スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

MINIの車検

YMG様、もうすぐ車検、なので下見とタイヤ交換します。


CIMG6582

メカ山田です。

前回、オイル交換と異音で来店されたYMG様。

来月に車検を控え、下見とタイヤ交換でご来店です。

担当は、メカ山田です。


CIMG6585

タイヤを交換してる間に、車検の下見を行いましょう !


DSCN5695

オイルの燃料希釈は、少ないみたいですが、


DSCN5697

オイルが減ってました・・・

オイル交換から2000kmで、1リットルほど減ってますね。

1か月に1000km走行されるみたいなので、車検時にはちょうど交換時期になりそうです。


DSCN5724

少ないまま1か月過ごすのは、少し不安ですね・・・

オイルは、補充しておきましょう !


DSCN5699

ECUチェックはノーフォルトでした !


DSCN5700

DSCN5701

DSCN5702

DSCN5703

DSCN5704

DSCN5705

DSCN5706

DSCN5707

各センサーの数値も良好に見えたのですが・・・


DSCN5708

アイドルスイッチがノットアイドル表示でした・・・

これは、あのお尻ペンペンを付けるチャンス !

車検の時に是非付けましょう。


DSCN5711

DSCN5712

不具合は、割と少なめです。

ドライブシャフトブーツにヒビ割れがありますが、切れてないので

このままでも車検はOKです。

もちろん、切れる前に交換したほうが安心ですけどね !


DSCN5713

他にも、チェンジブーツ切れや、


DSCN5720

ナイロンベアリングにも磨耗があるなど、不具合は幾つかありますが、

車検で修理しなければならないところは少なそうです !


DSCN5714

今日は、ブレーキの鳴き止めもご用命になりました。


DSCN5715

DSCN5716

鳴き止めを行うなら、タイヤが外れてる今がチャンス !


DSCN5717

パッドを組み付ける頃には、タイヤの交換も終わり、


DSCN5694

最後に試乗を行いました !

距離は短いけど、今のところブレーキ鳴きは止まってますね。


CIMG9383

YMG様、お待たせしました。

車検まで、まだ1か月あります。

時々オイル量は、点検してくださいね !


BlogPaint

では1か月後、お待ちしてます !

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



HSK様 車検本番です!

( ´ー‘)ゞ シトシト降るイメージの梅雨ですが、案外ドバーッと降りますね・・・の石川です。

前回車検の下見をして準備万端なHSK様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


BlogPaint


今日も魂を抜く勢いで写真撮りますよー(笑)


CIMG6463


とは言っても前回下見も終わっているのでOCRシートにお名前と住所を書いていただくだけ。
そんなに沢山写真撮れません^^


CIMG9168


書類も揃ってそれではお預かりします。

作業完了までキャメルの代車で辛抱してくださいね。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN5731

6/25

メカ山田です。

お預かりになってから2日目です。

今日は、タイヤの交換です !


DSCN5732

車検用に、タイヤをはき替え・・・るのでは無く。


DSCN5733

実は車検は、すでに終わってたりして !

なので、タイヤを戻してます。

車検は終了しましたが、水路洗浄などまだ作業が残ってるんですよね・・・

もう暫く、お待ちください。




6月26日追記

BlogPaint

今日は水路洗浄。。。 担当は曽根と メカひとし

BlogPaint

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動。

水路を循環させて洗浄開始です

DSCN1375

ラジエターアッパータンクの温度計は80℃まだ上がりました

DSCN1377

わずかにサーモスタットが開きだしたようです。


CIMG9445

83℃になりました

CIMG9446

水温計の針はこのあたり。。 このメーターは適温は真ん中あたりで分かりやすいですね

スミスのメーターは個体差もあるのでこうして実温と比較して針の位置を覚えておく必要あります。


BlogPaint

そして、ラジエターアッパータンクへ勢いよく流れ込んできました。

サーモスタットもしっかり開いてて良好です。




次は電動ファンのチェック。。

CIMG6663

電動ファンが回ったところの写真を撮るのに3人がかり(笑)


DSCN1379

撮れた写真はこれ。。  ちゃんと回りました。

DSCN1381

ラジエターアッパーの温度で101℃

やや回りだす温度が高めですが回り続けてたので大丈夫でしょう。





排水まで少々時間が経ってしまいましたので

もう一度水温を上げてから排水しました。

CIMG9464

かなり汚れは取れました・・・。

CIMG9465

ラジエターから逆流させて汚れを引き抜きます。

CIMG9466

ヒーターコアも逆流させて汚れを引き抜きです。

CIMG9467

右がラジエター逆流  左はヒーターコア逆流。。

CIMG9470

このホースの中、錆がたまってるね・・・

CIMG9473

エンジンブロック内の水路も汚れてそうなので

今後も定期的な水路洗浄おすすめです。


BlogPaint

排水終わったのでLLC入れます。

まずは何はなくともクーラントブースター

強力防錆 防蝕 消泡作用で 鉄エンジンMINIの冷却を守ります。

CIMG9477

LLC入れて

CIMG9478

リザーブタンクにも補水して完了。。。

CIMG9480

と、思ったらラジエターキャップがこんなことになっちまいました。

日本製のキャップに交換させていただきます・・。









つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


TRI様、車検でご来店、お久しぶりです !


CIMG6110

メカ山田です。

前回、ワイパーの点検で来店されたTRI様が、

車検で来店されたのが昨日のことです。


CIMG6108

TRI様、MGミゼットは元気にしてますか?


CIMG6113

などと、ゆっくりお話しする間もなく、TRI様はお帰りに。

残念、今度ゆっくり、お話しを聞かせてくださいね !


DSCN5308

1日経って、本日入庫チェックです。


DSCN5309

まずはECUチェックです。

前回のECUチェックって、もしかして前回の車検かな?!


DSCN5310

DSCN5311

DSCN5312

DSCN5313

DSCN5314

DSCN5317

あの時は、クランク角センサーと吸気温センサーにフォルトがありましたね。

今回はノーフォルト !  センサーも全て基準値内でした。


DSCN5321

若干、ガソリン臭のするエンジンオイル。

燃料希釈は少ないようです !


DSCN5367

不具合は幾つかありましたが、緊急性の高いものは少ないですね。


DSCN5368

チェンジシールにオイル漏れがあります。

リフトアップ中にも、2滴ほど垂れてきました。

こちらは、修理された方が良さそうですね。


DSCN5371

ナックルジョイントのブーツが切れてます。


DSCN5372

右側はパックリ切れてますが、左側は切れ始めたばかりといった感じでしょうか。

どちらもアッパーアームを傷めてしまうので、修理されたたほうが良いでしょう。


DSCN5373

現在は乾いてますが、ヒーターコアにも結構な漏れ痕がありました。

今回は、どこまで修理しましょうか。

ご連絡、お待ちしてます・・・




6月24日追記

今日はお天気もいいし 水路洗浄日和・・・・

担当 曽根です。

CIMG9199

お隣のKWS様も一緒に水路洗浄です。


CIMG9271

洗浄剤のラジエターフラッシュを入れたあとエンジン始動して

温めながらエンジン内を洗浄です。

水温センサーの温度をミニモニで読みながら ラジエターは温度計で測ります。

BlogPaint

エンジン側は59℃まで上がりましたが ラジエターは30℃

サーモスタットは閉じてることがわかります。


CIMG9272

エンジン側73℃ ラジエターアッパータンクもやや動きがあって62℃まで上昇してますが・・・・

BlogPaint

まだ、ラジエターに流れ込んではいません。

サーモスタットのエア抜き用の穴で温度が伝わってきてます。


CIMG9274

ミニモニ86℃  ラジエター83℃  ほぼ同じです。

エンジン側が2~5℃くらい高いのは正常です。

CIMG9276

その時、ラジエターに勢いよく流れ込んできてました

サーモスタットが86℃で全開になったようです。

規定値は88℃ですが問題ないレベルですね。

CIMG9287

そのまま温度上昇させて95℃

CIMG9289

電動ファン回りだしました。

CIMG9292

91℃で

CIMG9293

ストップ。

電動ファンの動作温度も良好です。

CIMG9311

排水・・。  MINIもスッキリ。。 さっぱりしたぁ~って。


BlogPaint

ラジエターの汚れは逆流させて引き抜きます。

CIMG9315

ヒーターコアも同様に逆流させて汚れを引き抜きます。

その時の給水はラジエターから。。

CIMG9316

右がラジエター逆流  左がヒーターコア逆流です。


CIMG9318

お約束のクーラントブースター

消泡、防錆、防蝕作用で 冷却力アップと水路を守ります。

CIMG9319

そして、これから暑い夏に備えて、TRI様のチョイスした冷却水は

ワコーズのヒートブロックプラス  

ヘッド周りの熱を効率よく取ってバランスの良い冷却力を発揮します。

マイナス12℃まで使えるのでサーキットだけじゃなく通年使用OKです。


BlogPaint

リザーブタンクにももちろん ヒートブロックプラス入れて完了。

CIMG6557

なぜか終わったのは夜。。。。。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

6/25

メカ山田です。

車検も無事終了しました。


DSCN5685

DSCN5684

これで、元のクラシカルな姿に復活です !


DSCN5686

クラシカルといえば、ハンドルもクラシカルなものに交換ご用命でしたね。


DSCN5687

このハンドルも、充分クラシカルですが。

ナルディー クラシックというくらいだし・・・


DSCN5690

でもこっちの方が、もっとクラシカルな感じがしますね !

デザインが似てるけど、ちょっとした違いがTRI様の拘りを感じますね。

カッコいい・・・


DSCN5691

後は、このワイパーを交換すれば、


DSCN5693

残りは、RECSの施工だけとなりました。

ご来店に合わせ、施工を行いますね !


つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



ST様 2年振りのご来店は車検です。

ST様、いらっしゃいませ。

本日は車検のお預かりですね。

担当は高宮です。

BlogPaint

前回のご来店は2015年6月に車検でご来店です。

前回のオイル交換から4000Kmの走行です。

CIMG8590

点検はマスターです。

2年間で4000Kmですが長距離移動が多いとのお話なので、オイルは綺麗です。

燃料希釈も少ないようです。

CIMG8598

試乗では気になる所は有りませんでした。

CIMG8600

エンジンの異常を示すフォルトは有りませんでした。

CIMG8603

エンジン回転数は良好です。

CIMG8604

マニホールド内バキュームも正常です。

CIMG8605

CIMG8606

CIMG8607

CIMG8608

CIMG8601

CIMG8611

フューエルトリムも殆どプログラム通りの燃調で良好です。

CIMG8617

ラックブーツに亀裂がありましたが このくらいならバンド締め直しで行っちゃいましょう

DSCF2671

エアークリーナーは交換してしまいましょう。

CIMG8593

クーラントは交換時期です。

ここから水路洗浄を始めます。

DSCF2674

洗浄剤はワコーズ ラジエーターフラッシュです。

DSCF2678

エンジンをかけ、水温を上げながら水路を洗浄していきます。

水温センサーの温度が75℃で、温度計は32℃。

サーモスタットの密閉は良いようです。

DSCF2680

水温センサーの温度は85℃です。

温度計は80℃、水温センサーの精度も良好です。

DSCF2682

DSCF2683

水温センサーの温度が90℃に達しました。

この時サーモスタットが全開になりました。

サーモスタットの開弁も良好です。

DSCF2686

DSCF2687

電動ファンは99℃で回り始めました。

DSCF2688

DSCF2689

電動ファンの停止温度は95℃でした。

電動ファンの作動温度は少し高目ですが、作動に問題は有りませんでした。

DSCF2693

洗浄も頃合いなので、洗浄済みのクーラントを吸い出していきます。

DSCF2694

錆などは出て来ませんでした。

クーラントの色は劣化が見られます。

交換時期としては丁度良い頃です。

DSCF2695

続いて水路を逆流させ、ヒーターコアに溜まった汚れを吸い出します。

DSCF2696

ヒーターコアには汚れが溜まっていました。

水が透き通る迄吸い出します。

DSCF2697

ワコーズ クーラントブースターの添加です。

これを入れると(消泡)(防錆)(防食)効果が上がります。

LLC(ロングライフクーラント)の主成分はエチレングリコールなのですが、この液体は金属への攻撃性が高く、特にアルミを侵します。

LLCには(消泡)(防錆)(防食)この3成分が元々入っているのですが、熱により1年程で機能しなくなります。

そこで水路洗浄後にクーラントブースターを入れると寿命を延ばす事が出来ます。

DSCF2699

新しいクーラントを入れて水路洗浄は完了です。

つづく

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



HYS様 車検の時期がやって参りました。


HYS様、いらっしゃいませ。

本日は車検の入庫ですね。

担当は高宮です。

前回のご来店は2016年5月にオーバーヒートでご来店です。

CIMG7880

私はピットで作業中なので、マスターに受け入れの点検をお願いしました。

CIMG7881

オイルは減っていないようですね。

前回のオイル交換からの走行距離は2300㎞程です。

CIMG7882

燃料希釈は少ないようです。

これで本当に燃料希釈が多いとガソリンの臭いがするんですよ^^

CIMG7884

ブレーキフルードは交換時期ですね。

大分飴色に変化しています。

CIMG7886

ラジキャップからクーラントが漏れているようです。

ラジキャップは交換しておきましょう。

CIMG7885

ヒータージョイントパイプは交換予定でしたが既に交換済でしたので、今回の交換は無になりました。

前回のご来店で交換しているようです。

CIMG7891

車高は最低地上高を満たしていません。

車検対策で車高を上げます。

CIMG7902

クランク角センサーにフォルトが入っています。

CIMG7914

今回はリセットしておきます。

様子を診ましょう。

CIMG7903

エンジン回転数は丁度良い所でアイドリングしています。

CIMG7904

マップ値も標準値です。(大気圧100kPa)

CIMG7905

CIMG7906

CIMG7907

CIMG7911

フューエルトリムもプログラム値です。

CIMG7912

ECUの数値は問題ありません。

BlogPaint

CIMG7916

電動ファンチェックです。

水温センサーの温度が95℃で電動ファンがONになりました。

CIMG7917


CIMG7918

また停止温度は91℃です。

電動ファンスイッチは良好です。

CIMG7933

右リヤのナックルジョイントのブーツが切れています。

CIMG7936

クーラントは綺麗ですが、2年に1度の水路洗浄はやりましょう。

CIMG7937

HYS様はキャメルの安心オートマ試乗車のおとーと君に御試乗です。

新しいラバコンの乗り味をご堪能ください。

CIMG7951

ここでHYS様はキャメルの代車でお帰りです。

少しの間大切なお車をお預かりいたします。

DSCF2187

ここからやっと私の出番です。

水路洗浄をします。

洗浄剤はワコーズ ラジエーターフラッシュです。

DSCF2189

エンジンをかけクーラントを温めながら洗浄していきます。

DSCF2191

水温センサーの温度が76℃、温度計は64℃。

サーモスタットの密閉は良くないようですが、オバーヒートの心配は無いのでOKとします。

DSCF2193

水温センサーの温度が92℃温度計は91℃。

水温センサーの精度は良いようです。

DSCF2194

この時サーモスタットが全開になりました。

DSCF2195

洗浄も頃合いなので、汚れたクーラントを吸い出していきます。

DSCF2198

吸い出したクーラントはあまり汚れていませんね。

DSCF2201

そして水路を逆流させヒーターコアに溜まった汚れを吸い出します。

DSCF2202

ヒーターコアからは汚れが出て来ました。

水路の汚れの終着点はヒーターコアのようです。

DSCF2203

ワコーズ クーラントブースターを添加します。

入れるだけで、泡立ちを抑え、錆の発生を少なくしてくれます。

DSCF2205

新しいクーラントを入れて水路洗浄は完了です。

本日はここまでです。


(*‘ω‘ *) 6/12 石川の追記です。(*‘ω‘ *)


BlogPaint


足回りの作業に入ります♪


CIMG5353


左のボールジョイント交換の為にスイベル外し。


CIMG5356


このタイミングでテンションロッドのブッシュも交換します。


CIMG5359


お待ちかね?
ボールジョイント交換準備完了。


CIMG5360


このシムを使って調整していきます。


CIMG5361


バッチリキマったらグリスアップして完了。
コレを上下2ヶ所やります。


CIMG5363


お次は左ドライブシャフトのジョイントOHとブーツ交換。


CIMG5364


インナージョイントの奥にあるプラグは一度外してお掃除してからシーリングし直します。
この作業をしないとある日突然シャフトからオイルが侵入→グリスがシャバシャバでエライ事になります(´;ω;`)


CIMG5366


タップリのモリブデングリース。


BlogPaint


インナー・アウタージョイントOH完了ヽ( ´ー`)ノ


CIMG5369


ドライブシャフトを抜いたついでにデフサイドシールも交換しました。


次はショック交換。


BlogPaint


フロントから新旧交代の儀。
使うショックはビルシュタインのB4です。


CIMG5371


フロント左右交換完了ヽ( ´ー`)ノ


CIMG5376


新旧交代の儀。
リアショック編。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

6/15

メカ山田です。

車検も終わり、お車が戻ってきました。


DSCN4995

残ってる作業もあと少し、もうひと息です !


DSCN5026

DSCN5027

車高を戻します。

元の低い車高はカッコ良いんですけどね、タイヤがフェンダーに

当たりやすいところが難点か・・・


DSCN5028

その対策にはコレでしょう、リヤバンプストップ !


DSCN5030

今回取り付けを、追加ご用命になりました !


DSCN5034

取説し従い、バンプストップラバーをカットします。


DSCN5035

HYS様のミニは12インチです。

10インチの場合、さらにこの半分の高さにカットします。


DSCN5036

DSCN5038

赤いラバーがいかにも社外パーツといった感じで、やる気を

感じちゃいますね !


DSCN5039

試乗でも、バンプストップに当たる感じはほとんど無く、

かなり良い感じでした。


DSCN4999

試乗で、エンジンも充分暖まったことでしょう。

続いてオイル交換 !


DSCN5000

今回は、オイルフィルターも交換ご用命です。


DSCN5002

付けるのは、もちろんPECS !


DSCN5004

ドレーンは鉄粉も少なく、エンジン、ミッションも良好なことが伺えますね。

最初のPECS清掃は、20000km走行後でも大丈夫じゃないかな。


DSCN5005

SOD-1の効果の一つ、エステルの電着被膜でエンジン、ミッションを強力に

保護するので、それぞれの相乗効果にも期待が高まりますね !


DSCN5006

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。

作業はこれで、ほとんど終了しました。

残るは、RECSの施工だけですね。

納車が決まりましたら、それに合わせて施工しますね。


==============================

6月17日追記担当は高宮です。

本日納車予定のHYS様ご来店です。

CIMG8645

HYS様「これが最近キャメルで大騒ぎしているセラミックエアーか~」

高宮「是非入れてみてください。」

CIMG8634

YHS様「本当に変わるの?」

高宮「試乗してもらえばわかりますよ^^」

CIMG8647

HYS様「いやー変わるもんだね~」

高宮「そうなんですよ~不思議ですよね~」

CIMG8656

仕上げのRECSを施行して作業完了です。

CIMG8664

本日はありがとうございました。

1か月後にもう一度セラミックエアーを充填しにご来店くださいね。

BlogPaint

気を付けてお帰りください。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ


キャメルオート オンラインショップ







 http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

夏到来。
オーバーヒートする前に。
ラジエーターキャップを開けてクーラントを確認しましょう。
2年以上交換していないなら、汚れていなくても水路洗浄を!
MINIのクーラー、
今年は大丈夫?
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る