もう、暑すぎて夜しか眠れない!?ムナカタです。



前回、オーバーヒートでレッカー入庫だったIWI様。
今回、再度オーバーヒートしてしまったとのことでレッカー入庫しました。



MNK_2093
MNK_2094

まずは、オイル量OK。
ガソリン臭は、やや強めです。



MNK_2026

次に、水の確認をしていきます。
納車後、2週間経過後に確認したときは冷却水は満たされていたようです。



MNK_2030

冷却水は、全く見えません。
ラジエーターコアには、錆が詰まっています。



MNK_2037

約1.5リットルの水が入りました。



MNK_2046

エンジンをかけようとした瞬間。
ベルトがない!?ことに気が付きました。
ベルトは一体どこへ?



MNK_2048
MNK_2049

ベルトは、オーバーヒートの熱によって溶けてちぎれてしまっていました。
ファンやウォーターポンプなどに絡みついていました。



MNK_2053

すべて回収して、



MNK_2055

プーリーにもこびりついていたので、先のとがったものですべてはがしました。



MNK_2060

新旧交代。



MNK_2066
MNK_2067

新しいベルトを張って、お薬しておきました。
気を取り直して、冷却水のチェックをしていきます。



MNK_2069

水温センサーは、4度ほど誤差があるようです。
サーモの閉じは、悪いです。



MNK_2070
MNK_2072

水温が上がると逆に4度ほど低く表示されます。
サーモは、89度で全開になりました。



MNK_2077
MNK_2079

電動ファンは、約95度で作動しました。



MNK_2082

続いて、ミニモニチェックはNOフォルトです。



MNK_2083

マルチ画面は、ステップ値が少し高いですが許容範囲内です。



MNK_2084

マップ値は、基準上限です。



MNK_2085
MNK_2086

水温・吸入空気温度も表示されています。



MNK_2088

バッテリー電圧は、少し低いですがOKです。



MNK_2090

O2センサーも稼働中。



MNK_2091

燃調補正も行っています。



MNK_2133

続いて、今回オーバーヒートしてしまった原因を探る為に水温を
上げていきます。



MNK_2142
MNK_2139

すると、ラジエーターキャップの口と根元の部分から冷却水が
漏れ出てきました。
今回、キャップの脱着により再び密着が保てなくなり口の部分から漏れて
しまったのと根元の部分から新たに漏れが見つかりました。
冷却水確認後、3日間の間に冷却水がどんどん減って8月2日の気温35℃の中で
オーバーヒートしてしまい前回のオーバーヒートよりも高温になってベルトが
切れてしまったのだと思われます。



MNK_2098

続いて、試乗チェックをしようと走行してみるとオートマに違和感を
感じます。
ギヤが滑っています。
変速の際に、滑ってしまい回転だけがぐんぐん上がっていきスピードは
加速しません。
回転が上がるということは、熱を多く生み出すということなので水温が
上がってしまう原因にもなります。これも、オーバーヒートの要因として
考えられます。
また、オーバーヒートに伴う油温上昇が、今まで軽い症状だったオートマの
滑りを重症化させてしまったのだと思われます。



詳しいオートマの点検は、後日マスターにお願いします。



MNK_2099

また、アクセルペダルがかなり渋くなっているので交換お勧めです。



本日は、ここまで。



続く。
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002