スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

水路洗浄

6月の第2火曜日、高宮号 開閉式クオーターガラスとワイパーモーターO/H、そして水路洗浄

家族で乗るレーシングカーがコンセプトの高宮です。

今回のスタッフミニディーは3週間ぶりです。

前回完全なる復活を遂げ、今は絶好調とまではいきませんがなかなか好調です。

DSCF2445

今回は以前から欲しかった開閉式のクオーターガラスの取り付けからです。

私のミニは97y式でありながら、クーラーがありません。

DSCF2446

夏は窓を開けても後席に風が届かず暑い状態なので、これで夏場の移動も快適に過ごせそう^^

DSCF2450

早速ガラスを外していきますよ。

DSCF2451

一度ガラスを替えたことがあるのでしょうか?

カッターの後が既に付いています。

DSCF2455

迄枠は錆も無くきれいです。

錆があるんじゃないか?と少し心配していたんですけど良かったです。

CIMG8366

今日は雨なのでテントを出しての作業ですw

CIMG8372

ウェザーストリップをはめ込んでいきます。

後ろの席は子供二人が乗るので、これで快適になるといいな~^^

DSCF2456

ガラスを仮留して取り付け穴を開けます。

DSCF2457

なかなかいい具合に取り付きました。

さてここからはワイパーモーターのオーバーホールです。

DSCF2459

壊れてしまったわけではないのですが、その日初めて動かすときは凄く重く、最近は常に動きが遅いので、O/H
しておこうと考えていました。

外すとグリスが固まりゼリー状になっています。

これでは動きが悪くなっても仕方ないですね。

DSCF2465

石川さんのミニも同じ症状らしいので、2個まとめてO/Hしてしまいましょう。

左は洗浄してグリスを詰め直したモーター、右は外したままの状態のモーター。

CIMG8422

モーターを取り付けるのに一か所ネジが入りにくい所があるんですよ・・・・・。

アホな顔してますね~^^;

DSCF2495

国産車とまではいきませんが、かなり良い、いや凄く良い!ビュンビュン動きます。

そしてピタッと止まります。

パワーも戻り凄く気持ちがいいです。

本日は大分水路洗浄をしていないので、水路洗浄もしておきます。

DSCF2469

もうお馴染みのワコーズ ラジエーターフラッシュで洗浄していきます。

DSCF2470

フォルトは入っていません。

DSCF2472

水温センサーが81℃なのに、温度計は83℃水温センサーが少しボケ始めているかな??

CIMG8453

ライトを点けてエンジンに負荷をかけます。

こうする事によって、温度がドンドン上がります。

サーモスタットは91℃で全開になりました。

電動ファンスイッチは93℃でON・85℃でOFFでした。

水温センサーの温度がボケているのは気になりますが、もう少しこのまま使います。

DSCF2478

ECUチェックもしておきます。

DSCF2481

エンジンを組み上げた時は大分マップが高かったのですが、今は30kPaと元気を取り戻しています。

DSCF2482

DSCF2483

DSCF2484

スロットル電圧が大分低いです。

調子が今一つなのはこの辺りに原因がありそうです。

DSCF2485

バッテリーもそろそろ替えておきたいところです。

DSCF2486

フューエルトリムはプログラム通りの燃調で、この辺りは優秀ですね。

DSCF2488

洗浄も頃合いなので、クーラントを吸い出していきます。

DSCF2489

汚れは少ない感じです。

エンジンを組んだ時に入れているのでクーラントはそんなに古くは無いです。

DSCF2492

ワコーズ クーラントブースターの添加です。

これを入れると(消泡)(防錆)(防食)効果が上がります。

LLC(ロングライフクーラント)の主成分はエチレングリコールなのですが、この液体は金属への攻撃性が高く、特にアルミを侵します。

LLCには(消泡)(防錆)(防食)この3成分が元々入っているのですが、熱により1年程で機能しなくなります。

そこで水路洗浄後にクーラントブースターを入れると寿命を延ばす事が出来ます。

DSCF2493

新しいクーラントを入れて本日の作業は完了です。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KRS様 水路洗浄とセラミックエアーでご来店です。

KRS様、いらっしゃいませ。

本日は水路洗浄ですね。

担当は高宮です。

BlogPaint

前回のご来店は2016年8月です。

BlogPaint

早速水路洗浄を始めますね。

DSCF2393

昨年8月に水路洗浄をしているので、あまり汚れている感じはしませんね。

それよりも気になるのがラジキャップがそろそろ交換したくなる感じです。

DSCF2394

今のところまだ漏れていないようです。

ラジエーターのアッパータンクに漏れ跡が出てきたら交換ですね。

DSCF2395

洗浄剤はお馴染みのワコーズ ラジエーターフラッシュです。

DSCF2396

エンジンをかけ水温を上げながら洗浄していきます。

この時スリーチェックも同時に行います。

スリーチェックとは(サーモスタット)(水温センサー)(電動ファンスイッチ)の3機能が正常に働いているかのチェックです。

DSCF2400

ご来店頂いて間もないタイミングなので、水温が大分高いですね。

水温センサーの温度と温度計の温度は殆ど同じです。

水温センサーの精度は悪くありません。

CIMG8274

水路洗浄の流れを説明させて頂きながら、温度の上昇を待ちます。

DSCF2405


DSCF2407

水温センサーの温度が88℃になるとサーモスタットは全開になりました。

これと同時に電動ファンも回り始めました。

サーモスタットの開弁は良好です。

DSCF2408

DSCF2409

水温センサーの温度が85℃で電動ファンが停止です。

電動ファンの作動も良好です。

洗浄も頃合いですがまだ熱いので、ラジエーターキャップが外せません。

冷めるまで先にセラミックエアーを充填します。

DSCF2410

まだまだ人気爆発中のセラミックエアー。

Air-goo2

合言葉は「空気に魔法」です。

DSCF2412

空気圧は2.2㌔で入れてあります。

DSCF2415

乗った感想は後ほど・・・。

先に水路洗浄を完了させないと走れないですからね。

まずはラジエーターからクーラントを抜いていきます。

DSCF2416

出てきた量は少ないですが、あまり汚れていない方です。

DSCF2417

DSCF2418

続いてクーラントの流れに沿って吸い出していきます。

こちらもあまり汚れは出て来ませんでした。

DSCF2419

DSCF2420

そしてバイパスホースを塞いで水路を逆流させて吸い出します。

こうするとヒーターコアに溜まった汚れを吸い出す事が出来ます。

ヒーターコアにも汚れは溜まっていませんでした。


今回の水路洗浄はあまり汚れは出ませんでしたが、1年に1度あるいは2年に1度の水路洗浄はミニの水路コンディションを保つためには必要な事です。

DSCF2421

ワコーズ クーラントブースターも添加です。

入れるだけで、泡立ちを抑え、防錆効果を上げるナイスな添加剤です。

DSCF2422

新しいクーラントを入れて水路洗浄は完了です。

CIMG8287

これからも良い水路を維持してください。

CIMG8288

本日はありがとうございます。

BlogPaint

気を付けてお帰りください。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



TKB様、あれから2年、再び車検でご来店です。


CIMG5096

メカ山田です。

前回、車検で来店されたTKB様。

あれから2年、再び車検の時期がやってきました・・・


DSCN4430

早速、入庫チェックしますね !

まずは試乗から。 ステアリングセンターが少し左にズレてました・・・


DSCN4432

車高も、少々上げる必要がありそうですよ。


DSCN4434

ECUチェックでは、吸気温センサーのフォルトが入ってますね。


DSCN4447

ご自分でエアークリーナーを交換されたんですか?!

その時に、吸気温センサーを付け忘れてしまったみたいですね。

車検が終わったら、エアークリーナーからセンサーを外して、取り付けてくださいね !


DSCN4436

DSCN4437

DSCN4438

DSCN4439

DSCN4440

DSCN4441

DSCN4442

DSCN4444

その他のセンサーは、今回も良好ですね !


DSCN4448

点検では、ベルトがヒビ割れ始めたみたいです・・・


DSCN4452

チェンジブーツ切れや、


DSCN4453

マフラーマウントも切れてたり・・・


CIMG5111

他にも、幾つか不具合はありますね・・・


BlogPaint

今回その殆どの不具合を、修理されることが決定しました。

それでは、お車お預かりしますね !


DSCN4458

DSCN4459

今日の内に、車高調整とタイヤ交換はやっておこうっと !

==============================

6月6日追記 担当は高宮です。

本日はお車が車検から戻って来ました。

水路洗浄がまだなので、水路洗浄からです。

DSCF1981

洗浄剤はワコーズ クーラントブースターです。

エンジンを回して温めながらスリーチェック(サーモスタット 電動ファンスイッチ 水温センサー)です。

DSCF1986

水温センサーが87℃の時、温度計は34℃です。

サーモスタットの密閉は良いようです。

DSCF1992

水温センサーが90℃になりました。

温度計は87℃。

水温センサーの精度も良いようです。

DSCF1993

この時にサーモスタットが全開になりました。

サーモスタットの開弁も良好です。

DSCF1994

DSCF1995

水温センサーの温度が96℃で電動ファンが作動しました。

DSCF1996

DSCF1997

電動ファンの停止温度は90℃でした。

電動ファンスイッチの精度も良好です。

DSCF2003

洗浄も頃合いなので、古いクーラントを吸い出していきます。

DSCF2004

吸い出したクーラントはあまり汚れていません。

DSCF2008

つづいて水路を逆流させてヒーターコアに溜まっている汚れを吸い出していきます。

こちらもあまりゴミが出て来ませんでした。

DSCF2011

ワコーズのクーラントブースターを添加です。

入れると泡立ち難くなり、防錆の効果が増します。

DSCF2013

新しいクーラントを入れて作業は終了です。

DSCF2055

最後にステアリングが少しずれているのをタイロットで調整です。


(*‘ω‘ *) 6/10 石川の追記です。(*‘ω‘ *)


TKB様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG5413



今日はお天気も良いし最高のドライブ日和ですね(*´ー`*)


CIMG5414


丁度ミニの禁断症状も出てきたのでドライブがてらお仲間とこれからゴルフ♪
もちろん全ホールホールインワンですよねー?(笑)

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


OGW様 水温計の動きがおかしい!で、ご来店です。

OGW様、いらっしゃいませ。

CIMG1085

水温計が上がらないようになってきたそうです。

サーモスタットが開いたままになっているかもしれません。

スリーチェックを兼て水路洗浄をすることになりました。


BlogPaint

本日は3台水路洗浄をするので、マスターに手伝って頂きました。

DSCF5486

洗浄剤はワコーズ ラジエーターフラッシュです。

DSCF5495

CIMG4984

温度計が87℃になり、ラジエターを流れるクーラントが勢いよく流れだしました。

サーモスタットは良好です。

水温計の針が上がらないのはサーモスタットが原因では無いようです。


DSCF5503

電動ファンの作動温度は90℃でした。

DSCF5505

停止温度は85℃でした。

DSCF5506

洗浄が頃合いなので、古いクーラントを吸い出していきます。

まずはラジエーターのクーラントを吸い出します。

BlogPaint


ラジエーター内のクーラントの汚れ具合は少ないですね。

DSCF5509

通常の循環する流れに沿って、水を入れながら吸い出します。

BlogPaint


全体のクーラントを吸い出すと、汚れは普通です。

浮遊するゴミも沢山出て来てはいません。

BlogPaint

今度はバイパスホースを塞いで、水を逆流させてヒーターコアの汚れを吸い出します。

こちらも汚れは少ないですね。

DSCF5519

ワコーズ クーラントブースターを添加です。

添加するだけで冷却液の防錆・防食・消泡性能を復活させます。

DSCF5522

新しいクーラントを入れて水路洗浄完了です。

定期的な水路洗浄で、綺麗な水路を維持してください。

CIMG5020

本日はありがとうございます。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



SRI様 車検で初の御来店です。

SRI様、いらっしゃいませ。

本日は車検の見積もりですね。

担当は高宮です。

CIMG0236

おや、SRI様も花粉症ですか?

私も酷い花粉症なんです。

今日は一段と目が痒いです。

BlogPaint

BlogPaint

灯火チェックでは切れているバルブは有りませんでした。

DSCF4198

エンジンの異常を示すフォルトは有りませんでした。

DSCF4200

エンジン回転数は良好です。

DSCF4201

マップセンサーは数値が高いですね。

2次エアーを吸っているようです。

後ほど漏れている個所を探ってみます。

DSCF4203

DSCF4204

DSCF4205

DSCF4206

DSCF4207

フーエルトリムもオープンループになっていました。

マップ値が高いのでECUが補正できなくなっているのでしょう。

DSCF4208

ステップ値はまだ余力がありそうです。

現在の異常が出ている数値は2次エアーの吸い込みが止まれば変化が出てくると思いますので、後ほど大気を吸っている所を塞いで、再度チェックしてみます。

DSCF4215

冷却水が減るとの事ですがエンジンルーム側からは漏れ跡は有りますが、補充が必要なほど漏れてはいないようです。

DSCF4223

ヒーターコアも漏れは有りませんでした。

DSCF4237

DSCF4238

ラジエーターのロアホースに大きな漏れを発見しました。

今回は増し締めで様子を診たいと思います。

DSCF4225

シリンダーヘッドのマニホールドガスケットに漏れが有ります。

燃料の痕がかなり広がっているので、インレットマニホールドの漏れは多いようです。

2次エアーの吸い込みはここが原因のようです。

後日、マニホールドガスケットを交換してマップの変化を診てみます。

DSCF4224

エアークリーナーはノーマルのエアクリーナーに交換です。

車検が終了するまで、少しの間お車をお預かり致しますが、ご辛抱ください。

==============================

3月24日追記 担当は高宮です。

DSCF4652

本日は水路洗浄とスリーチェックを施行します。

スリーチェックはサーモスタット、水温センサー、電動ファンスイッチの3機能が、正常に働いているかをチェックしていきます。

DSCF4655

スタート時はミニモニ(水温センサー)の温度が28℃

温度計の温度が9℃です。

この辺りではサーモスタットの密閉は良いようです。

DSCF4659

DSCF4660

DSCF4661

サーモスタットの密閉は良くないようですが、オーバーヒートの心配が無いので、これはOKです。

DSCF4662

水温センサーが88℃の時、温度計は83℃。

差が5℃差、水温センサーはなかなか優秀ですね。良好です。

CIMG4541

DSCF4674

温度が95でサーモスタットが開いて冷却水がよく流れています。

サーモスタットの開弁も良好です。

DSCF4669

DSCF4670

93℃で電動ファンが回りだしました。

DSCF4671

DSCF4672

電動ファンの停止温度は91℃でした。

電動ファンスイッチも良好です。

スリーチェックと洗浄が完了です。

DSCF4752

ここからは古いクーラントを汚れと一緒に吸い出します。

まずはラジエーター内のクーラントからです。

DSCF4754

少し泡立っていますが、汚れは多いですね。

BlogPaint

DSCF4755

エンジン内に入ってい要るクーラントを抜き出しました。

大分汚れています。

BlogPaint

続いてバイパスホースを塞いで、水を逆流させます。

こうすることで、ヒーターコアの引っかかっている汚れを吸い出せます。

DSCF4759

ここまで来ると大分綺麗になってきました。

DSCF4761

つづいてヒータージョイントパイプの交換です。

純正はプラスチックなので、経年劣化で割れてしまうので、見つけたら交換ですね。

DSCF4762

新しい物はステンレス製なので丈夫です。

BlogPaint

ホースバンドも新品に交換致します。

DSCF4765

DSCF4766

最後にワコーズ クーラントブースターと新しいクーラントを入れて完了です。

==============================

3月30日追記 担当は高宮です。

BlogPaint

車検から戻ってきました。

DSCF4200

エンジン回転数は良好です。

DSCF5199

マニホールドガスケットを交換しています。

車検前に診たところ、Mapが44kPaでしたが交換後は34kPaです。

DSCF5200

DSCF5201

DSCF5202

DSCF5203

DSCF5204

DSCF5205

ステッパー値も良好です。

インテークマニホールドのガスケットからの漏れが止まり、マップ値が正常に下がりました。

DSCF5180

ブレーキマスターとフルードは新しく交換済みです。


☆■☆ 4/1 石川の追記です。 ☆■☆

本日ご来店予定との事なのでRECS施工します(`・ω・´)ゞ


BlogPaint


RECSの有効期間は約2週間300km。
ビューンっと走ってミニも自身もリフレッシュしちゃいましょうヽ( ´ー`)ノ


BlogPaint


雨もやんだので洗車します♪
洗車終わったらまた降ってきましたが・・・(´;ω;`)


CIMG1047


それでも久しぶりに乗る愛機にニッコニコなSRI様です。

ちょこっとだけ遠回りしてお帰りです^^
気をつけてお帰り下さい。

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

夏到来。
オーバーヒートする前に。
ラジエーターキャップを開けてクーラントを確認しましょう。
2年以上交換していないなら、汚れていなくても水路洗浄を!
MINIのクーラー、
今年は大丈夫?
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る