUに交換しました。

AZM_0080

暖気してミニモニチェック。

AZM_0081_Moment
AZM_00812_Moment
AZM_00811_Moment

しばらくすると、また水温が荒ぶってきました。
どうやら水温センサーがダメそうです。

AZM_0087

水温センサーはインマニの下にいるので、インマニを外していきます。

AZM_0091

インマニが外れました。

AZM_0093
AZM_0095
AZM_0096

インマニにはまだクーラントが入っているので、古いセンサーと入れ替えるようにサクッと新しいものに交換しました。

AZM_0098

外れた方の古いセンサー、寿命でしょうか?
これからは新しいセンサーに頑張ってもらいます。

AZM_0099
AZM_0113

インマニを組戻して水温センサー交換完了

AZM_0105

リザーブタンクが詰まっているようなので外して確認。

AZM_0106
AZM_0108

どうやら容器の入り口で詰まっていたようです。ドリルで削って詰まりを解消しました。

AZM_0112

水温センサーの動作確認のため再び暖気してミニモニでチェックします。

AZM_0115
AZM_0114

今度は安定していますこれなら問題無さそうです。

AZM_0136
AZM_0135
AZM_0132

灯火やオイルなどを最後にもう一度確認して作業完了です。


ヽ(*´ω`*)  11/ 22 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ

良い夫婦の日の本日。


ISK_5095


KSG様ご来店ですヾ(*´∀`*)ノ


ISK_5096


外したパーツを見てしみじみ?


ISK_5094


「こりゃ凄いね♪」
ここまで使われるとはこのラバコンも思っていなかったと思いますよ(笑)


ISK_5097


今日はまっすぐ帰れるかな?
「もうちょっと走ろうか?」から「そこ曲がろうか?」

気が付いたら箱根とか伊豆だったりして(笑)

ありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002