スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数7,500超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

安心点検付きオイル交換

OKM様 オイル交換と謎のオイル漏れ退治ですヽ( ´ー`)ノ

( ´ー‘)ゞ 七草粥?七草全部言える人は尊敬しちゃいます~♪の石川です。

前回ご両親が3回目のオイル交換&シートダイヤフラム交換でご来店されていましたが、今回は可愛い彼女とご来店。

きっとOKM様お二人合わせたら十七草まで言えちゃうかも(*´ー`*)b


CIMG2483


「今日は草じゃ無くてステーキ食べに行くんだもの。」
んじゃー春の十七肉ですね!

先日オイル漏れが多くてオイルも1リットル位減っていたとの事。
そのあたりも点検しつつオイル交換です(`・ω・´)ゞ


CIMG2485


まずはボンネットをあけt・・・


CIMG2486


あぁぁ。タペットカバーからオイル漏れ多いですね(*_*;


BlogPaint
BlogPaint


ひとまず心を落ち着かせて灯火チェック。
全部無事点灯^^


BlogPaint


オイルは素敵な知り合いのおじさまから頂いて満タン。
昨日足したからかガソリン臭は弱めです。


BlogPaint


LLCも減っていますね。


CIMG2493


試乗チェック前に入れておきます。


CIMG2497


試乗チェック。雨降っているのでついでにウォッシャーもチェック。
動きはばっちりだけどワイパーの拭きが甘いですね。

それと足回りはぼちぼち手を入れたくなりますね。
ショックがもう抜けちゃってます。


CIMG2498


帰って来て気になるタペットカバーはおいておいて先にECUチェック。
故障コードは入っていませんでした。


CIMG2499


エンジン回転数 906rpm
アイドルスイッチ アイドル
O2フィードバック フィードバックを取って補正中のクローズドループ
スロットル電圧 0.48V
ステッパー値 31

良いですね~♪


CIMG2500


マップセンサー値 32kpa (*´ー`*)b


CIMG2501


水温センサー温度 86℃ (*´ー`*)b


CIMG2502


吸気温度 28℃ (*´ー`*)b


CIMG2503


バッテリー電圧 13.6V


CIMG2504


O2センサー元気に稼働中 (*´ー`*)b


CIMG2505


O2センサーによる補正値 99% (*´ー`*)b

健康そのものですね^^


CIMG2510


さて、オイル漏れの多いタペットカバー。


CIMG2512


下の方までビシャビシャ。


CIMG2514


パッキンとグロメットは交換します。


BlogPaint


先にパッキンに接着剤付けて。。。


CIMG2516


重石乗っけて接着中。


CIMG2517


お掃除開始です。
これはやりがいあります。。


CIMG2518


途中リザーブタンクも点検。
こっちもLLC少ないですね。


CIMG2520


チューーッと注入中。
全部カタカナにすると。。。。

チューーットチュウニュウチュウ


CIMG2522


ここでようやくオイル抜きます^^


CIMG2524


そしてお掃除の続き^^
やっぱり細かいところまでは難しいですね。。


CIMG2525


足回りのガタはありませんでした。
恒例のグリスアップしておきます(`・ω・´)ゞ


CIMG2526
CIMG2530


下回りも特に問題はありませんが。。。
やっぱりショック・ラバコンなど一式交換お勧めです。
ハイローもフロントにはミニスポーツのアジャスタライドが入っていてリアはストラットコーンのままです。


CIMG2533


ブーツ類はまだまだ平気^^


CIMG2535


オイル漏れを綺麗に掃除したらミッションケースも綺麗になりました^^


CIMG2537


ナイロンベアリングもガタ無し♪


CIMG2538


時々擦ると言っていたダウンパイプのジャバラ部分はまだ排気漏れするまでにはなっていません。
ラバコン・ハイローを交換して車高を上げると擦りづらくなりますよ♪


CIMG2546


ドレンは綺麗ですね^^
きっと運転の仕方が丁寧なんだと思います。


CIMG2547


廃油の中にも怪しいものは引っかかりませんでした。


CIMG2550


今回も投入SOD-1
入れたらMTはシフトチェンジした時の感触でわかりますよね♪
これは一度入れたらヤメられません(*´ー`*)v


CIMG1901


オイル投入その前に。
バルブクリアランスのチェック。

だいたいどこも0.33mm前後。
優秀ですね~


CIMG2551


パッキンも乾いたかな?


CIMG2553


グロメットも交換します。
新旧交代の儀。


BlogPaint


オイル投入
使うのは前回と同じWAKO'S PRO-S プロステージS 10W40ですヽ( ´ー`)ノ

いしかわ号もドライブもサーキット走行も全部この組合せです^^


CIMG2562


まぁしかし寒いとオイルが落ちていきませんね(*_*;
待っている間に。。。


CIMG2557


セラミックエアー初投入ヽ( ´ー`)ノ

大体今入っている位の空気圧にしたかったのですが。。。160kpaだったのでそれはヤメ。
4本とも220kpaで合わせました。

時々タイヤの空気圧も点検してくださいね。
セラミックエアーの次回再充填は約1ヶ月後です。
これも忘れないで下さいね~


CIMG2564


次回のオイル交換は73723kmです。
忘れずに交換しましょう^^


CIMG2566


エンジン始動。


CIMG2567


漏れのチェック♪


CIMG1925



下回りも再度チェック。


CIMG2565


オイルはちょうどMAX
オイル量の点検も時々お願いします。


CIMG2569


オイル交換完了です。


CIMG2570


「セラミックエアー少し何となくわかった!」
2回目の方がよりわかりやすいかもしれませんね^^


CIMG2571


「んじゃーいきなりステーキ行ってきます!」
本当はそれが本日のメインイベント^^

ガンガン食べてどんどんランクアップしちゃってください^^
目指せダイヤモンドカード♪

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


UCD様、オイル交換とストックマンプラスのエキマニ取り付けます !


BlogPaint

UCD様、いらっしゃいませ。

前回、足回りをリニューアルされたUCD様が、

オイル交換と秘密兵器のエキマニ取り付けでご来店です。

担当は、メカ山田です。


CIMG1862

今日は、同じミニ乗りのお父様も来店されてます。

一緒に来店するように、相談されてたのかな?!


CIMG1867

作業に時間が掛かるので、一旦お車はお預かりです。

お父様、送迎していただきありがとうございます。


DSCN9066

まずは、エキマニの取り付けから開始します !


DSCN9068

エキマニを外すには、インマニも外さなければならないところが、

少々手間ですが・・・


DSCN9077

インマニのパイプは、少々サビがあるものの状態は良好ですね !


DSCN9070

ダウンパイプも外れ準備が整いました。


DSCN9073

こちらが、今回取り付けるエキマニはストックマンプラスさんのものです。

以前、リヤマフラーもストックマンプラスさんのものに交換されてます。


DSCN9075

これで一式、ストックマンプラスさんのマフラーになりますね !


DSCN9079

DSCN9081

ワークスAT や FKI様も使用されてるこのマフラー。

とても高評価をいただいてます !


CIMG1897

UCD様にも、きっと気に入っていただけると思いますよ !


DSCN9083

これで、取り付け完了。  レーシーな音がたまりませんね !


DSCN9087

残る作業の、オイル交換を開始します。


DSCN9088

LCBの取り付けに、だいぶ時間が掛かってしまったなぁ・・・


CIMG1924

あっ、UCD様、もう来店されてたんですね?!

急いで作業するので、しばらくお待ちください・・・


DSCN9090

オイルは減ることも無く、アッパーレベルまで入ってました。


DSCN9092

少々ガソリン臭はするものの、燃料希釈も問題ありませんね。


DSCN9093

ECUチェックでは、クランク角センサーのフォルトが入ってます。

前回のECUチェックは、ノーフォルトだったんですけどねぇ・・・


DSCN9094

DSCN9095

DSCN9096

DSCN9097

DSCN9098

DSCN9099

DSCN9100

DSCN9101

センサー値は、前回とほとんど変わってません。


DSCN9103

とりあえず次回まで、様子を見てみましょう。

フォルトを消去します。


DSCN9110

DSCN9115

ドレーンは依然鉄粉は少なく、良好な状態が続いてますね !


DSCN9108

不具合も同様にほとんどありませんが、ブレーキマスターからの

フルード漏れが唯一増えたところですね。


CIMG1947

フルード漏れを発見されたのも、元々はUCD様です。

フルードは少しづつ減ると思われるので、これからも定期的に点検してくださいね。


DSCN9116

DSCN9117

今回も、SOD-1とプロステージ10W-40をせっとで注入しました。

作業はこれで終了です !


CIMG1990

UCD様、お待たせしました。

マフラー、良い音してますね !

思わずアクセルを踏みたくなるところですが、雨で滑りやすくなってます。

今日は、ほどほどにしてくださいね。


CIMG1991

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



OK様 エンジン不調で初キャメル。 ギリギリでした。


( ´ー‘)ゞ 七草粥?七草全部言える人は尊敬しちゃいます~♪の石川です。


エンジン不調でOK様が初のキャメルご来店です。


BlogPaint


不調でもピースなミニ乗りの鏡のOK様です^^


CIMG2421


レッカー到着。
いつものキャメル第一駐車場にて作業^^


CIMG2425


「運んでくれてありがとう。」
「いえいえ。またご利用ください。」
「ありがたいけど、そうならない様に頑張ります。」

っと会話があったか不明(笑)


CIMG2419


「ミニの具合が悪いんですっと」
問診票に書き込むOK様。


CIMG2426


まったーマンの仮の姿のマスターと具合が悪くなった時の話をしています。


CIMG2428


今は具合が良くなっちゃったので原因究明は難しいかも?
方針を決めたところで本日お預かりです。



1月8日追記

今日もセル1発で快調にエンジン始動しております。

不調だった時は黒煙を吹いていた・・とのことですのでバキュームホースや水温センサー等は

怪しいかもしれませんが・・・・

BlogPaint

初入庫ですので、全体を見させていただくということで安心点検付きのオイル交換しながら

究明していくことになりました。

BlogPaint

まずは灯火チェックから。。

BlogPaint

前後ともすべて灯火OK


BlogPaint

ボンネット開けて点検開始。


CIMG1904

オイル量はアッパーから約200㏄減ってます。

前回交換からどのくらい走行されてるかは不明ですが、やや酸化した色にはなってますが

黒くはありません。

前回使用したオイルは PZL鉱物油20W50 SL規格だったとのことです。

この時期にはちょっと硬いオイルですね。

清浄作用の効果の違いからか鉱物油は黒くなりにくいので1000㎞以上は走行されてるのでしょうか。

CIMG1905

ガソリン臭はやや強めでした。

燃料希釈による粘度低下もあるので早めのオイル交換が良いですね。


CIMG1912

タペットカバーパッキンからのオイル漏れは多く下まで伝ってました。

後ほどタペットカバーのボルトは増し締めしておきますが、パッキン交換お奨めです。

CIMG1913

ん? ヒーターバルブは外されてました。。

漢らしく直結パイプで常にヒーターコアに温水が流れるようになってました。。


CIMG1961

ラジエターキャップを開けると錆が溜まってました。

ご自身でも何度かクーラント入れ替えされたとのことでしたが、ヒーターコアやラジエターに溜まってる汚れは

逆流させて抜かないと
なかなかきれいになりません。

CIMG1903

クーラントの色も変色してます。 次回の車検で水路洗浄おすすめです。

CIMG1906

クラッチマスターのキャップを開けて覗いてみると。。

クラッチフルードは黒く汚れて変色してます。 

これも次回車検で入れ替えお奨め。


CIMG1908

ブレーキマスターのキャップ開けてフルード点検したら・・・

CIMG1909

これは危険! もう少しで空っぽになる勢いの減り方です。。


CIMG1910

ブレーキマスターの外側は漏れてないです。

内側から漏れてブレーキブースターの中に溜まってるケースもありますが、

後ほどリフトアップして前後輪のブレーキの点検もします。




ここでミニモニによるECUライブデータ見ます。

CIMG1952

いきなりフォルト入ってました。。 水温センサー

CIMG1953

バキュームセンサーもフォルト。。。

これらは過去にそれらの部品を交換した時にイグニッションを入れると入ってしまうこともあるので

いったん消して今後の状況を見ることにします。


CIMG1965

マルチ画面

左上から  アイドル852rpm   アイドル認識Ok  アイドル時の燃調補正OK

スロットル電圧0.62V(ちょっと高いけど悪い症状出てないのでそのまま)  ステップ値45は良好。


CIMG1955

バキューム39kpaはちょっと高すぎ・・ 2次エア吸ってる可能性あります。


CIMG1958

電圧13..5V

CIMG1964

水温は80℃。。 サーモスタットはすでに開いてるのでラジエターに挿した温度計と水温センサーをチェック。

ラジエター側が少し低めに出てOKです。 水温センサーはこの温度帯では正常に作動してます。

BlogPaint

しかしインジェクション車のサーモスタットは本来88℃で開くはずですが

75℃あたりですでに全開でした。 

低温のサーモが入ってるか、サーモの密閉不良です。

特に冬は規定の温度まで上がらないので濃い燃調が続いてしまいます。


CIMG1976

バキュームセンサーも水温センサーも現在は作動しているので

リセットしておきます。

CIMG1977

次回、またフォルトが出るか・・・・要チェック。


CIMG1918

バキュームホースはシリコンに交換されていました。

シリコンホースそのものは良いのですが、スロットルボディの裏側の部分は90℃に曲げられるので

折れ曲がってしまったり、抜けやすくなったりするので時々チェックが必要です。


CIMG1914

フュエルトラップのパイプは純正のバキュームホースを使用するときには

斜めカットしておかないと通らなくなることがあります。

BlogPaint

L字パイプのないシリコンホースなので問題ないとは思いますが

一応斜めカットしておきますね。

CIMG1971

社外エアクリーナーなので、使用しない赤いバキュームホースからエア吸ってました。

ここから吸った空気でMAP値が高かった可能性あります。

CIMG1973

ブチルを詰め込んでおきます。

CIMG1966

MAP値は37kpaまで下がりましたが、まだちょっと高め。

精査しないと原因はわかりませんが、タペット音が小さめですのでバルブクリアランスが

少し詰まってる可能性もあるかも。。。

CIMG1920

リフトアップして下回り点検します。


CIMG1942

CIMG1943

左右のテンションロッドブッシュは交換時期ですね。。


CIMG1921

右足周り。

CIMG1927

ハブ、ボールジョイントとも大きなガタは無し

ブーツの切れはありませんでしたが・・・・・

右ドラシャブーツ1

ドライブシャフトブーツのヒビはだいぶ大き目。。

半年から1年以内で切れるかも・・

今後リフトアップのたびに観察必要ですね。

CIMG1930

左足回り


BlogPaint

キャリパー近くのブレーキホースにヒビあります。 まだ漏れはないですが要観察。。

CIMG1931

左のドライブシャフトブーツも同じくらいの深さのヒビです。


CIMG2572

左タイヤを揺すってみると・・・・たいへん。

CIMG1932

ここハブベアリングに特大のガタがありました。







このガタは大きい。。。 危ないです。


CIMG1933

ステアリングラック内のナイロンベアリングにも大きなガタありました。

タイロッドを握って上下に揺すってみると・・・・



カタカタの音と振動が聞こえます。

これはアクセルのオンオフでガタを感じるほどです。

うーん、左側の足回りは修理が必要です・・・・。


CIMG1937

ミッションケース右側のオイル漏れはクラッチシールからでしょうか・・

CIMG1939

左側はタイミングカバー周辺からの漏れが伝ってきてるようです。

オイル漏れは一番上側のタペットカバーパッキンを交換してから再チェックですね。


DSCN9124

ブレーキフルードが異常に減っていたのでリヤブレーキを分解点検します。

CIMG1997

ホイルシリンダーのキャップをめくったら・・・

ドバっとブレーキフルードが漏れてきました。

カップから完全に漏れてます。

このまま漏れ続ければブレーキマスターのフルードが無くなって

突然ブレーキが効かなくなります。

これは危機一髪でしたねぇ。

キャメルでは、過去に連続してホイルシリンダーからの漏れがあってからは

ここは4年持たない部品として車検ごとにカップ交換させていただいてる部分です。


DSCN9120

では、最後にオイル交換。

DSCN9121

茶こしで排油を受けます。

CIMG1996

ブロンズワッシャーの破片が出てきました。。

デフの部分に使ってるスラストワッシャーのようです。


CIMG1993

ドレンボルトは標準のものよりマグネット面積の小さいタイプに交換されてました。

このマグネットは鉄粉の掃除の役目ではなく、どのくらいの鉄粉がオイルに混じってるかの

点検をするための目安にするところですので、強い磁石よりは免責の広い磁石の標準ドレンボルトの方がわかり易いです。

CIMG1994

紙フィルターは素通りしてしまう微粒子(30ミクロン以下)の鉄粉が

泥のように付いてました。  量は多めです。

CIMG1995

拭きとってみると磁石部分は平らでした。。

磁力型フィルターPECSで2次摩耗を防止することをお勧めします。

DSCN9127

今、オイル味くらべキャンペーン中の4CT-Sをチョイス。。

5W30と10W50をブレンドした7.5W40。  ハイレスポンスが特徴です。

DSCN9125

清浄と潤滑と保護強化のエステル系添加剤SOD-1

シフトフィーリングでそれを体感できます。

DSCN9128

オイル注入。。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1/13

メカ山田です

ご連絡、ありがとうございます。 早速作業開始します !


CIMG2897

まずは、何から始めようかな・・・

決めた、ブレーキから開始します !


DSCN9298

右のホイールシリンダーにフルード漏れはありましたが、

ドラム内に漏れるほどでは無く、リザーバーが空になるほど漏れてる

とは思えないんですよね・・・

一応マスターを外してみると、マスターバック内にフルードが溜まってます。

マスターからも漏れてるようです・・・


DSCN9301

とりあえずホイールシリンダーを交換しますね。


DSCN9302

DSCN9303

新品といえども、カップは日本製のカップに交換してから組み付けます。

これだけでも、信頼性がグンとアップ !


DSCN9304

ライニングも新品に交換して組み付け、右側は終了です。


DSCN9305

続いて、左側です。

左のドラムを外すと、目の前になかなか衝撃的な光景が飛び込んできました。

ドラムの外までは漏れてませんでしたが、ドラム内は漏れたフルードでベトベトに・・・


DSCN9306

ライニングにもしみ込んでます・・・


DSCN9307

フルードが減ってた一番の原因は、どうやらこのホイールシリンダーの漏れ

だったみたいです。


DSCN9308

とはいっても、ホイールシリンダーを交換してもマスターからの漏れで、

再びフルードが減っていたでしょう。

一通り漏れを点検し、一度の修理で済むのは良かったと思いますよ。


DSCN9309

これで左側の交換も終了しました。

後日マスターを交換してから、エアー抜きを行いますね。

今日はここまでで終了です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN9311

1/14

メカ山田です。

今日は昨日の続き、ブレーキマスターの交換から開始です。


CIMG2251

何をしてるのかって?


DSCN9312

マスターバック内に溜まったフルードを吸い出してます !


DSCN9370

新品のマスターを装着 !


DSCN9373

エアー抜きはホイールシリンダーを交換したリヤからはもちろん、


DSCN9372

フロントも計2回ずつ行いました。


DSCN9374

エアー抜き後も、ホイールシリンダーにフルード漏れはありません !


DSCN9375

ブレーキ調整を行い、


DSCN9376

ブレーキはこれで完了です !

次からは、ドライブシャフトブーツなど足回りの作業を開始します。


つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ


キャメルオート オンラインショップ
ャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



MYH様 あけましてオイル交換です。 オイル味くらべしてみます。

曽根です。


あけましておめでとうございます。

MYH様、オイル交換初めです♪

Image2

お土産ありがとうございます。

前回は2回目のシリコンバレー・・・・じゃなくてアレアレ・・。セラミックエアーでした。


BlogPaint


じゃ、早速  灯火点検からスタート。。

CIMG1697

右の窓の動きは軽くてOK。


CIMG1698

左は下の方がちょっと重いですね。。

CIMG1703

ヒーターコアの漏れは無し。

CIMG1731

オイルの量はアッパーとロアレベルの中間地点。。 

消耗もほとんどなく良好でした。



CIMG1733

出汁が効いた美味しそうな臭い・・・・

じゃなくて、嗅いでるのはガソリン臭。  

そんなに感じなかったから燃料希釈は少なそう。。


CIMG1747

テスト走行行ってきました。。。

去年4月の車検で、コイルサスからラバコンに交換 で足回りブッシュなども交換してるので

ガタもなくイイ感じ。

ただ、ショックが抜け始めてるのかちょっとだけ突き上げがありますね。


CIMG1699


CIMG1736

冷却水は少し減ってます。 漏れがないか後ほど点検します。

CIMG1737

とりあえずクーラント補充しておきますね。

CIMG1701

ブレーキオイル交換から約1年で少し変色してきてます

次回の車検でまた交換します。



CIMG1700

クラッチフルードもやや黒っぽく汚れが出てましたので

CIMG1746

タンク内のフルードだけは入れ替えておきます


CIMG2278

あっ、見られてた。。  真面目に点検しております


CIMG1704

ECUをミニモニでチェック。。

前回なかったクランク角センサーのフォルトが入ってました。

CIMG1706

現在は作動してるのでフォルトは消しておきます。

次回もフォルトが出るようなら要注意。 


CIMG1708

マルチ画面です。

左上から アイドル回転915rpm  アイドル認識OK  O2センサーによる燃調補正OK

スロットル電圧OK   ステップ値84はちょっとだけ高いけど問題なアイドリングしてるのでそのままにしておきます。
 

CIMG1709

インマニのバキューム値   良好


CIMG1710

水温86度


CIMG1711

吸気温 34℃


CIMG1713

電圧 14.1v


CIMG1715

短期学習による燃調補正 ▲2%  良好です。



CIMG1716

じゃ、リフトアップして下回り点検しますね。

CIMG2276

ちゃんとやってますって。。。(笑)


CIMG1717

左足回り。。

ブーツ、ブッシュ等の切れ、破れなし  

ガタもなくすべて良好です。

CIMG1718

右足回りもすべて良好


CIMG1719

デフケースのボルトからオイル漏れ少々。。。

でも全体的にはオイル漏れは少ないです。

CIMG1722

アンダーガードに緑色の液体が垂れてました。

クーラントですね。

CIMG1729

ラジエターのロアホース付け根あたりから漏れがありました。

ホースバンドの増し締めしておきます。。 次回も漏れてるようなら違うホースに交換しましょう

CIMG1727

アンダーガードへの漏れはこんな感じ。。。

拭いてきれいにしておきます

CIMG1721

下回りを擦った・・・って言ってたMYH様。。

ダウンパイプの前から蛇腹にかけて強めに擦った形跡あり。。。

排気漏れはしてないので大丈夫ですね。


CIMG1720


リヤタイヤを持ち上げてみたらヒョイヒョイと動いてしまいます。。。

試乗テストで少々感じた突き上げはショックアブソーバー抜けが犯人のようです。

次回はショック交換ですかね。


CIMG1739

一通り点検終わったところでオイル抜き。。


CIMG1740

異物も無し。。

CIMG1742

ドレンボルトもきれい。。。 

ミッションの状態もイイですね。 

もちろん、運転が丁寧だからです♪♪


CIMG1745


ブレンドマスター10  今、絶賛開催中の オイルの味見キャンペーン。。

MYH様はハイレスポンスの4CT-Sの味見してみることにしました。。

CIMG1744

一度味わうと、SOD-1 もやめられません。。

シフトフィーリングがまるで違いますよねぇ。。  


CIMG1751

これでオイル交換終了!

最近、腰が痛いんだよ・・とご主人。

シート替えようかなぁ。。

なら、レカロがいいんじゃないですかぁ

CIMG1752

じゃ、次はレカロとショックアブソーバー交換?

BlogPaint

今日はオイルの違いを楽しみながらドライブしてってください。。

ありがとうございました。

またのご来店をお待ちしております。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002




TMT様、キャンプの帰りにちょっと寄り道、初キャメルです !


CIMG1757

TMT様、いらっしゃいませ。

キャンプの帰りにちょっと寄り道、オイル交換で初キャメルです !

担当は、メカ山田です。


DSCN8919

さすがキャンプに行かれただけあり、キャンプ道具が満載ですね。

インナーハンドルにもランプが掛けられたりしてて・・・


DSCN8921

オイルは1リットルほど減ってました。

TMT様の話しでは、始動時に少々白煙が出るとのこと。

オイル下がりで燃えてしまってるようです・・・


DSCN8922

燃料希釈もありますが、問題無いレベルでしょう。


DSCN8925

最近引越しされたそうですが、これまでもミニ屋さんでメンテナンスされてきたそうです。

それを裏付けるように、ECUチェックはノーフォルトでした。


DSCN8927

DSCN8929

DSCN8930

DSCN8931

DSCN8932

DSCN8933

DSCN8934

DSCN8936

各センサーの数値も良好ですね !


DSCN8924

水温計が高めの位置を指すそうですが、


DSCN8939

この時の水温は90度。

サーモケースの温度を計測しても95度です。


DSCN8941

各部に水漏れの形跡は無く実水温も高くないので、水温計の誤差でしょうか。


DSCN8942

キャメルでオイル交換といえば、やっぱりPECSでしょう !


DSCN8966

TBT様も気になられてたのか、取り付けご用命です。


DSCN8969

ドレーンの鉄粉は、PECSを装着してないマニュアル車の標準的な量ですね。

次回はこの鉄粉がどのくらい減るか、楽しみですね !


DSCN8943

不具合は少なく、右のアッパージョイントにガタが少々。


DSCN8964

しばらくは、グリスアップで対処できそうです。

ボールジョイントの延命には、グリスアップはとても重要です。

これからもマメに行ってくださいね !


DSCN8945

フルードは減ってませんでしたが、クラッチレリーズに漏れがあります。


CIMG1770

走行にも支障がでるところなので、早めに修理したいですね。

修理までの間、フルードの量にはご注意ください。


DSCN8971

今日は、SOD-1の注入もご用命になりました。

シール材を柔らかくする効果でオイル滲みにも効果があります。

オイル上がりや、オイル下がりにも効果が期待できますよ !


DSCN8972

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。


CIMG1782

オイルは時々点検して、減ってたら補充してくださいね。


CIMG1781

あれ?気が付かない間にルーフキャリアが付いてますけど。

来店時には無かったような・・・


CIMG1787

キャリアも付いて、荷物が積めるので快適なキャンプができますね !

一人キャンプの回数も増えるのでは?!

次は、キャメルに行くついでにキャンプなんてどうですか?

ご来店、お待ちしてますね !


CIMG1788

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックスエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る