スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数7,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

エンジンマウント

ASI様 クラッチ編。

( ´ー`)ゞ ハイッ! ピンクの石川です。

お待たせしております。
ASI様修理色々のクラッチ編です(*´ー`*) 

CIMG3716
クラッチを分解するためにクーラー周りも
外していきます。


DSC06282
やっと
クラッチハウジングカバーが見えてきました。

DSC06285
センターナットを緩めて
特殊工具でフライホイールごと外していきます。


CIMG3720
エンジン右側のオイル漏れは
クラッチシールとプライマリーギヤからが原因です。


DSC06290
クランクシャフトのテーパー部に噛み込んだキズ痕があります。
プライマリーギヤの回転する部分も摩耗痕があります。



DSC06289
クラッチシールを交換します。


DSC06291
特殊工具にて取り付けいたします。

DSC06292
シールプロテクターを取付けです。
オイルもれが再発するようなら
クランクの研摩とプライマリーの交換が必要になります。



CIMG3718
クラッチカバーとフライホイールを分離すると
クラッチディスクが見えてきます。


DSCF2330
長年の酷使でプランジャーとレバーが
摩耗してしまっているので交換です。

DSC06283
カバーを清掃して
レリーズベアリングを取り付けます。



DSC06287
エンジンマウントも交換です。




DSCF2350
フライホイールのバランスを点検します。
バランスが偏ったところにマーキングして

DSCF2366
ドリルで揉んで重量調整をします。


DSCF2388
また、マーキングして
この作業をバランスがとれるまで繰り返します。



今までついてたクラッチのバランスチェックしてから

新しいクラッチカバーと取り付けてバランスを取れるまでのビデオです。




4月16日追記

クラッチ組み付けに際し併せて交換になった部品達です。。。

DSC06310

クラッチを押すプランジャー(左) と レリーズフォーク(右)です。 



クラッチマスターも交換させていただきました

DSC06316

油圧の漏れはなかったのですが動きが悪かったのと、


ペダルと繋ぐ穴が広がってしまってガタが出てました↓

DSC06312

だいぶ力がかかってますね。

DSC06315

クラッチマスターとペダルを繋ぐクレビスピンもすり減ってますね。


P1110606

クラッチ編は組みあがりました。

本編に戻る・・






 


クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック

石川号 2月第4火曜日 気になるエンジンマウントを交換♪

( ´ー`)ゞ ハイッ! ピンクの石川です。

今月の第4火曜日は以前から気になっていたエンジンマウント。

大体やわらかめのを使うのが多い中、今回使うのは三和トレーディングさんのマニュアル用強化エンジンマウントですヽ( ´ー`)ノ


CIMG0207


これです♪
石川用!混ぜるな!危険!


DSCF9108


今日は暖か♪
さっそく交換開始ヽ( ´ー`)ノ


DSCF9120


そして早速通りすがりの師匠市川さんに「ここどーすんの?」
師匠市川さん「神に祈りなさい。」


BlogPaint


祈りが通じて無事外れましたヽ( ´ー`)ノ

それにしてもこれは酷いですな・・・


CIMG0229


無事に左終了♪

そのまま右へo(*・ω・)○


CIMG0234


右もクラッチカバー側のボルトが入ってこのごサブフレーム側も難なく終了♪


DSCF9152


思ったよりスンナリいってホッとしたのもつかの間。

あれだけヘタったマウントが新品になったもんだからステディーのボルトの位置が全然合わなくなっちゃいました(・_・;)


DSCF9158


そんな時に通りすがりのDr.山田さんに「ここどーすんの?」
Dr.山田さん「どぉくたぁ~じゃねぇ~しっ!」(訳 : 神に祈りなさい。)

何とか祈りが通じ無事作業完了ヽ( ´ー`)ノ

しかしこりゃ自分でやろうなんて思わず素直にメカさんにお願いするのが賢い選択ですな(笑)

エンジンマウント交換基本工賃 24,000円 (2014/2月 現在)


DSCF9163


早速わくわくドキドキしながら試乗♪

まずはエンジンかけた時の振動が今までよりダイレクトに体に伝わってきますo(*・ω・)○
より一層一体感が得られた様な気持ちの良い振動です^^

スタート時のクラッチをミートした時の前後の振れが全然違いますね!
もちろん今までも追加のステディーが付いていましたが、このカッチリ具合は追加ステディをつけた時以上かも!?

1速や2速で5000rpm位まで引っ張ってのアクセルオフ。またオン。
エンジンルームで前後に遊ぶ感じが消えて素直に車体の前後に重心が移り変わるのが分かりやすくなりましたヽ( ´ー`)ノ

これは次回の運動会は頂いちゃえますかねっっ(*^^)v


DSCF9177


webさとー君が洗車をしていたので横にとめておけば綺麗になるかな?
ならなそうなのでセルフ洗車。 

折角頑張ったんだからこの角度からでもエンジンマウントが見えれば良いのにと思ってみる(笑)


CIMG0268


今日は外だけで完了♪
相変わらずのオーバーフェンダーですがそこはもはやトレードマークになりつつある?

早く何とかしたいですね。。。





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック

MTM様、点検中に発見しました。


メカ山田です。

お出かけ途中に、水漏れで緊急入院したMTM様のミニ 

を点検します。


CIMG4889

目視で点検しましたが、漏れている

場所が特定出来ません。

そこに市川師匠から、秘密兵器?の差し入れです。


CIMG4892

チューブの先端の映像が、


CIMG4891

このモニターに映し出されます。

おお、これはスゴイ !

期待して使用してみましたが、何が映って

いるのかよく解りませんでした。

ガッカリ・・・

再び目視で点検していると、


P1020880

ん? コンプレッサーとファンカウルが

接触しているぞ !


P1020889

さらにクーリングファンもファンカウルと

接触しています。

市川師匠と話した結果、エンジンが下がって

いるのではという疑いがでてきました。


BlogPaint

そこで、エンジンを持ち上げてみると、


P1020886

コンプレッサーとファンカウルに、隙間が出来ました。

もちろん、クーリングファンとファンカウルも

接触していません。

エンジンマウントの劣化により、エンジンが

下がっていました。

ファンの接触により、ウォーターポンプに過大な

負荷がかかり、ウォーターポンプが損傷

している可能性があります。

明日、ラジエーターを外し、漏れている場所を

特定する予定です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10/15

メカ山田です。

今日は、ラジエーターを外し、漏れている場所

を見つけます。


P1020895

始めます。


P1020897

ラジエーターのアッパーステーを外し、


P1020899

ロアーステーも外します。


P1020901

ロアーホースを外し、ラジエーターを

取り外します。


P1020904

ロアーホースをバイスプライヤーで塞ぎ、

水を入れて漏れを探します。

どこから漏れているのかな?


P1020905

漏れている場所は、ウォーターポンプの下に

ある小さな穴からでした。

ミニに限らず、ここから漏れている車って

結構あるんですよ !


CIMG8581

ここからは、エンジンマウントの交換です。


P1020927

フロントタイヤを外し、サブフレームから

マウントを止めているネジを外します。


P1020928

ウォッシャータンクを外し、


P1020929

そこから手を入れて、エンジン側の

マウントボルトを外します。

ボルトが見えず、手探りです。


P1020930

マウントを外します。

結構、簡単に外れたぞ !


BlogPaint

オイルパンにジャッキを当て、高さを調整しながら、


P1020933

新しいマウントを取り付けます。


P1020934

サブフレーム側のボルトを付け、


DSCF0004

エンジン側のボルトを付ける・・・ んですが、

全然穴位置が合わないよ !

ジャッキを上げ下げしながら、

見るんじゃない。感じるんだ !  と、自分に

言い聞かせ、穴位置を探します。

2本のボルトが付いた頃には、かるく2時間

が過ぎていました・・・


CIMG8617

よし、今度は左側だ !

始めようとしたら、何とエンジンにマウント

を付けるブラケットが割れていました !

これじゃマウントの交換が出来ないよ・・・

マウントを外しちゃうと、エンジンが宙ぶらりんに

なってしまうので、今日は、ここまで。

部品が来てからの交換になります。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10/17

メカ山田です。

ブラケットも入荷したので、作業再開です !


P1020974

マウントとブラケットを外します。

ラジエーターが外れているので、とっても楽チン !

元のブラッケットは、バキバキに割れてました。


P1020976

純正のブラケットは、もう部品が無く、

代わりに強化品になります。

どこが強化されているのか見てみると、

鉄板の厚みが厚くなっているよ !


P1020975

ブラケットにマウントを取り付け、


P1020977

車両に取り付けます。

これでやっとジャッキを使わなくてすむよ !


P1020978

つづいてサーモの交換です。

ボルトを抜く時は、ドキドキでした。

1本折れそうだったからね。


P1020979

取り付け面と、


P1020980

ハウジングを清掃して、


P1020981

新しいサーモを取り付けます。

ボルトは、もちろんステンレス製に交換 !

これで安心です。


P1020982

サーモの次は、ウォーターポンプの交換です。


P1020983

取り付け面を清掃します。


P1020984

バイパスホースも交換します。

青くてカッコいい !


P1020988

ウォーターポンプを取り付けます。


P1020991

つづいてロアーホースを交換します。


P1020992

元のホースには、ファンスイッチが付いて

いますが、今回は、ラジエーターにファンスイッチ

が付くので問題無し !


P1020993

ロアーホースを取り付けます。

もっと青くなってカッコいい !


P1020995

さらにヒーターホースです。


P1020997

このホースは二分割です。


P1020999

ヒーターバルブも交換します。


P1030001

新しいヒーターバルブを付け、


P1030002

ヒーターバルブとさきほどのホースを

もう1本のホースで繋ぎ、ホース交換終了 !

明日は、いよいよラジエーターの取り付けかなぁ?



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10/20

メカ山田です。

中二日空いてしまいましたが、今日は

ラジエーター取り付けますよ !


P1030107

ラジエーターをエンジンルームに入れ、


P1030113

ロアーホースを付けます。

今回から新たな工具を導入しました。

その為、ホースバンドだけは、以前より

締めやすくなったかな。


P1030115

ラジエーターを固定し、


P1030121

アッパーホースを取り付けます。


P1030125

ファンスイッチの場所が変わったので、

ハーネスを延長します。

元のは、ロアーホースに付いていたからね。

場所が変わったので、ロアーホースをカット

しないですむし、いい感じです !


P1030126

いよいよ水路洗浄の始まりです。

抜いた冷却水は、キレイなタダの水でした。

水漏れのため、何度も水を補充したのかな?


P1030129

洗浄剤を入れて、洗浄開始 !


P1030131

洗浄後に抜き取った水も、たいした汚れ

も無く、


P1030132

すぐにキレイになりました !


P1030133

クーラントと、


P1030134

クーラントブースターを入れ、

エアー抜き開始です。


P1030136

エアー抜きが終わったら、ETCの取り付け

を行います。

取り付け場所がウッドパネルの裏なので、

ウッドパネルを外します。


P1030138

メーター横からハーネスを引き込み、


P1030141

ステレオから電源を取ります。


P1030142

配線をタイラップでまとめて、


P1030143

アンテナの取り付けです。


P1030145

Aピラーから、


P1030146

メーター裏を通して、ウッドパネル裏側へ・・・

本体を付けて、作動を確認します。

ちゃんと作動しましたよ !

OKの合図は、「OKです」ではなく、

「カードが入っていません」でした・・・


P1030153

本体をウッドパネルに取り付けます。

まず取り付けブラケットを付けて、


P1030154

本体を取り付けます。


P1030155

ハーネスを付けて、


P1030156

ウッドパネルを取り付けます。


P1030158

仕上がりは、こんな感じ。


P1030159

フタを閉めれば、スッキリです。

本体が見えないので、車上荒らし対策?

にもなったりして・・・

今日は、ここまで。

残すは、オイル交換だけです。



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10/21

メカ山田です。

本日は、オイル交換を行います。

レッカー入庫から結構経ちましたが、本日で

終了予定です。


P1030166

では、始めます。

オイルがかなり汚れているように見えるけど、

最後に交換したのはいつかなぁ?


P1030168

グリスアップも行います。

これはミニにも、とってもいいですね。

ミニも生産から月日が経ち、ご老体になって

いますから、いたわりながら末永く付き合って

いってくださいね !


P1030169

オイルフィルターも交換します。


P1030171

新しいフィルターを付け、ベルト調整です。

ベルトを外さないと、フィルターが外れませんから・・・


P1030173

オイルを入れて、


P1030174

量を確認します。


P1030175

グリルを付ければ、全て終了です。


P1030176

オイルステッカーを貼っておきましたので、

次回の交換の目安にしてください。





s-20130625b

10月24日追記

今日、納車でご来店です。

CIMG9369

いらっしゃいませ。

入庫編 で、保険会社から借りたレンタカーはキャメルで乗り捨てOK。

故障してもほんとに安心な保険ですね。


CIMG9376

店内で、修理のようすをパソコンでご覧いただいた後、

MTM様、自分のカメラでもきれいになった、冷却系を写真に収めてました。

facebookにアップするそうです。

CIMG9379

元気に復活した、久しぶりの愛車で笑顔のMTM様。。

CIMG9382

お気をつけて。。。

今後の定期的なメンテナンスでもご利用ください。。。

ありがとうございました。














クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック















SWT様 カントリーマン。 エンジンマウント交換

曽根です。

数日前にメールでご予約いただいておりましたSWT様 

1962年式カントリーマンでご来店です。

CIMG1387

MINIは2台目のSWT様。

1台目は、5速ミッションなど走り志向でいじりまくったようですが、

2台目のカントリーマンでは、まったく嗜好が変わってます。。。


CIMG1391

しかし、エンジンはキャブクーパーの1300ccSUキャブに換装済み。

クーラーもついてます。


CIMG1398

手に入れた時は、真ん中のシングルメーターだけだったけど、

それまで乗ってた自分のMINIのメーターを運転席前に移植。。

今まであったメーターがそこに無いのは不安なんですよねー。。と。


CIMG1397

ナンバーは、このカントリーマンの誕生した1962.

ウッドの手入れは大変・・・、と言ってましたが、

ニスの弾力があり、よくメンテナンスされてるようです。


CIMG4173

少しでも離れるのがさびしそうなSWT様。。




で、今回の本題はエンジンマウント交換。

MK-1のフロントサブフレームはボディに直付けで、振動が伝わりやすい構造なんですが、

他で取り付けたエンジンマウントがハードタイプで更に振動が伝わるようになってしまった・・とか。

で、今回は、柔軟性も耐久性もあるジャンスピードのマウントをチョイスします。


CIMG1401


では、しばしのお別れですが、お預かりさせていただきます。

追加で、デフサイドシールからのオイル漏れ修理も承りました。


Image16


作業は市川メカにお願いします。


つづく。


8月23日
追記分

担当は、昔カメを飼っていた市川メカです。


BlogPaint
まずは、エンジンマウントから交換します。


IMG_2793
隙間から外して交換します。


IMG_2799
右側が新品です。ジャンスピード様製です。
間のゴムが振動を吸収します。

IMG_2790
ナットを熔接します。



IMG_2787
エンジン側、3本のボルトで取付けます。
フレーム側は2本です。
狭いので、手間取ります。

IMG_2783
下廻りは、かなりオイル漏れがあります。


IMG_2804
エンジンオイルを抜きます。
マメにオイル交換されているようで、ドレンボルトの状態も良好です。

IMG_2844
ドレンパッキンを新品にします。

IMG_2810
ハブ廻りの分解します。
ドライブシャフトを抜きます。

IMG_2812
奥に見えるのが、デフサイドシールです。
インナージョイントの取り付き部にあります。


BlogPaint
硬化や汚れやキズでリップと摺動部の当たりが悪くなり、オイル漏れ
を、おこします。

IMG_2821
インナージョイントのグリースが液状化していました。

BlogPaint
ケース側に球の当たりキズが入ってました。

IMG_2833
良く洗浄して、組み付けます。


IMG_2835
グリースを、まんべんなく擦り込みます。


IMG_2852
さらに仕上げにグリースを盛ります。

IMG_2837
ブーツバンドを締め上げて完成です。

IMG_2843
ジョイント部にグリース注入します。


BlogPaint
下廻りをパーツクリーナーで洗浄します。

IMG_2872
きれいに仕上げます。

IMG_2867
アンダーガードもかなり汚れています。

IMG_2869
きれいに拭き取ります。



IMG_2877
ドアの水抜きをエアブローします。

BlogPaint




~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

8月24日追記

Image14



お引き取りで来店いただきました。

CIMG1560

石川  いい色ですねぇ。

WDさん、  気にってます。。


CIMG4298

スライド窓の後ろ側から、笑顔ゲットです。


CIMG4299

ありがとうございました。


CIMG1561

エンジンマウント交換して振動の伝わり方変わったでしょうか。。

またのご来店お待ちしてます。


Image15










クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック

YMD様 オートマミッション交換

曽根です。



BSCCのオートマで先月オイル交換でご来店いただいたYMD様。

これは その時の写真。

P1010335

コンバーター側を始め、オートマミッション本体からのオイル漏れ。。

CIMG1985

YMD様にも一緒にご覧いただき、

じゃ、オートマ交換してしまいましょう。。。 ってことになりお待ちいただいてました。






そして、5月後半に再来店いただきました。

P5264017

YMD様。。ハーレーも乗りこなしちゃいます。

ちょっとオートマだと物足りないんだけど・・・家族も乗るしねぇ。。

P1010926

どう? こんな感じで写真撮りました。

いいんじゃない。。


と、お預かりさせていただきました。






昼間はクイックの修理が入るので、こういう仕事は暗くなってからです。

P1020053

シャッターの中では

IMG_9580

エンジン降ろし


DSC04237

リビルトされたオートマミッションを


DSC04238

合体。。   

・・・・て、簡単に書いちゃったけど、メカニックは奮闘してました。



DSC04239

せっかくエンジン降ろしたので、エンジンマウントは交換しましょ。

15年も頑張ったマウントはもうお仕事終わってます。

マウントは上からの重さを支えるだけじゃなく前後の動きも支えるので、エンジンの振れにも大きな影響があります。



DSC04244

ファンブレードのネジ穴の部分に亀裂発見の為、新品に交換しました。


DSC04242

これは、キックダウンスイッチ。 ここからよくオイル漏れしますね。

普段は左のドライブシャフトで見えませんが、こういう時は交換のチャンス。

純正は樹脂製ですが、社外品の対策品はアルミです。



DSC04247

樹脂製のヒータジョイントパイプ から 亜鉛コートしたスチールパイプに交換。

脆くなった樹脂パイプは突然ワレます。。  まだ未交換の方はお早めに交換お奨めです。

キャメルオートのオイル交換ではココは必ずチェックしてます。



インテイクマニホールドが外れてる今が、VTE取付のチャンス。。

P5274089

本来だと、CCVSから先に取付けますが、今回は逆。。

CCVSは取付簡単だから付けちゃえばいいんだけど、取り付けての変化を味わうには2回に分けた方が楽しいから、今回はつけません(笑)



P5314243

最後、電動ファンの動作確認もOKで、


P1020393

YMD様のご来店をお待ちしてます。。。。







~*~*~ 6/2追記 ~*~*~


CIMG0010

地元 深大寺のお土産いただいちゃいました。

CIMG0011
 
美味しかったです。。。 ごちそーさまでした。


CIMG0019

ありがとうございました。。


新しいオートマ。。 マウントも新しいし、 VTEもついちゃって、帰りの高速もすこぶる調子が良くて
喜んでいただきました。。。




しかし。

自宅近くのスーパーに立ち寄り、エンジンかけようとしたらセルが回らない・・・ と緊急連絡

P6024373

すぐに、現場に急行してセル回したら、1発始動・・してしまいました。

が、とりあえずキャメルに持ち帰り点検。


P6024378


ギヤが『P』か『N』 に入ってないとセルが回らないようになってますが、それを感知するパーキングスイッチが怪しいです。

今回、オートマ交換で付け替える時も動作チェックしてるんですが問題なかったんでそのまま使っちゃいましたが、
そろそろ寿命なんでしょうね、

P6034487

オートマミッションの前部に付いてるコレ。

P6034488

1万数千円もする高価なパーツです。。  

高いですがこれからオートマ交換時には疑わしきは交換お奨めすることにします 


YMD様、何度もお手間取らせてすみませんが、お待ちしてます。。






6/9追記


ご来店いただきました。

P6094765

ハーレーも乗ってるYMD様は、少々のトラブルは驚きません。。

今回も、そんなことかなって思ってた。。 と。


CIMG0388

しかし、ご主人や娘さんには、なかなか通じなくて・・って。



s-201306114

いやいや、キャメルオートでは、そういうご家族にも理解していただけるような整備で安心して乗り続けられるMINIを目指します。




CIMG0389

何度もご足労いただきありがとうございました。

お気をつけて~。













クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
 にほんブログ村 クリッククリック








ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックスエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る