スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

【夏季休業のお知らせ】8/8(火)~8/14(月)
作業予約はお早めにお願いします。

メーター

IZW様 スピードメーターが時々動かないんです。





曽根です。



『スピードメーターがピクピク振れたり、急にゼロになっちゃうんですけど点検おねがいします』

初来店のIZW様。。

BlogPaint



ブログは見ていただいてるようですね、カメラに対しての反応が素晴らしい!!

CIMG1085

正式な入庫写真も撮っときましょう(笑)  

特注カラーでオールペンされた、元ポールスミスの4F。。

ポールスミスの面影はグリルバッチだけ・・。

BlogPaint

パリッとローダウンにワイドホイールでかっこいい・・・

リザーブタンク交換中のHYS様も 『これいい色だなぁ・・』 

CIMG1086

メーターパネルもカーボンステッカー貼ってるのでポールスミスには見えません。。


CIMG1087

さて、今日の点検はコレ。  振れて、止まるスピードメーター

果たして、原因はケーブルなのか、メーター本体なのか・・・・


謎解きは、仁メカに願いします。

はい、メカ仁担当します!

DSCF4011

カッコイイダウンパイプ、とか見惚れている場合ではない、メーターパネル
側はIZW様が取り付け状態をよく確認して有るとの事、ミッション側を点検
してみます、


CIMG1112

メーターワイヤーは外れていなかったのですが、取り回し方がおかしな事
になっています、ワイヤーに無理なテンションがかかっています、

DSCF4012

とにかく外してみると、

DSCF4014

先端が少し削れる?元々、製造状態が良くないので?マーク

DSCF4016

ドリルを使ってワイヤーを回してみると、メーター動きます、やはり、おかしな
取り回しによるテンションで、ワイヤーの先端がちゃんと噛み合わない状態
になっている?とにかく正しい位置でワイヤーを通してみます、

DSCF4017

直して、

CIMG1122

試乗、

CIMG1121

治りました、この後は、

CIMG1124

減衰力調整したり、

CIMG1125

バンプラバーとの兼合いを見ながら車高調整したり、

CIMG1114

放電ナットを付けたり、

CIMG1115

スロットルバルブ軸の所はAZM様も取り付けた所です、

CIMG1118

そして、最後にセラミックエアー、
CIMG1151

セラミックエアー入れたリアクション

BlogPaint


夏休み前に問題解決出来て良かったですね!

またのご来店をお待ちしております。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



4月第2火曜日のジョン、また水温計、これで3つ目です・・・


CIMG1675

4月最初のミニデイです。

前回、異音の出どころを発見できませんでしたが、翌日から

異音がピタッと出なくなってしまったんですよねぇ・・・


CIMG1694

なので、異音の件はまた異音が出るようになったら探そうと思います !

今日はまず、ワークスATのブレーキジャダーの点検を行いました。


P1060161

点検してたら、お腹が空いたなぁなんて・・・

まだジョンに触ってないんですけどね。


P1060162

すっかり出遅れた感は否めませんが、ここからスタートです !


P1060163

今日は水温計を交換するのですが、その前に・・・


P1060164

ラジエーターシュラウドを夏バージョンに !

オーバークール気味のジョンは、冬場はラジエーターを3分の1ほど

塞いでるんですよ。


P1060166

このシュラウドを制作してから1年半。

アルミ板が薄くて割れてしまったんですよね・・・


P1060167

5月に筑波を走行する予定だし、少し早いけど夏バージョンに

交換しておきます。

次の冬までには、また対策を考えなければいけませんね・・・


P1060168

それでは、水温計を交換しようかな !

最初に付けた水温計は、付けていきなり動かなかったんですよね・・・


P1060173

次のミニデイでこの水温計に交換したのですが、これも半年くらい

で動かなくなり、しばらくそのままにしていたのですが・・・


P1060174

筑波を走ると思うと、また水温が知りいと思ってしまって。

これで3つ目ですよ !


P1060175

もう少し丈夫な水温計にすることも考えたのですが、


P1060177

やっぱりこのクラシカルな雰囲気が好きなんですよね !


CIMG1722

なので、もう一度この水温計でいくことにします。


P1060180

今のところ、作動はOK !

もう壊れないでほしいなぁ・・・



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KNT様、前回のリベンジ、メーターケーブル交換です。


P1040329

メカ山田です。

先日、リヤスタビの取り付けとメーター取り付けで来店されたKNT様。

あの時は、結局デフィーのスピードメーターを動かすことはできませんでした・・・


P1040332

今日は、その時のリベンジです !


P1040333

前回の予告通り、ミニモニスピードのスピード表示を諦め、

デフィーのスピードメーターを動かす作戦です。

これなら、今度こそデフィーのスピードメーターが動くはずです !


P1040334

メーターから、メーターケーブルを外します。 せ、狭い・・・


P1040335

ミッション側も、追加ステディーが付いてると狭いですね。

でも、何とか外せそうです !


P1040336

メーターケーブルが外れました。

順調に進む作業、今日の本番はここからですよ !


P1040338

新しく取り付けるメーターケーブルはコレです。

ドッグハウスさんに作っていただきました。 ありがとうございます !

センサー部分とケーブルを、外して別々にすることができるそうですが、

ケーブルをセンサーに付ける時、何でもケーブルに向きがあるとか。


P1040340

そんな細かい注意事項まで電話で連絡していただき、本当に助かります。

しかもケーブルとセンサーは、すでに組まれた状態になってるではないですか !

ケーブルの向きを間違える心配も無いので、このまま取り付けさせていただきます。


P1040342

センサーのハーネスも車内に引き込むので、ケーブルを通すための

バルクヘッドに開いた穴はかなりの混雑状態です !

少し広げないとケーブルが通らないかと思ったのですが、

ギリギリ通せましたよ。 加工しないで済んだので良かったです。


P1040343

メーターにケーブルを挿し、メーターの作動を確認。

しっかり動いてますね !  では、センサーハーネスの結線に取り掛かります。


P1040344

以前デフィーのコントロールユニットの電源は、ヒューズボックスから引き出しました。

コントロールユニットを外すことになった時、配線を挿し間違えない

ようにカプラーで接続するようにしておいたんですよね。

このカプラーには電源やアースなど、センサー取り付けに必要

になる配線が入ってます。


P1040346

ここから、センサーに必要な電源とアースを引き出しました。


P1040349

車速の入力線は、センサーハーネスより短く長さが足りないので、

延長してセンサーハーネスに接続。

電源とアースも接続し、いよいよ作動確認です。


BlogPaint

作動良好、前回は苦戦しましたからね。

今度は問題が起こらないで良かった !


CIMG9298

KNT様、今度は大丈夫ですよ !

あと少しで終了するので、もうしばらくお待ちください。


CIMG9301

バラバラになった車内を復旧します。 作業はこれで終了です !


CIMG9306

KNT様、お待たせしました。

何とか、3/5の筑波に間に合いましたね。

マスターや劇団員と一緒に、いっぱい楽しんできてくださいね !


CIMG9307

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KNT様、リヤスタビの取り付けとメーター取り付けの続きです。


CIMG2671

メカ山田です。

前回、ブレーキの点検で来店されたKNT様が、

リヤスタビとメーター取り付けの続きで来店されたのが昨日です。


BlogPaint

他にも、右フロントフェンダー内に開いたこの部分を塞ぐなど、

幾つか作業をご用命ですが、


P1030849

今日はその中の一つ、

コラムブッシュの交換を行います !


P1030850

樹脂でできているので、長年使用していると摩耗して

コラムにガタがでてきたり、


P1030851

時にはこのように、割れてしまうこともあります。


P1030888

ブッシュを交換するとステアリングの操作が重くなってしまうことが

あるので、ヤスリでバリを落としてから取り付けます !

バリアフリーKNT号はすべての操作は両腕なので

サーキット走行でもステアリング操作は右手だけで行うので

ガタの無さ、スムーズに戻る・・といった基本性能が重要になります。

P1030889

削り過ぎに注意・・・

コラムにガタでてしまっては、意味がありませんからね !


P1030891

ブッシュに、タップリとグリスを塗布して、


P1030890

組み付け開始します !


P1030893

コラムのガタも、なくなりました。

これなら、ステアリングも軽く回せそうです !


P1030848

ブッシュ交換完了しました。

続きは、また後日におこないますね。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

P1030933

2/20

メカ山田です。

今日は、このインナーフェンダーに開いた隙間を塞ぎます。


P1030934

P1030935

使用するのは、1mm厚のアルミ板です。 

軽量かつ、加工もしやすいステキな一品 !


CIMG2750

現物合わせなので、仮付けと外して調整を繰り返します・・・


CIMG2752

大体の形が、完成しました !


P1030936

アルミ板が付く位置に、穴を開けます。


P1030937

アルミ板を付けてもできてしまう隙間は、スポンジで塞ぎます !


P1030939

このアルミ板で、オイルクーラーを通過する空気が増えることに期待します !


P1030940

取り付け完了しました。 結果が楽しみですね !


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2/21

メカ山田です。

今日は、メーターのセンサーハーネスを付けます。


P1030943

機械式の燃圧計から、スマートアダプターを使用して車内でスマホで

燃圧が見られるようになるのですが、圧力センサーが無く、今回は

付けられないのではと思ってましたが・・・


CIMG8613

昨日の朝です。 救世主、Defiの廣江さん登場 !

用事があってキャメルに来店されたのですが、お話しするとセンサーを

持っているというではないですか。 廣江さん、是非貸してください !


P1030944

そのおかげで、無事取り付けることができました !


P1030946

他にも、油圧と水温のセンサーも今回取り付けます。


P1030947

オイルプレッシャースイッチも生かすとなると、このセンサーアダプター

が必需品です。


P1030948

このアダプターに、プレッシャースイッチと圧力センサーを付けて、

油圧センサーの取り付けも完了です。


P1030950

水温センサーは、アダプターにセンサーを取り付け、


P1030949

P1030951

バイパスホースに割り込ませます。

センサーの取り付けは、これで完了 !


P1030952

ここからは、センサーのハーネスを車内に引き込みます。

ハーネスは、車両の左側からと、


P1030954

右側から取り廻したハーネスを1本にまとめ、車内へ引き込みますが、


P1030955

車内に引き込むための穴を開けなければなりません !


CIMG2891

ギリギリの大きさで穴を開けたので、ハーネスを通すのがキツイ・・・


CIMG2908

諦めて、高宮さんにヘルプカードです。

車内からも引っ張ってもらって、


P1030956

何とか車内への引き込みに成功 !


P1030957

コントロールユニットにカプラーを挿すせば・・・


P1030969

KNT様、メーター動くようになりましたよ !


P1030963

メーターは、これで終了しました。

ここからは、サーキット走行前の点検です。


P1030965

P1030966

今回、増し締めもご用命でしたね。

足回りを中心に、増し締めを行います。


P1030972

ブレーキパッドも、まだまだ残量はありますね !


P1030973

フルードの量もOKです。

その他も特に問題はありませんでしたが、ブレーキスイッチがノーマルなのが

少し心配ですね。 

ノーマルのスイッチはよく壊れるので、ストップランプが点かなくなると

サーキット走行出来なくなりますからね。

壊れる前に、交換しておきませんか?


P1030975

本日最後の作業、リヤスタビを付けます。


P1030976

ドラムを外したので、ホイールシリンダーも点検しました。

フルード漏れはありませんね !


P1030979

当初、木曜日に入荷する予定だったリヤスタビ。


P1030981

それが、本日入荷しました !


P1030983

取り付けに、苦戦するかもしれませんからね。

付けるなら、早いほうが良いでしょ !


CIMG8747

少々苦戦してます。 ヘルプカード連発・・・


P1030987

それでも、何とか取り付け完了しました !


P1030989

残りの作業もあと少し、少しだけ余裕ができたかな?!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2/23

メカ山田です。

アイドリング高止まりすることがあるそうで、ECUチェックを行います。


P1030991

その前に・・・

もうガソリンがほとんど空に近い状態です・・・


P1030992

この後も、エンジンを掛けながら調整を行ったり、試乗も行う

ことになりますからね。 ガソリンを、10リットル補充させていただきます。


P1030993

さらに、ストップスイッチもノーマルだったので、


P1030994

国産流用のスイッチに交換させていただきました。


P1030995

よく破損するノーマルスイッチなので、サーキットで破損したら走行

できなくなってしまいますからね !  交換しておけば安心。

それでは、試乗を行いエンジンを暖めてきます !


P1030998

P1030999

P1030997

エンジンは、充分に暖まりました !

ECUチェックの前に、取り付けた各センサーに漏れが無いか点検します。

どのセンサーにも漏れはありませんね !


P1030173

それでは、ECUチェックを開始します。

フォルトは、入ってませんね !


P1040011

スロットル電圧が0.16Vと低めですが、ビックスロットルを付けてるから

と思われます。 スロットル径が大きければ、吸入する空気量も増えるから

アイドリングが高くなり、スロットルを閉じようとするために低くなるのでしょう。

それよりも、ステッパー値が高いのが気になります・・・


P1040009

過去には、ステッパー値が高くてステッパーモーターが動かなくなった

車両もあったし、ステッパー値を下げてみようと思います。


P1040012

ECUに学習させながら下げていこうと、ステッパー値を少し下げたら

エンジンを止めて、少し待ってから再びステッパー値を調整していたのですが・・・


P1040013

ステッパー値が60を切ったところで、アイドルスイッチがアイドリングを示す

I からアイドリングではないNに変わり、イグニッションを何度もオン、オフ

させても I にならなくなりました・・・


CIMG8782

長めにイグニッションをオフにしておこうとしてたら、KNT様が、

いくつかパーツを持ってご来店です。

長めにオフにいていたら、アイドルスイッチも I に変わったので、

KNT様に試乗していただき、変化を確認していただいたのですが、

あまり変化が無いとのこと。


CIMG8787

KNT様の試乗に同乗し現象を確認したのですが、車両が停止した

時のエンジン回転が1200rpm弱で、そこからゆっくりと900rpmくらい

まで下がるのを何とかしてほしいとのことでした。

他の車両でも、停止時には同じような下がり方をすることも多く、

これは難しいですね・・・ とりあえず今回は、ECUをフルリセットしてみる

ことになりました。 ここでKNT様は、お帰りです。


P1040023

P1040024

そして、幾つか作業も追加になりました。

ショックを3段階ほど柔らかくするのもその一つです。

リヤスタビを付けたら、試乗でリヤが硬く感じたようです。


P1040021

ECUのフルリセットも行います。

これまで学習したECUを初期化するので、良い方向に変化するのか、

それとも悪くなるか変わらないか・・・ 

今日はここまでで終了です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2/24

メカ山田です。

今日は、タコメーターと車速のハーネスの取り付けです。


P1040025

ダッシュパネルを外します。

クーラーを外されたKNT様のミニは、パネルの脱着も楽々です !


P1040027

メーター横のダクトを外し、メーター裏に手を入れ・・・


P1040028

エンジン回転信号線、外しました。

狭くて、手が入れづらかった・・・


P1040029

この線に、Defiのコントロールユニットに行くエンジン回転信号線を

抱き合わせて、


P1040032

メーター裏を通し、メーターの左側まで引き出します。

緑色の配線は、車速の入力線です。

エンジン回転信号と車速の2本の配線で、1本のハーネスになってるんですね !


P1040034

車速は、ミニモニスピードの車速入力線から引き出す予定ですが、

引き出すことができるかは、やってみないと解りませんからね。

車速パルスの出る特別なメーターケーブルを、いきなり加工するには

勇気がいりますねぇ。


P1040033

そこで、あらかじめKNT様とお話しし、延長ケーブル的な線をKNT様に

用意していただきました。

これを加工する分には、メーターケーブルを痛めませんからね !


P1040035

ただこのケーブルを間に噛ませて、しっかり車速は拾えるのか?


P1040039

ミニモニスピードで検証してみます。

しっかりと、車速は拾えてますね。 このケーブル、使用できそうです !


P1040041

後はこの2本の配線のどちらかに、Defiの車速の配線を付ければ

Defiも車速が表示されるのではないかと。


P1040052

Defiのハーネスは、コントロールユニットに接続完了です。

いよいよその時が来ました !  ワクワク。


P1040049

P1040051

ところが予想に反し、どちらの配線に付けてみても、


BlogPaint

Defiの車速が動きません。

ミニモニスピードは、しっかりと車速を表示してるのに何故?


P1040055

タコメーターは、問題無く動くようになりました。

スピードも動くようになるのかは、今のところ何とも言えませんね・・・


P1040030

アイドリングの件ですが、試乗を行ったところ全く出なくなったとまでは

いきませんが、症状はかなり改善されたように感じました !

ただ今後ECUが学習していくと、どのようになっていくのかは解りませんが・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2/25

メカ山田です。

KNT様からご連絡をいただき、延長ケーブルを点検してみました。


P1040128

1本の銅線と思っていた配線は、中に細い線がもう1本入ってました。


P1040129

点検することがまだ少し残ってますが、これで車速を拾える可能性が出てきました !

車速は、この赤い線に入れればいいみたいです。

今日はここまでとなってしまいましたが・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

P1040188

2/26

メカ山田です。

今日は、車速の表示に再チャレンジです。


P1040189

点検するのは、車速の入力線に何アンペア流れるのかということです。

車速センサーには20mAまでしか流すことができないみたいで、

ミニモニスピードで0.2mA使うことから、デフィでは19.8mA以内

なら同じ車速センサーを使うことができそうです。

測定すると、0.33mAでした。 これなら同時に使うことができそうです。


P1040193

延長ケーブルを加工し、車速入力線に接続してみたところ、


P1040195

P1040196

エンジンを始動すると、何故か車速が0にならないんですよ。


P1040197

エンジンを始動すると車速が0にならなくなることから、タコメーターの入力線

を疑いました。

実際、デフィのタコメーターの入力線を外すと、車速は0になります。

点検していくと、IGコイルで電気が逆流してる?ような・・・


P1040198

そこで、IGコイルから出てるエンジン回転信号線にダイオードを入れてみました。

仮組みでは、正常に車速の表示がされるようになったかにみえたのですが、

組み付けていくと、再び車速は表示されなくなりました。


P1040199

組み付け時と仮組みの時の違いは、純正のタコメーターにエンジン回転信号を

入れてるか入れてないかだけです。

エンジン回転信号を入れることにより大きな電気が流れて、ダイオードが

パンクしたのではないかと推測し、閉店間際のカーショップに走ました。

そして、もっと大きな電気を流せるダイオードを入手。


P1040200

そしてダイオードを交換して再チャレンジしたのですが、

やっぱりデフィとミニモニスピードのどちらも、車速が表示されることは無く。


P1040201

加工した延長ケーブルを外すと、ミニモニスピードは車速を表示します。

デフィは車速の入力線を付けるところが無くなってしまうので、表示されませんが。

ただこの延長ケーブルを付けるだけで車速が表示されなくなることから、

延長ケーブルに問題がありそうです。

ケーブルは単体で点検すると、ショートなども無く正常なのですが。


P1040203

デフィの車速を表示させなければ、ミニモニスピードの車速、

デフィとミニモニスピードのタコメーターも正常に作動しますが、

デフィの車速を表示させるのは、打つ手が見つかりません・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

2/27

メカ山田です。

予定通り、本日納車が決まりました。


P1040207

結局デフィーのスピードメーターは、今回は動かないようにすることになり・・・


P1040208

復旧完了、後はKNT様の来店を待つのみです。


CIMG9100

KNT様、ご来店です。

久しぶりの愛車、待ち遠しかったことでしょう。

デフィーのスピードメーターが動かないのは、少々残念だとは思いますが・・・


CIMG3104

今度はドッグハウスさんのメーターケーブルに交換し、デフィーの

スピードメーターだけを動かすことになりました。

リベンジは後日、ご来店お待ちしてますね !


CIMG3105

本日は、ありがとうございました。




お帰りになってから、KNT様からご報告をいただきました。

P1030941

今回、アルミ板でオイルクーラーの上の隙間を塞いだ結果、油温が

これまでより6度も低くなったそうです。

想像以上に油温が低くなったことにビックリしたのと同時に、

嬉しくなっちゃいました。 頑張って作った甲斐がありました !

KNT様、わざわざのご報告、ありがとうございます。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます

              

 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

              










にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KWM様 クラブマン顔に合いそうなフェンダーミラー入手!っでご来店♪

( ´ー‘)ゞ 冬本番で寒さも一段と厳しくなる中、こたつで1杯やりたいな~家にこたつ無いけど。。。の石川です。 


前回メーターが動かなくなっちゃったKWM様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG1284


今のところ大丈夫そうですね^^ 


CIMG6628
 

「前回までは内装いったから今回はコレさっ♪」


BlogPaint

 
クラブマンのフェンダーにはやはりミラーが似合いますよね♪


CIMG6637
 

取付は大体この辺りに決定ヽ( ´ー`)ノ


CIMG6635

 
お?早速新作のパズルもクリアですね^^


CIMG6636
 


フェンダーミラーの取付の他に
・話題のSOD-1付きのオイル交換
・今流行?ヒーター使うとLLCの香りが車内に充満する件
・タコメーターのLED照明だけ暗くなったり消えたりまた明るくなったりする件

など、今回も盛り沢山?


作業完了までしばらくお待ち下さい。

BlogPaint

BlogPaint

昨日お預かり致しましたKWM様のお車を、本日はオイル交換と
タコメーターのLEDランプを修理致します。

担当は高宮です。

灯火は切れたり接触不良はありませんでした。

DSCF8026

オイルの減りもないようです。

DSCF8027

DSCF8029

ブレーキとクラッチのフルードに汚れが出てきています。

そろそろ交換が必要になってきました。



非常に綺麗なエンジンルームです。

DSCF8039

エンジンとミッションの間にオイルの滲みがありました。

DSCF8068


エンジン下のステディーロッドのブッシュが切れてきています。

そろそろブッシュの交換をお勧めします。

DSCF8059

左のドライブシャフトのブーツにひび割れが出てきています。

DSCF8085

今日も寒いのでオイルが茶こしから溢れそうです。

温まってないとこんなにもオイルの硬さが顕著にでるんですね。

改めて暖気の重要さを感じました。

DSCF8095

今回もSOD-1をご用命です。

エステルは高温に強く、金属に電着して被膜する特性が在るので、
被膜が高密度になります。

これによりオイルの粘度も落とす事が出来ます。

DSCF8097

オイルはワコーズ、プロステージ10W-40です。

DSCF8087

DSCF8088

オイルを抜いている間にグリスアップ。

DSCF8090

ドレーンボルトは非常に少ないです。

DSCF8127

スロットルワイヤーが少し張り気味だったので少し余裕をとります。

CIMG1309

オイルを入れてミニモニでECUを診ていきます。

DSCF8099

フォルトは入っていませんでした。

DSCF8129

エンジンを温めて回転が落ち着いたところで診ていきます。

DSCF8130

DSCF8131

DSCF8132

DSCF8133

DSCF8134

DSCF8135

DSCF8136

DSCF8137

水温が77度を超えたところでフューエルトリムがオープンになってしまいました。

DSCF8138

今までの記録で見ると水温は80度以上でオープンでした。

今日は寒くてなかなか80度以上に出来なかったので、
後日水温を上げて確認してみようと思います。

気温で水温が上がらないのか、サーモスタットが早く開いてしまっているのか、水温センサーがボケちゃったか・・謎が深まります。

DSCF8141

タコメーターのLED照明だけ暗くなったり消えたりまた明るくなったりするということで、
ソケットをチェックしていきます。

DSCF8142

DSCF8145

DSCF8144

ソケットとメーターの接点は綺麗でした。

LED球とソケットが接点が触っている感じが緩いので少し接点を起こして、
接点復活材を吹いてく見つけます。

DSCF8147

点灯テストでは、スピードメーターと同じくらいの明るさになり、チラつきもなくなりました。

DSCF8150

バキュームゲージのバックライトのアース線が切れかけていたので、
はんだで付け直しておきました。

DSCF8152

DSCF8151

これでメーターのバックライトは心配がなくなりました。




1月17日追記

次の案件。。。 室内にクーラントの臭いがする、とのことです。

ヒーターコアからの漏れが濃厚ですが、ヒーターユニットの下にはまだ漏れ跡はありません。

水路洗浄で室内の臭いや湯気の状態を確認しようと思います。

もうひとつ、高宮君が行った安心点検で、77℃までしか水温が上がらず、燃調が濃い状態になりすぎて

二次補正ができる範囲を超えてオープンループになってしまった との報告があるので、その点も確認していきます。


☆ このMINIはややオーバーラップの大きいハイカムが入っているようでアイドリング時のバキューム値が低く ECUは負荷がかかってると思い込んで燃料増量します。 →  結果濃い排ガスがでてるのをO2センサーが感知して、もう少し薄くするように二次補正がかかります。 →  しかし補正できるのは±20%までなので、それ以上の補正が必要になったところで、『補正をあきらめて・・』  オープンループになってしまうのです。。


この件は2015年11月にエンジン不調で入庫したときのブログに詳しく書いたので もう一度見てください。


BlogPaint

ということで、いろんなテストを兼ねて水路洗浄開始です。

CIMG1355

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動。。


BlogPaint

エンジン側の水温センサーの温度だけが上がり始めました。



CIMG1364

エンジン側は75℃まで上昇しましたがラジエターアッパータンクは20℃

ここまではサーモスタットはしっかり閉まってます。


CIMG1369


しかし、その直後サーモスタットが開きはじめたようで、ラジエター側の温度計が一気に上昇

逆にエンジン側は冷やされてしまい1℃下がって74℃に。。。

インジェクション車は88℃を正常作動する時の規定温度となっているので、サーモスタットも88℃のを入れる必要があります。

CIMG1373

水温センサー79℃    ラジエター77℃  

CIMG1375

ラジエターに流れ込む水は、まだそんなに勢いがありません。

サーモスタットは開きはじめてはいますが、全開にはなってないのが分かります。

CIMG1371

水温が低めなので、ECUはまだ暖機中だと思ってるようで、燃料増量し続けています。

そして、O2センサーがそれを感知して 19%ガソリンを減量して81%まで下げるように指示しています。

この補正値が80%以下になると、補正をあきらめてしまいます。。。

ただ、補正をあきらめてオープンループになったとしても、エンジン再始動すればまだ補正を再開してくれます。


BlogPaint

ヘッドライトや熱線つけたり、クーラー作動させて温度上昇させて91℃まで上がったら

BlogPaint

燃調の2次補正値に変化が出ました。  

水温が規定温度(88℃)近辺まで上昇したので、暖機のための燃料増量はストップした分、

補正が少なくてすむようになったということです。

CIMG1391

その時、電動ファン回りだしました。  

CIMG1392

そして87℃まで下がった所で

CIMG1393

電動ファン止まりました。

電動ファンの動作温度は良好です。

CIMG1395

昨日水温が上がりきらずに燃調が濃すぎてオープンループになってしまったので

再検証中の高宮メカ

CIMG1396

SFRを調整してアイドリング時の燃圧を落として、燃調を薄くしてみます。

DSCF8191

2次補正の量が減ってきました。

しかし、アイドリング時の燃調が濃いのは水温が規定の88℃まで上がりきらないのが原因です。

サーモスタットが70℃あたりから少しずつ開いてしまうので、寒い冬では水温が上がりきらないんですね。

サーモスタットを交換しましょう。。 

CIMG1402

スリーチェックも終わり、十分洗浄できたので排水します。

定期的な洗浄を行ってるので大きな汚れはありませんでした。

CIMG1407

バイパスホースをクリップして、ヒーターコアから逆流させて汚れを引き抜きます。


CIMG1408

左のチューブに入ってくるのがヒーターコアからの水です。


Image1

懸案だったヒーターコアの漏れの方は心配するほどの漏れはないようなので今回は交換せず、

燃調に悪影響のある、サーモスタットを交換することになりました。


BlogPaint

サーモスタットは明後日以降の交換になるので、一旦クーラントを入れておきます。。

最近寒くて凍っちゃいますから・・・。

CIMG1410

リザーブタンクにもクーラント補充しておきます。


☆■☆ 1/19 石川の追記です。 ☆■☆


さて、間違い探しです♪


BlogPaint
BlogPaint


上のミニの違う所はどこでしょう?


CIMG6864


「う~ん、、、わからんなぁ~」


CIMG6869


わかるのはフェンダーミラーの取付可能な位置♪
さすが鈑金マン。バイキンマンじゃないよ?


CIMG6882
CIMG6885


お?ちょっとこの状態もかっこよくないですか?(*´ー`*)


CIMG6887


KWM様に怒られそうなのでドアミラー外します^^


BlogPaint


おぉう!やっぱりコッチの方がかっこいいです♪

1月22日追記 担当は高宮です。

DSCF8514

KWM様お待たせして降ります。

サーモハウジングの冷却水漏れを修理致します。

DSCF8518

古いガスケットをスクレッパーで剝がします。

薄っすらシリコンシールが入って居るので、丁寧にそぎ落としていきます。

DSCF8519

見た感じでは深いキズも無いので、本日はしっかりと研磨して取り付けていきます。

DSCF8522

定盤で少し研ぐと当たらない部分が判ります。

DSCF8525

DSCF8527

DSCF8526

平らになるまで、しっかり面を出しました。

DSCF8529

部品だけで合わせても光が裏から漏れないところまで研ぎ合わせたので、
期待が持てます。

薄くシリコンシーラーを塗って組みつけます。

DSCF8534

シーラーが乾くまで一日置いておきます。

明日冷却水を入れて、漏れのテストを致します。

1月23日 追記 担当高宮です。

DSCF8737

先日シールしたサーモハウジングも乾いたので冷却水を入れます。

DSCF8747

ワコーズのクーラントブースターも入れます。

DSCF8745

温度計の温度はミニモニの85°Cで上がり始めました。

写真はカメラで撮っている間にラジエーターに流れ込んだので、
84°Cになってしましました。^^;

正常作動です。

CIMG1802

これで後は漏れの確認を残すのみです。

KWM様、長らくお待たせいたしました。


☆■☆ 1/28 石川の追記です。 ☆■☆


CIMG7198


今日はお天気が良くて気持ちがいいですね~


CIMG7215


そんな気持ちのいい日にKWM様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG7216


「やっぱりこのミラー似合う♪」
ご満悦ですね^^


CIMG7219


タコメーターのLEDが点かなくなるトラブルもありましたが何とか復旧。
お待たせいたしました!帰り道はのんびり一般道で行くそうです♪

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ
気をつけてお帰り下さい。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

夏到来。
オーバーヒートする前に。
ラジエーターキャップを開けてクーラントを確認しましょう。
2年以上交換していないなら、汚れていなくても水路洗浄を!
MINIのクーラー、
今年は大丈夫?
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る