スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数7,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

ショックアブソーバー

AZM様、日曜日のSBoMの準備?! ショック交換でご来店です !


CIMG8743

AZM様、いらっしゃいませ。

前回、オイル交換とトランクバッチの取り付けで来店されたAZM様が、

日曜日のSBoMを前に、ショック交換でご来店です。

担当は、メカ山田です。


CIMG8751

それでは、作業開始します。

AZM様のミニは、ジョンと同じ1000ccのキャブ車です。

しっかりタンクからガソリンを抜かないと、タンクをずらせないのが辛い・・・


DSCN6073

抜き終わるまでに、結構時間が掛かりました。

ようやくタンクをずらせ、ショックにアクセスできるようになりましたよ !


DSCN6074

まずは一番面倒な、左リヤのショックから交換しようかな。


DSCN6075

まぁ、タンクさえずらせれば、それほど苦も無くショックは外せます。


DSCN6083

と、ここで、ナックルジョイントのナイロンカップが切れてるのが発覚・・・


DSCN6124

これは、交換しないわけにはいかないでしょう !

ミニスポーツ製のハイローが付いてるAZM様のミニ、

ミニスポーツ製のハイローは、ナックルジョイントが専用品です。

耐久性に疑問が残るので、ハイローも別のメーカーの物に交換するのがお勧め

なのですが、今回はナックルジョイントだけを交換することになりました。


DSCN6081

幸いラジアスアームの損傷は、僅かに傷がある程度です。


DSCN6125

ラジアスアームは交換しないで済みそうなので良かったですね !

新しいナックルジョイントも、少しでも長く使用できると良いなぁ・・・


DSCN6076

さて、新しく付けるショックは、ビルシュタインB4。

あのビルシュタインが、リーズナブルに購入できるとあって、とても人気があります。


DSCN6085

乗り心地が硬めなのも、サーキットを走行されるAZM様にはピッタリなのでは?!


DSCN6087

続いて、右リヤのショックを交換・・・


DSCN6089

DSCN6091

右リヤは、ナックルジョイント、ラジアスアームともに損傷はありませんでしたが、


DSCN6126

こちらも近いうちに切れるのではないかと、交換ご用命になりました。


DSCN6093

ショックを外す今回が交換するチャンス、予防整備的に交換

しておくとはさすがAZM様 !

リヤショックの交換は、これで終了しました。


DSCN6096

続いて、フロントショックの交換です。


DSCN6097

リヤに比べると、フロントは格段に交換するのが楽です !


DSCN6099

DSCN6101

フロントショックの交換もこれで終わり、ショック交換終了しました !


DSCN6103

今日はもう一つ、ハブグリスも交換します。


DSCN6104

最近、強めにブレーキを踏むと異音がするそうです。


DSCN6110

異音の出どころは、このCVジョイントとハブベアリングの当り面ではないか

と思うんですよ。

CVジョイントに大きな摩耗も無く、このまま使用できそうです。


DSCN6107

DSCN6106

ハブベアリングも、ベアリング、レースともに損傷はありませんでした。

こちらも、交換しないで大丈夫です !


DSCN6108

DSCN6109

ベアリングにしっかりグリスを詰めたら、


DSCN6111

組み付け開始 !


DSCN6113

右側のハブグリスを交換したなら、


DSCN6115

当然、左側も交換します !


DSCN6116

DSCN6117

左側も、各部に損傷は無く、このままいけそうです !


CIMG8810

AZM様、あと少しで終わるので、もう少々お待ちください・・・


DSCN6120

これで全ての作業が終わりました。


DSCN6127

問題は、異音が消えたかどうか・・・


DSCN6123

早速AZM様に試乗していただき、異音を確認していただきました。

異音は出なくなったとのこと、予想が当たってホッと一安心。


CIMG8816

AZM様、お待たせしました。

これで、SBoMの準備は完了かな?!

自己ベスト更新、期待してますよ !


CIMG8817

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KWM様、ショック交換とタイヤローテーションでご来店です。


DSCN9733

KWM様、いらっしゃいませ。

前回、オイル交換時の安心点検で、サブフレームにクラックが

見つかり修理
されたKWM様がご来店です。

担当は、メカ山田です。


DSCN9734

今日は、ショック交換とタイヤローテーションでご来店です !

お忙しそうで、なかなか来店される暇の無かったKWM様。

ようやくショック交換ができますね !


CIMG1554

作業終了するまで、しばらくお待ちください・・・


DSCN9736

今日はタイヤローテーションもご用命なので、タイヤも外します。

ショック交換するには、タイヤが無いと作業しやすく好都合 !


DSCN9737

まずは、一番面倒な左リヤから開始します !


CIMG2402

リヤショック交換は、リフトとジャッキを使用するのがメカ山田流。

そんなたいそうなものでもないか。 みんなやってそうですね・・・


DSCN9739

ショック、外れました !


DSCN9740

新しく付けるのはこのショック、ビルシュタインB4 !


DSCN9741

ビルシュタインが安価に装着できるとあって、なかなかの人気商品。

KWM様も、今回ご選択になりました。


DSCN9742

タンクを戻し、左リヤが終了。

いうほど面倒ではありませんでしたね・・・


DSCN9743

続いて右リヤです。


DSCN9744

タンクをずらす必要の無い右リヤも、面倒に感じるのは、トランクリッド

が邪魔で作業しづらいからか・・・

面倒?なリヤショックの交換は、これで終了です !


DSCN9746

作業の楽?なフロントショック。


DSCN9747

今回はタイヤローテーションもあるので、タイヤが外れてますからね。

本当に交換するのが楽です !


DSCN9749

そして、最後に左フロントの交換 !


DSCN9750

前後ローテーションしたタイヤを組み付け終了です。


CIMG1580

KWM様、お待たせしました。

ショックとは関係ありませんが、チャージランプが点灯してませんでしたよ。

単なるバルブ切れ? 電圧計も装着されてるので、あまり心配はありませんが。

エンジン始動中に、電圧計が13Vより高くならなくなったら要注意ですよ !

修理するまでは、電圧計のチェックをお忘れなく。


BlogPaint

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



SRI様、ショック交換のついでに、テールランプも !


CIMG8484

SRI様、いらっしゃいませ。

前回、32fesのチケット購入で来店されたSRI様。

その時にお預かりになったショックの交換でご来店です。

担当は、メカ山田です。


BlogPaint

これが、そのショックです。

とても嬉しそうなSRI様。 今日がとても待ち遠しかったのでしょう。


DSCN7105

それでは、早速開始しますか !

まずは、一番面倒な左リヤから開始します。


DSCN7107

滲みのあったリヤショック。

オイル交換時の安心点検で見つかった個所です・・・


DSCN7108

新しいショックは、キレイで気持ちが良いですね !


DSCN7109

DSCN7110

左リヤの交換、終了しました。


DSCN7111

続いて右リヤです。


DSCN7112

右リヤは、ずらすものが無いのでとても簡単 !

これで、リヤショックの交換は終了しました。


DSCN7113

燃料タンクを戻す前にもう一つ。

今日は、テールランプの交換もご用命です。


DSCN7114

持ち込んでいただいたテールランプですが、配線の状態があまりよくありませんねぇ・・・

少し手直ししてから、取り付けますね !


DSCN7115

クラシカルな雰囲気がとても魅力的なSRI様のミニ。


DSCN7116

そんなミニには、2色のテールランプが良く似合いますね !


DSCN7117

ここでようやく、燃料タンクを復旧。


DSCN7119

DSCN7121

同様に右側も交換します。

少し違うのは、配線の加工が左側より多いところでしょうか。


DSCN7123

そう、このリバースランプが付くためです !


BlogPaint

ランプの点灯を確認、しっかり点灯してますね !

リヤは、これで終了です。


DSCN7125

フロントはショック交換だけなので、とても簡単です。


DSCN7127

タイヤを外さないでも、交換出来ちゃいますからね !


DSCN7128

かなり横着な感じもしますが・・・


DSCN7129

ショック交換、終了しました !


CIMG8525

SRI様、おまたせしました。

前回は、奥多摩帰りに来店されましたね。

ショックも交換したことだし、今日はキャメル帰りに奥多摩なんて良いかも !

慣れるまで、少し控えめな運転を心掛けてくださいね。


CIMG8526

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

 

UCD様 GAZショックとRナックル交換で来店です



CIMG0264

親子でご来店のUCD様、新人メカの仁です、ショックとナックル交換の
担当します!

DSCF3445
DSCF3446

最初にショック交換前に車高を測ります、上の写真は、右リヤフェンダーの縁
ですアーチ上部で55.5㎝です

DSCF3447
DSCF3448

左側リヤフェンダーの縁は55.3㎝です

DSCF3455

左フロントフェンダー55.5㎝

DSCF3458

右フロントフェンダー55.3㎝でした、これからショック交換作業に入ります、

DSCF3462

DSCF3464


フロント、リヤ、左右のハイローキットの調整値も測ってショック外していきます

DSCF3465

まずフロントショックから

DSCF3466

外しました、赤いコニーとこれから取り付けるGAZショック、GAZの方が、
25ミリショートです、リヤショックを外していきます、

DSCF3470
DSCF3471

リヤショックの上側取り付け部はトランクルーム内、しかも左側はガソリンタンク
を外さないと交換出来ないんです、

DSCF3505

タンクをずらして、

DSCF3507

上部ナットを外して、

DSCF3476

リアショック、ハイロー、ナックル、外しました、

DSCF3478

ナックルはブーツが駄目になっていたので砂利や泥水の侵入で傷や錆が
ありました、

DSCF3486

外したコニーとGAZ、

DSCF3485

DSCF3489

GAZの方が44ミリショートです、

DSCF3512

フロントショック取り付け、

DSCF3496

リヤナックル取り付け、

DSCF3503

ハイロー取り付け、

DSCF3504

リヤショック取り付け、

DSCF3518

DSCF3516

フロントショック、リヤショック共に減衰力調整は最弱から一番目でした

DSCF3521

トルクレンチでホイルナット締め付けて、ハイローを半回転だけ下げ方向う
へ調整しました、

DSCF3526
BlogPaint

左側フロントフェンダー53,5㎝

DSCF3531

フロントフェンダー右側53,7㎝

DSCF3528

DSCF3529

リアフェンダーは左右とも55㎝です、クーラーの吹き出し口の温度を測り
ました、

DSCF3522

11度でした、もう少し冷える様になるといいですね、

CIMG7594

CIMG7595

親子でMINIライフ楽しそうですね~またのご来店をお待ちしております。にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002








AKT様、車検でご来店、お久しぶりです !


CIMG7373

メカ山田です。

前回、車内の大改造を行ったAKT様。

初キャメルから1年経ち、車検でご来店です !


DSCN6340

早速、入庫チェックしましょう !

低めの車高は、少々上げることになりそうです。


DSCN6341

ECUチェックは、ノーフォルトでした。


DSCN6348

DSCN6349

DSCN6350

DSCN6351

DSCN6352

DSCN6356

DSCN6357

DSCN6358

センサーの数値は、バッテリー電圧が少し低めかな。

ブラックオルタネーターを装着されてるので、14Vくらいになってもよさそうですね。

プラスチャージラインはの付いてるので、アースの接触抵抗が大きいのかも。

今回、簡易アーシングの取り付けをお勧めします !


DSCN6354

ここで、電動ファンが突然作動。 急いで水温を見なければ !


DSCN6353

DSCN6355

作動温度は、95度で作動、92度で停止しました。

純正ラジエーターの標準的な作動温度で、電動ファンスイッチは良好です !


DSCN6360

エアークリーナーは、汚れが目立ってきましたね。

交換お勧めします。


DSCN6363

左フロントのハブガタは、以前よりも大きくなったかな?!

今回、修理しましょう !


DSCN6364

DSCN6365

その他、左右のリヤショックにオイル漏れがあります。


DSCN6366

ナイロンベアリングも摩耗が大きめで、そろそろ交換時期でしょうか・・・


DSCN6369

インナーフェンダーのクラックも大きめで、出来れば修理したいところですね。


DSCN6371

DSCN6372

低かった車高を上げ、


DSCN6373

タイヤも車検用に履き替えました。

今日はここまで。 車検終了まで、しばらくお待ちください・・・




7月14日追記

車検は無事合格してきました。。。

今日も気温はぐんぐん上昇して暑いです

こんな日は水路洗浄やリましょう。

CIMG0791

担当は曽根です。


BlogPaint

水垢、湯垢に強いラジエターフラッシュ

注入してエンジン始動で洗浄開始


CIMG0800

水温上昇させて、エンジン本体の水温センサーの温度はミニモニで見ながら

ラジエターに挿した温度計と比較してスリーチェックしながら洗浄します。

まずは、エンジン側が68℃まで上昇 

サーモスタットはしっかり密閉しているようでラジエター側は41℃


BlogPaint

87℃でサーモスタットが開きました!


BlogPaint

ラジエターに勢いよく流れ込む水流でサーモスタットが全開になってるのがわかります。


CIMG0807

CIMG0806

水温センサーと温度計の温度もぴったり。

水温センサーの精度も良好です


CIMG0810

90℃の時の室内の水温計はここ。。。

『いい湯だな・・・』 レベルです。(笑)


CIMG0814

ちなみにメーターはこんな感じ・・

CIMG0813

油圧計もこんなにファジーな感じ。。 だいたいいいんじゃないのって感じ。

CIMG0812

スピードメーターは何キロ出てるのか・・・はあまり重要じゃないみたい(笑)

電動ファンは入庫チェック時に山田メカが良好なのを確認してたのでここではパス。




洗浄もしっかりできたので排水します。。

CIMG0860

水路のメンテナンスは良好ですね。

このペースで車検毎の水路洗浄は行っていってください。

CIMG0863

ラジエターの口から逆流させて汚れを引き抜いた後、 

次はヒーターコアの逆流で汚れを引き抜きます。



今回はヒータージョイントパイプの交換があるので

ここで仁メカにバトンタッチで作業お願いします。


DSCF3833

樹脂製のノーマルパイプは経年劣化で脆くなってるので破裂しやすくなってます

DSCF3834

ステンレスパイプに交換してひと安心。。


DSCF3837

クーラント入れて


CIMG0884

鉄エンジンのMINIにはクーラントブースターは強い味方。。。

強力防錆、防蝕、消泡で水路の健康を守ってくれます。


( ;‘ω‘ ) 7/ 16 石川の追記です。( ‘ω‘; )


CIMG8249


今日もアッツイ!
元気よくシートクッション交換しますよー


BlogPaint


取り敢えず外でやってると干からびるのでシート外して日陰へ避難(笑)


CIMG8251


ギリ日陰。
パックリ割れてますねー


CIMG8258


シートマウントのフックを動かすリンケージ。
Eリングが無くなって外れちゃってます。


CIMG8260


シートクッション新旧交代の儀。


CIMG8263


交換完了ヽ( ´ー`)ノ


CIMG8264


こんな大きなEリング持っていないのでワッシャー+針金で留めときました(汗)


CIMG1006


シートを戻してクッション交換完了♪


写真撮りそこねましたが。。。
ハザードスイッチ交換
エアフィルター・フューエルフィルター交換
左フロントハブベアリング交換
ナイロンベアリング交換
リアだけショック交換
(フロントはまだ海の上だそうです・・・間に合わないかも)
ここまで作業終わっています

残り作業はインナーフェンダーの溶接とRECSです(`・ω・´)ゞ


( ;‘ω‘ ) 7/ 21 石川の追記です。( ‘ω‘; )


鈑金工場から戻ってきましたヽ( ´ー`)ノ


CIMG8636


早速残り作業のRECS施行です♪

点滴している間に溶接補強の確認です。


CIMG8630


左前


BlogPaint


右前


CIMG8633


右ショック脇
バッチリくっついていますね^^


BlogPaint


最後にもう一度灯火の点検。


BlogPaint


ばっちりですねー


BlogPaint


バックランプもちゃんと点きますよー


BlogPaint


綺麗に洗って明日のご来店お待ちしております(`・ω・´)ゞ


( ;‘ω‘ ) 7/ 22 石川の追記です。( ‘ω‘; )

早速AKT様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG1468


「2週間もミニが無いなんて・・・辛かったー」
そうですよねー。家族の一員が2週間いないんですもんねー


CIMG8706


では今日はガンガン走り回ってお帰りは夜中ですね!?

「いや。暑いの苦手だからまっすぐ帰る。」

えー?(笑)
まぁまっすぐ帰ってもそこそこの距離ありますもんね^^

道中楽しんでお帰り下さい。
ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックスエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る