スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

32fes(8/27)キャメルオートが参加します。

MT車用 PECS

TUM様、オイル交換で初キャメル。PECSも装着します !


CIMG2874

TUM様、いらっしゃいませ。

今日は、オイル交換で初キャメルです !

担当は、メカ山田です。


DSCF6110

初めは、ワイパーの購入で来店されたTUM様でしたが、


BlogPaint

マフラーからは黒煙が・・・


CIMG2899

マップ値が高く、バキュームに問題がありそうです。


CIMG2904

ステディーブッシュも劣化が大きく、バキュームパイプとステディーブッシュ

の交換も行うことになったとマスターからの連絡を受け、


BlogPaint

一旦、お車をお預かりすることになりました。

夜には作業は完了します、少々お待ちください・・・


CIMG2878

CIMG2882

マスターの点検では、窓の開閉、バッテリーの緩みは無かったようですね !


DSCN8248

ここから、メカ山田にバトンタッチです。

高かったマップ値は、やっぱりフォルトが入ってました・・・


DSCN8250

DSCN8252

DSCN8254

DSCN8255

DSCN8257

DSCN8258

センサーの数値は、水温センサーの数値が少し低い気もしますね。

試乗直後なので、もう少し高くてもいいと思いますが・・・


DSCN8262

エンジンを掛けながら、もう少し点検してみます。

ECUチェック中に、水温は83℃まで上昇しましたが、


DSCN8261

この時サーモケースでは90℃。 7℃ほど温度に差があります。 

水温センサー不良?水路洗浄で精査するのをお勧めします !


DSCN8264

さて、このままオイル交換を開始したいところですが、ステディーロッド

の補修した痕が気になるんですよね・・・


CIMG2942

なので、ステディーブッシュの交換を先に行おうと思います !


DSCN8265

TUM様のミニは、初期のインジェクション車です。

ECUがフェンダーの横に付いてて、作業しづらいんですよね・・・


DSCN8267

セパレーターを外してできたスペースから、取り外しに成功 !


DSCN8268

エンジン側のブッシュは、見事に切れてました。


DSCN8269

しかも取り付けボルトが、通常の物より太いものが付いてました。

恐らくシリンダーブロックも損傷し、ネジ山を修正したと思われますね。


DSCN8274

ネジに合わせて、穴を広く加工されたスリーブ・・・


DSCN8277

そのため、シリンダーブロックとブッシュの間にあるワッシャーはありませんでした。

今回、適当なワッシャーを加工して付けようと思います !


DSCN8275

加工されたスリーブを再使用するため、ブッシュは分割タイプをチョイス !


DSCN8278

少々手間取りましたが、無事ブッシュ交換は出来そうです !


DSCN8279

セパレーターを付ける前に、バキュームパイプも交換。

今なら、ECUを外さなくても交換できますからね !


DSCN8280

フューエルトラップは、加工されてませんでした。


DSCN8281

意外と汚れは少なく、これまでにも清掃されたことがあったのかな?!


DSCN8282

バキュームパイプの付け方によっては、マップ値が大気圧になることもありますからね。

フューエルトラップの加工は重要 !


DSCN8283

バキュームパイプは、ECUに付ける部分にヒビ割れがありました。

そこから二次空気を吸ってしまったのが、マップ値が高かった原因ですね。

パイプを交換し、マップ値も正常になるでしょう !


DSCN8284

セパレーターの清掃は、ステディーブッシュ交換時のお約束 !


DSCN8285

ステディーブッシュとバキュームパイプの交換、これで終了です !


DSCN8288

これで、安心してオイル交換に入れます !


DSCN8286

因みに、オイルは700ccくらい減ってました。

前回オイルを交換されてから、走行された距離が長いのか、

オイルの汚れも多めです。


DSCN8287

ガソリン臭もやや多く、燃料希釈も少々多いみたいです。

マップ値が高く、燃料は多く噴射されてましたからね、その影響も考えられます。

お車の状態が本当に分かるのは、次回のオイル交換の時ですね !


DSCN8293

今日は、オイルフィルターの交換もご用命になりました。


DSCN8294

取り付けるのは、もちろんPECS !


DSCN8310

ドレーンの鉄粉は、若干多めかな?!


DSCN8314

PECSとともに、今回ご用命になったSOD-1。

エステルの電着被膜で、エンジンとミッションを強力に保護します。

PECSとの相乗効果で鉄粉がどのくらい減るのか、今から楽しみですね !


DSCN8289

DSCN8290

さて、作業は続きます。

安心点検では、左右のボールジョイントに大き目のガタがありました。

もう少し大きくなったら、交換時期ですね。


DSCN8292

タイヤは、今にもワイヤーが出てしまいそうでした。

こちらは、早急に交換が必要です !


DSCN8302

その他、マフラーマウントも、大きくヒビ割れてます。

前側のマウントは良好なので、マフラーを落としてしまうことは無いと思いますが、

早めに交換してくださいね。


DSCN8299

ドライブシャフトブーツも切れてました。

今ならブーツ交換だけで済みます、CVジョイントを傷めてしまう前に交換しましょう。


DSCN8300

ナイロンベアリングにも大き目の摩耗がありましたが、こちらは

ドライブシャフトブーツと同時に行うのがお得ですよ !


DSCN8306

そして、ロアーステディーの取り付けボルトが無いのを発見 !

いつから付いてないのか・・・

これだと、アッパーステディーに掛かる負担が大きくなりますからね、

ブッシュの劣化もうなずけますね。


DSCN8311

DSCN8312

ボルトは、しっかり取り付けておきました !


DSCN8316

最後にオイルを入れて、作業終了です。

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。


CIMG2992

作業終了の少し前にTUMさまご来店、大変お待たせしました。

ドライブシャフトブーツ切れなど、早急に修理が必要な個所も幾つか見つかりました。

次回はその辺りの修理ですね、ご来店お待ちしてますね !


CIMG2993

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



SKM様、オイル交換とPECS装着、それだけでは終わりませんでした・・・


DSCN6980

SKM様、いらっしゃいませ。

前回、オーバーヒートで来店されたSKM様がご来店です。

担当は、メカ山田です。


DSCN6981

今日はオイル交換と、PECS装着でご来店です。

早速、開始しますよ !  窓ガラスとドアの開閉は良好。


DSCN6982

バッテリーのターミナルも、緩みはありませんね !


DSCN6984

オイルは、少々減ってました。 約300ccくらいでしょうか・・・


DSCN6985

燃料希釈は少ないですね !

ガソリン臭は、ほとんどしません。


DSCN6986

ECUチェックは、スロットルポテンショメーターのフォルトがありました。

このフォルトは、以前にもあったような・・・


DSCN6987

DSCN6988

DSCN6989

DSCN6990

DSCN6991

今はセンサーは、正常に作動してるんですけどね・・・

純正品は生産終了ですが、カーセールアオキさんから良いのが

出来たんですよ、お尻ペンペン !  一度交換してみませんか?!


DSCN6992

それよりも、心配なのはバッテリー電圧です。

エンジンが掛かってるにもかかわらず、この電圧とは・・・

これでは、バッテリーにあまり充電されませんね。

そろそろクーラーを多用する時期、バッテリー上がりでエンジンが掛からない

なんてこともあるかもしれません。


DSCN6993

DSCN6994

その他のセンサーは良好。


DSCN6998

フォルトは、消去しておきました。


DSCN7002

前回のオイル交換では、鉄粉が多めだったドレーンですが、


DSCN7004

今回も、結構付いてます・・・


DSCN7003

しかもオイル意外のものが、オイルの中に混じってました。

ミッションがダメージをうけているようです。

2速のシンクロも弱くなってきてるので、ミッションのオーバーホールも

見当されてみてはどうですか?!


DSCN7005

それまでは、今回装着したPECSに頑張ってもらいましょう !

すみません、写真を撮り忘れてしまったけど、しっかり取り付けましたので・・・


DSCN7006

安心点検では、幾つか不具合がありましたが、


BlogPaint

BlogPaint

早急に修理したいのは、この辺りでしょうか・・・


DSCN7014

DSCN7018

どちらも、交換ご用命いただきました。

それと、オルタネーターもブラックオルタネーターに !


DSCN7022

さらにもう一つ、セラミックエアーもご用命いただきました。


DSCN7019

オルタネーターを交換する前に、オイル交換を終わらせましょう。

今回、SOD-1の注入をご用命いただきました。

エステルの電着被膜で、エンジンとミッションを強力に保護します。

PECSとともに、その保護効果に期待しましょう !


DSCN7020

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。


DSCN7024

それでは、オルタネーターの交換開始します !


DSCN7026

安定した電圧と、負荷が軽くなるブラックオルタネーターですが、


DSCN7028

能力をしっかり発揮するには、オルタネーターのカプラーを交換するのも重要ですね !

長年の使用により、端子が腐食して接触抵抗があると、能力をしっかり

発揮できませんからね。


CIMG1132

それともう一つ、プラスチャージラインの取り付けも重要です。

発電量も大きくなるので、それに見合うように配線も太くするのが効果的です。

純正の配線とプラスチャージラインで、大電流に対応 !


DSCN7030

端子には、節点グリスを塗布しました。

少しでも接触抵抗が減るためのおまじないです。


DSCN7031

簡易アーシングはずでに装着ずみです。

これでプラスとマイナス、両方の強化が完了しましたね !


CIMG1141

SKM様、大変お待たせしました。

この後のご予定に、間に合いそうでしょうか・・・

セラミックエアーの感想は、次回にでも聞かせてくださいね !


DSCN7035

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

 

KBY様 車検の定番メニュー水路洗浄とPECS、そしてショックも交換



曽根です。


前回はクラッチ修理のKBY様。。

CIMG9738

今回は車検ですねー。  いらっしゃいませ。


CIMG9687

まずはボンネットのお口開けて。。

ざっと点検。。  

BlogPaint

オイル点検   量よし。

CIMG9689

ガソリン臭 ちょっと感じるけど問題なさそう。。

で、燃料希釈は2%以下 (←だいたいな感じですが)


CIMG9699

ミニモニチェック

前回、クランク角センサーにフォルトあったけど今回はノーフォルト。

クランク角センサーは大丈夫そうですね。

CIMG9700

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

すべて基準値内で問題なし。




リフトアップして下回り覗いてみます。

CIMG9721

オイル漏れは少なく優秀です。


CIMG9716

左サス周辺

ブーツ ハブ、ボールジョイント、ナイロンベアリング良好でした。

CIMG9714

が・・・  左側のラックブーツは切れてしまってましたので これは交換。





CIMG9717

右側は・・

CIMG9718

右側のドライブシャフトブーツにはやや深めなヒビがありました。。

うーん、次回の車検までギリギリ持つかな・・・


CIMG9719

ラックブーツはは右側も切れてしまってました。  これも交換。


CIMG9720

ちょっと写真が暗いですが、

車高調整のハイローキットの調整ボルトはかなり伸びた状態。。

ラバコンはだいぶ潰れてしまってるようですね。

ショックアブソーバーは完全に抜けきってます


CIMG9723

ワークスATおとーと君は、アレックモールトンのラバコンとカヤバのガスショックに交換してあるので

足回りを変えるとどーなるか・・・ 試乗してもらいます。


CIMG9724

キャメルの周り周回コースに出発。。。


CIMG9725

戻ってきて・・・・

全然ちがうんですねぇ。。 ラバコン乗り心地いいですね♬


CIMG9739

ラバコンも全部変えて足回り総リニューアル・・・といきたいところですが

今回はショックアブソーバーだけ交換してみます。

はい、ショックだけでも十分変化は楽しめるのでお勧めです。


ちょうどオイル交換の時期なんで、今回はPECS付けま~す。

変化を体感できるオイルフィルターは世界でコレだけです!! お楽しみに。


では、しばらく代車でご辛抱ください。。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
新人メカの仁です、OIL交換とエアコンコンプレッサー辺りからの異音が出ている
原因を探す作業担当します!最初にOIL交換とOILフィルターをPECSへ交換し
ます、
DSCF3089

OIL抜きます、異物混入やガソリンの混ざった匂いは無いです、

DSCF3091

鉄粉は付いていますが、標準的な量ですので問題なし。

DSCF3092

DSCF3094

OILフィルター外して、

DSCF3096

PECSを、

DSCF3098

取り付けました、

DSCF3099

OILはプロステージ10W40、 添加剤はSOD-1


OIL交換終了の次は異音の原因を調べます、その時の動画があります。



異音を出しているのは、ベルトのテンショナープーリーみたいです、

DSCF3101

テンショナープーリーを外して点検してみます、


DSCF3102


DSCF3105


外れました、手で回してみるとスムーズに回らず、音もする、異音の出所は
テンショナープーリーのようです。

少しテンションを緩めたら気にならないくらいの音量になったのでこれで状況観察していくことにします



~*~*~*~*~*~


次は水路洗浄です。。 担当は曽根です。


CIMG6982

ラジエターフラッシュの味見からスタート!


BlogPaint

いや、ラジエターフラッシュはMINIに入れてください・・・・

水垢、湯垢をきれいにしてくれます。



エンジンスタートして洗浄開始。

CIMG9786

サーモスタットが開く前にバイパスホースをクリップして、

強制的にヒーターコアに水が流れるように誘導します。



CIMG9787

室内のヒーターユニットを下から覗いてチェック。

漏れ跡もなく良好ですね。



BlogPaint

ミニモニで水温センサーの温度を見ながら、

ラジエターに挿した温度計を比較していきます。


BlogPaint

水温センサーのついてるエンジン側は77℃まで上がりましたが

ラジエターはまだ32℃。。

サーモスタットはまだしっかり閉じてるのがわかります。




CIMG9790

更に温度上昇させてエンジン側84℃まで上がりましたが

サーモスタットがしっかり閉じているのでラジエターの温度はそのままです。

インジェクションMINIのサーモスタットは88℃で開くものが標準ですが、

その温度までキッチリ密閉してくれるのが理想です。

このサーモスタットはイイですね。


CIMG9800

サーモオープンの既定値の88℃を過ぎ93度まで上昇してサーモスタットが開いたようです。

ラジエター側の温度計も92℃を指してます。

これで水温センサーが正しい温度を感知していることがわかり、水温センサー精度も良好でした



BlogPaint

やや回転を上げて、ラジエターに勢いよく流れ込む水流からも

サーモスタットが全開になっていることがわかります。

サーモスタットは密閉度も開弁温度も良好でした。


CIMG9810

そして、その時電動ファンも回りだしました。



CIMG9803

そして88度まで下がったところで・・・

CIMG9804

電動ファンストップ。 



サーモスタット、水温センサー、電動ファン、のスリーチェックを終え

ここまで洗浄時間は30~40分です。

CIMG9814

排水しました。

やや汚れはあるものの錆も少なく、今までもしっかり水路メンテナンスされてきたんだろうと思われます。

これから、車検毎の水路洗浄を続けていってください。


CIMG9817

ラジエターの口から吸いだすことで詰まった汚れを取ります。

水は順回転だけだと詰まった汚れを吸い出すことができません。


CIMG9818

次はヒーターコア内部の逆流。

バイパスホースをクリップしてヒーターからだけの水を吸い出せるようにします。


CIMG9819

ラジエターから給水しながらヒーターコアから逆流して引き抜きます。

CIMG9820

右側の筒がラジエター逆流 左側がヒーターコア

KBY様のMINIは両方とも汚れの詰まりは少なく良好な状態でした。

定期的にこうして水路メンテナンスしておけば長持ちしますね


BlogPaint

鉄エンジンのMINIにはクーラーントブースターは最適。。。

強力防錆、防蝕、消泡作用で水路コンディションを最適に保つのと冷却力もアップです。


CIMG9822

バイパスホースを抜いてエアが抜ける状態でLLCを入れます。

もともとSpiMINIはエア噛みしにくいですが、こうしてホース外していれるとほぼ1発でエア抜けます。

CIMG9824

リザーブタンクにもLLC補充して

CIMG9815

水路洗浄おしまい。

今回の水路は優秀でしたね。。。

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

7月15日、新人メカの仁です、今日は私が担当します!作業内容は、エンジン
吸気系洗浄システムRECSと、ショック・アブソーバをカヤバ製ガスショックに
交換します、

DSCF3869

最初にRECSです、人間の点滴注射のように、

DSCF3883

インテークマニホールドに注射針の様に工具を差し込み、

DSCF3880

30分かけてRECSを点滴して吸気系に溜まったカーボン等の汚れに浸透
させて、分解、除去していきます、

DSCF3871

差し込むマニホールド側のホースに亀裂が見つかりましたので、

DSCF3887

DSCF3900

新品に交換に交換しました、

DSCF3889

注入し終わったら1500RPMぐらいから一定時間回転数をキープしながら
3000RPMまで上げていきます、
DSCF3890

DSCF3891

DSCF3892

3000RPMまで上げたら、排気ガスが、きれいか確認、吸気系にRECSや
カーボン等の汚れが残っていると、排気ガスの色が白かったり、黒かった
りします、キレイになっているのでRECS作業終了です、

DSCF3881

今回はSZK様のMINIと一緒にRECS点滴です、カーズの世界ならお互い
の体(車体やエンジン)や世間話をしていそうです、

DSCF3909

次にショック交換です、

DSCF3911

DSCF3912

リヤ左側は燃料タンクをずらさないと交換出来なくて大変なんです、

DSCF3915

外したショックはOILが漏れていました、

DSCF3916

カヤバ製ガスショックの方がややショートですが、車高を標準より落としたい場合には

もっとショートストロークのショックを選ぶ必要があります。

DSCF3919

これはフロントショックです、

DSCF3914

DSCF3917

Rショック取り付け、

CIMG0979

DSCF3921

Fショック取り付けて、作業終了です、


7月17日追記

CIMG8403

本日お引き取りでご来店いただきました。


CIMG1134

じゃ、仕上げの連続ショットイキマス

CIMG1135

パシャ

CIMG1136

パシャ・・

CIMG1137

さらに

今回はショックアブソーバー交換で足回り激変してるので、セラミックエアーは次回のお楽しみですねー。

そうそう、磁力式フィルターPECSの効果も楽しみです。


では、またのご来店お待ちしています。















にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002





キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002













ARI様、オイル交換で初キャメル ! 早速PECS装着です。


CIMG9206

ARI様、いらっしゃいませ。

1か月前にミニを購入されたARI様が初キャメル !

今日は、オイル交換でご来店です。

担当は、メカ山田です。


DSCN5625

早速、作業を開始しましょう !


DSCN5626

DSCN5627

DSCN5628

DSCN5629

ECUチェックでは、フォルトが5つ入ってました・・・


DSCN5632

DSCN5633

DSCN5634

DSCN5635

DSCN5636

DSCN5637

DSCN5638

DSCN5639

お車は、個人売買で購入されたそうで、これまでの経歴がまるで解りません。

センサーは、今は全て正常に作動してます。

過去の故障を、消去し忘れたのかもしれないですね・・・


DSCN5641

今回は消去して、次回まで様子を見ましょう !


CIMG9211

お車は、これまでよくメンテナンスされてきたようですね。

エンジンルームに、不具合はありませんでした。


DSCN5642

燃料希釈も少なめです !


DSCN5644

この分だと、下回りの不具合も少なめかな?!

この後、じっくり見ていきましょう !


DSCN5655

今回、オイルフィルターの交換もご用命です。


DSCN5656

取り付けるのは、もちろんPECS !


DSCN5659

今でも十分キレイなドレーンですからね。

PECSの効果は、ドレーンよりも、滑らかに回るエンジンフィーリング

で体感していただきたいですね !


CIMG9234

リフトアップすると、愛車の下回りをご覧になるARI様。

あまり見る機会が無かったのでしょう、ゆっくりご覧になってください !


DSCN5645

さて、下回りの不具合ですが、左のラジアスアームに少々ガタがありました。


DSCN5647

ドライブシャフトブーツにも、ヒビがありますね。


DSCN5648

右側はヒビも深めで、近いうちに切れるかもしれません。

時々点検して、切れたらすぐに修理してください。


DSCN5649

その他、左のラックブーツも少々切れてますね。


DSCN5650

DSCN5652

インナーフェンダーにも、クラックがあります・・・


DSCN5653

DSCN5654

中でもリヤのナックルジョイントのブーツ切れが、最初に修理したいところでしょうか。


DSCN5658

とりあえず、グリスを注入しておきますね。

ラジアスアームを傷めてしまう前に、修理してくださいね。


CIMG9247

ARI様のミニには、コイルサスが付いてます。

ラバコンに交換するなら、ナックルジョイントを交換する時がチャンスですよ !

おとーと君で、ラバコンの乗り心地を体感してください。


CIMG9249

どうでしたか? ラバコンも良いでしょう。

ナックルジョイントを交換する時は、是非ラバコンに交換しましょう !


DSCN5660

今日はもう一つ、SOD-1の注入もご用命になりました。

エステルの電着被膜でエンジンとミッションを強力に保護し、

シフトフィーリングの変化を感じることができます。


DSCN5661

PECSとSOD-1の2つの効果で、だいぶ変わったように感じるかもしれませんね !

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。


CIMG9264

ARI様、お待たせしました。

ミニとの生活は、まだ始まったばかりです。

不具合は、少しづつ修理していきましょう !


BlogPaint

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



TNK様、初キャメルはオイル交換 ! PECSとセラミックエアーもご用命です。


BlogPaint

TNK様、いらっしゃいませ。

ミニに乗られてから3年のTNK様。

今日はオイル交換でご来店、初キャメルです !

担当は、メカ山田です。


CIMG5602

これまで、幾つかのミニ屋さんでメンテナンスされてきたそうです。

今回、キャメルを選んでいただきありがとうございます !


CIMG8311

それでは、作業を開始します !

クンクン・・・ オイルに若干のガソリン臭あり。

キャブ車は、アクセルオフでもフューエルカットしませんからね。

ガソリン臭は若干なので、燃料希釈も問題無いレベルですが。


DSCN4941

今回、オイルフィルターも交換ご用命になりました。


DSCN4949

キャメルでフィルター交換といえば、やっぱりPECSでしょう !


DSCN4951

割と鉄粉の少ないですが、PECSで2次摩耗、3次摩耗が減ることで更に摩耗粉が少なくなることに期待です。

そしてPECS効果で滑らかに、静かに回るようになるエンジンを体感していただきたいです!



DSCN4939

安心点検でも、不具合は少なめでした。

タペットカバーに、オイル滲みが少々。


DSCN4938

ヒーターバルブにクーラント漏れの痕がありますが、


DSCN4940

こちらは、ホースバンドを増し締めしておきますね !


DSCN4945

DSCN4946

今回、一番の不具合は、ナックルジョイントのブーツ切れでしょうか。


CIMG8326

このまま乗ってると、アッパーアームを傷めてしまうんですよ。


CIMG8333

とにかく、早めの修理をお勧めします !


CIMG8328

TNK様のミニは、コイルサスが付いてるんですね。

購入時から、このサスが付いてたんですか。

ラバコンのミニには、乗ったことがないのかな?!


CIMG8338

ラバコンの乗り心地も良いですよ。

おとーと君で、是非体感してください !


DSCN4953

さて、オイル交換もオイルを入れれば終了です。

オイルはキャメルの一番人気、安心のプロステージ10W-40をご選択です !


DSCN4956

最後に、セラミックエアーを施工。


CIMG8344

お二人とも、効果が信じられないみたいですね。

とにかく、試乗してみてください。

違いの分からないあの人でも分かったんですから !


CIMG8347

どうでしたか? その笑顔、分かっていただけたんですね !


CIMG5634

その後、店内でマスターと話すTNK様。

今後の作戦会議でしょうか・・・


CIMG5670

TNK様、お待たせしました。

すっかり、暗くなってしまいましたね。

次回の予定は決まりましたか?

やっぱり、ナックルジョイントを交換するのかな?!


CIMG5671

ご来店、お待ちしてますね !  これからも、キャメルをよろしくお願いします。

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
32fes参加するよ!
キャメルも富士に行きます
セラミックエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

夏到来。
オーバーヒートする前に。
ラジエーターキャップを開けてクーラントを確認しましょう。
2年以上交換していないなら、汚れていなくても水路洗浄を!
MINIのクーラー、
今年は大丈夫?
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る