曽根です。

TKK様 エンジンからの異音でご来店。。。

初キャメルありがとうございます。

P1210427

高速道路走行中にオイルフィルターからのオイル漏れて一時的なオートマ不調になってしまったとのこと。。。

P1210430

その後オイル交換とフィルターパッキン交換で走行可能になったので富山県から東京まで400㎞走行してきましたが・・・エンジンから気になる打音が出てきたということです。

P1210431

12年間乗ってる98年式オートマクーパー。。

屋根付き車庫保管だったとのことで錆も少なく内装の紫外線焼けもほとんどなくよいコンディションですね


P1210433

エンジンの打音は回転を上がればすぐにわかるほど大きな音です。。。



これはメタルが逝ってしまったぽい。。。


P1210437

オイル交換してから400㎞走行の間に少しオイル補充したとのことですがオイル量はアッパーライン上でしたのでオイル漏れか消費で減少してることになります。


P1210445

ブレーキフルードは色も量もOK

P1210444

ヒータージョイントパイプは社外の樹脂製ですね。。。

ステンレス製に交換お勧めです。






オートマの状態もチェックしたいのでテスト走行します。。

P1210441

助手席にTKK様に乗ってもらって一緒に試運転です。。。

サスペンションは硬く突き上げが強いですね。。。

ショックアブソーバーは抜けてるようです

P1210440

走行するとメタル打音は更に大きくなります。。。

N→Dでややタイムラグはあります。

オートマは4速まで変速しますが2速抜け・・2速を飛ばして3速に入ります。

メタル打音が気になってキックダウンのテストはしませんでしたが3速からのキックダウンで2速飛ばしで空回りすると思います。

P1210438

リバースのストールテストはOK  リバースの滑りはなさそうです。

エンジンとオートマの両方ともオーバーホールが必要です。






ピットに戻りECUと下回りのチェックします。。

P1210446

水温センサーにフォルトです。。。

P1210448

一過性のものか過去の整備で入ったものかわからないので一旦リセットします

P1210450

973回転でアイドリングは高め  右下の『0』はステップ値。。

2次エアー噛みでアイドリング高止まりの症状でしょうか。。。


P1210451

インマニのMAPセンサーは基準値内。。。

MAPセンサーパイプから離れたところからのエアー噛みかも。。。

P1210452

ん? 走行テストから戻ってきたばかりにしては水温が低いですね・・

P1210453

ラジエターに挿した温度計は88℃ですが水温センサー81℃。。。

水温センサーのフォルトは本物。。 センサーボケですね。。

安心オートマでエンジン脱着時にセンサー交換します。


P1210455

吸気温

P1210456

電圧OK

P1210458

O2センサーから情報で燃調補正も基準値内。。。

ECUチェックからわかることは2次エアー噛みと水温センサー不良でした


P1210460

下回りチェック。。。


P1210478

オイルフィルターケースからはまだ漏れてますね。。。

前進中は常に7㎏前後の油圧が掛かってるので漏れ始めるとジャンジャン漏れてしまう厄介な場所です。

P1210462

右前足まわり。。

P1210463

アウターブーツにはヒビが入り始めてます。。


P1210464

ショックアブソーバーは新車時から交換されてそうもないですね

P1210465

隙間から見えるラバコン。。。

24年間支え続けてペッチャンコです。

P1210469

左足まわり

こちらもアウターブーツには細かなヒビが入ってます

ISK_0316

下回り点検も一緒に見てもらってます。。

P1210470

左タイロッドを上下に揺するとゴトゴト音・・・ナイロンベアリングの消耗です。

走行テスト中はエンジン打音が大きくて気が付きませんでした・・・


P1210471

P1210472

左デフサイドシールとインナージョイントからオイル漏れ。。。

その裏から垂れてるオイルはキックダウンレバーからですね。。。

アルミの対策品に交換されてましたがおそらく取付ボルトのシーリング不足かと思います


P1210476

オートマ底面には漏れたオイルが伝ってます。。

P1210477

右側の漏れはコンバーターシールからです。。

オイル漏れは安心オートマですべて解決します


P1210482

リヤのラバコンもペッチャンコ。。

車高調整できないノーマルのストラットコーンのままでした。

P1210485


P1210486

安心オートマとラバコン交換した時の乗り味を試していただきましょう。。。

P1210487

おと~と君のラバコンは交換してからもう5年以上経過してますが

AVONのモールトンラバコンはまだまだ快適乗り心地は健在です


P1210489

乗り心地もオートマもスムーズでした。。。。♪


P1210491

エンジンはどこまで交換が必要かは分解してみないとわかりませんが・・・

コンロッドメタル交換は確実なのでヘッドもピストンも外します。。。

ならば・・・きちっとオーバーサイズで真円にボーリングしてハートピストン入れたいですねぇ

軽量バランスクランクも気になりますよね・・・・


P1210494

オートマでクラス優勝の実績・・・ 

安心オートマはレースで使用しているものと同じです。。。

P1210495

では・・お預かりさせていただきます。

八王子駅までリバースリムジンでお送りします。。

P1210496

約1ヵ月後の納車を目指します。。

しばらくお待ちください。





5月13日追記


油圧とドレンボルトチェック

オートマに掛かってる油圧チェックです。

フィルターケースで油温測定中

暖機して油温を75℃位まで上げてから測定します。

連続高速走行のときはもっと高温になります・・


オートマ油圧計

フィルターケースの油圧をフロントガラスに貼った油圧計で見ます。。

ニュートラルと前進油圧6.5㎏

ニュートラルと前進側の油圧はともに6.5㎏

ギヤを入れて油圧が掛かるまでのタイムラグはあります。

滑ってる2速も同じ油圧が掛かっていることから滑りの原因は摩擦材剥がれの可能性ありです。


リバース油圧11.5㎏

リバースは11.5㎏かかってました。

油温75℃位なので通常走行での油圧は基準値内であることがわかりました。

ドレンボルトチェック1

次にドレンボルトの鉄粉チェック。。

別のドレンボルトとサッと入れ替えます

レンボルトチェック2

鉄粉多いです。。。

ドラムはすでに削られてしまってそうです。。。

再使用は厳しいかも・・・

新品供給は無くなってるので中古良品から使用することになります。





~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~

九州岩崎自動車さんからの作業レポートが届きました




作業台に乗せられこれから分解です。。

IMG_8742

コンバーターカバーはブレーキフルードで侵されています。。

過去のブレーキマスターからのフルード漏れの跡でしょう。。

IMG_8743

ダウンパイプのサポート用ステーにヒビ割れです。。

IMG_8744

サーモスタットは82℃が使われてました。。

水温が低いと適正な燃調を得られませんのでインジェクションMINIは88℃でなくてはいけません。


IMG_8747

ウォーターポンプとブラインドプラグを外し

水路を高圧洗浄で洗います。


IMG_8748

キャメルオートでのドレンボルトチェックでも鉄粉多量とされてました・・

IMG_8753

コンバーターシールは純正品でしたので初めての御開帳だと思われます。。



まったーマン1ss
今後このシールからの漏れはエンジンを降ろしての作業になるためできるだけ高品質のものを使用したいのですが、現在はサプライヤーからは中国製しか供給がありません。。

キャメルオートではオートマMINIオイル漏れ根絶への最終項としてこのコンバーターシールを国内で型から起こして製品化しました。
何より型の精度が違います。そして材質は過剰品質といえる常温200℃耐熱ゴムを使用しています。
価格は中国製1300円に対して、13000円と10倍になりましたがキャメルの安心オートマ品質にはこれがどうしても必要でした。。。



IMG_8759

フィルターヘッドの取付に液体ガスケットが使用されてました。。。

これはイケません・・
左のホールはフィルターからオートマのコントロールバルブにオイルを運ぶホールですのでここに液体ガスケットがはみ出してしまうことは絶対に避けなければなりません・・・



IMG_8761

フロントパネルを開けてブレーキバンドのレバーを見て摩擦材の消耗をチェックです。

3速レバーは垂れさがっていて異常なことがわかります。

IMG_8762

リバースもストロークは多く摩擦材は消耗してるようです

IMG_8763

試運転で滑りと抜けを確認した2速も消耗してます。。

IMG_8780

オイルポンプのクリアランスは安心オートマの基準を超える隙間です。

整備マニュアルは個々のクリアランスは0.15㎜以上とされていますが

通常の油温では油圧を確保できても更に高温になった時には急激に油圧低下を起こしてしまいます。

それに今から少なくとも10年以上健康な油圧を確保するための基準値を設けています



IMG_8783

これは大きな隙間です・・・市販品では対応できませんので調整する場合はワンオフ品を使用します


IMG_8785

バルブ回りのカーボンとオイルからオイル下がりがかなり進行していると思われます

今回ヘッドをオーバーホールしてバルブシールを交換いたします

IMG_8793

エンジンとオートマを分離します

IMG_8794

3速バンドは熱で塗装が剥がれてました・・・


IMG_8797

2速抜けということでしたが、実際には2,3速でスリップを起こしていたようです


IMG_8798

手前のリバースバンドも部分的に摩擦材が剥がれてました。

3速と2速バンドはほとんど摩擦材が剥がれている状態でしたので、以前からオートマのスリップは体感できていたのではないかと思われます。


IMG_8800


IMG_8801

メインシャフトのブッシュは消耗しているので打ち換えが必要です

IMG_8804

フォワードクラッチも限界を超えてました・・

IMG_8806

こちらのブッシュはOK


IMG_8828

エンジンを分解します

IMG_8834


IMG_8835

IMG_8837


IMG_8839

3番のコンロッドメタルは完全に流れてます

クランクシャフトも交換が必要です。

4番も油膜切れ、メインメタルのフロント側は一部ブロンズが顔を出していました。



IMG_8843

今まで頑張ってくれたノーマルピストン・・お疲れさまでした


IMG_8846

バルブリフターも頭が傷だらけなので交換になります

IMG_8872

ボーリングから戻ってきたエンジンブロック・・・

IMG_8874

カムメタルも交換いたします


IMG_8903




IMG_8907


IMG_8919

バルブリフター交換します

IMG_8923


IMG_8924

カムシャフト組み込み後の回転抵抗を測ります

IMG_8925

ほとんど抵抗なくスムーズに回転することがわかります



IMG_8930

今回ピストンはハートピストンに交換ですがコンロッドは再使用なので重量合わせをします

IMG_8931

4セットの比較で最大4gの差がありましたので調整いたします。。

IMG_8938

ちなみにこのスプリングワッシャーが2gです。


IMG_8940

重量合わせされて組み込まれるのを待つハートピストンとコンロッド・・

IMG_8943

ピストンとブロックのクリアランスは5/1000㎜という極狭なので組み込みにはSSTが必要です。


IMG_8944

親子メタルは現在入手できる最高品質のACLを採用しています。

キャメルの安心オートマだけの拘りです。。

IMG_8948


IMG_8961

組付けます。

IMG_8963

クランクシャフトの回転抵抗は

IMG_8968

約3.5Nm  かなり優秀ですね

IMG_8974

完成した安心オートマ

安心オートマ組付けは過去ブログをご覧ください。

● ギヤトレイン編
 
● ハウジング編


IMG_8984


IMG_8995

組付けて行きます

IMG_9008

オーバーホールされたヘッドも組付け準備完了。。


IMG_9011


IMG_9030

油圧の源泉のオイルポンプ取付・・

オイルポンプはエンジン側の部品です。。

これだけ見てもオートマだけを交換する修理方法ではMINIのオートマを完全復活させることができないのがわかります。


IMG_9036

1年ほど前からダブルボールベアリング、アイドラーベアリングは交換させていただいています

IMG_9050

インヒビタースイッチの導通確認





補機を取り付けて実車に載せてエンジン始動しました。

IMG_9069

サーモスタットが開くまでの冷間油圧をチェック

オートマに十分な油圧が確保できていることを確認してから実走行によるテストです。


IMG_9087

テストは約30㎞

エンジンの状態、そしてオートマの作動を確認しながら時間を掛けてテストします。

何千台も安心オートマを作成していてもこの実走行によるテストを行わなければわからないことは多々あります。

もちろんこの時点で何か異常を感じれば再度分解する覚悟で行っています。


今回もテストは合格・・ハートピストンでトルクフル・・

そして安心オートマはスムーズ。。


IMG_9093

戻ってきて温間油圧チェック

前進側 7㎏ OKです


IMG_9098

リバース 約12㎏ 良好です



IMG_9105

ニュートラルでのMAP値は良好


IMG_9109

ギヤを入れてコンバーターに負荷を掛けてのMAP値も良好です。



IMG_9124

プラグの焼けも良好。


IMG_9125

ヘッド分解してるので走行後の増し締めは必須。。

IMG_9126

バルブクリアランスも再調整。。

IMG_9129

オートマの油圧測定を終えフィルターヘッドのボルトを締めて完了。。

今回は従来型のPECSを使用しました

今後漏れないフィルターケースに交換する場合は中のPECS本体は流用できます。


IMG_9131

降ろします

IMG_9133

走行テストだけに使用したオイルを排出して・・

IMG_9134

ドレンボルト確認。。OK

IMG_9135

出荷準備完了。


乾杯1

ハートピストンと安心オートマは最高のマッチングです。

硬すぎないオイルでの定期的な交換と、ギヤを入れるまでの暖機(準備)運転で

末永く快調なオートマをお楽しみください♪


~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~





5月17日、かじかわの追記です。

AZM_4758




KUBO2003
エンジン・トランスミッションを下ろして、



KUBO2004
梱包。



KAJI3172
岩崎自動車さんに向けて発送しました。



5月26日、かじかわの追記です。



KUBO2141
岩崎自動車さんからエンジン・トランスミッションが戻って来ました。
積み込み作業に取り掛かります。



KUBO2143
インレットマニホールドのウォーターパイプは腐食していたので交換します。



KUBO2146
取り付けるのはステンレスパイプです。



KUBO2147
マニホールドを清掃・塗装しました。



KUBO2148
水温センサーも交換します。



KUBO2149
ロッカーカバーの古いガスケットを剥がして、



KUBO2151
ガスケットとブッシュを交換します。



KUBO2152
エンジンマウントとブラケットは強化品に交換します。



KUBO2153
トルクコンバーターケースを防錆塗装。



KUBO2156
ドライブシャフトブーツを、



KUBO2157
交換しました。



KUBO2159
ダウンパイプスタッドボルトも立て直します。



KUBO2160
ラジエターホースと、



KUBO2161
ヒーターホースジョイントを交換します。



KUBO2163
ラジエターストーンガードも巻き直します。



KUBO2165
ステアリングラックナイロンベアリングを交換します。



KUBO2167
タイロッドにはグリスアップしておきます。



KUBO2168
一旦着地。



5月27日、かじかわの追記です。



KUBO2170
ECUガードラバーを巻き換えました。



KUBO2172
KUBO2171
LLC、クーラントブースターと、



KUBO2173
オイルを入れます。



KUBO2186
クーラーガスを充填。



KUBO2174
ラジエター電動ファンの作動を確認しました。



本日は、ここまで。




5月28日追記

P1230013

冷却水のエア抜きもOK 

試運転に出ます。。

P1230015

ハートピストン&安心オートマ 素晴らしいです。。

P1230018

オートマはスーパースムーズ・・

P1230022

エンジンも最高!  




しかし・・ちょっと気になるところは

P1230023

フロントブレーキの片効きで左にステアリング取られます。。

キャリパーのオーバーホールが必要かと思われます。



6月4日



P1230504
安心オートマの作業は完了したので、一度ご来店いただき試乗していただきました。

残りのブレーキ修理完了まで、もう少々お待ちくださいませ。



6月5日、かじかわの追記です。



KUBO2580
キャリパーをオーバーホールします。



KUBO2581
ステンレスピストン入りキットを使用します。



KUBO2582
KUBO2583
オーバーホール完了。



KUBO2584
ブリードニップルは錆びていたので交換。



KUBO2585
ブレーキホースはステンレスメッシュからゴムに戻します。



KUBO2586
KUBO2587
パッドには鳴き止め加工。



KUBO2588
ブレーキフルードを充填して、



KUBO2589
エアー抜き。



KUBO2590
着地。



作業完了しました。
ご来店お待ちしています。



6月11日追記

引き取りでご来店いただきました

P1230505

ブレーキの片効きも直って安心してブレーキ踏めます。。。

絶好調になったエンジンとオートマもこれで楽しめますねー。。。


P1230921

最初は1000㎞でオイル交換にいらしてください。

ありがとうございました。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002