曽根です。


YMN様  ご来店ありがとうございます。

数年前から乗ってるサーフブルーのオートマクーパーですがオートマに気になる症状があるのと、オイル漏れが多くなったんでみてください・・

P1210993

サザンの聖地・・海と江ノ電の近くという素敵な場所でお仕事されてます。。。

潮風は人にはいいのですが・・MINIはちょっと苦手。。

潮から守るため愛情洗車とコーティングでピカピカです。。

P1210995

チャイルドシートを乗せやすいように助手席は取り外してあります。。。

今チャイルドシートのお子さんにこのMINIを譲る日が楽しみですね♪

P1210999

エンジンルームもきれいですね。。

ラジエターとインナーフェンダーの隙間を埋めるストーンガードが切れて無くなってました。

電動ファンの風を効率よく引き込むためには付けておきたいです。

P1220004

今年初めにオイル交換して約2000㎞走行だそうです。。

油量はOKです。。


P1220005

ガソリン臭は少な目でした。。 


P1220006

ブレーキフルードの量はOK



オートマの症状を確認します。。

P1220008

ギヤを入れた時のタイムラグが長め・・

油圧漏れや摩擦材消耗が原因なのでタイムラグはオートマ不調の前兆です。

リバースは時々駆動が掛からないようのことがあるとのこと・・・

リバースでブレーキを踏んで回転を上げて負荷をかけてのストールテストでガガガッと振動を伴うジャダー発生。。。

ブレーキバンドの締付け不良でドラムを止め切れずにスリップしてるようです。

サーボピストンの油圧抜けとブレーキバンドの摩擦材の剥離が考えられます。

P1220010

助手席をはずしてあるのでYMN様にはリヤシートに乗ってもらって試運転します。

P1220012

3速⇒4速でギヤ抜けによる回転吹き上がりがあります。。

特に高速走行後などの油温上昇してる時に抜ける時間が長いとのこと。。。

高温での粘度低下によって油圧漏れがギヤ抜けに拍車をかけてるようです。

トップ&リバースクラッチの中の4本のOリングの硬化が原因と思われます。

ゴムシールの硬化の原因は使用オイルによることもありますが、チョイ乗りが多く油温があまり上がらない乗り方をした場合も起こります。


P1220013

オイル漏れ点検します。。


P1220021

ドレンボルト側のオイル漏れはコンバーターシールからです。

最初は走行後に漏れますが、進行すると走行中に大量に漏れてマフラーの方まで伝っていくようになります。


P1220014

ミッションケース底面に雫になってるオイル・・

これは駐車場にシミができるくらいですね・・

P1220029

左右のデフサイドシールと左ドライブシャフトの裏にあるキックダウンSWからです・・・

オイル漏れは安心オートマに組みなおすことで全て解決いたします。

今回は漏れてませんでしたが、オートマMINIのオイル漏れ原因ナンバーワンのフィルターケースはキャメルの漏れないフィルターケースをお勧めします。


P1220017

右足まわり・・ ガタや破れはありませんでしたが、

P1220019

ドライブシャフトブーツのヒビは深いので交換お勧めです。

P1220018

コイルサスに交換されてました・・・・が、その下のナックルジョイントの樹脂カップが飛び出してしまってますので早めの交換が必要です。 
本来はサス交換の時に併せて交換しておきたいパーツです。

コイルサスに交換したばかりとのことですので言いにくいですがキャメルではMINI本来のラバコンをお勧めしてます。。。


P1220022

左足回り・・こちらのドライブシャフトブーツは交換済みですね。

P1220023

左ナックルジョイントの樹脂カップも飛び出してしまってました・・


P1220025

左側のタイロッドに大きなガタがありました。。 左タイヤだけが左右に振れるので走行不安定になり危険です・・。

ナイロンベアリングと併せて交換が必要です

ISK_1271

一緒に見ていただいてます

P1220030

リヤもコイルサスに交換されてました。。

P1220033

ここでYMN様・・時間切れでお帰りです。。

後ほどメールで見積りと状況報告させていただきますね。。





引き続き点検・・

P1220041

水温が下がったところで冷却水点検。。

量はOKですが、少々臭いが出てました。。

P1220044

ECUに故障コードは入ってませんでした。。。


P1220045

マルチ画面。。。 

●アイドリング1045回転は高すぎます・・本来は850回転前後です。

● 右下のステップ値『0』ではこれ以上回転を下げることができません・・・

この状態でまず疑われるのは2次エアーの混入です。。あとでチェックします。


P1220046

ECUにエンジンの負荷状況を伝えるインテイクマニホールドの負圧。。

正常な数値です。

P1220047

水温85℃表示です。。 

だいたい合ってそうですが正確には水路洗浄時のスリーチェックをお勧め。。


P1220048

吸気温

P1220049

電圧OK


P1220050

排気ガスの酸素濃度を測るO2センサーは稼働しています。。

P1220051

O2センサーからの情報を元にECUが燃調補正してます。

基準値内です。。




2次エアー混入の場所を探します。。。

P1220052

パーツクリーナーをエアクリーナー下の後ろ側に吹きかけたところでエンジン回転が下がり

スロットルボディから2次エアー混入しているのがわかります。

その場所だと赤いバキュームホースからだと思われます。





5月13日追記

オートマに掛かる油圧測定をします。

暖機して油温を77℃位まで上げました・・

フィルタ~ケースで油温測定77℃くらい

高速走行では100℃オーバーになることがありオイル粘度は更に下がります。





フィルターヘッドから取り出した油圧を測ります。

前進油圧6.5㎏

ニュートラルと前進側は約6.5㎏

ギヤが入る時のタイムラグはあります

通常油温の状態ですが油圧は基準値内です


リバース油圧10.5㎏

リバースもタイムラグを伴いながら入りつながった時は10.5㎏前後・・

安心オートマと比較するとやや低めですがバックは可能な油圧です




しかし・・・

リバースが繋がらない状態の油圧

リバースに入れても油圧が6㎏あたりで停滞してる状態が続くいことがありました。

ギヤを入れても繋がらない・・・という症状はこの時ですね。

リバースで負荷をかけた時にドラムを止め切れずにジャダーが出るのはブレーキバンドの締付け不良ですが油圧が原因なのか・・ブレーキバンドの摩擦材剥がれが原因なのか・・・






5月19日、かじかわの追記です。



KUBO2018
エンジン・トランスミッションを下ろして、



KAJI3174
岩崎自動車さんに向けて発送しました。



~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~

九州の岩崎自動車さんからの作業レポートが届きました

IMG_9623

今から分解します

IMG_9636

オイル漏れに悩まされていたのですね・・・・

IMG_9637

コーキングの跡からうかがえます・・

IMG_9638

しかし・・下から手の届く範囲の漏れではありませんでした。

IMG_9645

漏れが多かったコンバーターシールは純正品。

ここからのオイル漏れはエンジン脱着が必要になるので今後もできだけ漏れてほしくない部分です。

現在供給されるシールは中国製のみでしたので、高品質のものが欲しくて国内メーカーで型から起こしてキャメルオリジナルのコンバーターシールを作成しました。

過剰品質ともいえる、耐熱200℃の材料を使用しました。

その分値段は高くなってしまいましたが高品質のオートマの為には投資すべき・・と考えました。


IMG_9653

フロントパネルを開けてブレーキバンドを締め付けるサーボピストンのレバーをチェック。。。

リバースは少し消耗しているようです。

IMG_9654

3速は正常摩耗。

IMG_9655

2速も正常摩耗の範囲ですね。


IMG_9656

オイルポンプのクリアランスは安心オートマ基準(0.10㎜)だとギリギリアウト。。。

現在はこのままでも使用可能かと思われますがこれから10年先まで使用することを考えリメイク品と交換いたします。

オートマのオイルポンプは新品供給が無いので安心オートマ専用パーツとしてリメイク品を使います。

(部品単体での販売はしていません。。)


IMG_9663

プライマリースラストは大きく広がっています。

市販品のスペーサーでは足りないのでワンオフ品で対応します

IMG_9668

バルブから圧縮漏れ・・

IMG_9669

バルブをコツンと軽く叩いて復活しました

IMG_9670

これならエンジンが掛かれば正常値になりますね。。。

IMG_9680

エンジンとオートマを分離します


IMG_9682

ガバナーの変速範囲が大きく開いています・・

IMG_9683


IMG_9629

キックダウンの調整ロッドがかなり長く調整されていました。

これだと4速走行中にアクセルを少し入れると3速にキックダウンしていたと思われます

IMG_9684

ギヤドラムは再使用できます。

IMG_9685

リバース、3速、2速のブレーキバンドの摩擦材は剥がれていませんでしたが・・


IMG_9686

メインシャフトのブッシュは、

IMG_9687

消耗しています。  バランスの良い回転の為には芯がズレてはいけません。

IMG_9689

さらに分解します

IMG_9690

フォワードクラッチは完全にスリッドが無くなって限界を超えていました。

IMG_9691

T&Rクラッチも同様。。 全く溝が無くなってしまってました。


IMG_9692

ドラムの軸受けブッシュの消耗を測定。。


IMG_9693

交換ですね。。

IMG_9695

IMG_9696

IMG_9698

IMG_9699

IMG_9700


IMG_9701

他の軸受けブッシュもすべて交換が必要でした。

安心オートマはこうして細かなクリアランスを無くしていくことでタイムラグを詰めていきます


IMG_9702

クランクを分解します


IMG_9707

2番のコンロッドメタルは油膜切れを起こしていました。

IMG_9708


IMG_9715


IMG_9719

クランクは再使用できます。


IMG_9724

メインメタル、コンロッドメタルは現在入手できる最良品のACLをチョイス。

高品質な安心オートマは見えないところにも拘ります

IMG_9727


IMG_9731

組付けて行きます


IMG_9749

完成した安心オートマをドッキング

安心オートマ組付けは過去ブログをご覧ください。

● ギヤトレイン編
 
● ハウジング編


IMG_9755

チェーンテンショナー交換


IMG_9762


IMG_9766

クリアランスをチェックしながら慎重に組付けて行きます。

IMG_9775

ダブルボールベアリング、アイドラーベアリングも交換します

IMG_9785

コンバーターは流用いたします。

IMG_9791

パーキングとニュートラルスイッチ。。

インヒビターの導通確認OK



IMG_9793

漏れないフィルターケースwith PECS 取り付けます。

オイル漏れの原因ナンバーワンのフィルターケースからオイル漏れから完全に開放されます。

そして磁力型フィルター(5コアPECS)でオートマからでる鉄粉を100%吸着

鉄粉が混じらないきれいなオイルの違いを体感してください。


IMG_9794

キックダウンからのオイル漏れもオートマMINIの定番と言われてましたが、

アルミ製の対策品とボルトシーリングで解決しました

IMG_9798

キックダウンのロッドは正常な長さに調整してました。


IMG_9800

補機を取付け実車に載せてテストする前にセルモーターでオイルを汲み上げておきます


IMG_9952

テスト車両に積み込み・・

IMG_9970

実走行によるテストを行います。

ご自身のエンジンと安心オートマの組み合わせでこうして事前に作動確認をするのは安心オートマだけです。



戻って、温間時のオートマ油圧を測定します。

IMG_9973

前進7kg以上  良好です


IMG_9975

リバース 12㎏ 良好ですね。。

IMG_9978

ニュートラルでのMAP値32kpa 正常値です

IMG_9985

Dレンジにいれてコンバーターに負荷をかけた時のMAPも基準値内で良好でした。


IMG_0265

テスト完了。。。 エンジンを降ろします。

IMG_0266

プラグの焼けも良好。。

IMG_0267

ドレンボルトに付く鉄粉も異常なし。

IMG_0268

木箱にいれて出荷いたします。


握手1

今回も良い安心オートマができました。。

ギヤを入れる前の暖機運転と定期的なオイルメンテナンスで末永く快調なオートマを維持されてください。


~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~




6月2日、かじかわの追記です。



岩崎自動車さんから、エンジン・トランスミッションが戻って来ました。
積み込み作業を開始します。



KUBO2417
エンジンマウントとブラケットは、



KUBO2416
強化品に交換します。



KUBO2413
ダウンパイプスタッドボルトは曲がっていたので立て直しますが、



KUBO2414
外す際に折れてしまいました。



KUBO2415
なんとか外して、ネジ山を修正。



KUBO2419
新しいスタッドボルトを立てました。



KUBO2420
ドライブシャフトをオーバーホール。



KUBO2421
分解・洗浄。



KUBO2422
ポットジョイントのメクラ蓋にはシーリングしてオイル漏れ対策を施します。



KUBO2428
アウター側もオーバーホール完了。



KUBO2426
トルクコンバーターケースを防錆塗装。



KUBO2418
テンショナープーリーはベアリングから音が出ていたので交換。



KUBO2431
ベルトや、



KUBO2430
ファンブレードも交換します。



KUBO2429
ホースはシリコン製を使用。



KUBO2432
コア増しラジエターにストーンガードを巻いてから取り付けます。



KUBO2435
水温センサーも交換します。



6月3日、かじかわの追記です。



KUBO2436
スロットルケーブルは交換します。



KUBO2437
ECUガードラバーを巻き換え。



KUBO2442
ステアリングラックタイロッドにガタがあったので左右交換します。



KUBO2443
ナイロンベアリングも交換。



KUBO2447
ヒーターホースジョイントはステンレス製に交換。



KUBO2449
KUBO2448
LLC、クーラントブースターと、



KUBO2450
オイルを入れます。



KUBO2451
バッテリーターミナルは緑青が酷いので、



KUBO2453
清掃。



KUBO2454
車両ハーネス側の端子は交換しました。



KUBO2470
クーラーガスを充填。



KUBO2456
ラジエター電動ファンの作動を確認。



KUBO2472
タイロッドを交換したので、トー調整。



6月5日追記



P1230585

完成したので試運転に行ってきます

P1230586

エンジンもオートマもスーパースムーズ。。。♪

ホイールバランスも取れてるので80㎞/hくらいの巡航が気持ちいですねー。。


P1230601

バッチリOK♪

お待ちしてます



6月7日追記


引き取りでご来店いただきました

P1230662

江ノ電と海が見える鎌倉でアスレチックジム経営のYMN様。。

お客様にも人気のMINIだそうです。。

快調になったMINIで最高の景色の地元に帰ります。。

P1230663

では、『ギヤを入れるまでの暖機運転』よろしくお願いします♪

1回目のオイル交換は1000㎞でいらしてください。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002