スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数7,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

【年末年始の休業日】12/30(土)から1/4(木) 作業予約はお早めにお願いします。

曽根号(1.0キャブ MT)

番外編 もう1台の曽根号 と 積載車にセラミックエアー

曽根です。


6月第四火曜日のスタッフミニディ

今日はワークスATの排気漏れ修理の予定でしたが・・


CIMG9503

リフトは2台先客で使用中

ピットの外でもタイヤをウマ替わりで作業中の石川号・・・






じゃ、今日は番外編で行こ。。

BlogPaint

しばらくエンジン掛けてなかったでバッテリー上がってるトリッカー。

CIMG6771

とりあえずエンジン掛けよう。。

CIMG9520

バッテリーケースは確かこの中だったな・・・

CIMG9523

あったあった。

CIMG9531

ジャンピングしてもなかなか掛からず・・

CIMG9527

プラグ点検してみるか

CIMG9528

プラグレンチ18㎜だった。。

CIMG9529

少しギャップを広げて大きい火花にしてみる・・・


CIMG6777

やっとエンジン始動しました。。

CIMG9538

近くの 二輪館でミラーを買ってきて

CIMG6778

右だけ買おうとしたら、道路交通法で左右つけなきゃダメらしいです。

さぁ、これからのシーズン乗りますよぉ~♬





さて、もう一つの番外。

キャメルの積載車にもセラミックエアーを入れてみる編。。

CIMG9108

ピットに無理やり頭から突っ込んで・・・

CIMG9110

ここでよし。。

CIMG9112


ん?  空気圧フロント4.75kg リヤ5kg   そりゃMINIとは違うわな。。

CIMG9113

空気に魔法。。。  タネと仕掛けはコイツです。


CIMG9117

5kgって結構な圧力です

CIMG9114

ダブルタイヤはちょっと面倒だな・・


BlogPaint

こうして横から見ると、トラックってフロントタイヤの真上に座ってるんですねぇ。

これは体感しやすそうなポジションです


CIMG9119

じゃ、さっそく試乗



おぉ~  予想通り♪ バッチリ変わったぁ

CIMG9123

特にこういう段差


CIMG9125

ステアリングへ伝わる路面からのキックバックも柔らかくなりました。


CIMG9120

タイヤや足回りが固い車のほうがわかり易いね。

シートに背中をしっかりつけて、深く座ってみると更によくわかります。

恐るべしセラミックエアー。。。 

と、今日は番外編2台でした。。

次は久しぶりに1000㏄の曽根号を弄りたいな・・






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


曽根号 クラッチオイル交換でミートフィーリング復活。。。。ダブルクラッチやりやすくなりました

曽根です。



新年最初のスタッフミニデイです。。

CIMG1015

これは昨日の朝の再現映像です・・・

あと100mで会社に到着というところで、いきなり全開状態からアクセルが戻らなくなって

ブォォ~ンと加速し続けるという危険状態に!!

床についたアクセルペダルを足で戻そうと思ったけどそんな悠長なこと言ってられなかったんで

とりあえずイグニッションを切って惰性でキャメルまで辿り着いたのでした。。

CIMG1016

なんと運のイイことでしょう。。。。 今年の幸運を一つ使っちゃいました(笑)


CIMG1012

なので、今年最初のメンテです。。


CIMG1017

切れかかってササクれたワイヤーがチューブの中で引っ掛かって戻らなくなったのが原因でした。。

その後、キャブ側で切れました。。。。

CIMG1021

だいぶ長い間お世話になったアクセルケーブル。。お疲れさま。。

交換したらアクセルの軽いこと。  親指を動かしただけでアクセルペダルが動く感じ

教訓1  アクセルワイヤーは切れる前に交換すべし。。




CIMG1025

去年末から洗車してなかったな・・・ 汚ねー。

CIMG1024

パッドのカスでフロントホイールは真っ黒。。。

ディクセルMのブレーキパッドを使ってた時はまったく汚れなかったんでホイール洗うことを忘れてました。。。

今は効き重視でディクセルZ。。 これは効きと効き味は最高ですけど汚れますネ。。

CIMG1026

でもね、こうして掃除して・・・・

CIMG1029

きれいになった時の爽やかさを味わえます。。。。


CIMG1028

ボディも去年の汚れを取ってやっと曽根号にも新年が来ました。(笑)


CIMG1030

そうそう、もう一つ気になってたこと。

最近クラッチの踏み代が変わるんだよね。。

一発目は切れにくくて、何回も踏むとだんだんミートポイントが手前になります。

エア噛んだかな。。。 


ダブルクラッチを使って3速→2速へのシフトダウンする時、クラッチを繋いで2速にあったエンジン回転にあげるのですが、クラッチが繋がるタイミングが違うとリズムまで変わっちゃっていまいち気持ちよくスパッと回転が合わないんですよね・・・


CIMG1032

レリーズからの漏れチェック。。 

レリーズのブーツを脱がして覗いたけど濡れてない(←表現がいいな)

漏れがないならエア抜きかな。。


Image1

クラッチマスターに入ってるフルード。。  だいぶ汚れてました。。

同じフルード使ってるのにブレーキは酸化して変色するのに

クラッチは酸化だけじゃなく何か汚れが出てきてる色の変わり方ですね。

色からすると金属汚れっぽい感じがします。。

不純物が混じればシールの密着は悪くなるからピストンの動きも悪くなる・・っていうことでしょうか。 

CIMG1034

エア抜き目的っていうより、フルード全量入れ替えすることが目的に変更。。

CIMG1036

CIMG1035

エアにつないでグングン吸い出してくれるセルフブレーキブリーダーのおかげで

らくらくフルード入れ替えできちゃうもんねー。


CIMG1038

吸い出した古いフルード。。 かなり変色してるのがわかります。

CIMG1037

クラッチマスターのフルードも透明になりました。

気持ちいいね。。

CIMG1041

おぉ~


CIMG1042

ミートポイントが手前になって、クラッチの切れが良くなりました。

それに踏んだ感じがカチッとしたしっかりとした踏み応えに変わったのがわかります。

CIMG1043

教訓2  クラッチオイルは定期的に換えよう!



今日のまとめ・・・

アクセルは軽くなってペダルを戻しながらのコントロールがしやすくなって

クラッチはしっかりとした踏み応えで切れ味がよくなって

           
        大変気持ちよくなりました。



Image4

特にクラッチの繋がる位置がスパッと決まるようになってダブルクラッチでのシフトダウンが気持ちよくスコッと入るようになりました。。。



まったーマン1ssこういう当たり前の整備・・ 大切です。  




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002





曽根号 『カバの口』 走行テスト そして改善中

曽根です。



カバの口 プロトタイプ 続編です。

S__5963789

ベルト駆動のファンレスのためのエア強制吸入の『カバの口』 装着編 のあと、

実はすぐにテスト走行をしました・・・・・

CIMG7459

ベルト駆動のファンは高回転での冷却風を発生させるのがお仕事。。

低速、低回転の時は電動ファンの方が仕事をします。

なので、今回のテストは高速道路をかっ飛ばします。。。

CIMG7490

八王子から府中までの1区間、10分弱の走行でしたが

水温計はグングン上がってしまいました。。 

カバの口を付ける前よりも水温上昇しちゃって、冷却テストは完全に失敗。。



CIMG7467

もう少しゆっくり走ってみよう。。

CIMG7469

しかし、右の水温計は 2/3位まで上がってしまい、やっぱりダメ。。


Image2 どーしよう・・・。 やっぱりこの企画そのものがダメかな・・

数日間は、あきらめもモードで 『カバの口』 は禁句に・・・・(笑)




その後、気を取り直してもう少しやってみる気になりまして・・・

Image1

最初から懸念だった吸入空気量 

ラジエターボックスに繋がるダクトが狭いよなぁ・・

CIMG7445

入った空気はこの箱の中で行き場を無くしてラジエターフィンの間を通って外に抜ける・・・

CIMG7446

ラジエターを取り付ける、貫通ボルトのところも穴が開いてて外にエアが抜けちゃうな。。

密閉ボックスというには詰めが甘かったな。


Image8 ファイアスポーツの森田社長に来てもらって直談判。。




根本的な構造はそのままで 

吸入ダクトの部分を極限まで拡大する方向なんとかならないかなぁ?

CIMG8335

たいへんなんだからねぇ・・・・ と言いながら

『このくらいまでは大きくできるかな・・』 と早速改善案を模索してくれてます。。

CIMG8339

ホントに空きスペースないんだからな、MINIは。。。

吸入ダクトの形状ももう少しだけ何とかなるかもしれないな・・・

CIMG8340

俺、忙しいんだからね、  と言いながら会社に持ち帰っていただきました(笑)






そして翌日の夜・・・・・


出来たよー

CIMG8422

即、ファイアスポーツにフィッティングに向かいました。


おっ、吸入ダクトが斜めになって空気が流れやすい形状にバージョンアップしてます。

CIMG8432

まったく新しく型から作ってくれたようです。。。

CIMG8433

取付穴、ボルト穴は現物合わせで調整していきます。


CIMG8426

もうちょっと大きくできるな・・・ と新しく作ったダクトをリューターで広げたり

CIMG8434

取付済みのラジエターボックスの方の穴も広げて新吸入ダクトに合わせていきます。


CIMG8437

俺 『できるだけ段差も無くしといてね・・・・』

森田社長 『注文が多いよなぁ(笑)』

ニューバージョン仮付け完了




そしてキャメルに戻って

CIMG8438

ボックスの密閉作戦。。

CIMG8440

斜めにカットした吸入ダクト面。。。

クーラーのコンプレッサーがあるとここまで斜めにカットできないかな、というくらいギリギリ。

CIMG8442

吸入ダクトとラジエターボックスの隙間はガムテープでふさぎ、

ボックスの下の面の穴は段ボールでふさぐ、という

なんともイージーな密閉作戦ではありますが機能的にはイケると思います。。ハイ。


CIMG8446

ね。。。



CIMG8444

カバの口 と バカの口 ?? (笑)

吸入ダクトの穴の大きさは30%アップ(当社比)

ダクト形状と相まって、吸入空気量40%アップくらいと見込みたいところです。。

CIMG8448

ラジエターボックスにウォーターポンププーリーのボルトが当たってますが

しばらく走ってたら適当に削れてきました。。。



さて、テスト走行は同じように中央高速で行います。。

CIMG8452

八王子ICから府中に向かいます。

前回と同じくらいでぶっ飛ばしました。。 (100㎞/hまでですよ、当然)

CIMG8456

前回に比べて明らかに水温は低いぞ!

水温計で真ん中までは直ぐに上がるのはラジエターボックスが保温の役目をしてるからかな。

全開走行の後 一般道に降りたあたりで水温上昇し始めました。

低回転になって、電動ファンで冷やす領域に入ってからの水温上昇のように思われます。

ラジエターボックスの密閉をよくした分、電動ファンで空気を引き抜きにくくなったのかもしれないです。


CIMG8463

一般道を普通に走る分には

CIMG8462

水温計は真ん中キープしてます。



そして、10月25日 第四火曜日


ラジエターとフェンダーの隙間をしっかり埋めて電動ファンの効率が上がるようにします。

とはいっても、やったことは

BlogPaint

硬質スポンジを両面テープで貼って・・・・

CIMG8610

その上にストーンガードを乗せてずれないようにしただけですけど・・・何か



CIMG8641

明日は久しぶりの本庄での運動会。。。 

サーキットで 『カバの口』 をテストしてきます。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


 

曽根号 ファンレス用 『カバの口』 プロトタイプ 装着編

曽根です。


ベルト駆動のファンをやめて、その代わりに走行風を強制的ラジエターに通そうという、

『カバの口』 作戦。

CIMG0327

プロトタイプで原型はできてるので、今日は曽根号に取り付けすることに。。

S__5963789

黒く塗装する前の カバの口

ラジエターをシュラウドボックスで覆い、集風ダクトで吸い込んだ空気を強制的に送り込みます。

CIMG7359

で、取り付けは市川メカにお願いしました。



このプロトタイプはまだ一度も仮付けされてなく各部の寸法は現物合わせで修正する予定だったので、

予定通り(笑) 取り付け部に問題勃発。。

ラジエター下側の取り付け部の幅が広すぎて入りません・・


ファイアースポーツの森田社長に連絡したら

すぐに修正するから持ってきてぇ~。。。。と  即答。

CIMG7371

ファイアスポーツに行くと、

新しいエアロの開発でスタッフが現場で企画中。。 

設計は日本、製造は中国の自社工場 という国際企業です。


CIMG7367

カバの口修正は社長にお願いします。

ここの幅を狭くすればいい?

すぐやるから待ってて。

CIMG7376

ザクッと切断して、紙で型を作って、これくらいでいいかなぁ。。

CIMG7380

紙の型の上にグラスファイバーを樹脂で固めて成形

CIMG7377

さすが、手際いいね。

CIMG7384

ヒートガンで暖めて 大幅に乾燥時間短縮。 

数分で固めてはみ出た部分をカット。。  

BlogPaint

取り付けの調整幅に余裕を持たせるために本来の寸法より幅を狭くしてもらいました。

CIMG7386

持ってきてから出来上がるまで30分の早技!!



ファイアスポーツ ⇔ キャメルオート の約2kmの特急便が私の仕事(笑)




そして、再び取り付けは市川メカ。

CIMG7391

直してもらった下側の取り付け部はOK。。

ラジエター上部はサーモケースと繋いで固定するんですが、どっか当たってアタッチメントが届かないぞ。。


IMG_6037

写真が暗くて分かりにくいけど、 ファンを外してウォーターポンプのプーリーがラジエターシュラウドボックスに当たってます。

あらかじめ凹ませて逃げは作ってありましたが、少し深さが足りないかな・・







例によって、すぐファイアスポーツ森田社長にお願い → 即答OK


例によって特急便の私・・。  フットワークで勝負

CIMG7396

じゃ、プーリーの逃げの部分は作り直しちゃおう。。

一回り大きな穴を開けて・・・・

どっかにいい型ないかな、と探しに行って、

CIMG7401

ガラスの食器を持ってきました。。。  

ワンオフの場合は創意工夫で何とかしちゃいます。

製品になったらしっかり型から起こしますからね(笑)

CIMG7403

シュラウドボックスからガラス皿のお尻が突き出てます・・

なるほど。。

CIMG7407

この形でいくよ。  はーい。

CIMG7408

ファイバーを樹脂で固めます。   

急いでるんで硬化剤ちょっと多め。。

ただし硬化剤は入れすぎると反応熱で燃え出すことがあるので、さじ加減はプロの勘。

CIMG7422

バリを取って表面を軽く仕上げ。。。

試作品だから 色も塗らずにそのままでOKです。。。




そして、再び舞台はキャメルオートへ。。。

CIMG7424

ラジエターにシュラウドボックスを取り付けて、

CIMG7426

再度、合わせてみましょう。。

CIMG7429

下側のボルト通った。。 OK

CIMG7430

プーリー部の逃げも良さそうね。。。

CIMG7436

上部の取り付け用のナットを埋め込んで

IMG_6041

ストーンガードつけます。

CIMG7437

今日、何度目の脱着だろう。。。

IMG_6044

集風ダクトが取り付く場所に先客の瞬間給電のお引越し。。

CIMG7439

集風ダクトの位置に合わせてシュラウドボックス側の穴の位置も加工中。。

CIMG7449

ファイアスポーツの森田社長 仕事終わってから心配して来店。。。

『今度は付きそうだね。。』

CIMG7451

集風ダクトにボンネットフックが引っかかって閉まらなくなっちゃったので

フック側をカットして修正して取り付け完了!

CIMG7444

この『カバの口』から空気が入って・・・・

CIMG7445

この先のラジエターシュラウドボックスに入って・・・

CIMG7446

ラジエターのフィンを抜けていく予定。。

フィッティング部分の隙間からエア漏しそうなところはあるけど

大量の空気が入れば何とかなるかな・・・・・

とりあえず今日は取り付けて終了。。

お疲れ様でした。

テスト結果は後日。。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ファンレス用エア強制吸入ダクト『カバの口』 開発中

曽根です。



ベルト駆動のクーリングファンを外して電動ファンだけで冷却中の曽根号

40馬力の1000ccだと、これだけでパワフルになったのを体感できるのです。

風を起こすエネルギーってけっこう大きいです。

エンジンのピックアップもいいし、特に1速、2速ではその加速だって即体感です。

CIMG3115

2014年の夏に外したんで3回目の夏を乗り切りました。

ファンを外しただけの時は真夏でも普段の通勤くらいなら電動ファンだけでなんとかなったけど

本庄サーキットを10分も全開走行すると

DSCF7570

完全にヒートアップでした。。






そして、翌年の2015年は

IMG_5819

簡単な導風板でラジエターの方に風が行くように少々努力して

IMG_5874

少し改善。

ラジエターのフィンの間に風が通ってくれれば何とかなりそうな感触をつかみました。





そして、今2016年バージョン開発中・・・

さりげなリップ
ちょこっとオバフェン内装小物ジャストフィットシリーズ

などABSパーツ製作でお世話になってるファイアスポーツの森田社長にお願いしちゃおう♪♪


Image1フロントグリルから集めた風を全部ラジエターに通したいんだけど

そんなダクトできないかなぁ・・・・

CIMG4180

こりゃぁ、狭いなぁ。 それでこんな横向きのラジエターに風を入れるの?

ムリムリ。。


Image1 そこを何とか頼むよぉ~  型取り用にラジエター外してあるからさぁ。。


CIMG4181

わははは・・・。 ホントに用意してあるよ

やるしかないか。 しょうがないなぁ。





そして、森田社長の格闘が始まったのでした。。

CIMG6719

ファイアースポーツは国産車から外車までのエアロを毎日全国に発送しているエアロ大手。。


社長、今度はなに作ってるんですか? という社員の声・・・ (笑)

S__5627909

ダクトの設計から型起こし

木材や型取り粘土などを使って試行錯誤の日々が続いてます。。。。



ABSで型取り。。 

CIMG6722

ラジエターの内側のダクト

真ん中の窪みはウォーターポンプのプーリーの逃げです。

S__5636098


S__5636099

ABSは熱に弱いのでABSで作った型をもとにFRPで作ってます。

将来的にはここはカーボンが良いですね。



プロトタイプの原型完成。。

S__5963785

フロントグリルから風を吸い込む集風ダクト

S__5963787

そこから入った風を ラジエターの内側を完全シールドしたボックスに押し込もうというもの。


S__5963789

エア強制吸入ダクト 『カバの口』  プロトタイプ完成です。





そして・・・・・

DSCN1435

もー、ホントにたいへんだったんだから・・・。


DSCN1437

この集風ダクトの形状だってさぁ、 ほら見てよ。

DSCN1439

すげー、ホントに作って来ちゃったよ。。

DSCN1440

コレ、うまくいったらMINIの冷却革命だよ

日本中のMINIのベルト駆動ファンを外せる日は近いかも。。

CIMG6891

こんな感じで付きます。。

曽根号に取り付けてテストするまでもう少しお待ちください。。。

たのしみぃ♪♪







にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックスエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る