スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

【ゴールデンウィークの休業日】
5/3(水)~7(日)をお休みとさせていただきます。
作業予約はお早めに。

MINIの車検

OMT様、初めての車検ですね。ブラックオルタネーターも付けます。


DSCN2382

メカ山田です。

前回、オイル交換で来店されたOMT様。

あれから2か月、車検がやってきました。


DSCN2384

初めて来店されてから、1年半も経つんですね。

OMT様もミニに乗られてから、初めての車検ですね !


DSCN2387

前回も高めだったマップ値は、オルタネーターの負荷が大きいのが原因

みたいですね。


DSCN2392

そのことを承知していたOMT様。

ずっと気にされてたんですね、今回ブラックオルタネーターの取り付けを

ご用命になりました。

低めのオルタネーターの出力電圧も、14Vくらいの良好な数値になるでしょう !


DSCN2385

DSCN2389

DSCN2390

DSCN2391

DSCN2393

DSCN2394

その他のセンサーも、基準値内で依然良好ですね !


DSCN2402

不具合もオイル交換時と変わらず、緊急性の高いものはありませんね。

サイドブレーキリンケージのブーツは、切れてるので交換しましょう。


CIMG2490

今回、ドリンクホルダーの取り付けもご用命になりました。

快適なドライブの必需品、ゴールデンウィークはすぐそこですからね !


CIMG2491

今日は、マスターのミニでお送りしますね。

お車、お預かりします !


つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KNK様 車検のお預かりで、2年ぶりのご来店。

KNK様、いらっしゃいませ。

前回のご来店は2015年4月に車検でご来店です。

本日は車検のお見積りからです。

担当は高宮です。

BlogPaint

DSCF7105

早速オイルをチェックして試乗に出ます。

オイルは150cc程減っています。

DSCF7106

試乗で気になったクラッチペダル。

3回踏まないと、踏みごたえが出ません。

クラッチマスターとレリーズシリンダーの交換を、お勧め致します。

DSCF7129

エアークリーナーも大分汚れています。

交換をお勧め致します。

DSCF7111

灯火チェックではバックランプが点灯しませんでした。

DSCF7136

DSCF7137

2年前に交換したはずの右側ドライブシャフトブーツが刃物で切ったようにパックリ割れています。

他の部分にはヒビが無いので、何かで引っ掛けたのでしょうか?

残念ですが、ブーツの交換も必要です。

DSCF7122

左右のナックルジョイントのブーツが外れています。

右のナックルジョイントにはブーツの切れも出ています。

DSCF7127

デスビキャップの電極に摩耗が見られます。

こちらも交換しておきましょう。

DSCF7126

勿論ローターも交換します。

DSCF7143

オイルは大分汚れが出ていますが、オイルが汚れるという事はオイルが汚れをシッカリ包んでいるという事ですね。

DSCF7152

ドレーンボルトの鉄粉は少ないです。

DSCF7146

前回のオイル交換ではドレーンボルトに沢山の鉄粉が付いていたようなので、PECSの清掃も致します。

DSCF7140

エキゾーストパイプの遮熱マットが垂れ下がっていました。

DSCF7141

アルミのテープでしっかり固定しておきました。

CIMG5524

これから車検整備に入ります。

しばらくお預かり致します。

CIMG5527

キャメルの代車でご辛抱ください。

DSCF7230

ここからは水路洗浄に入ります。

洗浄剤はワコーズのラジエーターフラッシュです。

DSCF7259

水温90℃でラジエーター内に激しくクーラントが流れこんできました。

サーモスタットの開弁は良好です。

DSCF7262

DSCF7263

温度計が92℃になると電動ファンが作動開始です。





DSCF7264
DSCF7265

電動ファンの停止温度は88℃でした。

DSCF7286

洗浄も頃合いなので、エンジンからクーラントを吸い出していきます。

DSCF7285

汚れ具合は一般的です。

クーラント交換時期としては適切な汚れ具合です。

DSCF7289

DSCF7291

ワコーズのクーラントブースターとクーラントを入れて水路洗浄は終了です。

本日はここまでです。

===================================================
4月20日追記 担当は高宮です。

DSCF7292

本日はタイヤの交換と仮のフェンダーを取り付けます。

DSCF7297

ちょっと雰囲気が変わりましたねw

DSCF7299

タイヤも12インチのスタッドレスに交換して作業完了です。

つづく。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002




TSM様 車検の入庫でお預かりです。

TSM様、いらしゃいませ。

前回のご来店は、昨年の12月24日にタイヤ交換でご来店です。

担当は高宮です。

CIMG1952

CIMG1962

本日はお車をお預かりしてバイクでご帰還です。

見積もりが出ましたら、ご連絡致します。

DSCF6834

エンジンの異常を示すフォルトは有りませんでした。

DSCF6837

エンジン回転数も良好です。

DSCF6840

マニホールド内負圧は良好です。(大気圧100kPa)

DSCF6841

DSCF6842

DSCF6843

DSCF6844

DSCF6846

DSCF6848

ミニモニのECUチェックは基準値で問題は有りません。

DSCF6852

灯火チェックをいます。

左のナンバー灯が付きませんでした。

DSCF6854

DSCF6853

ブレーキマスターは取り替えて間もないので、漏れは有りません。

フルードも汚れは有りません。

DSCF6855

タペットカバーのオイル漏れも有りませんでした。

DSCF6865

左右のブーツが破けています。

こちらは交換が必要です。

BlogPaint

ラバコンの潰れもそろそろ交換時期です。

DSCF6869

DSCF6877

フロント左右とリヤ左右のナックルジョイントのブーツが切れています。

こちらはフロント・アッパーアームとリヤ・ラジアスアームにダメージを与えるので交換をお勧めいたします。

BlogPaint

左右のアッパージョイントに大き目のガタが出ています。

BlogPaint

右のリバウンドバッファーが切れてきます。

こちらも交換をお勧めいたします。

BlogPaint

デフのサイドカバーにオイル漏れが有りました。

ボルトが緩んでいる所がありました。

増し締めしておきましたので、様子を診ましょう。

車検入庫の点検は終了です。

==============================

4月18日追記 担当は高宮です。

DSCF7229

本日は水路洗浄です。

洗浄剤はワコーズ ラジエーターフラッシュです。

DSCF7236

ミニモニ(水温センサー)の温度が80℃で、温度計が35℃。

サーモスタットの密閉は良好です。

DSCF7238

水温センサーの温度が88℃の時に温度計は81℃。

水温センサーも良好です。

DSCF7250

水温センサーの温度が92℃になるとラジエーターに勢い良くクーラントが流れ込んでいます。

サーモスタットの開弁も良好です。

DSCF7267

DSCF7268

電動ファンの作動温度は102℃でした。

DSCF7269

DSCF7270

電動ファンの停止温度は97℃です。

電動ファンスイッチの作動温度が少し高目ですが良好です。

水路洗浄も頃合いなので、汚れたクーラントを吸い出していきます。

DSCF7274

汚れ具合は標準的で汚れていない方です。

DSCF7275

次にバイパスホースを塞いで水を逆流させます。

こうしてヒーターコア内の汚れを吸い出していきます。

DSCF7276

ヒーターコア内も汚れが少ないですね。

DSCF7277

DSCF7279

ワコーズのクーラントブースターと新しいクーラントを入れて水路洗浄は完了です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN2193

4/20

メカ山田です。

車検にいく前に、車高を上げなければなりません。


DSCN2194

今日は、車高を上げます !

低い車高はカッコいいんですけどね、車検に合格するには、

結構上げるようですね・・・


DSCN2195

ガッツリ車高を上げておきたいところですが、右フロントは少し上げると、

それ以上上がらないところまでハイローがきてしまいました・・・

まぁ、車検には合格できそうな高さになりましたが。

ラバコンも、だいぶ潰れてきてるのでしょう。

そろそろラバコンの交換も、検討されてみてはいかがですか?!

乗り心地も、格段に良くなりますよ !


☆■☆ 4/22 石川の追記です。 ☆■☆


CIMG2361


TSM様が自賠責持ってご来店です♪
「ついでにルーフも塗っちゃおうかな~」


BlogPaint


KK様のミニを見て
「こんな感じで頼むよ~♪つや消しでね~」


CIMG2363


そう言うと颯爽と徒歩でお帰りのTSM様なのでした^^


つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


SZK様 車検で本日車両の入庫です。

2月に車検の下見でご来店のSZK様。

本日はご来店の際に写真を取り損ねてしまいました。

申し訳ありません。

次回ご来店の際に写真撮らせてくださいね。

担当は高宮です。

早速水路のスリーチェックからスタートです。

スリーチェックとは、サーモスタット、水温センサー、電動ファンスイッチの3機能が正常に作動するかをチェックします。

DSCF6780

ミニモニ(水温センサー)の温度が39℃の時、温度計の温度は31℃です。

この時点では水温センサーは良好です。

通常水温センサーの温度の方が少し高くて正常です。

DSCF6782

水温センサーの温度が70℃の時、温度計の温度は61℃です。

水温センサーの精度は良好です。

DSCF6785

水温センサーの温度が90℃の時にラジエーターのサーモスタットが全開になりました。

サーモスタットの開弁も良好です。

そしてこの時、電動ファンも動き始めました。

DSCF6788

電動ファンの停止温度は86℃でした。

電動ファンスイッチの作動も良好です。

DSCF6790

DSCF6789

ラジエーターのクーラントを吸い出していきます。

ラジエーター内のクーラントの汚れ具合は標準的でした。

クーラントの交換時期として丁度頃合いです。

DSCF6791

DSCF6796

次はクーラントの流れる方向に沿って吸い出します。

DSCF6797

DSCF6798

続いてバイパスホースを塞いで、逆流させます。

こうするとヒーターコアに溜まった汚れを吸い出す事ができます。

DSCF6800

DSCF6801

最後にクーラントブースターと新しいクーラントを入れてスリーチェックの作業が完了です。

つづく。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

SSK様 2年に1度の車検、楽しみもいっぱいです。

SSK様、お待たせしております。

前回のご来店で作戦会議はお済みのようですね^^

本日は水路洗浄を施行していきます。

担当は高宮です。

DSCF6408

使用する洗浄剤はワコーズ ラジエーターフラッシュです。

添加してアイドリングで水温を上げながら洗浄剤を循環させていきます。

DSCF6496

水温が88℃を超えて、サーモスタットが開きリザーバータンクに激しくクーラントが流れ込んできました。

サーモスタットは良好です。

電動ファンの作動も確認しました。

電動ファンの作動も良好です。

DSCF6505

リザーバータンクからクーラントを吸い出しました。

汚れは少ないですね。

錆が出ると冷却効果に影響するので、少なくとも車検ごとの水路洗浄は重要です。

DSCF6507

続いてクーラントの流に沿ってクーラントを吸い出していきます。

DSCF6508

汚れも少なく良好です。

DSCF6509

今度はバイパスホースを塞いで、水路を逆流させます。

こうしてヒーターコアの汚れを吸い出していきます。

BlogPaint

ヒーターコアの汚れも少なく浮遊するゴミはあまり出ませんでした。

水路は良好です。

DSCF6512

ワコーズ クーラントブースターを添加していきます。

添加するだけで冷却液の防錆・防食・消泡性能を復活させます。

DSCF6513

新しいクーラントを入れて水路洗浄は完了です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN1977

4/15

メカ山田です。

今日は、お待ちかね第1弾 !


DSCN1979

そうです、ハイリフトロッカーの取り付け開始です !


DSCN1980

DSCN1981

お客様が付けるのを見る度に、羨ましくなりますねぇ・・・


DSCN1982

DSCN1983

取り付ける前に、各パーツを点検。

磨耗などの損傷はありませんね !


DSCN1984

これが、これから付けるハイリフトロッカーです !

赤くて強そうな感じで、惹かれますね・・・


DSCN2001

DSCN2002

取り付けるにあたり、少々調整は必要でしょうか。


DSCN2004

取り付けたところで、今日は時間切れです。

続きは、また後日に・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

4/17

メカ山田です。

1日空きましたが、作業再開です !


DSCN2041

一昨日は、ハイリフトロッカーを付けたところまででした。

今日は、バルブクリアランスの調整からです !


DSCN2055

タペットカバーを付け、ハイリフトロッカーの取り付けは終了です。

タペットカバーパッキンは、新品に交換しておきましたよ !


DSCN2057

一応、エンジンが掛かるかだけは、点検しました。

掛かるのを確認して、すぐに次の作業を開始します。

エンジンが熱くなってしまうと、作業しづらくなりますからね。


DSCN2058

これでまた、エンジンは掛からなくなってしまいました・・・


DSCN2059

今度の作業は、LCBの取り付けです !


DSCN2061

ダウンパイプを外してみたら、フランジ部に少々排気漏れがあったみたいです・・・


DSCN2062

LCBを付けるには、良いタイミングでしたね !


DSCN2064

O2センサーは、移植しなければなりません。

いつも外すのに苦労するんですよね、錆びついてなかなか外れないんですよ・・・


DSCN2066

O2センサーを傷めることなく、移植することができました !


DSCN2067

ここから、組み付け開始です。


DSCN2068

SSK様のミニは、MPI車です。

車両が少なく、LCBを付ける機会もなかなか無く。


DSCN2069

実は、取り付けるのは今回が初めてなんですよ。


DSCN2071

なので、インマニの脱着も今回が初めてです。

慣れないので、何処を外すか考えたりして、結構時間が掛かってます・・・


DSCN2072

部品点数はSPI車と大差ないので、慣れてしまえば同じくらいの時間で

取り付けができそうな感じですね !


DSCN2074

ただ次に取り付けるのは、いつなのか。

その時には、忘れてしまってるかもしれませんね・・・


DSCN2075

ジョイントパイプを付け、


DSCN2076

LCBの取り付け、完了です !

エンジンを始動し、排気漏れを点検します。 排気漏れはありませんね !

このまましばらく、エンジンを掛けたままにします・・・


DSCN2077

もうそろそろ良いかな?!

エンジンを止め、オイル交換開始。

オイルも暖まってるほうが、よく抜けますからね !


DSCN2082

前回の車検でPECSを装着されてから、ドレーンはいつもこんな感じで

とてもキレイですね !  PECSが、しっかり仕事してる証拠です。

鉄粉は増えてないので、エンジン、ミッションにトラブルは起こってませんね !


DSCN2078

切れていたチェンジブーツと、


DSCN2079

DSCN2080

チェンジシールはここで交換します !


DSCN2083

前回のオイル交換に続き、今回もSOD-1を注入します。

前回はかなりオイルが減ってましたが、今回はほとんど減ってませんでしたよ !

オイル下がりやオイル上がり、オイル滲みにも効果があるSOD-1。

それらの効果が総合的に効いたのかもしれませんね !


DSCN2084

オイルは前回より柔らかい、プロステージ10W-40です。

オイルを入れ、今日は終了ですね。

☆■☆ 4/18 石川の追記です。 ☆■☆


BlogPaint


今日は古い方のピットで作業です^^


CIMG2139


この棒が当たらない位に車高を上げないと車検ラインに入れてもらえません。
っと言う事で上げます(笑)


CIMG2140


今回はこれもつけますしね♪
え?コレって何って?


CIMG2142


低い車高のミニには必需品。
WSC-BSK(バンプストップキット)

もちろんいしかわ号にもついています


CIMG2143
CIMG2148


そのまえにザックリ4輪とも2回転ずつ上げときます♪


CIMG2167


早速穴開けて取付しますよー


CIMG2170


穴開けた所は防錆兼ねてタッチペン。
タッチ綿棒?


CIMG2171


いよいよテープカットならぬバンプカット。


CIMG2173


切りすぎると金属が出てきて大変です(笑)


CIMG2180


CIMG2184


無事装着完了ヽ( ´ー`)ノ


BlogPaint


車高も余裕のクリア♪
向こうにはオールペイントを控えたHYS様のミニが停まっていますね~


つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
安心オートマらくらく便
安心オートマは全国へ。
安心オートマらくらく便
こわれない安心オートマ

「安心オートマ」のHPへ。

安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
・フリーダイヤル
0120-810-002)
お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
新着商品
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る