曽根です。


YMD様、長野県から知り合いの車屋さんのレッカーでご来店です。。


SQOR0799

3か月前に愛知県から購入された99年式クーパーヘリテイジ4速・・

ご自身でお持ちのミニモニでECUチェックしながらエンジン不調の原因究明されてましたがあまり改善せずお持込みいただきました。

SQOR0802

暑い中ご来店ありがとうございます。

SQOR0804

ピカピカ! 綺麗です・・・

エンジンは掛かりますが仰るように黒煙とアイドル不調ですね・・

ISK_2199

3か月前に購入されてから今までやった数々のメンテナンスをお聞きしました。

黒煙で燃調不良だとMAPセンサー絡みにトラブルが多いので、バキュームホースはすでに交換済みとのこと・・

ひと筋縄ではいかなそうな感じがします。。。




エンジン不調が明らかなのでテスト走行はやらずにECUチェックします

SQOR0813

ここで何かフォルトでも入っててくれるとわかりやすいのですが・・ノーフォルトでした。


SQOR0815

マルチ画面 

左上から クランク角センサー(アイドル回転)  『I』はアイドル認識してます。 『O』はオープンループ 燃調補正できてません。。

左下から スロポジ電圧0.78Vは高いですね。エンジン不調で回転が落ちるところをスロットル開けて回転を上げようとしてるのでしょう。   ステップ値『90』も高いですが、スロポジ電圧と同じ理由かと思われます。


SQOR0816

エンジンの負荷をECUに伝えるインマニの負圧・・

無負荷のアイドリングですと37kpaくらいまでが基準値ですので明らかに高すぎ・(大気圧に近い方)

通常はやはり、まず2次エアーを疑うところです。

SQOR0817

77℃。まだ十分に暖機が終わってないですね・・・

SQOR0818

毎日の暑さで・・吸気温は高いです。。

SQOR0820

O2センサー稼働してますが、排気ガス濃すぎて『!』マークです。



SQOR0821

バキュームホースの間にあるヒューエルトラップを外して直接ビニールテープで繋いでみます。。

SQOR0824

あまり変わりません。。 ビニールテープでの接続だとエア噛みしてる可能性もあります・・

この辺りは後ほど時間をかけて精査していきます。。。







SQOR0847

クラッチフルードは量も色もOK


SQOR0848

ブレーキマスターは交換されてます。フルードも交換されていて量も色もOK




SQOR0826

リフトアップするので下回りを一緒に点検してください。。。

SQOR0827

フロントのラバコンは交換されたそうですが、リヤは未交換でした。


SQOR0828

うーん、ペチャンコだなぁ。。


SQOR0830

中古のセンターマフラーに交換されたそうです。

下から見たフロア・・綺麗ですね。。よいボディです





フロント周り・・

SQOR0832

右足回り・・ ラバコンとショックアブソーバーが交換されてます。

SQOR0833

ガタや破れも無く良好。。。

SQOR0843

しかし、右のドライブシャフトインナーブーツの一部が切れてグリスが飛び出してました・・

インナーブーツは交換ですね。



SQOR0834

左足回り・・ ハブやボールジョイントにガタは無く良好


SQOR0835

アウターブーツのヒビは深め。。 

次の車検まで持たないかもしれないのでブーツ交換することになりました

SQOR0836

左のタイロッドを上下に揺するとコトコトと音と振動がありました。。

ナイロンベアリングの消耗です。。放置するとアクセルオンオフで左タイヤが左右に振られます。

交換しましょう。

SQOR0845

これから長く乗っていきたいMINIなのでしっかり直してあげたい・・

SQOR0849

では、置いていくので修理お願いします。

はい、承知いたしました。

SQOR0850

これから帰路も2時間半の長丁場・・

お気をつけて・・・・



ムナカタの追記です。



MNK_9374
MNK_9375

まずは、バキュームホースをテープで止めているところを外して
一本でECUまで直結にしてみます。



MNK_9372

変化が見られません。。。



MNK_9376
MNK_9377

続いて、点火系を見てみることに。
プラグは、燃調が濃いのがわかります。



MNK_9380
MNK_9381

少し磨いて綺麗にしました。
また、プラグを少し焼くために走行もしました。
プラグインデクシングもしておきました。
しかし、あまり変化がありません。



MNK_9383

続いて、O2センサーを外してみることに。
こちらも、変化なしです。
元に戻しておきました。



MNK_9384

続いて、バキュームホースの赤いほうのインマニ側に蓋をしてみました。
こちらも、変化なしです。



MNK_9385
MNK_9387

コイルをテスト用につなげてみました。
プラグコードもウルトラに変更しました。
すると、少しアイドルが安定しやすくなりました。
コイルは、今回交換します。プラグコードも交換します。



7月2日追記

曽根です。

1気筒爆発が弱いのが原因でインマニの負圧が下がり、MAP値が上がった影響でECUが燃調を濃くしている・・・という症状です。




点火不良ならコイルとコード交換で改善しそうなのでそのままある程度の回転で走行すればカブリがとれるかな・・・

SQOR0898

SQOR0901

しかし、アイドリングから中高回転まで回しても3気筒だけで回転しているような感じは変わらず。。

点火不良だけではなさそう。。

MNK_9392

念のため圧縮を測ってみます。

MNK_9396

1番 10.7㎏


MNK_9397

えぇ~ 2番 2.5㎏しかありません・・・ 

何回やっても変わらず。。2.5㎏。。  

ガスケット切れで隣のシリンダーと繋がってしまったのなら3番も同じはず・・・

MNK_9398

しかし、 3番は11㎏以上あります。


MNK_9399

4番は11.5㎏


2番だけに何か起こってます。。

MNK_9400

バルブクリアランスは基準値内・・・

バルブの突き上げではありません。



KUBO3172

何が起こっているのか・・・とにかくヘッドを開けてみます。

KUBO3173

インマニのヒーターパイプに繋がるバイパスホースにピンホール発見。。

裏側に冷却水漏れが見えます。。

KUBO3174

バイパスホースにピンホール。。 ピンボケすみません。



SQOR1005

ヘッド外れました。 


SQOR1006

KUBO3175

ガスケット切れはなさそう。。

ピストンはカーボンがビッシリこびりついて真っ黒でしたが棚落ちなどのピストン損傷は見られません。

SQOR1007

全てのシリンダー壁には薄い錆があります。。

しばらく動かしてなかったと思われますが、

圧縮がない原因はピストン側ではないように見えますが・・・・


KUBO3176

2番のバルブは目視では欠けてる部分はなさそう。。。

SQOR1003

この状態ではバルブは密着しています・・

1番の密着の方が悪いくらいです。。。

SQOR1008

水路には錆が溜まってるようです。

SQOR1009

大量のカーボンが原因でバルブ噛みこみが起こったか・・・

バルブの動きが良くないのか・・明日以降バルブを分解して点検していきます。



7月3日追記


ヘッド分解の前にブロック側を見ます。

KUBO3177

こびり付いたカーボンを取ってワイヤブラシで磨きます。。


KUBO3178

綺麗になりました。。


ピストンリングの状況は見えません。。



ピストンリングの密着具合を灯油を注いてその減り方で比べてみます。

ピストンリングの破損チェックビデオ

全気筒に同じくらいの灯油を注ぎましたが

減り方はほぼ同じ。 圧縮の少ない2番も他の気筒と同じという結果。




2番の圧縮抜けの原因はピストン側には見られません。



ヘッドを分解していきます。

SQOR1051

すべてのバルブを外しました。

2番の吸排気バルブも他と同じ。  目視では変形はありません。

SQOR1054

バルブスプリングも2番だけが違う‥と言うことはありませんね。



SQOR1046

2番の吸排気バルブのチェック。。

スコスコと上下に動きバルブガイドとバルブステムに引っ掛かりもなくスムーズです。


SQOR1049


バルブシートにもバルブ側にも目視では異常がありません。。

KUBO3182

すべてのバルブの擦り合わせをします。

バルブシート側の剥がれも無し。。

まだ異常は発見できません。

KUBO3183

せっかく分解したのでバルブステムシールは交換しておきますね。

KUBO3184

サイズの近い国産車用を流用しています。


KUBO3186

ストレートエッヂでヘッドが歪んでいないのを確認。。。



KUBO3187

ロッカーも分解して各部の消耗と動きをチェック・・

KUBO3188

ロッカーシャフトにも異常はありません。。

KUBO3189

異常の場所を特定できないまま組付けて行きます。

分解してから組付けるだけで直ってしまうこともあるので・・これで直ることに期待します。

KUBO3190

バルブクリアランス調整します。

特に2番は念入りに行いました。。

SQOR1074

ここで圧縮測定してみます。

直っていそうな予感・・・


しかし・・ 予想は裏切られ、

SQOR1075

2番だけが 圧縮2㎏しかありません・・

どうして?   

どこかに原因があるはずですが発見できません





7/16アズマ追記です


AZM_7198

続きの作業は、ワークスATなどのエンジンチューニングをいつもお願いしているストックビンテージさんに作業してもらうことになりました。

エンジンを下ろして原因を追求していきます。



7月22日追記

エンジン降りました

294281070_1419626191848221_1575306495468325015_n

分解開始します



8/7日ムナカタの追記です。



本日、ストックビンテージさんより車が戻ってきました。



MNK_2227
MNK_2228
MNK_2229
MNK_2230

ストックビンテージさんから戻ってきたので灯火のチェックから
していきます。灯火チェックOKです。



MNK_2226
MNK_2225
MNK_2224

オイル量、ブレーキフルード量、冷却水量すべてOKです。



MNK_2231

続いて、ミニモニチェックはNOフォルト。



MNK_2232

マルチ画面は、概ね良好。



MNK_2233

マップ値もOKです。



MNK_2234
MNK_2235

水温・吸入空気温度も表示されています。



MNK_2236

バッテリー電圧OKです。



MNK_2237

O2センサーもOKです。



MNK_2240

燃調補正も行っています。



MNK_2245

クーラーは、アイドリング時で12.5℃です。
冷えてはいますが、10度切りたいところ。



MNK_2253

続いて、走行チェック。
問題なく、元気です!



MNK_2258

走行時は、10.6度までクーラー冷えてます。
これなら、いい感じです!



MNK_2265

最後に、タイヤの空気圧は220kpにしておきました。



これにて、全ての作業が完了しました。
ご来店お待ちしております。



8/8日ムナカタの追記です。



MNK_2310

本日、YMD様にご来店いただき納車となりました。
ご利用ありがとうございました。
またの、ご来店をお待ちしております。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002