こんばんはスタッフアズマです。

先月車検が完了したばかりのYMS様。

ISK_7043

エンジンがかからなくなってしまったとのことでレッカーで入庫しました。

AZM_7888
ISK_7082

おや?右のテールレンズあたりが凹んでしまっています。
どうやらレッカー作業中にぶつけられてしまったのだそうです。


AZM_7890

エンジンが掛からない原因を調べていきます。

AZM_7900

どうやら燃料ポンプが動作せずエンジンが掛からないようなので、燃料ポンプのヒューズをチェック。
イグニッションONにしましたが電気が来ません、、、

AZM_7901

燃料ポンプヒューズより上流にいるスローブローヒューズをチェック。こちらには電気が来ているようです。
つまり、スローブローヒューズと燃料ポンプヒューズの間の配線で電気が途絶えているようです。
この間にいる主な電装品は、イグニッションキーとメインリレーです。。。

AZM_7902

ということで、まずはメインリレーをテスト用のものに変えてみて動作チェック。

AZM_7903

すると、燃料ポンプが回り始めエンジンが掛かりました。

AZM_7904
AZM_7905

どうやら今回のエンジンがかからなかった原因はメインリレーだったようです。
新しいものに交換します。

AZM_7907

ミニモニチェックしていきます。エラーコードを示すフォルトはありませんでした。

AZM_7908

マルチ画面の数値は計測されています。

AZM_7909

MAPは基準値より高め、二次エアーを吸っていたりバルブクリアランスが狭い場合や、エンジンに負荷がかかっている時に高くなりやすいです。

AZM_7910
AZM_7911

水温、吸気温センサーは計測されていました。

AZM_7912

バッテリー電圧は良好です。

AZM_7913

O2センサーはぴょこぴょこと元気に計測中。

AZM_7914

燃調二次補正も行われていました

AZM_7923
AZM_7924

先程ミニモニチェックした際MAP値が高かったので二次エアーを疑いメクラをしてあるバキュームホースをキャップに交換しました。

AZM_7926

交換後MAP値は基準値内になりました。


ISK_7090

フロアにペダルが落ちていました。

ISK_7089

裏の固定用の爪が割れたようで、固定が甘くなっているようです。


AZM_7918
AZM_7919

ぶつかってしまった右後ろの足回りを目視確認。目で見える歪みはありません。

AZM_7921

走行してチェックしましたが、ぶつかった影響はありませんでした。
足回りに被害は無いようです。


ISK_7085

リアの板金作業のためこのままお預かりし修理を行っていきます。作業完了までお待ち下さい。

8/6アズマ追記です。

ISK_7236

YMS様ご来店。ぶつかってしまった箇所の確認に来ました。

AZM_8001

あらら、こんなに凹んでいるとは、、、
せっかくきれいに乗っていたのにショックが隠しきれません。。。


ISK_7243

板金マン登場!凹みをチェックしてもらいます。

ISK_7244

そのまま板金工場に出発しました。バッチリきれいに直してもらいます。


続く。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002