スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

MINIピックアップ

息付き、エンスト。。 原因はタンク形状か?

曽根です。


先月に納車になったピックアップ1号車。。。

納車直前の燃料トラブル でポンプをMINI用のポンプが付くように改造して解決したか・・と思ったんですが、


OZK様から電話で、信号でストップする際にエンストしたり、コーナリングの後に吹けなくなったりするとのこと。。。



BlogPaint

これはレッカーでないと都内からは走ってこられないと思ったんですが、ガソリンを満タンにしたら、快調になってそのまま走ってこれたとのことでした。 

これは、メカ的な問題じゃなく、タンク形状の問題のようですね・・・・。  



DSC00649

1000km点検で、最初にご来店いただく予定でしたが、ガソリン補給1回目でのご来店となってしまいました。。。   すみません。。




エンジンの他には、エアコンの風が冷たくなくなることがあるようです。

IMG_1220

早速点検中。。。。

IMG_1270

エアコンのファンが突然止まることがあるようです。

IMG_1269

そうすると、低圧側が冷え冷えになりすぎてコンプレッサーをカットしてしまうようです。
ファンの接点の方を改善していくことにします。






もうひとつの問題。。


窓を開けて走行すると天張りが下がってくるという問題。。

はたして原因は、天張りとルーフの間に空気が入るのか、それともベンチュリー効果で室内が負圧になるのか?
IMG_1221

天張りを張っている棒。。

DSC00726

ノーマルよりやや高く天張りを張るために延長した棒で、天張りを支えてましたが、


DSC00727

中央でつなぎ合わせた所で曲がってしまってました。。

風による力は相当なものです。。。。  予想以上の力がかかってようです。

つなぎ合わせる場所は中央ではなく、両サイドの方がよいかもしれないです。



9/6追記

エアコンの風が止まってしまうのは、レジスターが原因か・・・

IMG_1459

で、4極レジスターを交換。。     


IMG_1458

風は止まらなくなったようです。。。  エアコンはコレでOK。






次は天張りの骨組みの強化作戦。。

CIMG9405

曲がってしまった中央部に、パイプで補強して今度は曲がらないように・・・・。

天張りはコレでOK。。。







さて、本題のガソリンタンク。。。  再び外して考えます。

CIMG9259


ミニの長物、ピックアップやミニVAN用のタンクを改造して使ってます。

DSC00732

中央の筒が、前回ミニの純正タイプのポンプを使えるように追加改造したところ。


CIMG9267

横向きで設置するので、コーナリングでは左右にガソリンが大きく揺れてしまうのか・・。

燃料ポンプの吸い口の回りに、ガソリンの防波堤のようなものを作って、コーナリングなどでガソリンが左右に動く時間を遅らせてみようか。。。。。。



インジェクションの燃料ポンプは、どんどん吸って使わない不要なガソリンは常に戻し続けてるので、キャブ車に比べて、ガソリンを吸う時にエア噛みする可能性が高くなるのでしょう。 そういう意味でキャブ車とインジェクション車のタンク形状は最初から違うのかも。




9/7追記。


で、防波堤作戦を採用することにしました。

DSC00941

ガソリンの吸い口の左右に防波堤を作って、吸い口の回りからガソリンが逃げにくいように加工してみました。

DSC00830

燃料ポンプの下側のパネルを切開した跡が、今回の作業した場所。。(夢中になって作って写真撮るのを忘れてしまいました)

実測ですが、このガソリンタンクの全容量は24リットルくらいでした。

タンク左側の部分は3リットル位ですが最後まえ残ってしまい、使いきれないです。。。

で、実質タンク容量は21リットル程度なんです。







で、タンクを取り付けて試乗です。


DSC00858

空っぽにしたタンクに10リットルのガソリンを入れてテスト走行始めました。

左右コーナーでも、信号ストップなどでもまったく問題なく走行できました。 

もう少し、ガソリンを減らしてのテスト・・・・

左コーナーを急激に回ると、若干息つきの傾向が出て来ました。 しかしエンストすることは無くすぐに回転は戻ります。

以前に比べると格段に燃料不足の症状は良くなってます。。



で、ガソリン給油。。 で18リットルでした。


満タンで実質的に入ってるガソリンは 21リットル・・  とすると、通常な使用可能な量は、3リットル残しの約18リットル。。と言うことにナリマス。




9/16追記

お待たせしました。

CIMG9863

いろいろ改善の努力しました。 

渋滞で3時間かかって疲れてたのに、明るいステキな笑顔いただきました!

CIMG9867

オリジナルピックのMINIがホントお似合いの二人ですねぇ。。。

CIMG9868

次は初回オイル交換でのご来店お待ちしてます。

お気をつけて。。。   




official HPはコチラから
mini_red_shttp://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村

キャメルオートはランキングに参加しています。
応援クリックおねがいします!



ピックアップ 納車日の燃料系トラブル

曽根です。




いよいよ本日納車。。。の日だったんですが・・。

DSC08149

ご来店いただきましたが、実は納車直前の最後の試乗で、たまに吹けなくなってしまう症状が発覚。

その症状が、急カーブを曲がった直後だけに出るので発見が遅れました。。


OZK様ご夫妻には、状況を説明して原因追求と改善の時間をいただきました。 すみません。





さて、原因追求委員会・・・。

CIMG6336

燃料系には違いなさそうだけど、、どこから手をつけようか。  



燃圧に何らかの変化が起こっているのだろう、と、スロットルボディの燃圧レギュレーターを分解して点検。

DSC08378

この部品は単純な構造で、特に問題なさそう。。



となると、燃料タンク 、燃料ポンプ フィルター、そして燃料の配管、に絞られるな。。

CIMG6487

もう一度、ガソリンタンクを含めて最初から見直そう。





このピック1号車は、MINIバン用の床下収納のタンク + V8のアメ車やベンツのインジェクションにも使用してるボッシュの燃料ポンプ  を使ってます。


サルーン用のタンクにMINI用の燃料ポンプに戻して、試してみよう。

DSC08399

ロープで縛り付けて、とりあえずはノーマルタンク仕様に変更してみました。

この状態で何度も試乗チェック。。。

うーん、イイです、症状出ませんね。 

ということは、ボッシュの強力な燃料ポンプとMINIの燃圧レギュレーターの相性が悪かったんでしょうか。。。




じゃ、このMINIVAN用のタンクに、インジェクション用のポンプが付くように改造しましょ。

DSC08540

中央に煙突のようにポンプ取り付けられる筒を付けて、

DSC08542

燃料ポンプも中間のパイプを短くカットして高さを低く改造。

DSC08559

ワンオフのタンクができました。。 MINIVANをインジェクションに変更するときも使えそうです。

DSC08648

燃料を入れて・・。

DSC09188

何度も、何度も、試乗テストを繰り返しました。  

快調です。 大丈夫ですね。。

オートマミッションもリビルトに交換済みだし、水周りもリニューアルしてコア増しラジエターにも変更してあるので、水温も安定、変速も良好。。。 

これでよし。






8/5追記


OZK様 お待たせしました。 今度はほんとに納車です。。

DSC09584

MINIモークもお持ちのご主人。

このピックアップは奥様用です。。  


DSC09585

活躍の場は東京都内のレインボウブリッジが見えそうなところです。。


DSC09588

走り去っていくピックアップ1号車。。 

最初は1000Kmでご来店くださいね。。。  ありがとうございました。










official HPはコチラから
mini_red_shttp://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村  ←クリックいただけると元気になれます

 

ピックアップ納車整備 メカ編

曽根です。

OZK様にご成約いただきましたピックアップ1号車(開発ナンバーCB22) 

車枠などのボディ関係以外のメカ整備のようすをお伝えします。。


DSC01820

1号車ピックアップは、ミニVAN用のタンクなので、ボッシュの外付けのインジェクション用のポンプを使ってます。

DSC01834

最初は試作用に中古品を使ってたので新品に交換します。


CIMG1485

足回りの整備の前に大まかにチェック。。。

CIMG1477

タイミングカバーあたりからオイル漏れあるなぁ。

CIMG1480

上のクランクシールの方からも漏れがあるようです。

DSC01969

前回、予備検査を受けてからの漏れの量とすると、やや多めです。


CIMG1519

ちょっと試運転に行ってきます。


CIMG1521

あぁ、オイルが垂れてるね。。 写真とっとこ。

DSC01996

こりゃ、ちょっと多いね。






まったーマン1ss
左側のタイミングカバーあたりからの漏れの原因はエンジンとミッションの間の半月型のシールの場合が多いです。。。 これはエンジンとミッションを分割しないと交換できません。
右側もクランクシールからの漏れも一緒に直したいので、エンジン降ろすことにします。



☆ せっかく降ろして、エンジンとミッションを分割するので、この際オートマも交換しておけば安心ですねぇ・・・・とご提案。
で、OZK様に部品代の一部をご負担いただきオートマも交換させていただけることになりました。





4/14追記


リビルトオートマミッションが、札幌のガレージミニさんから届きました。

CIMG1804

さぁ、ミッションが揃ったんで、エンジン脱着開始しまーす。


DSC03008

各部を取り外して取り外しの準備中です。



CIMG2451


エンジンミッション単体にして、引き上げます。


CIMG2452

えぇ~。。。 




CIMG2453

エンジン降りました。。




CIMG2455

コンバーターを分解中  そしてエンジンとミッションを上下で分割させます。


CIMG2457

リビルトミッションの上にエンジンを降ろしていって。


CIMG2458

がったぁーい。   オイル漏れのあった場所のシールやパッキンを交換してリフレッシュ


DSC03162



DSC03160

きれいにペイントされたリビルトミッションが美しいです


DSC03163

分解を始める前と似た景色ですが、これは組みつけてます(笑)


DSC03034

ブレーキのバルブ と マスターシリンダー ヒーターコック ・・・・・など、新品に交換される部品は多数です。。
相変わらず豪華絢爛な納車整備です。。
 


この後の、配線や補機の取り付けて。



4/16追記

周辺部品も組み終わりエンジン始動。。

CIMG2614

オイル漏れもなくなり、新しいオートマミッションも快調です。。

この後、検査の受験用の整備に進みます。。


今後の流れですが

予備検査(構造変更)  →  荷台部分のペイント →  室内(シートの取替えとエアコン吹出し口の加工など)  →  OZK様への登録  となります。


遅くなってすみませんがもう少しお待ち願います。。<m(__)m>




つづく




official HPはコチラから
mini_red_shttp://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村  ←クリックいただけると元気になれます

 

ピックアップ納車整備  ボディ編



曽根です。

OZK様にご成約いただきましたピックアップ1号車(開発ナンバーCB22) 

荷台やその他の改善していこうと思います。  

次のカスタムカーの製作にもフィードバックさせる重要な工程です。


CIMG1410

商談中にお話のあった荷台の床。。

合板をウレタンで防水加工して作ったのですが、切り口とネジの穴からの浸水でゆがんでしまいました。。


CIMG1453

床板を剥がしました

DSC01931

やはり防水加工しても屋外での耐久性には役不足でした。。
ウッドデッキに使う木材ならよかったのかも。。  



DSC01815

ホームセンターで見つけた、樹脂をうすいアルミ板で挟んだボード。。

3mm厚なので床には貼り合わせて2枚重ねて使うことにします。



CIMG1446

スペシャルスタッフの五十嵐君と、出来る改善とその方法を打ち合わせ中。。。

限られた予算の中で最善を尽くす。。。 常に難しい問題とぶつかりながらいい方法を模索していきます。



CIMG1455

床板を張る前に、このバッテリーと燃料タンクの部分を少しいじろうか。。


DSC01909

MINI用のバッテリーじゃなくても入りそうだから、ワンサイズ大きい日本規格のものに変更しようか。。


DSC01913

長辺の方を短く、短辺の方が長いのが使えそう。。


バッテリーの収納場所が、荷台の前のパネルを外した中にあるので、できるだけ容量の大きいものを使って上がりにくくしましょう。

DSC01914

選んだのは、ハイエースバンなどに使う、D23R 容量もこれなら充分かな。


DSC01930

マイナス端子はギリギリですが、何とか納まりました。


CIMG1469

車検には必要な、バッテリーを隔離するためのボックスにも化粧板を貼ってきれいしましょ。。。

DSC02078

表面の保護シールを剥がせば、きれいになります。


 
CIMG1529

バッテリーが収納されるところはアンダーコートを塗ってお化粧しましょ。。


DSC02079

バッテリー台もきれいになりました。  乾くのに2日間くらいかかります。。。。


3/26追記


買ってきた樹脂ボードをカットして、蓋! と 床を作ります。

DSC01936

ヨイショ・・。

DSC02108

形はできました。。

CIMG1624

縁にゴムモールをつけて

DSC02146

『蓋』は四ヶ所をピンで固定できるようにして完成。


CIMG1651

床は樹脂ボードを2枚張り合わせて使いました。 
整備の後に、ペイントするまでとりあえずこのまま。。


CIMG1667

ひとまず、荷台部分の下ごしらえは完成。。

整備が終わってから最後に荷台はペイントの予定です。


DSC01923

純正のドアミラーのスプリングが弱くてミラーが簡単に動いてしまいます。

DSC01924

ミラーの中身は部品が出ないので、コレもホームセンターで部品調達して直します。



4/15追記


リヤゲートになる部分が、改造によって重くなってしまったので、ストッパーのコード1本では役不足・・・・
とスタッフからの指摘を受けて改造中です。


CIMG2473

大きく構造を変えることなく強度アップする方法を模索。。


CIMG2477

ダブルコードで対策。

DSC03048

耐荷重は2倍になりました。   
ただちょっとコードの納まりがよくないかな・・。  今度ホームセンターでいい材料があったら、また考えます。





つづく。




official HPはコチラから
mini_red_shttp://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村  ←クリックいただけると元気になれます

 

2011 オリジナル ピックアップ2号車 スクープ

曽根です。

潜伏して進行していた ピックアップ2号車。。。

まだ完成ではありませんが、一時的にキャメルの展示場に現れましたぁ

DSC00479

写真だと水色みたいに見えますが、実際はやや濃い目のライムグリーンかな。。
リヤビューが1号車とはちょっとだけ変わってます。
詳しくはまた改めてご報告します。。。









mini_red_sofficial HPはコチラから → http://www.camel-auto.co.jp/mini_red_s

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ 村

キャメルオートはランキングに参加してます。
応援クリックお願いします。



ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
安心オートマらくらく便
安心オートマは全国へ。
安心オートマらくらく便
こわれない安心オートマ

「安心オートマ」のHPへ。

安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
・フリーダイヤル
0120-810-002)
お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
新着商品
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る