スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

【ゴールデンウィークの休業日】
5/3(水)~7(日)をお休みとさせていただきます。
作業予約はお早めに。

ヒーターコア

YMD様 オイル交換とヒーターコア交換でお預かりです。

YMD様、いらっしゃいませ。

オイル交換と、ヒーターコアの交換ですね。

本日の担当は高宮です。

CIMG0198

前回のご来店は昨年8月にオイル交換でご来店です。

DSCF3914

早速お話を伺います。

まだガラスが真っ白です。

本日はお預かりなので、点検からスタートです。

DSCF3917

オイルは減りも無くアッパーレベルまで入っていますね。

DSCF3920

シフトインジケーターランプが切れているとの事なので、作業の中で交換致します。

BlogPaint

BlogPaint

灯火は全て点灯OKです。

DSCF3927

今回のメイン作業のヒーターコアは、かなりの漏れ跡になっています。

交換して曇りの無い窓で、快適に走りたいですね。

DSCF3930

クランクセンサーにフォルトが有りました。

DSCF3943

今回は、フォルトをリセットしておきます。

DSCF3932

DSCF3933

マニホールド内負圧は良好です。(大気圧100kPa)

DSCF3934

DSCF3935

DSCF3936

DSCF3937

DSCF3940

フューエルトリムは、O2センサーからの情報でアイドリング時の燃量の補正をしています。

DSCF3941

ミニモニの数値は全て基準値内でした。

DSCF3944

ブレーキフルードが60%程減っています。

DSCF3947

マスターバックからの漏れ跡を発見しました。

ブレーキマスターから漏れたフルードが、マスターバックに流れ込んでいるようです。

ブレーキマスターの回りにも滲みがかなりあるので交換を、お勧めします。

BlogPaint

左のナックルジョイントのカップが割れてせり上がってきています。

このままだとアッパーアームの受けを掘ってしまうので、早めの交換をお勧め致します。

DSCF3974

左のラジアスアームにも大き目のガタが有ります。

点検での不具合は以上です。

==============================

3月19日追記 担当は高宮です。

BlogPaint

本日は冷却水を抜き取り、ヒーターコアの交換準備です。

一緒に、サーモスタット、水温センサー、電動ファンのスリーチェックを実施します。


DSCF4403

DSCF4404

ミニモニ(水温センサー)の温度が80℃の時に温度計は29℃です。

サーモスタットの密閉は良いようです。

DSCF4409

水温センサーの温度が不安定で68℃まで下がりました。

数値が落ち着かず、60℃から80℃の間を行き来しています。

水温センサーは交換が必要です。

DSCF4414

水温センサーに信憑性が無くなったので、ここからは温度計で観ていきます。

DSCF4415

85℃で電動ファンが作動開始です。

DSCF4416

DSCF4417

停止温度は79℃でした。

電動ファンスイッチは良好です。

DSCF4419

サーモスタットは開いて冷却水が流れています。

サーモスタットも良好ですね。

DSCF4463

ラジエーターの冷却水を抜いていきます。

DSCF4462

ラジエーターの冷却水は、交換してあまり時間が経っていないので、汚れが少ないですね。

DSCF4465

冷却水を抜き出します。

エンジン内の冷却水も汚れが少ないですね。

DSCF4466

バイパスホースを塞いで、水を逆流させてヒーターコアの汚れを吸い出します。

冷却水を入れて本日は終了です。

====================================================

3月20日追記 担当は高宮です。

本日はオイル交換です。

DSCF4499

オイルの汚れが大分溜まっています。

今回は4000km弱の走行です。

前回のオイル交換は昨年の8月です。

DSCF4505

今回のドレーンボルトの鉄粉は大分少ないのではないですか?

P1170778

前回のオイル交換時の写真がありました。

P1050487

前々回はハリネズミです。 この時にPECSを装着されました。

こうするとPECSの効果がはっきり分かります。

DSCF4496

オイルはワコーズ プロステージ10W-40SOD-1です。

DSCF4507

グリスアップも完了です。

DSCF4509

オイル量はピッタリ入っています。

次回迄の減りの参考にしてください。

==============================

3月21日追記 担当は高宮です。

お待たせしております。

本日はヒーターコアの交換です。

DSCF4566

朝一番でヒーターユニットを取り外しました。

DSCF4569

ヒーターコアを取り外しました。

かなり漏れが有りますね。

フロントガラスを曇らせる原因はここです。

DSCF4574

ヒーターユニットの中も綺麗に、お掃除したので、新しいヒーターコアを合体させます。

DSCF4577

DSCF4578

新しいヒーターコアが入りました。

BlogPaint

ヒーターユニットを取り付け完了です。

ヒーターバルブをエンジンルームに移設するので、長いヒーターワイヤーを取り付けました。

ノブのマークが変わりました。

BlogPaint

ヒーターバルブもエンジンルームに取り付けました。

DSCF4584

仕上げはワコーズ クーラントブースターとクーラントを入れて作業完了です。

ご来店予定のご連絡をお待ちしております。



☆■☆ 3/24 石川の追記です。 ☆■☆


CIMG0526


そう言えばシフトインジケーターランプが点かないと娘さんが困ると聞きまして。


BlogPaint


快適にシフト位置がわかるようにしましょうヽ( ´ー`)ノ
電気は来ています♪


BlogPaint


お?球が切れていますね。
カメラって便利♪ 肉眼じゃ確認ちょっと辛いです(^_^;)


BlogPaint


点灯式。


CIMG0533


これで困り事一つ解消されましたヽ( ´ー`)ノ


☆■☆ 3/27 石川の追記です。 ☆■☆


CIMG0777


いきなり🚀交換完了写真(汗)


CIMG0778


修理に夢中で写真が無い時もたまにはある?
笑って許してください(´;ω;`)


っと言う事で作業完了です。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

THR様、オイル交換とヒーターコアの交換でご来店です。


CIMG1063

メカ山田です。

前回、水回りをリフレッシュされたTHR様が、

オイル交換とヒーターコアの交換でご来店です。


CIMG1064

今日も、お土産をいただいちゃいました。

いつも、ありがとうございます !


P1240329

お車は、お預かりすることが決まってますが、THR様がお帰りに

なる前に安心点検だけは行っておきますね !


P1240333

P1240335

P1240336

P1240338

P1240339

P1240340

P1240341

ECUチェックは、今回もノーフォルトです !

これで6回連続だったかな?!  連続ノーフォルト記録更新中。


P1240344

P1240346

不具合も、以前から指摘のあるところで、変わりありませんね。


P1240343

おっと、ここは前回修理をしたところですね。

水漏れが再発してるとは・・・


CIMG6484

今回、リベンジさせていただきます !


DSCN1946

作業終了まで、しばらくお待ちくださいね。

お車、お預かりします。

1月20日追記 担当高宮です。

BlogPaint

THR様、お待たせしております。

本日はヒーターコアの交換からスタートです。

DSCF8320

ヒーターユニットの取り外しです。

下に敷いているビニールに少し滴が落ちていました。

早く交換しないといけません。

私も頑張ります。

DSCF8321

ッと言っている間に、もう降りました。

ユニットの回りにも水滴がついています。

DSCF8324

今回の作業で、ヒーターバルブを移設する作業がありますので、
スイッチを取り外します。

BlogPaint

自作されたのでしょうか?

ヒーターバルブのワイヤーノブがドライバーです。

このワイヤーは短いので、長いものに交換になります。

取り外したワイヤーは、お車に積んでおきますね。

CIMG1552

中々手が入らなくて苦戦しています。^^;

DSCF8333

うまく取り付きました。

’97モデルは干渉するホースやスロットルが有るので上手く逃がすのに苦労します。

作業はまだまだ続きます。

今しばらくお待ちください。

1月21日追記 担当高宮です。

DSCF8338

おはようございます。

昨日の続きでヒーターコアの交換とヒーターユニットの
取り付けからスタートです。

BlogPaint

今日は昨日と比べて少し暖かいです。

これで仕事がスイスイ進むといいのですが・・・・。^^;

DSCF8342

古いヒーターコアを取り出します。

スポンジが大分傷んで居るので取り出しただけでボロボロちぎれていきます。

DSCF8343

新しい方と並べてみました。

長持ちするように祈って居ります。

新コア頑張れ!

DSCF8346

ヒーターユニットはそのまま再使用なのでよ~くお掃除して・・・・。

DSCF8347

ここまできれいになりました。

CIMG6896

切り替えレバーに引っ掛かりが有るので、調整しました。

これでスムーズに快適に使用できます。

DSCF8348

DSCF8350

接点には接点復活剤を点します。

接点不良になるとせっかくコアを変えたのに暖かくならないですもんね。

切り替えレバーに油もさします。

DSCF8355

ヒーターユニットは無事取り付きました。

DSCF8358

今回ヒーターワイヤーも交換しているのでスイッチパネルの
作動テストをしました。

ちょっとボケてすみません。

DSCF8359

ここからは、サーモハウジングの冷却水漏れを直します。

DSCF8360

DSCF8362

面はそれ程悪くないのですが・・・・・。

DSCF8368

水路洗浄をしてそんなには経っていないので、今回は徹底的に面を出します。

DSCF8374

DSCF8376

どうですか?

もうちょっとした傷もなくなりしっかりと面が出ました。

裏から光を当てても、光が漏れません。

DSCF8381

サーモハウジングの回りに付いていた、緑の汚れもしっかり落として組みつけます。

DSCF8383

オイル交換の作業に入ります。

これが終わって、冷却水を入れたら試乗します。

DSCF8386

オイルを分析にかけるので、ボトルに入れておきます。

DSCF8387

SOD-1も賜っております。

オイルはワコーズの10W-40です。

DSCF8395

ドレーンボルトのマグネットに鉄粉は殆ど付いていませんでした。

PECSの効果が出ているようです。

DSCF8419

冷却水が入り、エンジンをかけてヒーターのテストです。

凄く暖かいのが出てきていますよ。^^

DSCF8421

ヒーターコアのジョイントは今のところ漏れていません。

もう少し暖めたり、冷ましたりを繰り返して、漏れの確認をしていきます。

DSCF8393

チェンジロットのブーツにヒビが増えています。

そろそろ交換が必要です。

DSCF8394

グリスUPもしかっりと注入します。

DSCF8477

エンジンが熱かったので冷えてからクーラントブースターを入れます。

明日も漏れの確認は続きます。

1月22日追記 担当は高宮です。

おはようございます。

今朝は暖かくてとてもいい天気です。

DSCF8535

エンジンを温めるのと、冷やすのを繰り返して漏れが出ないかチェックしていきます。

昨日一度、水温を上げているので、今朝は漏れを確認してから水温を上げていきます。

DSCF8537

室内のヒーターコア回りは漏れがありません。

そこからバルクヘッドまでのホースにも漏れは在りませんでした。

この調子でエンジンルームもチェックしておきます。

DSCF8538

水回りの全てのホースに水漏れは在りませんでした。

DSCF8539

エンジンスタートです。

暖気が終了しても1050回転辺りから下がってきません。

スロットル付近をよーく見ていくと少しワイヤーが張っているようなので、
ワイヤーにユトリをもたせました。

すると回転が落ちるようになりました。

DSCF8541

温度は88°cから86°cを行ったり来たりしています。

約30分程暖気をして一度止めておきます。

冷却水が冷めて漏れをまた確認します。



☆■☆ 1/31 石川の追記です。 ☆■☆


BlogPaint


綺麗に洗車します♪


CIMG7406


THR様登場ヽ( ´ー`)ノ


BlogPaint


「いいね~いいね~♪」
きれいになった水回りにイイネボタン連打ヽ( ´ー`)ノ


CIMG7409


よし!遠回りして帰りましょう!
今度はETCも付けて運動会にもいきますよー♪

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


FNM様 いよいよ我慢の限界?LLC漏れでヒーターコア交換です。

( ´ー‘)ゞ 冬本番で寒さも一段と厳しくなる中、こたつで1杯やりたいな~家にこたつ無いけど。。。の石川です。 


この間石川の勘違いでちょっと得しちゃったFNM様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG6417

 
お仕事帰りに滑り込みセーフ♪


CIMG6418
 

「ナマステー」

今回は今までごまかしてきたヒーターコアの交換です。

「ついでにクラッチレリーズとホースも交換しといてね」
承知しました(`・ω・´)ゞ


CIMG6427


完成まで暫くの間代車で我慢して下さいね。




1月15日追記

CIMG1228

ボンネットはスペシャルつっかえ棒で開けといて~と。

CIMG4123

クラッチレリーズ外しました。

CIMG4125

レリーズキットは国産車用を流用して組み替えてます。

ステンメッシュホースでマスターからレリーズまでを1本でつなぎます。

レリーズ交換完了。。

CIMG1230

さて、次はヒーターコア交換。

寒くなって、今まで閉じていたヒーターバルブを開けるようになったので

最近ヒーターコアからの漏れ発覚事例が多いですね。

CIMG4126

ヒーターユニット落とします。

CIMG4127

漏れてましたね。。 

CIMG4129

新しいヒーターコアを組み込んで

CIMG1270

取付完了。

なんですが、暖かい風が出てこない・・ 何故??

CIMG1289

サーモケースから出たバイパスホースはその後、ヒーターとインテイクマニホールドに分岐されます。

インマニには水温センサーが付いてて88℃まではしっかり上がってるのでインマニ側には水は通ってることになります。

CIMG1291

ね、こんなに水温上がってるのにヒーターが効かないんですよ。。。。



CIMG6655

ヒーターが効けば納車の予定だったんですが、

原因究明のために納車延期にさせていただきました。




1月16日追記

CIMG1323

サーモケースから出た温水は二股でヒーターとインマニに分岐されてるだけなのに

ヒーターが暖かくならない・・・・

ヒーターバルブは国産品に交換済みでちゃんと開くことは確認済み。。

消去法での犯人探しですが、

ヒーターコアはJMSAの国産品だし詰まってるなんてことは考えにくいし

となると、ヒーターから出てラジエターのロアホースに繋がるのですが、そのホースが詰まってる、か、通過抵抗がある??

このゴムホースは以前同じようなことがあって二股部分が中で塞がってたことがありましたからね。


CIMG1324

ヒーターに温水が通ってないことは事実なので

関連パーツを交換してみることにしました。

開弁量が少ない・・ってこともあるかもしれないんでサーモスタットも換えてみます。 


CIMG1325

ウォーターポンプの羽根に異常がないか分解して点検。。

異常なし。。 そのまま再度取り付けます。

CIMG1326

ラジエターホースは、アッパー、バイパス、ロア、すべて交換してみます。

CIMG1332

外された重要参考人のロアホース。。。  後ほど検証します。


CIMG1333

青いラジエターホースでエンジンルームが明るくなってテンションアップ

エンジン掛けます。

CIMG1334

分岐してインマニの方に行ってるホースをクランプで絞めて

ヒーター方向に強制的に温水を流し込みます。。

CIMG1335

78℃まで上昇。   

まだサーモスタットは開いてないので、温水はヒーターコアを回るしか道がありません(笑)

CIMG1336

エンジン回転をやや上げ気味にして勢いよく温水を回したら・・・・

出てきました♪  温風 温風 

CIMG1338

暖か~い。。  これで、冬が越せます。。 



最後に、重要参考人のロアホースの解剖です。

BlogPaint

ヒーターから出て、インマニから出てきたところに合流するので、

その合流ポイントに通りが悪いところがあるはずだ・・ 


と思って切開してみました。

BlogPaint

が、顕著な詰まりは発見できず。。  ホースはシロかぁ。

じゃ、どうしてヒーターコアに温水が通ってこなかったのか。。。。。



s-20130625 ヒーターホースに詰まりが無かったとすると、国産品だからと言って疑われなかったヒーターコアが重要参考人に浮かび上がってきます。。

効くようになってしまった今となっては 仮説としてですが、『出荷時にコア内に散布する錆止めの油脂が寒さのためにグリスのように固まって詰まっていたのでは・・・・』と考えてみます。
  

ホースを外した時にヒーター入口からエアを吹き込んでヒーター内が通ってることを確認したのですが、その時に中で固まってた油脂の一部が抜けて少しだけ通路ができた。

そして、その後温水が少しずつ通るようになってコアが熱くなって固まってた油脂が流れて水が通るようになった・・・・・ のかも。。

遠回りしちゃってすみませんでした。    




1月17日分追記

CIMG6807

お土産ありがとうございます。

CIMG1411

こちらはお買い上げ。。  

HKSのエアクリーナー。。コレは効きますぞ。。

DSCF8220

今日からヒーターのある生活を楽しんでください・・・(^'^)

ありがとうございました。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


AKH様 ヒーターコア水漏れ、ウインカーとハザードが点滅しない積載にて入庫

BlogPaint



1/9日の19:00積載にて入庫。

ブログはメカ高宮です。

AKH様によるとヒーターコアから水漏れがあり、ウインカーとハザードが、
点滅しないそうです。

そして急遽積載にてキャメルへ。

BlogPaint

DSCN1933

まずはマスターの点検からです。

なるほど、ウインカーとハザードがなんの反応も無です。

DSCN1903

AKH様の言われた通りヒータコアから湯気が出ており、
フロントガラスの左側が曇ってきました。

DSCN1912

助手席から潜ってみると、ヒーターコアの底部には緑色の滴が!

ヒーターの漏れは間違いないようです。

DSCN1909

ラジエーターを診てみると、クーラントが汚れており量も減っています。

後ほど補充しますが、水路洗浄も必要かと思われます。

DSCN1908

ブレーキフルードは大分少なくなっています。

色も大分変色しています。

新しいブレーキフルードは清涼飲料水のリアルゴールドのような色なんですよ。

まぁ炭酸は入っていませんが・・・・^^;

早めの交換をお勧めします。

DSCN1913


ボンネット内の点検が終わり次は下回りです。

その前に冷却水の補充をします。

結構減ってました。
700cc位補充。

DSCN1915

左のドライブシャフトのブーツは、もう切れる寸前です。

DSCF7387

これは早めの交換が必要です。




DSCN1918

右側は交換されたのでしょうか?

ブーツにヒビは見当たりませんでした。

DSCN1917

左のテンションロットブッシュはヒビが目立ちます。

DSCN1924

ナイロンベアリングもガタが出ています。

ラックブーツも左側にはヒビが出ています。

まだ切れていないので大丈夫ですが、右は新しいものがついていますね。

もしかしたら、右側の足回りだけ交換されたのでしょうか?

左側もそろそろ限界に近づいています。

DSCN1927

ボールジョイントは左右とも上下にガタが出始めています。

P1240326

P1240325


ブレーキフルードの減りは大きいので、リヤのホイルシリンダーを点検。

ホイールシリンダーから漏れがありました。

これは早急に修理が必要ですね。

1/12 追記 メカ高宮です。 

今朝は寒さは際立っています。

DSCF7349

マスターの点検から引き継いで、点検の続きとウインカー・ハザードの
修理をします。

DSCF7393

DSCF7394

オイル漏れがかなりあり、ドライブシャフトのサイドシールにも漏れがありました。

DSCF7392

DSCF7403

エキゾーストパイプのフレキが削れて切れてきています。

これも早めの交換が必要です。

DSCF7402

触媒にも亀裂を発見。

排気漏れを起こしている訳ではなさそうです。

要観察ですね。

DSCF7353

ウインカースイッチOFF。

DSCF7352

DSCF7354

右も左もウインカーの操作をしても全く反応無。

DSCF7355

ハザードも同様に反応無。

DSCF7356

まずはヒューズから診ていきましょう。

今回の灯火類に関係するヒューズは、4本中一番上。

ウインカーもハザードも同じヒューズを共有しているので
怪しかったのですが、ヒューズは4本とも切れて無く、電気も来ています。

ここは問題ありませんでした。

DSCF7364

DSCF7365

次に配線の断線を疑いサーキットテスターで導通を確認しました。

ここもだんせんが無く、次のステップに進みます。

DSCF7358

ハザードリレーをチェックスイッチを操作すると、カチカチ音がします。

動いているので先に進みます。

DSCF7370

DSCF7371

ウインカーの電源は、ハザードスイッチを通ってきているのでスイッチを
チェックしました。

外すとスイッチを組み立てている爪が折れておりスイッチに不良個所を発見。

これは!スイッチの交換で解決かと思いきや、それだけでは無いようです。

DSCF7368

ウインカーリレーをチェックすると、作動を確認。

もうウインカーとハザードに関係するところは全て洗い出しました。

後は二つのリレーが電気を出力しているかのチェックです。

DSCF7360

原因判明!これは先ほどカチカチいい音を出していたハザードリレーです。

作動はしても2次側の導通がありません。

DSCF7377

BlogPaint


交換すると、点滅を確認。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1/17

メカ山田です。

今回の作業内容も決定し、本日作業開始です !


P1240591

今日は、オイル交換とドライブシャフトブーツの交換です。


P1240592

今回、オイルフィルターも交換ご用命。


P1240593

選ばれたのは、ノーマルフィルターです。


P1240609

ドレーンの鉄粉は、多めですね。

タイムラグも大きいし、今後オートマのオーバーホールが必要になる

しれませんね・・・

延命にも繋がるPECS、次回は是非、取り付けをお勧めします !


P1240594

さて、オイルを抜いたまま、ドライブシャフトブーツの交換を開始しますよ !


P1240595

固着して、ハブからドライブシャフトが抜けませんでした。

まさか、ハブごとドライブシャフト抜くことになるとは・・・


P1240597

事態はさらに悪化?

ハブから引き抜いたら、ベアリングも一緒の抜けてしまって・・・


P1240598

まぁ、ここまでくれば、ベアリングも何とか抜けましたが。


P1240600

各パーツを清掃、

ちょっと回り道となってしまいました・・・


P1240604

でも、おかげでハブシールとハブグリスは新しくなったし、

ある意味良かったんじゃないですか !


P1240602

ここで、ようやく当初の予定、ドライブシャフトブーツの交換に戻ります。


P1240605

古いドライブシャフトブーツは、結局ブーツ交換時に切れてしまいました。

やっぱり、今回ブーツを交換されたのは正解でしたね !


P1240608

途中、今日は終わらないのではないかと思いましたが、

何とかブーツ交換終了です。


P1240610

いやー、何時間オイルを抜いていたのかな・・・

さぞ、オイルもよく抜けたことでしょう。

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。

オイルを入れて、今日はの予定終了です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

P1240612

1/19

メカ山田です。

残りの作業も、あと少しとなりました。


P1240614

今日は、ホイールシリンダーの交換です。


P1240615

ホイールシリンダーには、過去に苦い思いをしたキャメル。


P1240616

P1240618

メカ山田がキャメルに来るだいぶ前から、新品のホイールシリンダー

でもカップを日本製に組み替えてから取り付けるのがキャメル流。


P1240619

車検時には、かならずホイールシリンダーをオーバーホールしますが、

その時も日本製のカップを使用してます。


P1240621

今回は、キャメルでのホイールシリンダーの交換、及びオーバーホール

の履歴がないので、新品のホイールシリンダーに交換させていただきました。


P1240623

ライニングの角も面取りされてなかったので、しっかり角を落としました。

では、エアー抜き開始です !


P1240624

エアー抜き後、カップからの漏れはありませんね !


P1240622

ドラムも清掃し、組み付ければホイールシリンダーの交換も終了です。


BlogPaint

最後の試乗に行ってきます !


P1240642

試乗後も漏れは無く良好。

作業の最終チェックを行ってると、どうもECUチェックを行ってないような・・・

ECUチェック行ってみると、マップセンサーのフォルトが入ってました。


P1240644

初めは、過去の故障を消去し忘れてたのかと思ったのですが、

マップ値は、ほぼ大気圧。


P1240643

アイドリングも高く、


P1240650

ECUはアイドリングを下げようとしてますが、これ以上下らない状態。

ステップ値は、アイドリングを下げる限界まできています。

これはどこか、バキュームパイプが切れてるのではないかと・・・


P1240645

P1240646

P1240647

P1240648

P1240649

その他のセンサーには、異常は見られませんね。


P1240653

バキュームパイプを点検すると、ECUに刺さるパイプが外れていて、

さらにスロットルボディーの後ろにパイプが1本付いてませんでした。

エアークリーナーは社外品に交換されてるので、パイプが無くても

良いのですが、パイプの取り付け部は塞がなければいけません。

メクラ蓋を作って塞ぐと、


P1240660

P1240661

アイドリング、マップ値ともに正常に戻りました。


P1240670

ステップ値も、アイドリングを制御できる範囲になってますね。


P1240672

フォルトも消去したし、これで作業完了です !


つづく



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002









EGT様 高速走行中にエンジンストールでレッカー入庫です。

( ´ー‘)ゞ 明けましておめでとうございます♪今年は6kg増量の石川です♪


BlogPaint


前回オイル交換&水路洗浄したEGT様。
年末の東北自動車道でエンジンストール。

保険のレッカーで本日入庫です。


CIMG6020


「キチンと運びましたよー♪」とレッカー屋さん。
EGT様の代わりにポーズ頂きました(笑)


BlogPaint


まずは原因究明。


P1240075


今まで入っていなかったクランクセンサーにフォルト。


P1240078


圧をかけないようにキャップを開けてエンジンをかけますが。。。


P1240077


先月の水路洗浄で10年分の汚れ?が出た結果かキャメル初来店の時にもメカ市川さんから言われていたヒーターコアの漏れがとうとう限界を超えています(汗)


CIMG6030


この状態では試乗出来ません(´;ω;`)


DSCN1873


クランクセンサーも怪しいし稀にガソリンタンクの内圧の関係で高速道路を走行中に燃料が行きづらくなる事もありました。

「クラセン交換してフューエルキャップ交換。そんでもってヒーターコア交換しましょうね・・・・っと」


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

1/6

メカ山田です。

早速のご返事、ありがとうございました。

本日、作業開始します !


P1240103

とにかくヒーターコアを交換しなければ、試乗もできませんからね。


P1240104

まずは、ヒーターコアの交換から始めます。

問題のヒーターコアは、いったいどのような状態?


P1240105

これは、かなりのものですよ !

ここまで激しく漏れてるのは、なかなか見かけませんね。

この状態で走行されてたなんて、さぞ大変だったことでしょう・・・


P1240107

やっぱりヒーターコアも、日本製が良いですね !

信頼性バツグン !  漏れる心配も各段に減りますからね。


P1240108

次にヒターユニットを外すのは、何年先になるのか。


P1240109

ひょっとすると、もう外すことは無かったりして !


P1240111

ヒーターコアの交換はこれで終了 !


P1240113

続いて、クランク角センサーの交換です。


P1240114

しかしオートマのクランク角センサーって、本当に交換しづらいです。

ECUを外して、何とか交換できますが、


P1240115

とにかく狭い・・・


P1240116

取り付けボルトを外しても、センサーがなかなか抜けなかったりして・・・

やっと外れました !


P1240117

これがエンストの犯人であってほしい・・・

願いを込めて、新旧交代の儀。


P1240121

では、これで試乗に行ってきます !


P1240123

少々長めに試乗を行いましたが、エンストすることはありませんでした !

ヒーターコアからの漏れもありませんね。


P1240124

ECUチェックもノーフォルトだし、やっぱりクランク角センサー

が犯人だったのかな?!

最後に、フューエルキャップを交換。


P1240126

ベントが無い物から、ベント付きの物に交換です。

これで、燃料が行きづらくなることも無いでしょう。

作業は、これで終了しました。 明日のご来店、お待ちしてます !


☆■☆ 1/ 7 石川の追記です。 ☆■☆


BlogPaint


ご来店前に水洗いします♪
この時期水が冷たいですねー


CIMG6175


EGT様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ
眼鏡の上にはキャメル年賀状が♪
久しぶりのかぶり物?(笑)


CIMG6176


しばらくは様子を見てくださいね^^
ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
安心オートマらくらく便
安心オートマは全国へ。
安心オートマらくらく便
こわれない安心オートマ

「安心オートマ」のHPへ。

安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
・フリーダイヤル
0120-810-002)
お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
新着商品
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る