スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

32fes(8/27)キャメルオートが参加します。

水路洗浄

FRI様 水路洗浄と安心点検付きオイル交換

曽根です。



FRI様  安心点検付きオイル交換と水路洗浄で初キャメルです。 

きれいな40thクーパーリミテットですね。

BlogPaint

仁メカが受け入れ検査中。。。



そして、最初のメニュー水路洗浄の担当曽根です。

BlogPaint

水垢洗浄に強いラジエターフラッシュいれてエンジン始動で洗浄開始です。


CIMG2244

洗浄中のミッションは3つ。。

● サーモスタットの作動
● 水温センサー精度
● 電動ファンの作動    です。


CIMG2241

キャメルに到着してあまり時間たってないので水温は下がりきってません。。

エンジン側78℃ ラジエターは74℃でほぼ同じ温度を指してます。

BlogPaint

エンジン回転を上げてもラジエターには流れ込んでこないので78℃でサーモスタットは

しっかり閉じているのが確認できます。

密閉度は良好ですね


CIMG2245

そのまま87℃まで水温上昇したところで

BlogPaint

ラジエターアッパータンクに勢いよく流れ込んできました。

サーモスタットが全開になったのがわかります。

インジェクション車は88℃のサーモスタットなので正確に動作してました。




CIMG2253

そのまま上昇させて電動ファンが回りだしたのが・・・

CIMG2256

95℃。

CIMG2257

その時の水温計はほぼ中央線のオンラインです。

これ以上上がったら100℃前後だと思ってください。


CIMG2255

電動ファンが止まったのは・・・

CIMG2254

93℃。    電動ファンの作動も良好です。



CIMG2258

サーモスタットが全開でエンジン側とラジエターが通じてる時の両方の温度は

ほぼ同じの93℃。

水温センサーの精度も良好でした。

以上、スリーチェックは合格




BlogPaint

前回の車検で冷却水を入れ替えてもらったとのことで排水はやや臭いがでてるものの

汚れはそれほどでもなく良好な状態です。


CIMG2273

水路洗浄のキモは、ラジエター口から逆流での吸い出しと


CIMG2279

バイパスホースをクリップしてヒーターコアから逆流で吸出しでのすすぎ。。


BlogPaint

右の筒はラジエター逆流

左筒はヒーターコア逆流で汚れを吸い出すことができました。

スッキリですね。


CIMG2281

クーラント入れて

BlogPaint

鉄エンジンのMINIには定番サプリのクーラントブースターは

水路の健康維持を強力にお手伝いします。


CIMG2283

リザーブタンクのクーラントも入れ替えて水路洗浄は完了です。



ここからは、メカ山田が担当します。

まだまだ作業は盛り沢山、頑張ります !


BlogPaint

まずは灯火チェックです。 左のフォグランプが切れてました・・・

まあFRI様も、ご自分でも弄られるようですから、ここは部品だけ

お渡しして、暇なときにでものんびり交換してみてください。


DSCN7807

オイルは、少しだけ減ってますね。

量にすると、200ccくらいでしょうか。


DSCN7808

燃料希釈は少ないみたいですよ !

オイルのガソリン臭は、少ないです。


DSCN7809

ECUチェックでは、クランク角センサーのフォルトがありました。

フォルトが入ったのは今回が初めて?これまでがどうなのか分かりませんからね・・・


DSCN7820

一過性のフォルトかもしれないし、今回は消去しておきますね。


DSCN7811

アイドリングは、少々低めでしょうか。 約820rpmくらいでアイドリングしてます・・・

しっかりとアイドリングの制御がされてない印象を受けました。


DSCN7818

その他のセンサー値に問題は無く、唯一怪しいのがステップ値です。

ステップ値が高いと、アイドリングの制御をやめてしまった車両を、

これまでに数台見かけました。

クーラー使用時にたまにエンストするのは、この辺りに原因があるのかもしれませんね。


DSCN7821

ステップ値の調整は、後で行いますね !

オイル交換を続けます。


DSCN7828

ドレーンは、鉄粉も少なくキレイです。

まるでPECSを装着されてるかのようですね !

PECSを装着すると、これがどのくらい減るのか見てみたいですね・・・

是非、装着ご検討ください。


DSCN7822

安心点検では、右のアッパージョイントにガタが出始めてました。


DSCN7824

DSCN7825

左右のラジアスアームにも、ガタが少々・・・


BlogPaint

BlogPaint

左右のインナーフェンダーにも、4~5cmほどのクラックが見つかりました。

大きくならないか、時々覗いてみてくださいね。 不具合は、これくらいでしょうか。 

全体的には、良くメンテナンスされてる印象を受けました。

大切にされてるのが、よく分かりますね !


DSCN7829

そんなFRI様は、もちろんSOD-1も注入ご用命です。

摩擦低減の効果もありミッションにも優しいので、これだけでもドレーンの

鉄粉は減るかも?!


DSCN7830

オイルはキャメルの一番人気、プロステージ10W-40をご選択です。


DSCN7832

今日は、エアークリーナーを純正に戻します。


DSCN7834

切れていた2本のバキュームパイプを交換し、


DSCN7835

純正エアークリーナーを装着。

仕上げは、このインジェクターボルトの取り付けです !


DSCN7836

続いては、プラスワンバルブの取り付けです。

すでにCCVSを装着されてるFRI様のミニ。

当然、ホースにはコルクが詰められるので外します。


DSCN7837

代わりにプラスワンバルブを装着。

高回転でのクランクケース減圧に期待ができます !


DSCN7838

お帰りは、高速を巡航されるんですよね。

早速その効果をお楽しみください !


DSCN7841

さらに、シガーソケットを交換。


DSCN7840

電源は、オーディオの配線から引き出されてました。


DSCN7843

新しいシガーソケットは、ソケットが3つ付いてます。

USBも付いて、さらに快適になりましたね !


DSCN7844

残る作業も、あと少しとなりました。 RECSを施工します !


DSCN7845

同時に、セラミックエアーも施工。

今回いろいろと行ったので、お車がだいぶ変わったと感じるのでは?!


DSCN7847

RECSが終わり、エンジンも充分暖まりました。


DSCN7848

最後に、ステップ値の調整です。


DSCN7861

ステップ値は、50を目安に調整しました。


DSCN7854

アイドリングも、制御されてるようで、先ほどより高い900rpm付近

まで上昇しました。

もうクーラーを使用しても、エンストすることは無いと思いますよ !


CIMG2325

FRI様、お待たせしました。

結局、丸1日かかってしまいました。

帰りの長い道のりも、変わった愛車を楽しみながら帰れば、短く感じるかも?!

気をつけてお帰りくださいね !


CIMG2326

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



YMG様 水路洗浄の極意は逆流にあり

曽根です。



YMG様 車検本番でご来店です。。。

CIMG1583

なぜ本番かというと、1か月前にリハーサルで車検下見してたんですね。

オイル交換、ECUチェック、ブレーキOHもすでに完了してます。

BlogPaint

なので、今日はお預かりしてすぐに駅までお送りさせていただきました。

と、『今日は』 って書きましたが7月23日のことでした。。ブログ遅れてすみません。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*

そして、サクッと車検ラインを先に通して車検更新は完了です。

そんなわけで、今回はブログはここからが本番です。



7月28日追記

CIMG1850

まずは車検の定番メニュー水路洗浄から。

でもYMG様は約1年前にラジエター、ウォーターポンプなどエンジンルーム内の水回りパーツ交換する前に

水路洗浄させていただいてるので1年ぶりですね。

BlogPaint

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動。。

洗浄開始します。


CIMG1879

水温上昇を早めるためにクーラーON  バッチリ冷えてます

ヒーターコアの洗浄のためにヒーターバルブは開けておきます。


CIMG1852

冷却水を低温から暖気しながらミニモニでインマニの下にある水温センサーの表示と

ラジエターに挿した温度計を比較しながらチェックしていきます。


CIMG1855

エンジン側hが86℃まで上がりましたが ラジエターは35℃のままを維持してます。

サーモスタットの密閉度はかなり優秀です。

水温を急上昇させないと、サーモスタットのエア抜き穴から通過する水で

ダラダラとラジエター側の水温上昇してしまうのでクーラーなどでエンジンに負荷をかけて水温を急上昇させるのがコツ。


CIMG1856

エンジン側が88℃まで上昇したところで、ラジエターの温度計も一気に上昇を始めました。

サーモスタットが開き始めたようです。

そしてエンジン側の水温も1℃下がって87℃。


BlogPaint

そのまま水温上昇。

エンジン側からラジエターのアッパータンクに勢いよく流れ込んできました。

サーモスタットの開弁量も良好です。

CIMG1861

その時の温度はエンジン側91℃  ラジエターアッパーで85℃

エンジン側が少し高いのが正解。  

水温センサーの温度精度も良好でした。


BlogPaint

92度まで上昇したところで


CIMG1863

電動ファンスタート



CIMG1864

87℃まで下がったところで


CIMG1865

ストップ。

水路洗浄しながらの以下のスリーチェックはすべて合格

① サーモスタットの密閉度 開弁温度、開弁量

② 水温センサーの温度精度

③ 電動ファンの作動





先月の車検下見で、アイドリング時に『NOT IDLE』 が出てたので再チェックしてみます。

CIMG1880

ミニモニではノーフォルト。

CIMG1884

アイドリング時のスロットル電圧0.28Vは標準よりやや低いですが

それがそのまま問題を起こすわけでありません。 状況観察です。


CIMG1886

今回はしっかりアイドリングを認識していました。

今後も継続して状況観察していくことにしましょう。





たっぷり時間かけて洗浄できたので排水します。

CIMG1902

サーモハウジングのバイパスホースを抜き

バイパスホース側に水道水を給水し、サーモハウジングから出てくる水を

クーラントチェンジャーで引き抜きます。

1年前に洗浄しましたがやはり汚れはは出てきました。

左の筒に移るころには色も透明に近づいてます。

出てくる水が透明になるまですすぎつづけます。


CIMG1906

排水が完全に真水になったところでラジエター口から逆流させて吸いだします。

コアに詰まった汚れを引き抜きます。


BlogPaint

ヒーターコアも逆流で汚れを引き抜きます。

1年前に水回りリニューアル作戦でもヒーターコアだけは交換されてないので古いまま。

サーモハウジングからエンジンとヒーターコアに分岐してるバイパスホースのエンジン側を

ホースクリップで締めてヒーターコアからだけから逆流させます。



CIMG1909

右側の筒はラジエターからの逆流水。 ラジエターは1年前に交換してるのできれいでした。

左側がヒーターコアからの逆流水

さっき、順回転で流して透明になるまで濯いだのですが、

逆流させると汚れが出てきます

CIMG1910

ヒーターコアの方が詰まりやすいのでこうして逆流させないときれいになりません。

ラジエターとヒーターコアの逆流洗浄がツボです

BlogPaint

きれいになったところでクーラントと

BlogPaint

仕上げは、鉄エンジンのMINIにはぜひ入れておきたいクーラントブースター。

強力防錆 防蝕 消泡作用で、水路の健康と冷却アップに貢献です。

これにて水路洗浄完了です。



次のメニューはバルブシール交換です。

YMG様のMINIは燃焼によるオイル消費が多いので、原因のひとつのオイル下がり対策ですね


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

7/30

メカ山田です。

車検も終わり、今日は残ってる作業を行ないます。


CIMG5658

CIMG5659

バルブステムシールの交換は、もちろん車検時に終了してます !


CIMG5661

バルブクリアランスの調整もね。


DSCN7659

すでにYMG様は、キャメルに向かってるとのこと。

これは、急がなければいけません !


DSCN7661

ドレーンは、今回もキレイでした !

今回は車検なので、安心点検はありません。


DSCN7660

SOD-1の注入ご用命、今回で3回目ですね。

摩擦低減の効果があり、ミッションにも優しいので、ドレーンがキレイなの

もうなずけますね !


DSCN7662

オイルは、プロステージ10W-40をご選択でしたね。


CIMG9452

ここでYMG様ご来店です。 ギリギリ間に合わなかったか・・・

ん?YMG様それってブリスクプラグですよね。


DSCN7663

もしかして、追加で取り付けますか?!


DSCN7664

このプラグ、電極の形状が違うんですよ。


DSCN7665

取り付ければ、勝手にプラグインデクシング !

簡単なので助かります。


DSCN7666

続いて、RECSの施工です。 施工を行いながら、


DSCN7667

大人気のセラミックエアーも施工。


CIMG2050

YMG様、もう少々お待ちください・・・


DSCN7668

薬剤も無くなり、RECSの施工が終了しましたよ !


DSCN7670

最後にワイパーを交換し、作業が終了しました。


DSCN7671

おっと、忘れるところでした。 

セラミックエアーの施工を行いましたからね、試乗をお願いします !

試乗の前から、期待に満ちたその笑顔、


DSCN7672

結果、期待を裏切ることは無かったみたいです !

乗り心地が変わったのはもちろん、ロードノイズが減ったというのが

YMG様の感想でした。


CIMG9467

お待ちいただいてる間に、32fesのチケットも無事ゲットされたYMG様。


CIMG9469

次にお会いするのは、富士スピードウェイになりそうですね。

見かけたら、声をかけてくださいね !


CIMG9470

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



NKM様、歴代ベスト10の汚れの水路洗浄ではスリーチェック不合格 そしてステアリング関連など盛りだくさん


CIMG1294

メカ山田です。

前回、ヘッドライトが点かなくなり来店されたNKM様がご来店です。


CIMG8568

今日は、ステアリングと冷却系の修理で来店されました。

まずは、マスターによる水路洗浄からです。




CIMG8577

今日もニコニコ水路洗浄  担当の曽根です。



BlogPaint

ラジエターフラッシュを入れるのにキャップを開けたら 

・・・・こりゃスゴイ汚れだぞ。

エンジン回して洗浄開始!



CIMG1321

エンジン側の水温はミニモニ。

ラジエター側は挿した温度計でチェックします。

あれぇ、ラジエターの方が温度高くなってる。。

エンジンで熱くなった水がラジエターに送られるんだからエンジンの方が温度低いってありえないです。



CIMG1325

もう少し水温上昇させていくと ラジエターに流れ込む水流のわりに下部の方から

湧き出てくる気配を感じます。


BlogPaint

すると、いきなり噴水!!!!

ロアホース側の方が水温が高いんですね。

サーモスタットの開弁量が完全に不足しているようです。


BlogPaint

慌ててラジエターキャップしたところですが、この状態で水温センサーの85℃は明らかに低すぎ。


CIMG1331

サーモハウジングを非接触の温度計は95.4℃

水温センサーは88℃。

水温センサーは、実水温よりも7度くらい低い温度を表示してます。


CIMG1328

電動ファンは、ノーマルの電動ファンスイッチだと95~97度くらいで

作動しますが、


CIMG1329

今の温度は87度。

このことからも、水温センサーの数値が低いのが分かります !


洗浄中のスリーチェックでは

サーモスタット不良  水温センサー不良  電動ファン作動良好

100点満点だと33点でした。



CIMG8592

水路は、かなり汚れてました・・・  歴代のベスト10には入ります。

クーラントは交換しても、水路洗浄は行ってこなかったのでしょう。

NKM様がオーナーになり、水路洗浄を行う時がついに来ました。。 MINI大喜び!


CIMG1343

2回目のすすぎでもまだ茶色の水が出てきます。。  これは手ごわいぞ。。。

CIMG1345

そして、左の筒に吸い出すようになってようやく色が薄くなってきました。



透明になるまで濯いだ後、ラジエターとヒーターコアの洗浄すすぎです。

CIMG1351

ラジエターの口から吸い上げて逆流させて汚れを引き抜きます。


次はヒーターコア。。

CIMG1353

バイパスホースをホースクリップで堰き止めてヒーターコアからだけを通して逆流させて吸い出します


CIMG1356

その結果・・・・

右がラジエター逆流水  左がヒーターコアからの逆流水

順回転だけの洗浄ではコアに詰まった汚れが出てきません。

これをさらに繰り返して水路洗浄終了。。。

いやぁ、汚れが落ちてすっきりしたぁ~






では、続きは山田メカにお願いします。

CIMG8595

ここからは、メカ山田が担当です。

クーラントを入れるのは後、ストーンガードの取り付けもご用命なので、

熱いと付けられませんからね !


DSCN7156

水路洗浄のスリーチェックで見つかったサーモと水温センサーのうち、

サーモは追加で交換ご用命になりました。


DSCN7158

少しでもエンジンが冷えるように、コラムブッシュの交換から始めます。


DSCN7159

以前、安心点検で指摘のあったステアリングコラムのガタ。

今回ブッシュを外してみると、ブッシュが割れてました。


DSCN7160

ここまで原因がハッキリしてると、気持ちが良いくらいですね !

ブッシュを交換すれば、ガタが無くなるのも容易に想像できますしね。


DSCN7162

これまでも、安心点検で見つかった不具合を定期的に修理されてきたNKM様。


DSCN7163

長くミニを楽しんでいくための秘訣ですね。


DSCN7164

コラムブッシュの交換は、これで終了しました。

エンジンも充分冷えたことでしょう。


DSCN7165

それでは、ストーンガードの取り付け開始します !


DSCN7166

さすがに熱いと、ここに手を入れるのは辛い・・・

もう熱くないので、余裕でてが入れられます !

まぁ、ストーンガードの取り付けは、余裕とはいきませんが。


DSCN7167

とはいっても、初めの頃に比べれば早くなりました。

今日も20分ほどで取り付け完了です !

酷い時は、1時間以上かかってましたからね・・・


DSCN7169

続いて、追加ご用命になったサーモを交換します。


DSCN7170

以前にも、さーもを交換されたことがあるのでしょう。

サンドイッチプレート、サーモケースなど、全てがあまり取り付け面が

荒れてませんでした !


DSCN7171

DSCN7172

おかげで、清掃も割と簡単に済みました。


DSCN7173

復旧完了・・・


DSCN7176

DSCN7175

クーラントは、リザーバーにも多めに入れてありますが、

抜けきれなかったエアーが抜けて、クーラントが減るかもしれません。

次回走行前には、エンジン始動の前に冷却水の量の点検をよろしくお願いします。


CIMG1384

さて、今日はセラミックエアーの施工もご用命になりました。


DSCN7174

前回1回目の施工を行いました。

あれから約2か月、今回が2回目の施工です。


DSCN7182

最後は、ステアリングアジャスターの取り付けです。

うっかり作業指示を、見落としてました。

コラムが外れてる時のほうが楽だったのに・・・


DSCN7183

今日も頭が丸いボルトを外すのに苦戦しました。

結局今日も、石川さんにヘルプカードを出しまして・・・


DSCN7184

石川さんの手に掛かれば、瞬殺とまではいかないものの、

あっさりと取り外し完了。

本当にいつも外すの早いです !  そのコツが知りたい・・・


DSCN7185

取り付けは、再びメカ山田が行いますよ !


DSCN7188

取り付けが終わった時の達成感とでも言いましょうか。

大変なところは石川さんに任せて、良いとこ取りのメカ山田でした。


DSCN7189

NKM様、お待たせしました。

ドライビングポジションも変わり、良い感じのようですね !

1回目のセラミックエアーは、しっかり効果を体感されてましたね。

2回目の感想を聞くのが楽しみです。 次回、是非聞かせてくださいね !


BlogPaint

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



SZK様 車検の定番 水路洗浄から

曽根です。



SZK様  いらっしゃいませ。

CIMG0351
  
いきなりショットでもダンディなSZKさん♪♪♪

BlogPaint

そしてMINIの前でも いらっしゃいませショット

今日は車検でご来店です。


先月オイル交換で安心点検させていただいてるの入庫チェックはサクッとやらせていただきます。

CIMG0353

トランク、失礼して開けさせていただきます。

CIMG0354

ウォッシャー液が少ないですね。  後ほど補充しておきます。


CIMG0355

バッテリー端子の緩みなし、アースコードの接点よし



CIMG0356

右窓の開閉よし


CIMG0360

左窓の開閉もOK



CIMG0361

CIMG0368

クーラーもバッチリ効いてます。

クーラーファンの3段目の接触がよくないかも・・  1度だけですが風が出ませんでした。

これは状況観察ですね。


CIMG0363

エンジンルーム点検

CIMG0393

ファンベルトの内側をミラーでチェック  ヒビもなく良好でした。


CIMG0365

ステンレスパイプに交換されてるヒータージョイント部に漏れ跡

バンドを増し締めしておきます。


CIMG0373

クラッチマスターのキャップを開けて、クラッチフルード点検。。

やや変色と、カップのゴムの色が少し出てきてます。 

タンク内クラッチフルードの交換しておきますね。



BlogPaint

オイルは先月交換したばかりなのできれいです。

量もOK

CIMG0367

味見しよっと。。。

うそ、ガソリン臭を嗅いでチェック。。  

PECSで2次摩耗を防いてオイルの劣化を伸ばすことができますが、

燃料希釈での劣化は防ぐことができないので、ガソリン臭チェックは重要なポイントです。


CIMG0369

試乗チェック  ステアリング、足回り、エンジン、ブレーキともに良好でした。




試乗から戻ってミニモニでECUチェック

CIMG0374

前回でていた クランクセンサーのフォルトは出てなくて一安心。



CIMG0375

アイドリング905回転   スロットル電圧0.36v  ステッパー値41

アイドリングの認識もOKで O2センサーによる2次補正も正常に作動していることがわかります。


CIMG0376

インマニの負圧  正常です。


CIMG0377

水温95℃


CIMG0378

吸気温52℃  今日は気温も高いので吸気温もあがりますね


BlogPaint

電圧もOK。



CIMG0382

短期学習による2次補正は 2%だけ薄めに補正されてました 良好です。






CIMG7607

リフトアップして下回りチェック  始めるよぉ~


CIMG0390

オイル漏れは少ないです。


CIMG0385

CIMG0387

左右の足回り  ブーツ切れもなく、 ハブ、ボールジョイント ナイロンベアリングもガタもなく良好でした。
 

CIMG0389

ラックブーツOK。



CIMG0391

パッドの残量も7㎜程。。 大丈夫ですね。


交換が必要な部品は少なく今回のメインメニューは水路洗浄になりそうです。


CIMG0395

代車でしばらくご辛抱してください・・

CIMG0396

ではお預かりさせていただきます。




そして、さっそく水路洗浄始めます。


担当は曽根です。

CIMG0397

水温が少し下がったのを見計らって

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動。。

洗浄開始です。

CIMG0402

サーモスタットの密閉度はよく

エンジン側が86℃でもラジエターアッパータンクはまだ60℃をキープ

BlogPaint

88℃のサーモスタットのスペック通り 88℃でサーモが開き

ラジエター側の温度計も一気に上昇。。


BlogPaint

ラジエターに勢いよく流れ込む水流でサーモスタットが全開になってるのがわかります。


CIMG0405

そのまま水温上昇させます。

水温センサーの精度も良好でした。

CIMG0409

97度まで上昇したところで・・・

CIMG0411

電動ファン回りだし



BlogPaint

93度まで下がったところで


CIMG0414

ストップ。。 

電動ファンの作動温度も良好で

スリーチェックはすべて合格!!!



CIMG0471

30分間ほど洗浄して排水です。

サーモハウジングから出るバイパスホースを外して給排水します。


CIMG0472

車検毎に定期的に水路洗浄させていただいてるので

汚れも最小限。。

これからも定期的な洗浄で水路の健康を保ってください。

CIMG0473

ラジエターの口から吸いだすことでラジエター内を逆流させて汚れを引き抜きます。


CIMG0476

次はヒーターコアを逆流させて汚れを引き抜きます。


CIMG0478

右側がラジエター逆流

左がヒーターコア逆流

定期的な洗浄してるのでこちらも汚れは少なく優秀です。

CIMG0481

クーラント入れて



BlogPaint

鉄エンジンのMINIには鉄板の クーラントブースター注入。

強力防錆 防蝕 消泡で 水路の健康と 冷却力アップに貢献します。

CIMG0483

リザーブタンクにも補水して水路洗浄おしまい。。

やはり2年に一度 こうして水路洗浄すると安心です。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

7月15日、新人メカの仁です、今日は私が担当します!
作業内容は、エンジンの吸気系洗浄システムRECS
ワイパーブレード交換、ワイパー・ウォッシャー液、灯火
装置の点検です、

DSCF3873

RECSを規定量130CC容器に入れて、
DSCF3870

DSCF3874

人間で、いう所の点滴針をインテークマニホールドに接続します、

DSCF3879

まさに、点滴、30分かけてRECSをエンジンの吸気系のカーボン等の汚れ
に浸透させて分解、除去していきます、

DSCF3881

今日はKBY様のMINIと一緒にRECS点滴、カーズの世界なら、お互いに
体(車体エンジン)の具合とか世間話でもしてそうです、

DSCF3884

点滴針を抜いて、

DSCF3886

差込口を塞いで、

DSCF3896

1500RPMから一定時間回転数キープしながら徐々に3000RPMまで上げ
ていきます、

DSCF3897

DSCF3898

3000RPMまで上げて少し気キープした後に、

DSCF3899

排気ガスが、きれい、なっていたら終了です、マニホールド内にRECSや
カーボンが残っていると排気ガスが白かったり、黒かったりします、

DSCF3902

ウォッシャー液を補充して、

DSCF3903


DSCF3904

ワイパーブレードを交換したら、灯火装置の確認して担当作業終了です、





7月16日追記



CIMG0993

お待たせしました。

ご来店ありがとうございます。

CIMG0994

またのご来店お待ちしています。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



TKO様 車検はまず定番の水路洗浄から始まります

曽根です。


TKO様 94年式オートマ。。 今日は車検で入庫です。

CIMG0086

こんにちは~

CIMG0088

2週間前にオイル交換と車検の下見させていただいたので

今日はそのままお預かりです。

決まってるメニューは

リヤブレーキカップは日本製に交換、 スリーチェック付き水路洗浄  追加ステディブッシュ交換 

プラグはインデクシング付きで交換・・・・・などの比較的少なめです。


CIMG0095

では、しばらくは便利すぎる国産代車でガマンしてください。。。





~*~*~*~*~*~*~*~*~


前回の車検で水回り総リフレッシュしているTKO号

水回りの健康のために2年ごとの水路洗浄は欠かせません。。。



BlogPaint

Image1水路洗浄担当の曽根です。。


BlogPaint

水垢、湯垢を一発クリーニング。。 

ラジエターフラッシュを入れてエンジン始動で洗浄開始




水温を徐々に上げながらスリーチェックしていきます。

CIMG0108

ミニモニでエンジン側の水温を見ながら、ラジエターに挿した温度計と比較しながら洗浄は進みます。

エンジン側が79℃でもラジエターアッパータンクは36℃

サーモスタットの密閉度は良好です。




CIMG0109


エンジン側のミニモニが88℃まで上昇したときにサーモスタットが開くと

すぐに水温は下がり始めてしまったので写真は86℃です。。


BlogPaint

ラジエターアッパータンクに勢いよく流れ込んでくるのが見えます。

サーモスタットの全開度イイですねぇ。。


CIMG0128

そして、その時電動ファンスタート。。


CIMG0129

更にその時の水温計の針の位置はここ。

この辺がペスト温度ですね。


スリーチェックは全部合格。。 洗浄も十分できました。

CIMG0135

排水します。

2年前にリフレッシュしているので汚れも少なく状態はイイですね。

水路の健康のためにもこのペースで洗浄続けていってくださいネ。


CIMG0136

ラジエターの口から逆流させて汚れを引き抜きます。


CIMG0137

バイパスホースにクリップしてヒーターコアから逆流させて引き抜きます。

順回転の水流だけだとコアに引っかかった汚れが取れません。


CIMG0138

右がラジエター逆流  左がヒーターコア逆流。

ヒーターコアからは汚れが出てきてました。

BlogPaint

クーラント入れて、

BlogPaint

鉄エンジンのミニの必須サプリメント!

クーラントブースターも忘れずに入れておきます。

強力防錆、防蝕、消泡作用で 水路の健康を守り冷却力もアップです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新人メカの仁です、プラグインデクシングの作業担当します!
プラグインデクシング

DSCF3431

4本プラグを外してチェックします、

DSCF3429

三番シリンダーのプラグだけカブリぎみです、

DSCF3426
DSCF3427

電極の開いている側の位置が分かる様にマーキングします、

DSCF3432

調整用ワッシャーを使ってインテークバルブ側に電極の開いている側が
向くように調整してプラグを付けていきます、

DSCF3435
DSCF3436

三番四番プラグ


DSCF3437
DSCF3438

一番二番プラグ、プラグインデクシング作業終了です、


( ;‘ω‘ ) 7/ 21 石川の追記です。( ‘ω‘; )

TKO様本日ご来店予定♪


CIMG8583


最後の仕上げ♪


BlogPaint


RECS施行しますヽ( ´ー`)ノ


BlogPaint


洗車をしたら準備完了


CIMG8676


お仕事終わってTKO様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ
もう早くミニに乗りたくてそわそわ。。


CIMG8677


これは今日まっすぐはお家に帰れませんね^^
どこまで行ったか今度来た時に教えて下さいね~

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
32fes参加するよ!
キャメルも富士に行きます
セラミックエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

夏到来。
オーバーヒートする前に。
ラジエーターキャップを開けてクーラントを確認しましょう。
2年以上交換していないなら、汚れていなくても水路洗浄を!
MINIのクーラー、
今年は大丈夫?
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る