スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数7,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

冷却系(水回り)

TKM様 ししゃも選手LLC漏れとリアウェザーストリップ交換でご来店です^^

( ´ー‘)ゞ 浜名湖はうなぎ?ひつまぶし良いですよね~ の石川です。

10月始めにオイル交換して運動会準備もバッチリのししゃも選手登場です^^


DSCN5121


運動会行きたいんだけどねー」


CIMG7472


「コレがあんなだしなー」


DSCN5122


緑色の血が流れていますよ?


CIMG7473


「っという訳でリアのウェザーストリップと一緒に直しといてね~」

了解しました^^


CIMG7484


ウェザーストリップはガラス屋さんが本日休業なのでヒーターバルブから交換します。
イキナリ新旧交代の儀。

右の国産品を多少加工して付けます♪


CIMG7494


付きました(笑)


CIMG7495


抜いたLLCを戻してほぼ完了♪


CIMG7496


ついでにオイル点検。
さすが劇団員。ばっちりOK牧場♪


CIMG7498


タペットカバーグロメットからオイルの滲みがあります。
増し締めしましたがまだ滲むようなら交換した方が良いですね。


BlogPaint
BlogPaint


灯火もバッチリ(*´ー`*)b


DSCN5151


電動ファンが回るまで温めて。

明日冷えたらLLCの量確認します。


( ‘ω‘ ) 11/ 6 石川の追記です。( ‘ω‘ )


CIMG5989


ガラスマン登場でさささーっとウェザーストリップ交換終了で今回の作業全て終了です♪


BlogPaint


別の話ですが。。。ここ気になりません?




11月12日追記


CIMG6396

本日納車でご来店。。

CIMG6402

今回、初めてのセラミックスエアーのTKM様

みんなイイって言ってるけどどうなんだろう。。

CIMG6401

じゃ、いつもより余計にセラミック入れときます・・・(笑)

CIMG6403

違いがわからなかったらどーしよー・・

CIMG6404

じゃ、ちょっと走ってきまーす。

CIMG6409

違いが分かっちゃいました!

柔らかくなった感じがします。。

CIMG6411

水漏れも直って、セラミックスエアーで走りも良くなって・・

ドライブ行っちゃいましょう

CIMG6412


ありがとうございました。。

次回は1か月後 2回目のセラミックスエアーですね、、お待ちしています










にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


TK様、オイルとクーラントが漏れてご来店です・・・


DSCN5108

TK様、いらっしゃいませ。

前回、1回目のオイル交換で来店されたTK様が

オイルとクーラントが漏れてご来店です。

担当は、メカ山田です。


DSCN5110

ミッションケースに伝ったオイル。 どこから漏れてるのか・・・


DSCN5111

オイルは、キックダウンスイッチから漏れてました。

キックダウンスイッチからのオイル漏れは、よく見かける個所です。

新品に交換しても、オイル漏れをおこすこともしばしば・・・


CIMG7465

TK様のミニも、安心オートマ時にもちろん新品に交換してます。

今のところ、良い対処方法が無いんですよ・・・


DSCN5113

ゲージを見るかぎり、オイルはほとんど減ってませんでした。

すみませんが、しばらく様子を見てください・・・


DSCN5116

さて、クーラント漏れですが、ラジエーターのアッパータンクに漏れ痕がありました。 

TK様がアッパーホースのホースバンド締められてからは、漏れは

止まってるようですね。


DSCN5117

時間が経つと、ホースが痩せてバンドが緩むことがあります。


DSCN5118

全てのホースバンドを増し締めしました。

もう漏れることは無いので、ご安心ください !


DSCN5120

前回のご来店が、ちょうど1か月前です。

2回目のセラミックエアーを施工するのに、良いタイミングですね !

セラミックエアーを施工し、作業は終了です。


CIMG7469

TK様、お待たせしました。

2回目のセラミックエアーで、これまでとさらに変わった乗り心地を

お楽しみください !


CIMG7470

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KNN様 キャメルの車検は水路洗浄から。 PECSとお尻ペンペンも交換しますね


曽根です。


KNN様 あいにくの雨の中・・車検で来店です。

aCIMG6493

お久しぶり・・・と思ったら前回のご来店は2年半前でした



少々込み合ってて対応させていただくまでお時間いただきすみませんでした。



目視チェックからはじめます

CIMG4564

窓ガラスの上げ下ろしは左右ともスムーズでした。


CIMG4566

ヒーターユニットを下から覗いてみましたが漏れなくOK


CIMG6497

車検なんでシフトパターンステッカーが必要ですね。


CIMG6499

カッコいいフォグですがちょっと前に出すぎ・・ 車検では外しますね。


CIMG6498

純正より大きなオバフェンですが、すでに車幅変更されてたので問題なし

タイヤのゴムの部分1㎝までははみ出しOKになったんでギリギリセーフっぽい。

でも車高上げるのに車検リクルート用ホイールと交換します。

CIMG4567

エンジンルーム内の点検。。。


BlogPaint

エンジンオイルは他店で交換してからまだ1500km走行

お気に入りの鉱物油だそうです。

オイル量は少し多いくらい。


CIMG4568

うーん、ややガソリン臭を感じます。

燃料希釈には要注意。

ピストンリングがカーボンで動きが悪くなってる可能性もあります。

今回の、PECS取り付けとSOD-1添加で改善されるのを期待です。


BlogPaint

冷却水は交換されたようですが、やや臭いは出始めてました。。

少しだけ水位が低いですがどこから少量の漏れがあるかもしれません

下の写真が2年半前に来店時のですので1度は入れ替えれたようですね。

P1050884

今回は車検なので2年に一度の水路洗浄しましょう。。



BlogPaint

プラグチェック。  

イリジウムプラグで燃焼の状態もよさそうですね



BlogPaint

ブレーキフルードは変色してました。

前回の車検でリヤブレーキのカップは交換してないかもしれないですね。

キャメルでは車検ごとに国産のカップに交換させていただいてます。





続いて ミニモニでECUチェックです。

BlogPaint

マルチ画面です。  左上から・・

アイドリング回転はやや高め   『N』はアイドリングを認識できてません・・

『C』 はO2センサーによる2次補正良好。。

スロポジセンサーからの電圧0.40V  ステップ値46 は良好です。


CIMG4584

単独メニューで見ても  ノットアイドル

ハンチングも発生してました。

CIMG4577

それを裏付けるように、スロポジセンサーがフォルトです。

CIMG4578

⇧これが純正のスロポジセンサーです。 『お尻ペンペン』に交換しましょう


CIMG4587

アイドリングでの燃調補正は92%  

元の燃調より8%薄くしてるってことです。


CIMG4592

試運転のあとずっとアイドリングしてるのに77℃は低いですね。

補正する前の燃調が濃いのは低水温が原因かもしれません。

後ほど行う水路洗浄でのスリーチェックで、

実際に水温が低いのか、水温センサーの測定不良なのかを判明させましょう。


CIMG4591

MAP27kpa   インマニのバキューム値がやや低いのはアイドリグングが少し高めだからでしょう。


CIMG4593

吸気温35℃  

CIMG4595

電圧正常。


BlogPaint

KNN様と一緒に下回り点検しますね。

aCIMG4598

全体的にはオイル漏れも少なくよくメンテされてる印象。。

CIMG4599

ラックブーツ切れは・・

CIMG4600

左右ともです。  これは交換です。


CIMG4603

他のブーツ、ブッシュなどは良好

CIMG4604

ハブベアリング、ボールジョイントなどのガタもなく良好でした。


BlogPaint

ロアホースから漏れ跡を発見。 ラジエターの水が少し減ってたのはここが原因かな・・。

今回、バンドを増し締めして様子みましょう。

CIMG4608

見た目はカッコいい車高ですが低いのを裏付けるように擦ってます・・・

CIMG4609

触媒もだいぶ擦った形跡。。

車検はNGなので最低地上高9cmになるように上げますね。。。

終わったらそっと戻しておきますから・・・・・

CIMG4612

しばらくは代車のヴィッツでご辛抱を・・

CIMG4613

では、大事な愛車をお預かりせていただきます。。。



10月23日追記

台風一過で午後は暑いくらいのいい天気。

CIMG4632

水路洗浄日和ですねー。

CIMG4678

直射日光の下でよく見るとタペットカバーパッキンからオイル漏れで光ってます。。

せっかくオイル漏れが少ないエンジンなのでパッキン交換して直しておきたいところです。


CIMG6680

スリーチェックで

ほんとに水温が低いのか、水温センサーの測定が悪いのか・・を判明させましょう。


BlogPaint

まずはラジエターフラッシュを注入


CIMG4635



CIMG4636

ヒーターバルブを開いてからエンジン始動。。


CIMG4664

水温が早く上がるようにクーラーON。  クーラーの効きもバッチリ


CIMG4640

エンジンの水温は57℃  ラジエターアッパータンクは33℃のまま

サーモスタットの密閉は良好です


CIMG4651

エンジン側の水温が75℃になったとき、ラジエターに挿した温度計がグーンと上がり始めました。

サーモスタットが開き始めたようです。


BlogPaint

ラジエターに勢いよく流れ込んできてますね。

CIMG4652

78℃でサーモスタットは全開になってしまってます。

もしかして、76℃のキャブ車用のサーモが入ってる??

インジェクション車は88℃でなくてはいけません・・。


CIMG4663

サーモが開いてエンジン側とラジエターの温度が同じになったところでの比較

エンジン側87℃   ラジエター84℃

エンジン側が数℃高いのは正常です。

ということで、水温が低い犯人は 『76℃のサーモスタット』 でした。

サーモは後ほど交換します


CIMG4671

そのまま水温上昇させて93℃で


CIMG4672

電動ファン回り始めました


CIMG4673

そして91℃まで下がったところで

CIMG4674

電動ファンストップ

スリーチェックは  

●サーモNG  ●水温センサー精度OK  ●電ファンOKでした。



CIMG4682

排出。。 前回の車検でクーラント入れ替えてるので比較的きれいでしたが

臭いは出始めてました。。   

CIMG4683

ラジエター口から逆流で吸い上げます。

CIMG4685

バイパスホースにクリップしてヒーターコアから逆流で吸い上げます。

CIMG4688

ラジエター、ヒーターコアともに錆は出てきてませんが

黒っぽくてひものような小さなゴミが出てきました。

水路は健康ですね。 今後も定期的な水路洗浄おすすめです。

CIMG4690

リザーブタンクにクーラントを適量入れておきます。

明日以降にサーモスタットを交換するまで冷却水には真水に錆止めだけ入れておきます。




10月26日追記

CIMG4943

お尻ペンペン 本名はスロポジセンサー 交換します。


CIMG4944

コレがノーマルのスロポジセンサー


BlogPaint

新旧交代の儀 

右のお尻ペンペン本体に配線反転ハーネスが付きます。


CIMG4946

お尻ペンペン取付の為のベースが付いたところ。


CIMG4949

ベースの上にお尻ペンペンを取り付けて完了。。

CIMG4951

アイドリング時の出力電圧OKです。

CIMG4952

しっかりアイドリング認識もされて、ハンチングもありません。


( ‘ω‘ ) 10/ 27 石川の追記です。( ‘ω‘ )

車検工場へ行くために準備します。


DSCF8165


タイヤはリクルートスタイル。


CIMG6925


カッコいいフォグも外しました。


DSCF8167


ラックブーツも交換完了。


BlogPaint


車高も上げてナンバーステーも良い子にして準備完了。


( ‘ω‘ ) 10/ 31 石川の追記です。( ‘ω‘ )


車検工場から戻ってきました^^


BlogPaint


早速元に戻していきます^^


BlogPaint


ついでに灯火の再チェック。


CIMG7006



タイヤも元に戻します。
やっぱりこっちの方がカッコいいですね。


DSCF8200


タペットカバーパッキンも交換します。
グロメットは用意しましたがこのタペットカバーに合わなそう?
今回は交換しませんでした。


DSCF8201


タペットは今回0.30に合わせました。


DSCF8203


サーモスタットも交換します。


DSCF8204


クーラントブースター投入。


DSCF8205


そしてLLC投入完了です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

11/2

メカ山田です。

残作業もあと少し、今日はPECSを付けます。


DSCN4890

フォグランプがあって、グリルが外せないんですよ。

フォグランプを戻すのを早まったか・・・

この隙間から、何とかオイルフィルターを取り出せればいいのですが。


DSCN4893

ちょっとだけ苦戦したけど、取り出すことに成功 !


DSCN4894

PECS装着完了です !


DSCN4891

オイル交換は無いけど、ドレーンの鉄粉は点検するんでしたね。

素早くドレーンを、他のでれーんと差し替えます。


DSCN4902

ドレーンの状態です。

これだけを見ると、PECSを装着してない車両の標準的な量に見えますが、

オイル交換から1500kmの走行と考えると、少し多い気もします・・・


DSCN4903

鉄粉が多かったらオイル交換OKということなので、オイルは交換させていだきました。


DSCN4904

せっかくSOD-1を注入しても、あと1500km走行してオイル交換するのは

勿体ないし、ここから3000km走行されたほうが良いと思いますよ。

SOD-1には、洗浄作用でスラッジを分解して離さない働きの他にも、

摩擦低減の効果もあり、ミッションにも優しいです。


DSCN4905

SOD-1と今回装着されたPECSの相乗効果で、ドレーンの鉄粉が

どのくらい減るのか楽しみですね !  オイルは、プロステージ10W-40です。

これで残りは、RECSとセラミックエアーの施工だけになりました。

それらは、来店された時に施工させていただきますね。

今日はこれで終了です。

( ‘ω‘ ) 11/ 3 石川の追記です。( ‘ω‘ )


BlogPaint


KNN様ご来店です^^
RECS施行します♪


BlogPaint


その間タイヤワックスでピッカピカに^^
コツはスポンジで馴染ます!ですね


CIMG7417


今回ミニデイには行けませんが3連休はお天気良さそうなのでちょっとドライブに良いかもしれませんね^^

渋滞もおまわりさんも普段より多めですので気をつけていってらっしゃーい♪
ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002







TKN様、キャメルで初めての車検です。


CIMG5934

メカ山田です。

前回、鈑金修理だったTKN様が、車検でご来店です。

手に持つそれは、メッキワイパーですか !

今回、黒からメッキに交換されるんですね。


BlogPaint

早速、入庫チェックを開始しましょう。

左リヤのスモールランプとストップランプ、


DSCN3774

右のサイドマーカーも不灯。  結構バルブ切れがありますね・・・


DSCN3777

前回、リヤのラバコンとショックも交換されたんでしたね。

馴染んできたのか、車高は少しだけ低いかな。

後で上げておきますね。


DSCN3779

オイルを交換されてから1400km、交換するのはもう少し先ですね。

量はしっかり入ってるので、このままでも大丈夫です。


DSCN3780

一応、臭いも。 燃料希釈も少ないです !


DSCN3781

ECUチェックはノーフォルトでした。


DSCN3782

DSCN3783

DSCN3784

DSCN3785

DSCN3786

DSCN3787

DSCN3791

若干ステッパー値が低めですが、センサーは全て基準値内で良好です。


DSCN3793

ステディーブッシュのの劣化は大き目です。


DSCN3794

DSCN3802

エアークリーナー、スパークプラグなど消耗部品も交換時期でしょう。


BlogPaint

続いて、下回りを点検。 少々お待ちください・・・


DSCN3799

リヤマフラーが、内部が腐食して崩れてます。

排気漏れはありませんが、そろそろ交換時期ですね。


DSCN3801

リバウンドバッファーが、左右とも切れてます。


DSCN3803

ラジエーターもパッキンが傷み始めてるので、交換したほうがいいでしょう。


CIMG5949

これまで車検以外にも、ミニ屋さんでメンテナンスされてきただけあって、

不具合は消耗部品が殆どで、全体的には少なめですね。


P1140641

作戦会議で、今回の作業内容を決定中・・・


CIMG5952

どうやら決まったみたいですね。 

それでは、お車お預かりします !


DSCN3819

DSCN3822

さて、少しだけ作業を進めます。

点灯しなかったランプはバルブを交換し、


DSCN3820

DSCN3823

無事、点灯しました !


DSCN3805

続いて、車高を上げます。

現在の車高は、少々リヤが下がり気味。


DSCN3807

フロントは低くないのでそのまま。

リヤを少し多めに上げてみました。


DSCN3818

上がったのが分かるかな?!


DSCN3827

DSCN3828

最後にワイパーを、黒からメッキに交換しました。

クラシカルな感じになって、とても似合ってますよ !

今日は、ここまでで終了ですね。


( ‘ω‘ ) 10/ 19 石川の追記です。( ‘ω‘ )


BlogPaint


車検工場から戻ってきましたーヽ( ´ー`)ノ

それまでの作業が追記出来ませんでした写真だけー(汗)


CIMG6221


プラグは今回NGKのBP6EXで交換しました。
次は隣のあいつに勝てるブリスクプラグ行っちゃいましょう(*´ー`*)b


CIMG6225


ステディーロッドブッシュも新しくなっています^^


CIMG6226
CIMG6227


簡易アースで安心ですね^^


CIMG6228
CIMG6229


リバウンドバッファは三和トレーディングさんの強化品です。


CIMG6230


ラグナットはメイド・イン・ジャパーン♪
協栄産業のナットです(*´ー`*)


残りの作業は水路洗浄&ラジエーターキャップ交換と最後はRECS
ご納車当日にセラミックエアーです(`・ω・´)ゞ





10月20日

CIMG4435

最後になってしまいましたが、車検の定番メニューの水路洗浄です。


BlogPaint

ラジエター口から洗浄剤のラジエターフラッシュ入れます。


CIMG4437

水路洗浄の時のスタイル・・・・

左の青いカバーは水温上昇させるためのエンジンカバー

ミニモニminiでエンジン側の水温センサー温度をチェックしながら

ラジエターに挿した温度計と比較していきます。


CIMG4438

CIMG4440

ヒーターコアの洗浄も行うのでヒーターバルブは開けておきます。


CIMG4439

ヒーターユニットを下から覗いて漏れのチェック。。 大丈夫でした。


CIMG4441

エンジン始動して洗浄開始。。




最初はサーモスタットの密閉度チェック

CIMG4445

エンジン側は87℃まで上昇しましたが

ラジエターは24℃のまま。。  サーモスタットの密閉度は優秀です



BlogPaint

その直後にサーモ開き始めて

エンジン側の水温は下がり、ラジエター側が上がっていきました。


BlogPaint

そのまま90℃まで上昇したあたりで・・

CIMG4465

サーモスタットが全開になったようで、勢いよく流れ込んできてます。


CIMG4471

そのまま上昇させて95℃


CIMG4472

電動ファン回り始めました。


BlogPaint

ファンが回って92℃まで下がったところで・・


CIMG4473

ストップ。

サーモスタット 水温センサー  電動ファン のスリーチェックはすべて良好でした



CIMG4476

排水はかなり臭いは強かったので2年以上交換されてなかったかも・・

今後も定期的な水路洗浄おすすめします。


CIMG6273

・・・と、今日も元気に水路洗浄やってまーす。

BlogPaint

ラジエター口から逆流で吸出し。


CIMG4479

バイパスホースをクリップしてヒーターコアだけから逆流で吸出し


CIMG4480

右がラジエター  左がヒーターコア

キレイな状態でした。。 この調子でケアしましょう。



CIMG4481

エア抜きのためバイパスホースを外した状態でクーラント入れましたが


BlogPaint

やや飲み込みが悪いかな・・・ 

今のところ冷却力に問題ありませんが冷却力が落ちてきたらコア増しラジエターお勧めです。


CIMG4483

鉄エンジンの水路サプリメント。。。

強力防錆 防食 で水路を守り、強力消泡で冷却力アップ。。


リザーブタンクはパイプが詰まってるようなので明日以降、再点検します。


( ‘ω‘ ) 10/ 23 石川の追記です。( ‘ω‘ )


CIMG6649


リザーブタンクが詰まっている疑惑浮上。
その真相は・・・?


BlogPaint


行き止まり。
エアーも通らないし細い針金もここでストップ。


CIMG4653


時々あるんですよねー何なんでしょ?


CIMG4659


水路洗浄中のKNN様ミニの所に行ってLLCを拝借。


CIMG6659


今度はちゃんと入りました♪

後は最終チェック。


CIMG6662


ボンネットのところのシールが浮いていたので押し込んでおきました^^
正式名称 スティッキーリアドレインシール。どういう意味でしょう?(汗)


CIMG6663


運転席側のレギュレーターハンドルの取っ手が。。。
これ不便じゃないですか?

こんなのありますよ。お取り寄せですけど。
http://www.sanwa-trd.co.jp/partslist/detail/21410090/#tabs

雰囲気変えてこんなのはどうでしょう?
http://www.sanwa-trd.co.jp/partslist/detail/21410030/#tabs


残り作業はRECSです。
ご来店前日に施行予定です^^


( ‘ω‘ ) 10/ 27 石川の追記です。( ‘ω‘ )


CIMG6926


明日ご来店予定との事なので仕上げのRECS施工します。


BlogPaint


同じく明日ご来店予定のSSK様と同時施行♪


BlogPaint



本当はここでTKN様に点滴を打っている体の写真を撮らせてもらえると完璧なのですが。。。
お二方ともいらっしゃらないので石川が代理で打っときます(笑)




10月28日追記

お待たせしました。

本日納車でご来店です。

CIMG5093

最後の仕上げは空気に魔法。。 そうセラミックエアーね。

へぇ~ これが魔法なの?

CIMG5094

そう、私が魔法使い・・。  

私が念を込めてタイヤに空気を入れるとぉ~

CIMG5095

じゃ、ちょっと1周乗ってきます。。

ここのシーンでは、タイヤに空気入れただけじゃん・・・て感じでポーズお願いします。(笑)


CIMG5096

なんか調子よくなった気がします。。。

ちょっとインプレは弱めでしたが、普段走り慣れてる道だったらすぐわかると思います。

1か月後にもう一回入れに来てください。 2回目の方が変わったのがよくわかります。

CIMG5097

あいにくの雨ですが、気を付けてお帰り下さい。

またのご来店をお待ちしています。




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

 

SIT様、口が固すぎるのがオーバーヒートの原因でした。


BlogPaint

メカ山田です。

前回、水回りの修理で来店されたSIT様が、急遽ご来店です・・・


DSCN2363

先日、ラジエーターの下辺りに、クーラントが漏れてるのを発見したとのことです。

その後走行された時には、水温計がHIまで上がったとか・・・


DSCN2365

点検しても、クーラントがハッキリと漏れた形跡は見つかりませんでした・・・

少々怪しいのは、サブタンク。 

サブタンクからクーラントが伝ったような痕が見られました。


DSCN2364

オーバーヒートは、電動ファンが作動しないのが原因みたいですね。

104℃になっても作動しないとは。 危険なので、この辺でやめておきます・・・

電動ファンが作動しないのが、クーラント漏れに関係してそうですね。


CIMG3726

後日、再度点検してみますね。

作業終了まで、しばらくお待ちください。 お車、お預かりします・・・




9月22日追記

s-201306114  電動ファンが回らない原因を再点検です。。

CIMG2899

電動ファンのヒューズは切れてません。


他にも電気的な原因は考えれれますが

CIMG2888

その前にまずは温度を上げてサーモスタットの開弁テストしてみます。

水路洗浄でやるスリーチェックのひとつ。。


CIMG2896

エンジン側は78℃まで上昇しましたが

ラジエターアッパーは30℃のまま。

サーモスタットの密閉度はイイですね・・・

CIMG2906

88℃で開くはずのサーモスタットですが・・・・

93℃になってもラジエター側は35℃。。。。。。

これはサーモスタット開いてません。。

それもカチッとキチッとしっかり閉じたまま。

CIMG2904

密閉度は重要な性能ですが開かないんじゃただの栓と同じ

これではラジエターの下に付いてる電動ファンスイッチが作動しないわけですね。


口は固い方がいいけど、固すぎるのはダメね。

BlogPaint

サーモスタット交換してから電動ファンの作動確認します


~☆~☆~☆~☆~☆~☆

すみません、作業中の写真ありません・・・m(__)m

~☆~☆~☆~☆~☆~☆



9月23日追記

CIMG2957

すぐに直してくれてありがとう。。。とSITさま

こちらこそご利用ありがとうございました。


CIMG2958

今回も完全にオーバーヒートまで行く前に気づいて対処してくれたので

サーモ交換だけで済みました・・ 良かったです。

ありがとうございました。








にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックスエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る