もう暦の上では夏♪どこに遊び行こうかな?石川ですヾ(*´∀`*)ノ


前回2月にオイル交換したHYK様。


ISK_1571


「車検なのだー」


ISK_1570


「点検よろしくー」


ISK_1577
ISK_1578
ISK_1579


まずは警告灯。
SRSもシートベルトもばっちり作動しています。


ISK_1580
ISK_1581


ホーン・ワイパー・ウォッシャー作動も良好。
ただワイパーはだいぶくたびれていますね・・・


ISK_1583


走行チェック。


ISK_1584


むむむ。
アクセルが異常に固いですね・・
重いというより固いです。


ISK_1587


乗り心地は跳ねてイマイチですが近い将来ラバコン祭りの予定です^^
そして運転席まで聞こえる排気漏れの音。

これは何とかしないと継続検査無理ですね(;´・ω・)


ISK_1590


検査ラインの登竜門。
最低地上高はいかに?!


ISK_1591
ISK_1592


これはダメですね。
排気漏れもあるのでパーツ交換後再度チェックします。


ISK_1594
ISK_1595


ワイパーはアーム・ブレード・ブッシュ交換します。


ISK_1596
ISK_1598


灯火チェックokです。


ISK_1601
ISK_1602


排気系は気分一新。ダウンパイプから交換するようですね。


ISK_1609


ブレーキも要整備です。
汚れの少ない例のアレで交換しましょう(´ω`*)b


ISK_1611


フィルターケースからの滲みはありませんでした。


ISK_1615


今回リザーブタンクは交換予定です。


ISK_1616


アイドリングでのエンジン振れは相変わらずです。


ISK_1617


ブレーキサーボのエア噛みも変わらず。


ISK_1618


ミニモニチェックはノゥフォルト。


ISK_1619


マルチ画面も問題ありません。


ISK_1620


map値も基準値です。


ISK_1621
ISK_1622


水温・吸気温度も表示されています。


ISK_1623


バッテリー電圧も良いですね。


ISK_1624


o2センサーも元気に稼働中。


ISK_1625


燃調補正も順調にこなしています。


ISK_1626


オイル量ok
「オイル交換から150㎞位しか走ってないからね・・・」


ISK_1627


ブレーキフルードは少し減っている?


ISK_1628


サーボ内にはフルード溜りはありませんでした。


ISK_1629


エアクリーナーはまだ綺麗でした。


ISK_1630


やっぱり固いアクセル。。。
ワイヤー交換して付近は注油してみます(`・ω・´)ゞ


ISK_1631


ベルトにクラック等ありませんでした。


ISK_1632


点火系も綺麗ですね^^


ISK_1633


お仕事中失礼して車検メニューのお話。


ISK_1635


「よし!今回はこれで行こう!」


ISK_1637


では、お預かりします。
作業完了までしばらくお待ちください。


ISK_1641


作業続行。
まずは排気系から。

ボルト折らないように慎重に・・・


ISK_1642


いきなり折れましたorz
先行き不安。


ISK_1645


排気漏れ箇所は分かりやすく穴ぼこ有り。


ISK_1647


ダウンパイプも摘出。


ISK_1651
ISK_1652
ISK_1653


新旧交代の儀3連荘。

ヴァルタン ステンレス ダウンパイプ
JMSA 触媒
ヴァルタン 純正タイプステンレスマフラー

良い組み合わせです♪


ISK_1660


マフラー吊りゴムだけはセットに入っていないのでパーツ追加になりました。


ISK_1674


取付完了。エンジンスタート。


ISK_1667
ISK_1673


排気漏れチェックokです♪
綺麗な排気系は気持ち良いですね~(´ω`*)


ムナカタの追記です。



MNK_4421
MNK_4422

今回は、リザーブタンクを交換していきます。



MNK_4428
MNK_4426

古いリザーブタンクを外して新品に交換していきます。
新旧入れ替え。



MNK_4429
MNK_4431

新品を取り付けて、作業完了。

5/15アズマ追記です

AZM_4088

本日は水路洗浄を行っていきます。

AZM_4092

ヒーターコアからのクーラント漏れはありませんでした。

AZM_4105

水路の洗浄剤ラジエターフラッシュを投入。

AZM_4106

ヒーターバルブを開けてヒーターコア内もお掃除します。

AZM_4107
AZM_4108

暖気していますが、水温センサーとラジエターに挿した水温計がほぼ同時に上がっていきます。サーモスタットがわずかに開いてしまっているようです。

AZM_4112

しばらくするとサーモスタットが完全に開き勢いよくクーラントが流れ込んできました。

AZM_4113

センサーと水温計の差はほぼ有りませんでした。

AZM_4115
AZM_4116

電動ファンは95℃で動作開始。

AZM_4117
AZM_4118

停止は91℃でした。

AZM_4119

古いクーラントを抜いていきます。
抜いたクーラントは綺麗でした。今後もこの状態を維持できるように定期的に水路洗浄を行っていきましょう。

AZM_4122
AZM_4123

最後にLLCとクーラントブースターを投入して水路洗浄完了です。

5/16アズマ追記です

AZM_4189

ブレーキキャリパーのオーバーホールを行っていきます。

AZM_4190
AZM_4192

ブレーキキャリパーを取り外し。

AZM_4193

今回ローターも交換するため取り外していきます。

AZM_4194

左右のキャリパーが外れました。

AZM_4195

中からブレーキパットを抜き取ります。

AZM_4197

パットは残り少なくなっていました。こちらも今回交換します。

AZM_4198

キャリパーからピストンを取り外しました。

AZM_4199

できればピストンは再利用したかったですが、サビの影響で凹凸ができていました。再利用は難しそうなので新しいピストンに交換します。

AZM_4200

キャリパーを洗浄します。

AZM_4202

キレイになったキャリパーに新しいピストンとシールセットを組み込んでいきます。

AZM_4203

キャリパーにピストンを装着しました。

AZM_4204
AZM_4205

ブレーキローターは新しくして装着しました。

AZM_4210

ブレーキキャリパーも装着。

AZM_4206

ブレーキパットは今回ディクセルMパットを選択。
ブレーキダストが少なく効きの良いパットです。

AZM_4207
AZM_4209

ブレーキパットを組み込む前に鳴き止めのため面取りを行いました。

AZM_4211
AZM_4212

パットに鳴き止めグリスを塗ってキャリパーに組み込み。キャリパーオーバーホール完了です。

AZM_4213

リアブレーキはカップ交換を行っていきます。

AZM_4215

ブレーキオイルの漏れチェック。漏れはありませんでした。

AZM_4217
AZM_4218

カップキットを新しいものに交換しました。


引き続き車検整備を行っていきます。

5/17アズマ追記です。

AZM_4223
AZM_4227

動きの渋いスロットルワイヤーを交換するため取り外し。

AZM_4230

ワイヤーを確認すると、錆びていました。

AZM_4231
AZM_4233

新しいワイヤーに交換、装着しました。

AZM_4241

足回りにクリスアップを施工しました。

AZM_4247

バッテリーチェック。バッテリーの調子は良さそうです。

AZM_4251

エキゾースト系を交換したので最低地上高チェック。

AZM_4252

これくらいの高さなら車検は問題なさそうです。

AZM_4248
AZM_4249

灯火は前後ともOKでした。

車検の準備完了しました。

AZM_4253

車検場に到着しました。継続検査を受けます。

AZM_4256

結果は無事合格。新しい車検シールを取り付けました。

AZM_4254
AZM_4260

車検から戻る際に気が付きましたが、ステアリングのセンターが安定しません、どうやらステアリングラックの固定ボルトが緩んでしまっているようです。

AZM_4262

ステアリングラックの固定ボルトを増し締めしておきました。

AZM_4266

バッチリ、ハンドルがセンターになりました。


続く。




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002