スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

【ゴールデンウィークの休業日】
5/3(水)~7(日)をお休みとさせていただきます。
作業予約はお早めに。

PECS(磁力型オイルフィルター)

UMZ様 初の御来店でオイル交換とPECSも取り付けます。

UMZ様 初の御来店有難うございます。

本日はオイル交換ですね。

担当は高宮です。

BlogPaint


DSCF7790

お車は94年式35thモデル。

このデカールはかっこいいですね~^^

BlogPaint

BlogPaint

灯火はバックランプが点灯していません。

スイッチ調整で点灯しました。

DSCF7794

ECUチェックでは吸気温センサーにフォルトが入っておりました。

DSCF7804

整備の状況が分からないので、今回はフォルトをリセットしておきます。

DSCF7796

エンジン回転数は良好です。

DSCF7797

インテークマニホールド内負圧も良好ですね。

大気圧が100kpaなので結構強い負圧なんですよ。

DSCF7798

水温センサーの温度です。

DSCF7799

吸気温センサーの温度です。

DSCF7800

DSCF7801

DSCF7802

フューエルトリムはO₂センサーからの情報で燃料の増減をしています。

100%がプログラムの噴射量に対して、2%濃くしています。

DSCF7803

ステップ値は低目ですが、まだ調整の余力が有ります。

DSCF7806

ブレーキフルードはもう少し大丈夫ですね。

減りもありません。

DSCF7815

DSCF7817

エンジンが熱くなると、吹け上りが悪くなることが有るとの事なので、デスキャップを点検します。

デスキャップの電極に腐食が出ています。

摩耗もあるので交換致します。

DSCF7821

オイルはあまり汚れていません。

DSCF7839

ドレーンボルトの鉄粉はマニュアル車としては標準的な量です。

DSCF7841

今回はPECSもご用命です。

次回のオイル交換から、ドレーンボルトの鉄粉量を観察していきましょう。

DSCF7843

DSCF7851

オイルはワコーズ プロステージ10w-40です

添加剤はSOD-1です。

DSCF7844

グリスアップもご用命です。

DSCF7824

ラックブーツが割れています。

大きく割れてくる前に交換をお勧めいたします。

CIMG2470

点検が終了しましたので、ご確認して頂きます。

とても熱心に点検内容を確認されていました。

こちらも説明に力が入ります。

DSCF7853

エンジンは時々ストールするとの事ですが、フューエルポンプのヒューズに使われていたキボシが取れかけていました。

ここの接触不良でエンジンがストールしている可能性があります。

DSCF7855

ラインヒューズはECUとフューエルポンプのヒューズをブレードヒューズに交換しておきます。

今回はハンダで付けていますので、安心です。

DSCF7858

左のミラーがグラグラするので増し締めしておきます。

DSCF7863

ウインカーのディマースイッチの戻りが悪いので、調整します。

CIMG2475

グリスアップと取り付け直します。

CIMG2479

初の御来店で盛沢山になってしまいました。

本日は有難うございます。

CIMG2481

気を付けてお帰りください。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002







KNT様 走行前点検と オートマMINIの勝負オイルは10W30フルエステル

KNT様いらっしゃいませ。

BlogPaint

CIMG5567

前回のご来店は2017年4月にゼッケン取り付けでご来店です。

本日は走行前点検とオイル交換ですね。

担当は高宮です。

BlogPaint

灯火チェックは点灯確認OKです。

DSCF7315

ブレーキフルードの色と量は良好です。

DSCF7326

DSCF7330

良く整備されているので、左右の足回りにガタや、ブーツのヒビは有りませんでした。

DSCF7334

本日はA/Fの補正をするのでO₂センサーを取り外します。

DSCF7336

この状態でキーオンにしたまま30分程おきます。

DSCF7337

その間にオイルを抜いてしまいましょう。

今回のオイル交換迄の走行距離は約2700kmです。

2回程サーキット走行されているそうです。

汚れ具合は通常より少し汚れが出ている感じです。


DSCF7340

ドレーンボルトの鉄粉が少々多目なので、PECSも分解して確認しておきましょう。

DSCF7347

少なく見えていますが、掃除を始めると鉄粉が結構溜まっていました。

DSCF7349

KNT様は、サーキット走行が多いので、PECSの清掃はショートスパンになりそうですね。

DSCF7351

規定トルクでPECSを取りつけます。

DSCF7354

本日のオイルはCDX-S 10w-30です。

Image1

オートマMINIでのサーキット走行は油温との闘いです。

油圧を欲しいので粘度を上げていくとそのオイル自らのフリクションでの発熱も大きくなってしまいます。

今回のフルエステルCDX-S 10W30はワークスATで一足お先にテストしましたが、3月のSBoMのレースでも最高108℃まで収まり、粘度を下げることでのオートマからの発熱はかなり抑えられることがわかりました。

ただ普通は粘度を下げれば油圧も下がってしまいますが

このオイルは100%特殊エステルの化学合成油で高温のエンジン内に吸着する性能が高く、エステルの電着効果で油圧が確保できます。

A.S.HのFSEとほぼ同じですが10w-30のオイルラインナップが無いので、同系列のCDXからのチョイスです。


DSCF7343

DSCF7345

足回りのボルトやナットに工具を掛けて、緩みを点検します。

CIMG5591

今回窒素ガス全量入れ替えもご用命頂きました。

DSCF7359

窒素ガス封入の証、ブルーのN₂バルブキャップも取り付け済みです。

タイヤの圧力は高目で2.5kに合わせてあります。

CIMG5598

本日はありがとうございました。

まずは4月23日のトラックディでタイムアタックがんばってください。

そして、キャメルスタッフも全員参加の5月7日SBoMでお会いしましょう。。

BlogPaint

気を付けてお帰りください。




4/20夜 追記

KNT様よりメッセージいただきました。

K 『エンジン軽くなりましたねシャバシャバオイル作戦効いてるみたいです』

S 『シャバダシャバダバシャバダバ♪ (笑)  あとは油温ですね』

K 『首都高で負荷かけて走ってみましたが油温MAX100℃ A/F12.4  燃圧1.7k  こんな感じです』

S 『5月の筑波でMAX115℃くらいでしょうか。。』

K 『その辺で収まってくれれば十分許容範囲内ですね』


前回の使用オイル アッシュフルエステル黒缶15W50と比較しても数℃は油温下がってますよね。

楽しみですねぇ。。。。♪






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



SKG様 初オイル交換でPECS、水路洗浄まで施行です。

SKG様 初の御来店有難うございます。

本日はオイル交換ですね。

担当は高宮です。

CIMG2047

BlogPaint

初の御来店なので、お車の状態をお聞きしながら、私はエンジンルームのチェックです。

2速→3速に変速する時バンドが滑っているようです。

DSCF6942

オイルの量はロアレベルです。

上の穴から下の穴まで約500ccです。

前回のオイル量が分かりませんが、ピッタリ入っていいたとすると、約500cc減っています。

DSC07502

私も少しお話を伺います。

オイルはワコーズ プロステージ10w-40に決まりです。

お勧めのSOD-1の添加もご用命です。

DSCF6960

灯火チェックでは、ハザードスイッチのスイッチインジゲーターランプが点灯していません。

DSCF6970

ランプ用の配線が抜けていました。

DSCF6973

点灯確認です。

BlogPaint

その他の灯火は全て点灯OKです。

DSCF6945

DSCF6946

ECUチェックです。

エンジンの異常を示すフォルトが2つ入っていました。

吸気温センサーとマップセンサーです。

整備の状況がわからないので、今回はリセットしておきます。

次回のオイル交換迄様子を診ましょう。

DSCF6949

エンジン回転数は良好です。

DSCF6951

水温センサーの温度です。

DSCF6953

インレットマニホールド内の負圧です。

大気圧100・真空0。

DSCF6955

吸入空気の温度です。

DSCF6956

スロットル開度です。

DSCF6957

バッテリー電圧です。

DSCF6958

フューエルトリムはO₂センサーの情報で燃料を増減しています。

100%がプログラム基準で、現在6%濃くしています。

DSCF6959

ステッパーモーターはスロットル開度を調整しています。

ステップ値が0ということは、ステッパーモーターがこれ以上スロットルバルブを閉められない状態にあります。

他に異常が無ければ調整します。

DSCF6974

ブレーキフルードは減りも無く、綺麗です。

DSCF6980

リフトアップしてオイルを抜いていきます。

入っているオイルが不明ですが、汚れは少ないですね。

DSCF6981

欠けた部品などは出ていません。

DSCF7005

ドレーンボルトの鉄粉量はやや多めです。

PECSを付けるとエンジン内の鉄粉をしっかり取ってくれるので、コンバーターに溜まった鉄粉も減ります。

また2次摩耗・3次摩耗も抑えられます。

DSCF6987

足回りの点検をしていきます。

・フロント右のハブベアリングに少しガタが出ています。

もう少し大きく出ると交換が必要になります。

DSCF6991

左右のドライブシャフトブーツに大き目のひび割れが出ています。

こちらも切れてしまう前に交換が必要です。

DSCF7001

フロントとリヤのラバコンもお疲れモードです。

大分潰れてきていますね。

ラバコンには寿命が有るのですが、私のお勧めはやっぱりラバコンですね。

DSC07518

キャメルの試乗車安心オートマの、おとーと君には新しいラバコンが入っているので是非試乗してみてください。

DSCF7003

DSCF7002

マフラーのマウントブッシュはもう切れてしまいそうです。

こちらは交換させていただきます。

DSCF7023

DSCF7027

マフラーマウントブッシュを交換しました。

ここが切れるとマフラーが落ちて引きずる形になります。

本当に切れる寸前だったので良かったです。^^;

DSC07507

点検を熱心にご覧になるSKG様、ミニへの愛情を感じました。

こちらも点検・整備に力が入ります。

CIMG2076

DSC07511

DSCF7017

PECSの取り付けも決まりました。

ドレーンの鉄粉量を考慮して5コアを取り付けることに決定^^

DSCF7015

DSCF7016

ノーマルのオイルフィルターは、今日でお役御免。

DSCF7034

今日から5コアのPECSに頑張ってもらいましょう。

DSCF7018

DSCF7036

SOD-1ワコーズ プロステージ10w-40をエンジンへ。

オイル交換は終了です。

DSCF7030

錆が気になるとの事で、錆チェンジャーを塗ります。

赤錆を黒錆に変えて錆の進行を抑えます。

今日はまだまだ整備のオーダーを頂いております。

DSCF7037

バキュームパイプは社外の物や燃料ホースなどが付いているので交換致します。

このバキュームパイプはエンジンのコンディションに結構影響が出るので4本の内3本を交換致します。

また、ヒーターバルブが古く、室内が何時も暖かいとの事なのでヒーターバルブとヒータージョイントパイプも交換です。

DSCF7042

バキュームパイプが取り付く、フューエルトラップも洗浄します。

汚れが大分溜まっていました。

DSC07522

バキュームパイプが取り付き、次はヒーターバルブの交換を施行です。

DSCF7039

ラジエーターのクーラントがかなり汚れているので、急遽水路洗浄もご用命です。

BlogPaint

ピットからお車を移動して水路洗浄の準備が出来ました。

DSCF7048

洗浄剤はワコーズ ラジエーターフラッシュを入れてクーラントの温度を上げていきます。

この時にスリーチェックも同時に行います。

スリーチェックは、サーモスタット、水温センサー、電動ファンスイッチの3機能が正常に作動しているかをチェック致します。

DSCF7044

DSCF7045

更に並行して、リヤガラスのウェザーストリップの継ぎ目が大きく開いているので、シールを流します。

DSCF7050

DSCF7051

DSCF7053

ミニモニ(水温センサー)の温度と、温度計の温度は変わらずに上がっています。

サーモスタットの密閉が良くありませんね。

水温センサーの精度の方は良好です。

DSCF7070

DSCF7069

水温センサーの温度が90℃になるとサーモスタットが完全に開き勢いよくラジエーターにクーラントを流しています。

DSCF7074

DSCF7075

水温センサーの温度が97℃になると、電動ファンが作動しました。

DSCF7076

DSCF7077

水温センサーの温度が95℃で、電動ファンが停止しました。

電動ファンスイッチの作動は良好です。

DSCF7087

水温も頃合いなのでステップ値も確認しました。

大分ステップ値が良い所に戻ってきました。

ここまで来たら45ステップ辺りに調整しておきますね。

DSCF7088

エンジンの水温が頃合いなので、ラジエーターのクーラントを抜いていきます。

DSCF7095

クーラントは大分汚れています。

水路洗浄は正解ですね。

DSCF7089

ホースバンドを外すとホースの口が裂けていました。

DSCF7092

新しいホースに交換致します。

DSCF7096

次にクーラントの循環方向にクーラントを吸い出していきます。

DSCF7097

こちらも汚れが出て来ました。

それでも汚れが出ているので、エンジンは綺麗になっているという事です^^

DSCF7098

つづいてバイパスホースを塞いで、水路を逆流させ、ヒーターコアから汚れを吸い出します。

DSCF7099

ヒーターコアも綺麗になりました。

2本目は殆ど透明になっています。

DSCF7100

ワコーズ クーラントブースターを添加します。

添加するだけで冷却液の防錆・防食・消泡性能を復活させます。

DSCF7101

最後に新しいクーラントを入れて作業は完了です。

DSC07523

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

DSC07525

本日はありがとうございます。

BlogPaint

気を付けてお帰りください。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KWM様 マーコスでご来店 PECS試します。。

曽根です。


KWM様 マーコスでご来店いただきました。

CIMG5438

しばらく寝かしたけど去年、復活させたとのことですが、

いいですねぇ、FRPボディだから錆とは無縁。。

永遠の美しいボディ

BlogPaint

MINIより軽量ですが長さは40㎝ほどロング。。

CIMG5434

最終型マーコスのエンジンは1.3インジェクションでした。

カップホルダーを探しながらのご来店でしたが、

その前に『無交換オイルフィルターPECS でしょう。』  (カップホルダーとはジャンルが違いすぎますが・・・)

Image1

じゃ、試してみるよ。。。  と、お持ち帰りです。



CIMG5440

PECS取り付け後の感想文は、原稿用紙2枚くらいでお願いします (笑)


BlogPaint

今度、点検させていただきながらじっくり拝見させていただきたいです。。。

ありがとうございました。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002




NKE様 初の御来店で、オイル交換とホーン取り付け+PECS装着。

NKE様、いらっしゃいませ。

本日初御来店のNKE様。

CIMG1542

オイル交換とホーン取り付けのご予約有難うございます。

担当は高宮です。

BlogPaint

お車はとっても綺麗な黄色のA/Tです。

DSCF6243

早速オイル量を確認して試乗に出ます。

オイルの減りは有りません。

CIMG5250

それでは少しお預かり致します。

試乗ではエンジンもミッションもとても調子がいいですね。

試乗では足回りが少し硬い感じ以外は、気になる所は有りませんでした。

BlogPaint

灯火チェックでは切れているバルブは有りませんでした。

DSCF6253

エンジンの異常を示すフォルトは有りませんでした。

DSCF6255

エンジン回転数も安定しています。

DSCF6257

マニホールド内の負圧も良好です。

DSCF6258

DSCF6259

DSCF6260

DSCF6261

DSCF6262

フューエルトリムの増減も少ないです。動きは殆どありません。

優秀です。

DSCF6263

ステップ値は80と少し高目ですが、まだ余力が有ります。

こちらも少し様子を診ていきましょう。

DSCF6266

エンジンルームをチェックして行きます。

オイル漏れが気になるそうなので、その辺りも合わせて診ていきましょう。

DSCF6265

ブレーキフルードはそろそろ交換を、お勧めいたします。

DSCF6267

右側のブローバイ・フランジからオイル漏れが有ります。

DSCF6269

冷却水の漏れは有りませんでした。

DSCF6278

DSCF6280

オイルの汚れも少ないですし異物も出て来ていません。

DSCF6294

ドレーンボルトにマグネットが付いていません。

ドレーンの鉄粉は健康のバロメーターなので、是非とも欲しい所です。

DSCF6313

本日はPECSの取り付けも有るので、純正のドレーンも追加でご注文頂きました。

DSCF6283

ラックのナイロンベアリングにガタが出てきています。

こちらは直ぐにではありませんが、大きくなると音が出てきますので、注意が必要です。

DSCF6284

左右のナックルジョイントのブーツに大き目の割れが出来ています。

グリスが抜けてしまう前に交換が必要です。

DSCF6288

アッパーアームがリバウンドバッファーに接地していません。

ショックアブソーバーの取り付け位置を変えるブラケットがついているので、アブソーバーが伸びきってもバッファーに届かないようです。

このブラケットは車高を下げてもアブソーバーの美味しいところを使えるようにするための物なので、このままでいいと思います。

ただリバウンドバッファーに接地していないとショックアブソーバーに負担がかかるので、WFO鬼コーナーリングキットKinzoという分厚いリバウンドバッファーがお勧めです。

DSCF6302

グリスアップもご用命です。

オイル交換毎のグリスアップはボールジョイントの延命に効果ありです。

CIMG5252

本日は寒い中NKE様に長いお時間点検にお付き合いいただきました。

有難うございます。

CIMG5257

ここでNKE様は、キャメル・おとーと君に試乗です。

ラバコンの吸いつくような足回りをご堪能ください。

DSCF6317

ノーマルフィルターを取り外し、PECSを装着します。

新旧交換の儀。

DSCF6321

次回オイル交換でドレーンボルトの鉄粉量を診てPECSの清掃時期を決めたいと思います。

DSCF6324

DSCF6326

初ご来店で、初SOD-1投入です。

オイルはワコーズ プロステージ10w-40です。

DSCF6325

そしてこちらのホーンはNKE様がYouTubeで200回程音を聴き比べて決めたこだわりのホーンです。

私もとても興味があります。

早速取り付けていきましょう!

DSCF6329

グリルに付いているホーンを取り外します。

DSCF6333

ここに付属のリレーを取り付けます。

困った事に、この付近にスペースが無いので、肝心のホーンが入りません。

DSCF6336

ホーンは右フロントのタイヤハウジングに取り付けました。

試しに鳴らすと・・・・・・・・これは凄く良いです。

私も近いうちにこれにしようと思います・・・・・・まだ動かないのですが・・・・・。

CIMG1575

大変お待たせいたしました。

次回のオイル交換もお待ちしております。

CIMG1577

本日はありがとうございます。

BlogPaint

気を付けてお帰りください。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
安心オートマらくらく便
安心オートマは全国へ。
安心オートマらくらく便
こわれない安心オートマ

「安心オートマ」のHPへ。

安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
・フリーダイヤル
0120-810-002)
お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
新着商品
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る