冬に逆戻り。寒いですね~ 石川ですヾ(*´∀`*)ノ


前回点検を兼ねてオイル交換したKB様。


ISK_8965


「どうしてもこのパネルを付けたいのよね」
お宝持ってご来店です^^


ISK_8970


「これ忘れちゃお家帰れないよー」
他にお忘れ物はありませんか?


ISK_8971


「んじゃ~よろしくね~♪」


KB様嵐の様にお帰りです(笑)

今回のメニューは・・・


ISK_8977


「ドア開閉時カチカチが気になるのよ。」
剥がれてしまっているチェックアームの相手を溶接補修。


ISK_8978
ISK_8979


先ほど持っていたウッドパネルに交換。


ISK_8997


ところでフロントガラス内側に傷ありますね。。
爪が引っ掛かる深さです。


ISK_8980
ISK_8982


灯火チェックokです。


ISK_8983


エチレングリコールを車内に放出しているヒーターコアは今回交換です。


ISK_8985
ISK_8990


足回りはラバコン祭り♪






ISK_8998
ISK_8999


水回りはヒーターコアだけではなくこの見た目も怖いラジエーターはじめエンジンルーム内も交換します。


ISK_9005


ミニモニチェックはノゥフォルト。


ISK_9006


マルチ画面も問題ありません。


ISK_9007


map値も基準値です。


ISK_9008
ISK_9009


水温・吸気温度も表示されています。


ISK_9010


バッテリー電圧は少し低めです。


ISK_9011


o2センサーも元気に稼働中。


ISK_9012


燃調補正も順調にこなしています。


ISK_9018


前回オイル交換しましたがフィルターケース摘出。


ISK_9019
ISK_9020


フィルターヘッドまではずしてガスケット類は交換。

そして・・・


ISK_9022


5コアのPECSと来れば?


ISK_9028


漏れないAT用オイルフィルターケース with PECS取付完了ですヾ(*´∀`*)ノ


ISK_9034


また外しますが・・・ひとまずベルトも復旧。


ISK_9029
ISK_9030


キックダウンスイッチ付近はお掃除しておきます。


ISK_9036


フィルターケースに入っていた分が抜けたので・・・


ISK_9037


WAKO'S PRO-S プロステージS 15w50を0.5L補充しておきます。


ISK_9039


かじかわ君にバトンタッチ。
水路洗浄していきます(`・ω・´)ゞ



KAJI0929
かじかわです。
早速、水路洗浄から始めます。



KAJI0933
洗浄剤を入れて、エンジン始動。



KAJI0934
サーモスタットの閉じ具合は良好です。



KAJI0935
KAJI0937
88度で開きました。
ラジエターに冷却水が勢い良く流れ込んで来ます。



KAJI0938
高温域での水温センサーの精度も問題ありません。



KAJI0940
KAJI0941
電動ファンは99度で作動開始。



KAJI0942
KAJI0944
停止は88度でした。



KAJI0945
排水します。
エンジン周りの汚れは少ないですね。



KAJI0946
ヒーターコアからは茶色く濁った水が出て来ました。
水流が遅く、汚れが溜まりやすい箇所ですので、定期的な洗浄は欠かせません。



明日から足周り他の作業も着手予定です。



2月20日、かじかわの追記です。



KUBO9721
水周りから作業を始めます。



KUBO9729
ウォーターポンプは、



KUBO9736
キャビテーションの起きにくい、鋳物ペラに交換します。



KUBO9739
ホースは三層シリコン製を使用します。



KUBO9740
ファンブレードも交換です。



KUBO9744
サーモスタットも交換します。



KUBO9743
ハウジングボルトは錆でネジ山が無くなっていました。



KUBO9745
コア増しラジエターに、ストーンガードを巻いてから取り付けます。



KUBO9746
漏れていたヒーターコアを交換します。



KUBO9751
ユニット内部の汚れは、



KUBO9752
綺麗に掃除しました。



KUBO9753
国産のジョイントレス品を入れました。



KUBO9756
KUBO9755
LLCとクーラントブースターを入れます。



KUBO9759
KUBO9758
水温を上げて、電動ファンの作動を確認しました。



KUBO9757
水周りの作業は完了です。


2/27アズマ追記です

AZM_0355

足回りのリニューアル。ラバコンなどの交換を行っていきます。

AZM_0356
AZM_0357

足回りを取りはずしていきます

AZM_0358

ショックアブソーバーも取り外します。

AZM_0362

アッパーアームを外して、

AZM_0365

フロント側のラバコンが外れました。かなり潰れていますね。

本日はラバコンが外れたところで時間切れ、引き続き作業を行っていきます。

2/28アズマ追記です。

AZM_0373

ロアアーム取り外しました。

AZM_0375
AZM_0374

左右のドライブシャフトインナーブーツに穴が空いていました。
これ以上グリスがもれないよう接着剤で仮に穴を塞いでおきます。こちらは早いうちに交換オススメです。


AZM_0363
AZM_0379

アッパーアムシャフトはひし形のブラケットが割れていたので交換しておきました。

AZM_0387

新しいラバコン、ロアアームやブッシュ類などを装着していきます。

AZM_0389
AZM_0390

タワーボルトを取り外し。

AZM_0392

マウントブッシュも外します。

AZM_0393
AZM_0395

タワーボルトとタワーマウントのブッシュを新しくします。

AZM_0384
AZM_0385

サブフレームフロントマウント交換。

AZM_0381
AZM_0382

サブフレームリアマウントも交換しました。

AZM_0398

お待ちかねのラバコンを装着です。

今回装着するのはAVON製Doスペック。
耐久性や乗り心地をとことん考えて作った高品質ラバーコーンです。

AZM_0399
AZM_0400

ハイローキット、ナックルジョイントそしてアッパーアーム装着。

AZM_0401

タワーボルトはトルクレンチを使いしっかりと装着しました。

AZM_0402

気持ちいいハイキャスロアアームは今回キャスター角6°のコマを装着しました。
純正の4°から6°になり走行中の直進性が良くなります。

AZM_0403

ロアアームとテンションロッドは元のものと長さを合わせました。

3/1アズマ追記です。

AZM_0407

ロアアームとテンションロッドを装着しました。

AZM_0410
AZM_0412

足回りを組戻していきました。
ショックアブソーバーはタイミング悪く在庫がなくなってしまいました。部品の発注をしましたので到着次第装着します。

AZM_0415

作業の為外していたボンネットを取り付けたところ、ロック部分が渋くうまく開かなかったので調整しておきました。

AZM_0416

リア側もラバコンを交換します。

AZM_0417

ラバコン取り外し、純正のトランペットも取り外します。

AZM_0420

ハイローキットとラバコンを装着しました。
こちらも残りショックアブソーバー装着で作業完了です。

3/3アズマ追記です

AZM_0541

ショックアブソーバーが入荷しましたので装着していきます。

AZM_0546
AZM_0544

フロントとリアに装着しました。

AZM_0549

足回りに緩みがないか確認。大丈夫でした。

AZM_0547

着地しました。

AZM_0551
AZM_0550

これからアライメントの調整を行っていきます。

3/4アズマ追記です。
AZM_0554

アライメント調整を行っていきます。

AZM_0558

キャンパー角は逆ハの字のポジキャンだったので0度くらいに。

AZM_0559

トー角は若干インの0.3°に調整しました。

AZM_0562

試乗チェックしたところ若干左に流れます。

AZM_0555

テンションロットの調整で真っ直ぐ走るように修正。

AZM_0561

真っ直ぐ走るようになりました。

新しいラバコンは乗り心地もよく、ハイキャスロアアームのおかげでハンドリングの直進性も気持ちよくなりました。


ヽ(*´ω`*)  3/ 10 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


大変お待たせしております。


ISK_1439


ようやく鈑金工場へ旅立ちました(`・ω・´)ゞ


ヽ(*´ω`*)  3/ 26 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


鈑金工場より写真届きました♪


DSCN7150


まずは摘出手術。
このパネルもカッコ良いと思いますけどね~


DSCN7153
DSCN7157


お持ちいただいたパネルも何か所か補修しないと使えなかったそうです。


DSCN7160


チェックアームの相手側も鈑金修理。


DSCN7174
DSCN7177


器用ですねー♪
石川にもこのテクニックが欲しいです。


DSCN7180


パネル下部のステーは別のパネルからの移植。
ここは作るの難しいそうです。


DSCN7185


お?完成?


ISK_3839


写真と同日にミニも到着♪


ISK_3844


あぁ・・・ACコントロールのコネクター形状が違うので付かなかった様です。


ISK_3845


ん?
それは困りますね・・・


ISK_3851


センダーユニットには電気来ています。


ISK_3853


直結すると・・・満タンになりますね。


ISK_3854
ISK_3856


直接フロートを浮かせてあげてもメーター動きます。

メーター不動と言うよりもセンダーユニット本体かフロート不良の様です。
一応満タン入れてみて動かなければ要点検ですね。


ISK_3857


こちらは何とも出来ませんね・・・


ISK_3859


解体車両から頂戴。


ISK_3860


移植作業します。


ISK_3861


本当は抜いて入れ替えられれば楽なんですけど・・・形状が違うのでそれはかなわぬ夢。。。


P1190511


チマチマ頑張ります。


ISK_3864


完成ヾ(*´∀`*)ノ


ISK_3867


動作確認もokですヾ(*´∀`*)ノ


ISK_3868


ステレオは・・・表示が随分薄いです・・・


ISK_3870


パネルが変わっちゃったのでひとまずテープグルグル肉付け。


ISK_3871


折角ですしステレオもBluetooth付の新しいのに交換しちゃいましょう♪
その時一緒に取付キットもつけましょうね^^


ISK_3872
ISK_3874


最後に灯火チェック。
ばっちりです。


ISK_3876
ISK_3877


やっぱりウッドパネルも良いですね^^


ISK_3882


次はヒューズ周りかしら?それともドライブシャフト?


ISK_3883


ミニモニチェックはノゥフォルト。


ISK_3884


マルチ画面も問題ありません。


ISK_3885


map値も基準値です。


ISK_3886
ISK_3887


水温・吸気温度も表示されています。


ISK_3888


バッテリー電圧も良いですね。


ISK_3889


o2センサーも元気に稼働中。


ISK_3890


燃調補正も順調にこなしています。


ISK_3891


オイル量もok


ISK_3894


走りも良いですね~
キャスターついて直進も気持ち良いです(*´▽`*)

これにて作業完了です。ご来店お待ちしております。


ヽ(*´ω`*)  3/ 27 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


ISK_4002


少し花粉が・・・
水洗いしておきました^^


ISK_4005


一新された水回りを見て「これで安心してドライブ出来るぜ♪」


ISK_4006



今日はひとまずすこーしだけ遠回りしてお帰りですね^^
来週あたりはお花見ドライブ本番じゃないですか?

わき見運転事故注意ですよー♪
ありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002