曽根です。


前回は油温対策・・オイルクーラーにウォータージェットで水かけて、電動ファンを強力にして・・・・


10月のSBoM第3戦は最高油温121℃で抑えることができたおかげで最後まで全開で走り切り、インジェクション・チューニングクラスで優勝できました

P1110282

前回優勝できたのですが車載ビデオのリヤカメラには、『遅いクルマは退け~』っと何回もパッシングされてるのが映ってます。。

実際、後ろのMINIの方がベストタイムは速いし、コーナリングも速かったんですけどね・・・

だからもうちょっと何とかしないとイカンのです。。

P1110283

ドライビングテクニックで1秒くらい短縮するとして・・(←無理)

あと0.5秒くらいはクルマに頑張ってもらうことにします。

KUBO7006

数年前・・1000㏄の初代曽根号でやった

『ベルト駆動ファンを外して・・ラジエターに水掛けちゃう作戦』 の復活企画。。


KUBO7015

ベルト駆動のファンで食われてるパワーを何とかできんか・・・がテーマです。

果たして、1380㏄までパワーアップしたエンジンの冷却ができるのか・・・・

やってみなけりゃわからない作戦の第1弾。。


KUBO7016

今まで実績のある 銅&真鍮製のフルコアラジエターでも良かったんですけど

ウォーターポンプ交換で外すんで今回は4コアのDHRアルミラジエターにしてみようと思います

KUBO7023

JMSAから、~96yウォーターポンプの羽根が鉄からセラミックに変更されたものが発売になったのでそれを使います。

セラミック羽根の方がキャビテーションに強く冷却能力にも貢献してくれるからです・・。

KUBO7025

電動ファンとベルト駆動ファンを取り外しました。。

P1110287

2019年の富士スピードウェイで開催された32FESの思い出のポールスミス純正のファン・・・

あの時ウェスレイクさんから譲っていただいて決勝を走ることができました。。。



P1110286

大型アルミラジエターに電動ファンを直付けするのでカットしないと取付けできそうもなかったんでインナーフェンダーを大胆カット。。

KUBO7027


P1110284

電動ファンの風が逃げないようにラジエターに直付けしました

P1110305

ファンがないとラジエターフィンが丸見え・・

P1110306

後でウォータージェットのノズルを取り付けられるようにナッターを打っておきます。


P1110381

DHRのアルミラジエターは4コアなので大容量で厚みもあります。

厚くて風が抜けにくいのが弱点ですが、しっかり風が通れば戦力になるはず。。


P1110379

ずっと前からあるデッドストック品・・・・

『1psのアドバンテージと同等の効果を生む』・・のキャッチコピーに負けました。


P1110383

水にも神頼み。。。お願い・・冷えてね。

P1110388

こちらは実績のあるリキテック・・


エンジン始動・・そして10分ほどで

P1110393

電動ファン作動OK

P1110389

95℃から一気に87℃まで下がりました。。

アイドリング中や低負荷走行なら電動ファンだけでもOKなんですけどね。。


P1110303

高回転回すと一気に水温上昇しますから・・・

ウォータージェット無しではレースは絶対無理です。

現在パーツ取り寄せ中につきウォータージェットは近日中に取り付けます。。。




そして・・・

やってみなけりゃわからない作戦の第2弾 

P1100855

リヤタイヤのグリップを落として流れやすくなれば・・・リヤが流れやすくなってアンダーステア→オーバーステアになるかも・・・

P1110336

13インチは175で扁平50   12インチは165で扁平55

こうして並べるとその違いにちょっとビックリ。。。

ダイジョーブなのか。。

ま、やってみなけりゃわからないな。。

P1110338

ホイールは同じD1を用意しました・・

P1110339

オフセットがプラスなのでかなり内側に入ります。。。

P1110350

フェンダーのツラまで約38㎜

ノーマルスタッドボルトのまま使える38㎜スペシャルスペーサーをワンオフで造ってもらいます。








もう一つアンダー対策

前回のSBoM走行直後タイヤを触って外側の方がだいぶ温度が高かったんでもうちょっとキャンバーを付けてみます。。。

P1110353


P1110351

測るタイミングで毎回誤差はありますが 

P1110352

現在のキャンバーは1.7~2.1度あたり

P1110360

ロアームとテンションロッドを調整してキャンバーを付けるとトーアウトになるのトーインも調整


P1110414

左右とも約3度。。 見た目もだいぶキャンバー付きました

P1110419

仮ナンバーで走行テスト。。。

P1110423

直進、左右の流れはOK

P1110429

トーインはスペシャル定規で測りながら調整。。。

P1110435

ほぼトーゼロです。

P1110434

左右のステアリングレスポンスもいいね。

フロント足回りはこれでいきます。





最後にオイル交換

P1110440

第3戦の、調整・予選・決勝 で約140㎞走行のオイルを抜きます。。。

P1110441

茶こしフィルターに異物なし。

P1110444

ドレンの鉄粉は許容範囲内です。。

今年のレースが終わったらPECSの清掃しようと思います


P1110446

レース毎にこんなにいいオイルを交換できるのもワコーズさんがサポートしてくれてるおかげです。。。


P1110447

スーパーGTでも実績のある4CR-SR 

10W50なのに軽く回って、トルクが出る そして油圧の戻りが早い・・

今年好成績が残せてるはこのオイルの影響も大きいです。。

P1110348

あっという間に本日のスタッフミニデイ終了。。。

あとは、ラジエター用のウォータージェットとホイールスペーサー待ちです。。。




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002